上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

英文解釈の勉強法・やり方と効果【大学受験におすすめの参考書・問題集も紹介】

目次

はじめに【英文解釈の重要性】

皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?
英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・

 

そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?
その理由は簡単です。

 

理由
英文解釈の対策をしていないから!

 

今回は「英文解釈」とはそもそも何かから始まり、『英文解釈の勉強法・やり方と効果』についてお話しようと思います。

 

この記事を読めば、英文解釈の重要性、勉強法を理解することができ、大学受験英語で得点源となる英語長文問題で点数を荒稼ぎし、偏差値10アップを目指すことができるようになります。

 

また、大学受験の受験生を中心に、「おすすめの英文解釈の参考書はありますか?」
というような質問をよくいただきますます。

 

筆者
私が実際に使用したおすすめの参考書・問題集を紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • 英文解釈の重要性や効果について知りたい
  • 英文解釈の効率的な勉強法ややり方について知りたい
  • 英文解釈のおすすめの参考書や問題集を知りたい

 

英語学習者
英文解釈って勉強する必要ってあるんですか?

 

筆者
勉強する必要大アリです!
英文解釈の勉強をした人としていない人では、英語長文問題の勉強をした時の偏差値の伸びが違ってきます!

 

英語学習者
そうなんですか!
英語長文問題の勉強をすればいいのかと思っていました!

 

筆者
そう考える方は多いです!
ただ、個人的に英文解釈は最も重要な勉強プロセスだと思うので、ぜひこの記事を読んでみてください!

 

ちなみに、『英文解釈の参考書・問題集』について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓

関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

英文解釈とは

まずは、「英文解釈とはそもそもなんなのか」ということについて解説していきましょう!

 

英文解釈の参考書で溢れる本屋の大学受験英語参考書コーナーや、「英文解釈特訓」といったような予備校で行われている授業を見ると、英語の中に「英文解釈」といったような独立した分野が存在しているかのような印象を持ってしまいます。

 

そのような状況ですから、英文解釈というものがそもそもなんなのかよくわかっていないまま、「やっといたほうがいいか」という理由でなんとなく書店に並ぶ参考書を使って勉強している人がいるのも仕方がありません。

 

筆者
そこでまずは、効果的に英文解釈の能力を伸ばすためにも、英文解釈の定義についてはっきりさせておきましょう。

 

英文解釈の定義

私の英文解釈の定義は、以下の通りです↓

英文解釈の定義:英単語と英文法の知識を使用し、英文の意味を正しく理解すること

これが英文解釈の定義です。

 

英語の基礎固めで培った単語知識や、英文法の知識を正しく適用して、その英文が伝えようとしている意味を正しく汲み取る作業、これを「英文解釈」と呼びます。

 

なので「解釈」という少し曖昧な表現のせいでぼんやりしていますが、
本質的には「英文の意味を正しく理解できるか」という実にシンプルなことを指しているのです。

 

『英文の意味を正しく読み取る』能力を試す、向上させていく行為が、いわゆる『英文解釈の練習』と私たちが呼んでいるものになります。

 

ポイント
英文解釈をマスターする=正しく英文を読む能力を向上させること。

 

英文解釈と英文読解の違い

上記の内容を説明すると、よく『英文解釈と英文読解の違い』な何ですか?という質問をいただきます。

 

筆者
解説していきましょう!

 

英文解釈

まず、英文解釈はどんな作業なのか。

 

英文解釈は一言で言うと
英文の文構造を把握しながら、意味のかたまりごとに前から順に処理する練習

 

英文解釈の目標は日本語訳ではなく、あくまで英語のルールにのっとって、英語のまま理解することです。

 

そのために、どれが主語でどれが動詞か、どれが先行詞でどれが関係詞節か、接続詞の ‘and’ が何と何をつないでいるか、といったことを明らかにしながら、英語を読むときの頭の働かせ方を訓練します。

 

英文読解

一方、英文読解は、以下のような特徴があります↓

 

英文読解の特徴
日本語で言う国語のような要素が強い。

 

つまり、文章全体の、そして各パラグラフの話の流れ、概要、要点を捉えます。
話の中の比喩や対比を理解したり、登場人物の心情を理解したりもします。

 

日本語訳をしたり、要旨をまとめたり、代名詞が指す内容を考えたり、正誤問題に答えたりするのも、一般的に英文読解に分類されます。

 

英文解釈は英文の構造を把握していく

なので、今から勉強していく『英文解釈』というのは文脈の流れを把握していくというよりも、英文の構造を把握していく練習ということになります!

