上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

英語構文の覚え方・勉強法とおすすめ参考書・問題集の選び方【大学受験英語】

目次

はじめに

センター試験や国公立大学・難関私大の2次で文法・語法問題や長文問題の肝となってくるのが『英語構文』です。

 

英語構文はある程度、決まっている英文の形式を覚えるのですが、英語構文といっても数十~数百種類あるといわれています。

 

今回は、そんな沢山ある英語構文を効率よく、かつ大学受験で出題されやすい英語構文を学んでいくための、おすすめ参考書・問題集とその選び方を紹介します。

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • 英語構文っていまいち何かわからない
  • 英語構文の勉強法を知りたい
  • 英語構文の参考書・問題集の選び方を知りたい
  • 英語構文のおすすめの参考書・問題集を知りたい

 

筆者
この記事を読めば、英語構文について一通り理解できるようになりますよ♪

 

英語構文とは

では、まずそもそも『英語構文』とは何なのかについて説明していきましょう!

 

決まった型のこと

英文の組み立て方にはルールがあり、決まった型があります。
この決まった型が「構文」です。

 

文を支える柱のようなもの

つまり、英語の構文とは、文を支える柱のようなものです。
家の柱に欠陥があったり組み合わせがおかしかったりしたら、家は崩れてしまいますよね。
家にとっての柱のように、構文とは英文を支える大事な要素なのです。

 

構文を理解していないと、英文を正しく読み取ることができない

構文を理解していないと、英文を正しく読み取ることができません。
また、正しい英文を組み立てることもできません。

 

単語の意味がわかっていても、単に単語の意味を繋げるだけでは、正しい意味を理解することは困難です。
特に長文では、構文の知識がないと正しい理解が難しくなります。

 

筆者
逆に言うと、構文を理解すれば、長文を読み解いたり、自分の考えや気持ちを伝えられるような英文を作成したりできるようになります。

 

構文というと堅苦しく感じてしまうかもしれませんが、構文を知れば知るほど、英語読解力は向上し、表現力も身についていきます。

 

筆者
難しく考えすぎず、楽しみながら学習していきましょう。

 

英語構文、文法、熟語、英文解釈の違い

英語構文の定義について理解いただいたところで、よく皆さんが勘違いされる

  • 英語構文
  • 文法
  • 熟語
  • 英文解釈

4つの違いについて説明していきましょう!

 

構文と文法の違い

まずは文法と構文の関係について解説していきます。

 

英語構文を理解するためには、まず英語の構造についてしっかりと理解する必要があります。

『構文』と『文法』を定義すると以下のようになります↓

  • 構文:英語の「文」を構成するルール
  • 文法:英語という言語を構成するルール

 

筆者
このように説明すると、非常に似ていることが分りますね。

 

なので、もう少しわかりやすくかみ砕くと以下のようになります↓

  • 構文:「大文字」から始まって「ピリオド」あるいは「!」「?」で終わる一文の構成がどうなっているのかを示すもの
  • 文法:英語そのものに関する様々な文法的知識を網羅しているもの

 

筆者
例を見せましょう!

 

There is a bread of cake on the plate.
(皿の上にひと切れのパンがあります。)

という文章があったとします。

 

この時、この一文全体を見て、これはSVCの第1文型で、「on the plate」というのがMの修飾語・句・節にあたるものだと判断するのが英語構文です。

 

それに対して、文法的な視点でいうと、
「There is」という形で始まる文章は「~があります」という意味であり、「on~」で「~の上に」というように文章に補足的意味を与えることができます。

 

そしてそのような文法が一つになって、この一文を構成しています。

 

英語学習者
なるほど!
つまり、構文は文法の一部であり、文法は構文よりも広義での「英語のルール」を包括しているということですね!

 

筆者
そうです!
構文は文法の一部なんですね!