 

筆者
何となく、『英文解釈』とは何なのか理解いただけたのではないでしょうか?
ここでは、英文解釈は正しく英文を読む能力を向上させることなんだな!と覚えてもらえれば大丈夫です!

 

英文解釈の勉強はいらない?

上記では英文解釈とは何のかについて説明しました!

 

そんな英文解釈ですが、『英文解釈って必要なの?』、『英文解釈っていらなくない?』という質問をいただきます。

 

結論から申し上げると、必要です。
むしろ、英文解釈を勉強しないと英語の点数は伸びないです。

 

筆者
本章では、『英文解釈が必要なその理由』を説明しましょう!

 

英文解釈の勉強が必要な理由

皆さんはどうしたら英文を正しく読めるようになると思いますか?

 

どうしたら英文を正しく読める(解釈できる)ようになるのか、という話ですが、
これは「英文」が一体何からできているのか、ということを整理すると練習方法が見えやすくなってきます。

 

英文というのは、どんな内容の文でも、どんな長さの文でも、基本的に以下の2つの要素からなっています。

  1. 英単語
  2. 英文法

この2つです。

 

なので、理論上はこれら2つが正しく理解・暗記できていれば、
英文解釈はできる(=正しく英文が読める)ということになります。

 

ただし、実際はそうじゃないんです。

 

筆者
ここがポイントです!

 

英文が正しく読めないのは英文解釈を勉強していないから

英文法書を使って完璧に英文法知識を固めた後でも、英単語帳がボロボロになるまで繰り返して完璧に単語を覚えた後でも、英文を読む中で、単語の意味や文法はわかるのになぜか意味が何となくわからないという状況に直面することがあります。

 

それはなぜかというと、英語を読む中で、状況に応じて適切な知識を引き出すという行為がまだうまくできないからなんですね。

 

英文解釈の練習=知識(単語・文法)の知識を適切に取り出す練習

英文解釈を上手にできるようになるには、英単語張と文法書で必要な知識を理解、暗記するだけでなく、英文を通してそれらの知識をスムーズに取り出す練習が必要なのです。

 

筆者
なので、英文解釈の練習をする段階では、英単語や英文法の勉強がひととおり終わっていることが前提になってきます。
勉強が終わっていない方は以下の記事で勉強しておいてくださいね↓

 

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

英文解釈を勉強した人としてない人では、偏差値が10違ってくる

ゆえに、英文解釈の勉強は重要であり、偏差値向上への大事なステップとなります。
英文解釈を勉強した人としてない人では、偏差値が10違ってくると言っても過言ではありません。

 

文法書をマスターした状態で、使われている英単語は全て知っているにも関わらず、

  1. 読めない文章に出会う
  2. 読めない原因の追究・解決

 

筆者
このフローが英文解釈の学習そのままです。

 

ポイントを整理しておきましょう↓

ポイント
  • 英単語と英文法を勉強しているのに英文が読めないのは英文解釈を勉強していないから
  • 英文解釈の練習=知識(単語・文法)の知識を適切に取り出す練習
  • 英文解釈を勉強した人としてない人では、偏差値が10違ってくる

 

英文解釈の参考書を使うメリット

上記で英文解釈の勉強がいかに重要かは説明しました!
そんな英文解釈ですが、たまにこんな質問を受ける時があります!

 

英文解釈を勉強する時は参考書はいらないの?

 

筆者
この質問に回答していきましょう!

 

答えは必要です。
その理由は、参考書がある方が圧倒的に勉強が効率的になるからです。

 

細かく英文の構造が説明されているから復習時に効率的

英文解釈用の参考書では、単語ごとに品詞分解がされていたり、どこからどこまでが一つの句としてのまとまりなのか明確に書かれていたり、他の英語長文問題集などに比べて、一文一文かなり丁寧に解説されて書かれています。

 

筆者
それゆえ、読めなかった原因の追究と、その解決をより効率的に行える可能性が高いです。

 

まだ文の構造をとることに慣れていないという人や、細かく品詞分解について知りたいと考える人にとって、それらの参考書を使う意味というのは十分に意味があります。

 

英文解釈初心者の方は英文解釈用の良書を1冊なのか1シリーズなのか用意してとことん練習を積み重ね、それ以降は英語長文問題も演習をするという流れが一番効率的かつ効果的だと私は考えます。

 

英文解釈の効果

前章では、英文解釈の勉強がいかに重要であるかは説明しましたが、
そもそも英文解釈を勉強するとどんな効果があると思いますか?