 

構文と英文解釈の違い

英文解釈に関しては、違いは分かりやすいと思います。

 

英文解釈は英語を読んで分かること、あるいはその力を伸ばそう!

といった意味で使われます。

 

筆者
英文解釈の力を伸ばすには、文法や構文をしっかり理解している必要がありますね。

 

構文と熟語の違い

また、熟語の定義は以下の通りです!

 

『熟語』とは複数の英単語で構成されて、その英単語の組み合わせで特定の意味をなすもの

を指して言います。

 

例えば、以下のようなものが『熟語』にあたります!

  • look at:見る
  • get up:起きる

 

英語学習者
構文と文法がややこしかったですね!

 

筆者
そうですね!
構文と文法の違いが理解できれば、その他の違いはそこまで難しくないのではないしょうか!

 

大学受験英語で英語構文を覚えるメリット

ここまでで、『英語構文』とは何のなかは大体理解いただけたのではないでしょうか。

 

では、続いて、そもそも『英語構文』を覚えると大学受験英語ではどんなメリットがあるのでしょうか!

 

英語を使う時にに知識を引き出しやすくなる

『英語構文』を覚える最大のメリットは、実際に英語を使う時に、知識を引き出しやすくなるという感覚が身につきます。

 

ここで言う知識を使うと言うのはスピーキングだけでなく、ライティングやリーディングのような時もあてはまります。

 

大学受験では、短い時間内に頭の中の整理し、質の良いアウトプットが必要になります!
つまり、英語構文のように決まった形で英語を覚えておくと瞬時のアウトプットが可能になるのです!

 

筆者
大学受験のような短時間で知識や記憶を引出さなければいけない時に構文を勉強していると有利です!

 

英語構文を理解する前提知識

これから『英語構文』の覚え方と勉強法を紹介しますが、その前に、『英語構文を理解する前提知識』を解説しておかなければなりません!

 

もし、以下で説明している説明が理解できない場合、英文法の基礎知識が足りていないので、その場合は、英文法の基礎をもう一度復習しておきましょう!

 

筆者
英文法の基礎を勉強するなら以下の3冊の内、どれを選んでも問題ありません!

 

  • 総合英語Forest(フォレスト)7th Edition
  • 総合英語Evergreen
  • 大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

上記3冊について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

総合英語Evergreenとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Evergreen」です! 「総合英語Evergreen」とは高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説[…]

総合英語Evergreenの評価(評判)と使い方
関連記事

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】」です! 「大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】」は[…]

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】の評価(評判)と使い方

 

ちなみに本章で説明する前提知識は以下の内容です↓

  • 英語構文を理解する前提知識1:基本文型
  • 英語構文を理解する前提知識2:句と節
  • 英語構文を理解する前提知識3:文の解体

 

英語構文を理解する前提知識1:基本文型

まずは、基本の5文型についてです。
中学生や高校生の時に授業でSやVなどの記号を使って学習した記憶のある方も多いかもしれません。
英語の5文型をまとめると以下のようになります。

 

筆者
ざっとおさらいしておきましょう。

 

【第1文型】主語(S)+完全自動詞(V)
【第2文型】主語(S)+不完全自動詞(V)+補語(C)
【第3文型】主語(S)+完全他動詞(V)+目的語(O)
【第4文型】主語(S)+完全他動詞(V)+間接目的語(O)+直接目的語(O)
【第5文型】主語(S)+不完全他動詞(V)+目的語(O)+補語(C)

 

構文を理解するうえでの基礎として、英語には上記のような決まった「語順」があるということを押さえておきましょう。

 

英語構文を理解する前提知識2:句と節

英語には句や節など、複数の語からなる「意味のまとまり」があるという文法知識も、構文を理解するうえでは重要になります。

 

『句』と『節』とは以下のような意味です↓

  • :その内部に主語(S)、動詞(V)を持たないもの
  • :その内部に主語(S)、動詞(V)をもつもののこと

 

筆者
英語構文の解説なでの頻繁に出てくるワードなので、定義をしっかり覚えておきましょう!