 

筆者
本章では、英文解釈を勉強する効果について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 英文解釈の効果1:英単語と英文法の知識を長文で引き出す練習ができる
  • 英文解釈の効果2:英文の意味を正確に読み取れるようになる
  • 英文解釈の効果3:英語の配置で自然に読み進めることができるようになる

 

筆者
前章と軽く重複してしまう部分もありますが、説明していきます!

 

英文解釈の効果1:英単語と英文法の知識を長文で引き出す練習ができる

英語長文問題をスムーズにできるようになるには、英単語張と英文法書で必要な知識を理解、暗記するだけでなく、英文を通してそれらの知識をスムーズに取り出す練習が必要です。

 

英文解釈の専用の参考書を使って英文を読む練習をすることによって、『ここの箇所はこの英文法が使われていたのか!』など、英単語と英文法を復習しながら、知識をスムーズに取り出す練習ができます!

 

英文解釈の効果2:英文の意味を正確に読み取れるようになる

そして、適切な知識を英文でスムーズに引き出すことに慣れれば、『単語の意味や文法はわかるのになぜか意味が何となくわからない』ということがなくなります。

 

筆者
つまり、英文の意味を正確に読み取れるようになるはずです!

 

英文解釈の効果3:英語の配置で自然に読み進めることができるようになる

そして、上記のような英文解釈の練習をしていると、最終的には英語の配置で自然に読み進めることができるようになるはずです!

 

英語は日本語と違っていて、単語の配置が異なります。

 

例えば、

日本語:私はバスケットボールが好きです。
英語:I like basketball.

で考えてみます。

 

日本語の場合は

私は(主語)バスケットボール(目的語)が好き(動詞)です。

というように、主語、目的語、動詞という並びになります。

 

一方英語の場合は

I(主語) like(動詞) basketball(目的語).

というように、主語、動詞、目的語という並びになります。

 

このように、英語と日本語では単語の配置(語順)が異なっているのが、日本人にとって英語が難しく感じる原因の1つにもなっています!

 

しかし、英文解釈の勉強をしっかりすることによって、いつの間にか左から右へ一回読んだだけで意味が正確にわかるようになっているはずです!

 

英文解釈はいつから勉強すれば良い?

前章で『英文解釈』を勉強することの効果について理解いただけたのでないでしょうか?

 

では、ここで『英文解釈』の勉強を始めるベストなタイミングを説明します!

 

筆者
よく『英文解釈』の勉強っていつから始めればいいですか?
という質問をいただきますので、そんな疑問をお持ちの方は本章をご覧ください!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 英単語と英文法の勉強が終わった時
  • 高3の8月末がデッドライン

 

英単語と英文法の勉強が終わった時

まずは、ベストなタイミングとしては、『英単語と英文法の勉強が終わった時』がベストです!

 

上記で何度か言っていますが、
英単語と英文法の勉強が終わっていない状態で英文解釈の勉強を始めても効果は半減します!

 

英単語や英文法の参考書を開いている時間の方が多くなってしまうでしょう!

 

筆者
なので、まずは英単語と英文法の勉強が終わっていない方はまずは、英単語と英文法を優先的に終わらせましょう!

 

高3の8月末がデッドライン

また、どんなに遅くても高3の8月末までには、終わらせてください!

 

5月末までに単語と文法を一通り終わらせ、6~7月で解釈を一通り終わらせ、8月末までに英語長文の問題集をやるといった流れが理想です!

 

8月末までに英文解釈の勉強が終わっていない方は英語長文問題へ

ちなみに、8月末までに英文解釈の勉強が終わっていない方は、このステップを飛ばして、英語長文問題に進むことをおすすめします!

 

8月末ということは夏休み終わりです!
夏休みが終わってからは大学受験で多くの配点を占める英語長文問題の勉強を始めないと合格点まで手が届かないでしょう!

 

英文解釈という勉強ステップを踏んだ方が良いですが、時間がない方は飛ばすしかありません!
英文解釈を勉強しなければ必ず英語長文問題を解けるようにならないというわけではないので!