 

英語構文を理解する前提知識3:文の解体

基本文型や句・節などについて、ざっとおさらいしてきました。
基本文型を理解し、英語を句や節などの意味のまとまりで把握できれば、英文を解体することができるようになります。

 

英文を解体できるということは、英文の仕組みが理解できているということです。

 

筆者
これができれば、あとは英語構文の決まった型をできるだけ多くインプットしていくだけです。

 

大学受験英語の英語構文の覚え方・勉強法

では、いよいよ『英語構文』の効率的な覚え方、勉強法を解説していきます!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 覚え方・勉強法1:例文を暗記する
  • 覚え方・勉強法2:繰り返し英語の文を音読する
  • 覚え方・勉強法3:自分で英文を作る
  • 覚え方・勉強法4:英語の本を読む/洋楽を聴く

 

覚え方・勉強法1:例文を暗記する

英語の丸暗記は構文理解にとどまらず、スピーキング、リスニング、英会話など実践的な英語力向上に役立つ、おすすめの勉強法です。

 

英語を勉強する上では、焦りは禁物です。
自分にとって手ごたえのある、良問に出会ったら、そっくりそのまま丸暗記してしまうのがオススメです。

 

暗記することで、文章の構成と要素が深く理解できるので、次に同じような構文が出てきた時に、すばやく見つけることができます。

 

特に長文読解や英作文の問題では、「これが動詞で、これが名詞で・・・」などと見ている暇はありません。

 

筆者
繰り返すことで、自然と英語の構文が身に着くはずです。

 

覚え方・勉強法2:繰り返し英語の文を音読する

先ほどの丸暗記と同様、英語を音読することもおすすめです。
口に出して読むことで、黙読するよりもより集中して理解することができます。

 

さらに、音読すると自然と英語の「イントネーション」に力を注ぐことになり、どこで区切るのか、どこを強調して読むのかというのを考えているうちに構文への理解が自然と深まります。

 

音読は最強の勉強法です!
どれだけ音読の効果はすごいかを解説しています↓

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

覚え方・勉強法3:自分で英文を作る

構文の意味を理解するだけでなく、実際に自分で使えるレベルまで落とし込むには、自分で英文を作るのが最も効率的です。

 

筆者
例文を参考にして、自分の好きな内容の文にしてみましょう。

 

自分の好きなことや好きな人に関する構文を作れば、学習していても楽しいですし、記憶として定着しやすいです。

 

覚え方・勉強法4:英語の本を読む/洋楽を聴く

構文を参考書などで勉強しようとしても、作業が単調すぎて、なかなかモチベーションが上がらない…。

 

そんな方は、英語の本や音楽で構文を掴む練習をするのがおすすめです。

 

筆者
音楽の歌詞などに、一度習った語順の構文が出てくると、「実際には本当にこうやって使われるんだ」と、再確認することができ、構文を進んで勉強しようとする意欲がわいてきます。

 

大学受験英語の英語構文 参考書・問題集の選び方

前章では、英語構文の覚え方・勉強法について紹介しました!

 

では、そんな大学受験英語の英語構文対策にぴったりな参考書・問題集を紹介します!

 

ただ、英語構文の参考書、問題集もたくさんあり、どれを選べば良いかかなり悩むと思いますし、私自身もどれを紹介するか悩みました!

 

本章では、そんな数ある英語構文の参考書・問題集の中でどれを選べば良いかわからない方のために、英語構文の参考書・問題集の選び方を紹介したいと思います!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 選び方1:構文中の品詞や基本の5文型は理解しやすいか
  • 選び方2:構文の暗記に役立つ仕掛けがあるかもチェック
  • 選び方3:実践問題があれば知識の定着をはかれる!
  • 選び方4:過去に出題された入試問題で構成されている
  • 選び方5:なるべく最新の参考書を選ぶ

 

選び方1:構文中の品詞や基本の5文型は理解しやすいか

構文を本当に理解するためには、構文中の品詞や基本の5文型を意識しながら構文を学べる参考書が必要です。

 

そのためには、構文例の品詞ごとに下線を引いて解説していたり、脚注付きで解説があったりする参考書がまずおすすめ。

 

筆者
このような工夫がされていれば、構文の仕組みについて理解するための助けとなってくれるでしょう。

 

英語にとって特に語順はとても大切な要素で、語順が変わると英語の意味まで変わってしまうことがあります。
この語順は、「名詞(S)」や「動詞(V)」といった品詞などの組み合わせによって構成されており、どんな長文になろうとも、全ての英文は基本の5文型(S+V、S+V+C、S+V+O、S+V+O+O、S+V+O+C)のいずれかに分類することができます。

 

仮に、お決まりの構文であったとしても、この語順のルールから逃れることはできません。
これらは、英語長文の中から意味を読み取ったり、英作文をする際の基本でもあるので、応用の部分でも役立ちますよ。

 

筆者
そうした点からも品詞に注意したり、5文型を意識しながら構文を覚えることが大切なんですね。

 

選び方2:構文の暗記に役立つ仕掛けがあるかもチェック

英語構文参考書・問題集の中には、CDやダウンロード音声が付いているものもあります。

 

筆者
英語構文の例文を読み上げてくれたり、読み上げの速さが2段階になっていたりと、構文を覚えることだけでなくリスニングの勉強にもなるような音声を付録としている参考書もありますよ。

 

リスニングやシャドーイングが得意な受験生は、そうした参考書を選んで文字からも音声からも構文を覚えられるといいでしょう。

 

また、巻頭や巻末などに構文をまとめて表にしていたり、索引付きで知りたい構文をすぐに見つけられる参考書も構文を覚えるのに適しています。

 

さらに赤シート付いていれば、日々の学習にうってつけ。繰り返し構文を見て覚えたい受験生は、そうした参考書がおすすめですよ。

 

筆者
どちらにしても「構文を覚えやすい」ということが大切ですので、自分に合ったタイプの参考書を選んでくださいね。

 

覚え方や暗記法については以下の記事も参考になると思います↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法

 

選び方3:実践問題があれば知識の定着をはかれる!

構文を理解し暗記ができたら、次は実践問題を解いて知識の定着を図る段階に進みます。

 

英語構文参考書の中にはユニットごと、ページごとに実践問題を解いて、知識を定着しやすくしているものもあります。

 

自分がどのくらい構文を覚えているか不安なら、こうした実践問題が比較的たくさん入っている参考書を選び、できるだけ多くの問題を解いて知識の定着を図りましょう。

 

筆者
自分がどれだけ理解しているのかのチェックもしやすいですよ。

 

選び方4:過去に出題された入試問題で構成されている

実践問題がついている参考書はたくさんありますが、中には過去に実際に使われたセンター試験や2次試験から出題している参考書もあります。

 

筆者
受験を意識して実際の入試問題を解きながら構文を学びたいという人は、ぜひそういった参考書を選んでください。

 

とはいえ、入試に意識が行き過ぎて、肝心の知識の定着が疎かになってもいけません。

 

筆者
一番大切なのは基礎をしっかり身に付けることですので、この点には重々注意して参考書を選んでくださいね。

 

選び方5:なるべく最新の参考書を選ぶ

大学入試の出題傾向や範囲は年によって異なることも多く、古い参考書だとそうした違いに対応できていないものもあります。

 

英語構文そのものについては変化はありませんが、実際の入試から実践問題を出題している参考書などは、新しいものほど新しい問題が載っていると考えられます。

 

筆者
出版年を見ればどのくらい前に出版されたものかが分かりますので、特にセンター試験や2次試験対策用に購入を考えている人は注意しておいてくださいね。

 