 

勉強計画については、以下の記事が参考になると思います↓

関連記事

大学受験英語の計画を立てる前に現在、大学受験英語が大きく変革をおこそうとしています。そんな大学受験で鍵を握るのは『英語』です。 本記事は、これから大きく変わるであろう大学受験英語について今後の動向も踏まえな[…]

大学受験英語の計画の立て方
関連記事

大学受験における夏休みの重要性有名大学を受験したいと思っても、受験勉強できる期間が一年をきってしまうと、焦ってきますよね。 しかし、実際には短い受験勉強でも効率的に時間をやりくりして、有名大学に合格している人は[…]

大学受験の夏休みでやること(過ごし方)
関連記事

大学受験を3ヶ月で偏差値10~20上げて逆転合格する前に皆さんは、大学受験英語においてどのくらい偏差値を取れていますか? 50前後の人もいれば、60前後の人もいるかと思います。もし、この記事を読んでいる[…]

大学受験を3ヶ月で偏差値10~20上げて逆転合格する勉強法

 

また、大学受験英語の勉強法の完全版は以下をご覧ください↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

英文解釈の勉強法・やり方

では、いよいよ本章では、本題である『英文解釈の勉強法・やり方』について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 英文解釈の勉強法・やり方1:問題文を読み、構造把握を行った上で和訳を紙に書く
  • 英文解釈の勉強法・やり方2:解説・和訳を見ながら英文構造を全て理解する
  • 英文解釈の勉強法・やり方3:つまづいたところ、苦手なところを復習する
  • 英文解釈の勉強法・やり方4:音読をして英文の処理速度をあげる
  • 英文解釈の勉強法・やり方5:英語長文の勉強時も、英文解釈の勉強法を意識する

 

英文解釈の勉強法・やり方1:問題文を読み、構造把握を行った上で和訳を紙に書く

英単語・英熟語・英文法の基礎がある程度固まってきたら、
まずは基礎的な参考書・教材を1つ決め、それに取り掛かりましょう。

 

その際、和訳をきちんと紙に書くことをおすすめしています。
出来れば問題文もコピーし、SVOCMや接続関係を直接に英文に書き込む方が良いです。

 

なぜ書くかと言うと、自分の解釈や和訳がどう間違っていたのかしっかりと検討できるからです。
紙に書かずに口頭で訳すだけだと、自分の解釈の思考回路のどこを直せばよいかわからなくなってしまいます。

 

筆者
復習をしないということは勉強している意味がなくなってしまいますよー♪

 

英文解釈の勉強法・やり方2:解説・和訳を見ながら英文構造を全て理解する

そして、次に解説・和訳を見ながら、そこに書いてある1パラグラフ程度の英文を、構文から自分で完璧に再現できるようになるまでやり直してください。

 

ここでいう「完璧」とは、極端に言うならば、歩いている時にふと「あの英文どんなのだっけ」と思い立った時にいつでも、構造から全て思い出して、頭の中で再現できるようになる、というレベルにすることです。

 

まずは自分が知っている英文で繰り返し訓練を積むことで、同じことが初見の英文でもスピーディにできるようになります。

 

筆者
自分が使っている教材が「完璧」になった! と思ってから、次の問題に進んでください!

 

英文解釈の勉強法・やり方3:つまづいたところ、苦手なところを復習する

参考書の全ての英文構造の理解ができた!と思ったら、
解説・和訳なしでもその英文が読めるのかチェックしましょう!

 

この時に気をつけて欲しいのが、
ただの「読める」状態、つまり日本語に直してその英文を理解できる、というレベルではなく、
「英語のまま理解できる」状態にするということです。

 

筆者
英語のまま理解できるようになれば、おのずと英文を読むスピードも上がっていきます!

 

英文解釈の勉強法・やり方4:音読をして英文の処理速度をあげる

100%の理解=自分の頭の中での再現
ができるようになったら、突っかかるところがなくなるくらいスラスラ読めるようになるくらいまで何度も声に出して読んでいき、英文の処理能力を上げていきましょう。

 

とは言っても、同じ英文を何度も何度も読むことは、受験本番でいい点数を取れることに直結しません。

 

なぜなら受験本番で出る英文は、100%初見の文章だからです。
だから、音読に時間をかけすぎるのはあまりオススメできません。

 

筆者
あくまでも音読は、勉強に疲れたときのリフレッシュ・英文を理解する作業の一環だと思って取り組んでください。

 

ちなみに、『音読』には正しいやり方があります!
『音読の正しいやり方と効果』については以下の記事で解説しているので、
興味がある方は読んでみてください↓

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

英文解釈の勉強法・やり方5:英語長文の勉強時も、英文解釈の勉強法を意識する

英語長文は「英文の積み重ね」です。
いくら1000words超の長文だからといっても、分解していけば全て短い英文になるのです。

 

だから、英語長文にとりくむときも、あくまでも基本の読み方は英文解釈と同じ丁寧に読む、という意識を持ちつづけましょう!

 

筆者
その意識をするのとしないのでは、実際の受験問題を解いた時の正答率に大きく関わってきます。

 

特に、急いで読むことに集中しすぎて一文一文の構造理解が疎かになってしまうと、
早慶レベルのいやらしい正誤問題には全くと言っていいほど歯が立ちません。

 

繰り返しになりますが、長文は単なる短い英文の積み重ねです。

 

過去問を解くときなどは、「これは長文だから、、、」
と、読み方を変えるのではなく、英文解釈のときと同じ読み方で、一文一文を完璧に理解するつもりで読んでいきましょう!

 

『英語長文問題の解き方や勉強法』については以下の記事で解説しています!
勉強の時の参考にしてみてください↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法

 

英文解釈の参考書・問題集

では、最後に英文解釈を勉強するのにおすすめの参考書・問題集を紹介します!

 

以下の参考書・問題集から選べば間違いありません↓

  1. 入門英文解釈の技術70
  2. 基礎英文解釈の技術100
  3. 英文解釈の技術100
  4. 英文読解入門基本はここだ!
  5. ポレポレ英文読解プロセス50
  6. 英文読解の透視図
  7. 入門英文問題精講
  8. 基礎英文問題精講
  9. 標準英文問題精講

 

ちなみに、

  • 入門英文解釈の技術70
  • 基礎英文解釈の技術100
  • 英文解釈の技術100
  • 英文読解入門基本はここだ!
  • ポレポレ英文読解プロセス50
  • 英文読解の透視図
  • 入門英文問題精講
  • 基礎英文問題精講
  • 標準英文問題精講

『1~3』、『4~6』、『7~9』はそれぞれセットで勉強することをおすすめしますよ♪

 

筆者
1つずつ解説していきます!

 

入門英文解釈の技術70

まずは、一押しの『英文解釈の技術シリーズ』です!
ちなみに私は高校時代は英文解釈の技術シリーズを使い、偏差値10アップしました。

 

このシリーズは3冊の参考書から成り立っています↓

  • 入門英文解釈の技術70
  • 基礎英文解釈の技術100
  • 英文解釈の技術100

 

以下に、それぞれの参考書をいつ頃使えば良いのか、どういった人が使えばいいのかを示していきます。

 

筆者
ここは私のイチオシなので、詳しくいきますね(笑)

まずは、『入門英文解釈の技術70』からです!
英文解釈の技術シリーズでは最も簡単な参考書ですね。

 

一番最初にやることを目的に作られています。
公式HPに対象となるレベルの人が書いてありました。

レベル:高1、高2、高3、大学入試

 

高1、高2、高3、大学入試全てに使えます!って範囲広すぎて分かりづらっ!笑
まぁでも、初歩の参考書ですので間違ってはいないんですけど、これじゃあ分かりづらすぎますよね。

 

センターレベル

入門70の到達点はセンターレベルです。
完璧にしてセンター試験8割いくかいかないかというところでしょう。

 

ですが、そこまで難しい英文がない試験では読めない文章はないでしょう。
それこそ、センター試験程度なら問題なく読めると思います。

 

偏差値が40~50台の人におすすめ

英語の成績があまり良くない人に凄く適しています。

そもそも、英語が苦手な人に多いのが『長文が読めない。』『時間が足りない。』のパターンです。
入門70では、そんなパターンを解消するようにとても丁寧に基礎の基礎から教えてくれます。

 

中学生レベルの文法事項を整理してくれている

この参考書のどこが素晴らしいかって、親切に中学生レベルの文法事項を整理してやりおなしてくれます。
また、どのように英文法を運用していけば良いか書いてあります。

 

しかし、入門70はそんなコンセプトを掲げているにも関わらず、 語彙レベルが中学英語より若干高いです。
なので、単語レベルが心配な人は簡単単語帳1冊やるといいでしょう。

 

『入門英文解釈の技術70』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

入門英文解釈の技術70とは今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「入門英文解釈の技術70」です! 「入門英文解釈の技術70」は以下の「英文解釈の技術」の3シリーズの1冊です。[…]

入門英文解釈の技術70の評価(評判)と使い方

 

基礎英文解釈の技術100


入門70から続く参考書が、基礎英文解釈の技術100です。
入門70に比べるかなり多くの使用者がいます。

 