大学受験英語の英語構文の参考書・問題集

では、上記の内容も踏まえた上で、『英語構文』のおすすめの参考書・問題集を紹介します。

 

ランキング形式で紹介するので、気になったものがあれば、ぜひ勉強してみてくださいね♪

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 10位:10日あればいい 2020大学入試 短期集中ゼミ 英語構文
  • 9位:音声ダウンロード付 大学入試 世界一わかりやすい 英語構文の特別講座
  • 8位:合格へ導く英語長文Rise 構文解釈1.基礎〜難関編
  • 7位:セレクトプラス英語構文76
  • 6位:解体英語構文改訂版ブック型
  • 5位:CD付 英語構文必修101
  • 4位:英語構文詳解
  • 3位:英語の構文150 UPGRADED 99 Lessons
  • 2位:入試英語最重要構文540 CD付
  • 1位:リンケージ英語構文100

 

10位:10日あればいい 2020大学入試 短期集中ゼミ 英語構文

必須事項をコンパクトにまとめた1冊。最終チェックにおすすめ!

入試に頻出する英語構文のみを精選した1冊。入試問題の構文を図解でわかりやすく解析し、訳文作成のコツも掲載されています。

読解に役立つ英語構文を10日間でマスターできるので、時間がない方や、入試直前の最終チェックに適しているでしょう。

 

9位:音声ダウンロード付 大学入試 世界一わかりやすい 英語構文の特別講座


丁寧な解説が魅力。丸暗記が苦手な方に!

河合塾英語科講師である、戸谷しおり氏が著した英語構文の参考書。
大学入試に頻出する構文を厳選し、受験生が引っかかりやすいところを丁寧に解説しています。

構文にはダウンロード式の音声が付いており、音声で確認しながら楽しく学べるのが魅力。
無理な丸暗記は不要で、入試に必要な重要構文の知識を身につけることができるでしょう。

 

8位:合格へ導く英語長文Rise 構文解釈1.基礎〜難関編

英文の構造を講義スタイルで分かりやすく解説
こちらは1文ごとに丁寧に読み進める構文解釈で英文読解力がアップできる参考書です。

こちらのシリーズでは様々な構文を持つ英文を講義スタイルで分かりやすく解説しています。

幅広いレベルの大学の英語受験に対応しているため、和訳対策だけではなく、英語長文読解力そのものを底上げしたい方に必見の参考書でもあります。

「1.基礎~難関編」では解釈の問題で問われやすい文法事項の確認をしながら、英文の構造を丁寧に抑える演習を行う形の学習方式です。

ちなみに「2.難関~最難関」もあります!

 

7位:セレクトプラス英語構文76

76項目の基本構文をマスター。基礎からじっくり学びたい方に
160の基本例文を厳選し、重要構文のパターンを76項目に整理した1冊。

左ページは解説、右ページは練習問題の見開き形式で、左ページの内容を確認しながら学習を進めることができます。

練習問題は穴埋め・整序・和訳・読解問題の4段階を原則とし、段階を追って力をつける構成。

 

筆者
基礎からしっかり学んで行きたい方は、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

 

6位:解体英語構文改訂版ブック型

入試問題を収録!解きながら構文力が身につく!

こちらは主要難関42大学の入試問題とセンター試験を徹底的に分析し、その中で重要構文である285構文を厳選しています。

センター頻出構文には別にマークが付けられています。

演習問題のほとんどを入試問題から採用しているため、問題を解きながら英語構文を覚えることが出来ます。

「例題→確認→演習」の3ステップで英語構文を徹底攻略し、「例題」で基本形を習得し、「確認」でより深く理解し、「演習」で入試問題を使って演習するという英語構文が身につきやすい学習方法となっています。

 

5位:CD付 英語構文必修101

入試向け必須構文の暗記に特化した参考書!

こちらは文法の授業との併用が可能であり、5文型から語・句・節と進んで発展構文に