筆者
恐らく、入門70をすっとばして、基礎技術100から技術100につなげる人が多いんではないでしょうか。

 

難関大学志望の人が基礎固め

難易度は、難関大学志望の人が基礎固めとして使う感じですね。

 

以下は公式HPからの引用です。

レベル:高3、大学入試

 

簡単に言えば、ほぼ全ての大学どこでもこれでOKって感じです。
英語がそこまで難しくない、地方国公立、中堅私立(MARCHまで)、もちろんセンター試験もこれで網羅できると思います。

 

センター試験なら8割

センター試験なら8割くらいでしょうか。
この基礎英文解釈の技術100はとても中身の濃い1冊ですので、かなりオススメします。

 

英単語、英文法をある程度やった人向け

基礎って書いてありますけど、 全然基礎じゃないです。笑

 

難関大学を志望する人が、その足がかりとして使うものですので、歯ごたえあります。
文法のままならない人がやるとかなり苦労するでしょう。

 

筆者
なので、英単語帳1冊、英文法も高校の範囲を一周してからやりましょう。

 

『基礎英文解釈の技術100』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

基礎英文解釈の技術100とは今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「基礎英文解釈の技術100」です! 「基礎英文解釈の技術100」は以下の「英文解釈の技術」の3シリーズの1冊です。[…]

基礎英文解釈の技術100の評価(評判)と使い方

 

英文解釈の技術100


英文解釈の技術シリーズの最後の参考書にして、英文解釈の最高峰の難易度を誇る参考書だと思います。

 

若干解答の丁寧さにかけますが、それも、ハイレベルの参考書ゆえにだからでしょうか。
あと、問題が若干、基礎技術100と被っています。

 

対象者を公式HPから引用します。

レベル:高3、大学入試

 

東大、京大、医学部どこでも英語で戦うことが可能

基礎技術100をやった人は是非この参考書に進んでいって欲しいと思います。
この参考書を完璧にマスターすれば、東大、京大、医学部どこでも英語で戦うことが出来ます。
センター試験レベルでいいのならば、満点を狙うこともできます。

 

ただ、そもそも難関大学への進学を希望してない人にしてはオーバーワーク以外の何物でもないです。
もちろん、余力がある方、英語で得点稼ぎしたい人などは進んでももらっても構わないですが、その分を他の時間に回したほうがいいでしょう。

 

東大、京大、早慶などの難関大学志望の人向け

難しい英文を正確に読み取り、高得点を取る必要がある難関大学志望者向け。

 

その人たちは、試験本番に落ち着いて点数を稼ぐ練習をしなければなりません。
普段から難しい文章に触れている必要があります。

 

この参考書は語句が難しいから、英文読解としての本質が失われているという人がいますが、
私はこのレベルに関しては反対です。

 

解釈とはすなわち、英語を理解し、上手く日本語に訳すためのものです。

 

しかし、私達日本人が、分からない日本語を大体こんな感じと文脈の中で類推するのと同じように、英語も類推しなければいけない場面が、大学入試だけでなく、あることでしょう。

 

このレベルまで来たら、特に、出題者がそれを意図して出されてもおかしくありません。
なので、あえて私は作者が難しい単語レベルのままにしたのだと思います。

 

筆者
長くなりましたが難関大学志望の受験生には是非やって欲しい参考書の1つです。

 

ちなみに参考として、英文解釈の技術シリーズの詳しい内容、英文解釈技術シリーズのそれぞれの問題数を示します。

  • 入門英文解釈の技術70:例題が70題、それに対する演習問題が70題の計140題
  • 基礎英文解釈の技術100:例題が100題、それに対する演習問題が100題の計200題
  • 英文解釈の技術100:例題が100題、それに対する演習問題が100題の計200題

 

筆者
また、例題の英文をCDに収録されているため、それを使って聞き取り、音読、ディクテーションの練習もできるのがさらに良いところですね。

 

『英文解釈の技術100』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「英文解釈の技術100」です! 英文法や英単語の勉強が終わっていざ長文問題を解いてみたら解けないという現象が起こります。&nb[…]

英文解釈の技術100の評価(評判)と使い方

 

英文解釈の技術シリーズ【要点まとめ】

簡単に要点をまとめておきます。

  • 中学生レベルから難関大学で高得点を取れるまでの参考書
  • 付属CDを最大限まで活用し、音読ができる
  • 『基礎英文解釈の技術100』までは勉強しておくべき

 

英文読解入門基本はここだ!

続いてのシリーズは、代々木ゼミナールが監修している問題集達です!

 

正確には、『英文読解の透視図』だけは違うのですが、
『ポレポレ』の後に『透視図』を勉強される方は多いです!

 

以下の順番で勉強すれば確実にレベルアップできるようになっています!
レベル感も以下の通りです↓

  • 英文読解入門基本はここだ!:旧センターレベル
  • ポレポレ英文読解プロセス50:MARCH・関関同立合格レベル
  • 英文読解の透視図:東大・京大・早慶合格レベル

 

筆者
まずは、「英文読解入門基本はここだ!」から紹介しましょう!

 

「英文読解入門基本はここだ!」は、英文の読み方を基礎から解説している参考書です。
今は東進ハイスクールで講義をしている、人気の英語講師・西きょうじ先生が執筆している参考書です。

 

この参考書の特徴は、SVOCなどの基礎中の基礎から、英文読解の手法を学ぶことができるという点です。

 

その他にも、主語と動詞の見つけ方など、長文読解に後々いきてくる英文の読み方が盛りだくさんの参考書です。

 

こんな人におすすめ!

  • 英語がとにかく苦手で、とくに長文が苦手だという受験生
  • 長文読解をいつもなんとなく読んでしまっている受験生

 

『英文読解入門基本はここだ!』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文読解入門基本はここだ!とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文解釈の参考書の中でも5本の指に入る程有名な「英文読解入門基本はここだ!」です! 受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。多くの受験生が[…]

英文読解入門基本はここだ!の評価(評判)と使い方

 

ポレポレ英文読解プロセス50

「ポレポレ英文読解プロセス50」は難関大レベルの英文を読み解くための参考書です。

 

この参考書の特徴は、他の英文解釈の参考書とは違い、英文にSVOCを振って解説があるというよりは、講義本チックになっているという点です。

 

筆者
代ゼミから東進に移籍した大人気講師・西きょうじ先生のわかりやすい解説が見所です。

 

ポレポレというやわらかいタイトルや、参考書自体が薄いことからレベル感を勘違いされやすいが、相当な難易度があるので注意が必要です。

 

『ポレポレ英文読解プロセス50』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

ポレポレ英文読解プロセス50とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文解釈の参考書の中でも5本の指に入る程有名な「ポレポレ英文読解プロセス50」です! 受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。多くの受験[…]

ポレポレ英文読解プロセス50の評価(評判)と使い方

 

英文読解の透視図

『英文読解の透視図』は、「英文解釈」の参考書の中で随一の難易度を誇る参考書です!

 

この参考書は河合塾のトップ講師3人が共同で書いた、高難易度の英文解釈の参考書で、プロの予備校講師3人が書いているので、自宅でも予備校のクオリティに近い勉強をすることができます。

 

東大・京大・一橋大の和訳問題対策に最適な英文が多数収録されており、難易度は上記の程ですが、解説が丁寧で分かりやすいのが特徴です!

 

こんな人におすすめ

  • 東大・京大を目指す人、一橋や慶應・早稲田の英語で高得点を取りたい人
  • 難しい英文をすらすら読めるようになりたい人

 

『英文読解の透視図』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文読解の透視図とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文解釈の参考書の中でも5本の指に入る程有名な「英文読解の透視図」です! 受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。多くの受験生がこの一冊を使って受験[…]

英文読解の透視図の評価(評判)と使い方

 

入門英文問題精講

続いては、『英文問題精講』シリーズです!

 

この参考書も以下の3レベルに分けています↓

  • 入門英文問題精講:日東駒専、産近甲龍レベル
  • 基礎英文問題精講:MARCH・関関同立レベル
  • 英文標準問題精講:東大・京大、早慶上智レベル

 

では、まずは、『入門英文問題精講』から紹介していきましょう!

 

『英文問題精講シリーズ』の特徴としては『解説が丁寧である』ことと、『著者の解説動画を無料で見ることができる』点があります!

 

古くから、続いているこのロングセラー商品である『英文問題精講シリーズ』はコンパクトで持ち運びやすいので、通学中に復習するのにも適しています!

 

こんな人におすすめ

  • 英文解釈初心者
  • 著者の動画を見ながら等解説が詳しい問題集が欲しい方

 

『入門英文問題精講』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

入門英文問題精講とは入門英文問題精講とはどのような参考書なのかご紹介していきます。 入門英文問題精講は英文解釈の参考書になっています。 入門英文問題精講は題名に入門と書いてあるだけあっ[…]

入門英文問題精講の評価(評判)と使い方

 

基礎英文問題精講

続いて、レベルがぐっとあがる『基礎英文問題精講』です!
名前に『基礎』と書いてありますが、基礎レベルではありません!

 

MARCH・関関同立レベルは合格圏内に入ります!
例題に選ばれている英文はとても良質なものが多く、普通に単語や構文をしっているだけでは上手く訳せないものばかりです。

 

筆者
MARCH・関関同立など、難関大学を目指す学生はこの『基礎英文問題精講』までの勉強はマストです!

 

こんな人におすすめ

  • MARCH・関関同立以上の難関大学を目指している方
  • 英文をスラスラ読めるようになりたい方

 

『基礎英文問題精講』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

基礎英文問題精講とは基礎英文問題精講とはどのような参考書なのかご紹介していきます。 基礎英文問題精講は英文解釈の参考書です。 基礎英文問題精講は基礎と題名に書いてあるので、基礎レベルを[…]

基礎英文問題精講の評価(評判)と使い方

 

英文標準問題精講

最後は最上位の難易度を誇る『英文標準問題精講』です!
こちらも名前には『標準』とありますが、全く標準レベルではありません!

 

『英文標準問題精講』ができれば、東大・京大、早慶にも合格できるレベルになります!

 

『英文標準問題精講』は1題ずつの問題の英文は短いですが、110問あり、良質な難問ばかりを取り揃えています!

 

筆者
すぐに1周できるボリューム感だと思うので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

こんな人におすすめ

  • 偏差値70レベルを目指したい人
  • どんなレベルの高い英文も読めるようになりたい人

 

『英文標準問題精講』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文標準問題精講とは英文標準問題精講とはどのような参考書・問題集なのか紹介していきます。 英文標準問題精講は英文解釈の参考書になっていて、その中でもかなりレベルの高い参考書になっています。 […]

英文標準問題精講の評判・口コミと使い方

 

英文解釈の参考書・問題集【私のおすすめ順】

今回、英文解釈に関する参考書3・問題集を3シリーズ紹介してきましたが、
その中で私のおすすめ順を参考までに紹介します。

  1. 英文解釈シリーズ
  2. 代々木・ポレポレ
  3. 英文問題精講

の順番で私はおすすめしています。

 

筆者
これは、私の主観なんであくまでも参考値としてご覧ください。

 

『英文解釈の技術シリーズ』と『代々木・ポレポレ』の比較

おすすめ度のより高い『英文解釈の技術シリーズ』と『ポレポレなどの代々木シリーズ』を簡単に比較しておきましょう↓

  • ポレポレが50題,基礎技術100が200題なので、問題数は技術シリーズ
  • 基礎技術100はCDが付属しているが、ポレポレはない。
  • ポレポレのほうが若干難易度高め。

 

英語学習者
どっちもやるっていうのはどうなんですか?

 

筆者
どっちもやるのも悪くはないですが、
英文解釈の参考書は1シリーズやれば十分です!
後は、英語長文問題の勉強に進んでください!

 

最後に

英文解釈は大学受験英語を制するためにはとても重要です。

 

英文解釈の問題集を完璧にこなせると、偏差値が10くらいいきなり上がると思うので、無駄な勉強だと思わずに騙されと思って勉強してみてください。

 

今回は、

  • 英文解釈とは
  • 英文解釈の勉強はいらない?
  • 英文解釈の効果
  • 英文解釈はいつから勉強すれば良いか
  • 英文解釈の勉強法・やり方
  • 英文解釈の参考書・問題集

について紹介してきました。

 

筆者
皆さんも英文解釈を勉強して偏差値10アップを目指しましょう!

 

また、英文解釈まで勉強が済んだ方はいよいよ英語長文問題を解く段階まできています。
英語長文問題まで勉強を終えれば偏差値70を突破するでしょう。

 

英語長文問題の解き方、勉強法、おすすめの参考書について以下の記事を参考にしてみてください↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選
また、まだ大学受験英語の基礎(英単語や英文法)について全然勉強していない・・・という方は英単語と英文法についてそれぞれ解説している記事も以下に紹介しておくので、参考にしてみてください。
関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

そして、大学受験英語の勉強法の完全版を知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

『英文解釈の参考書・問題集』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

皆さんが合格することを祈っています!
ではまた♪

英文解釈の勉強法・やり方と効果
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG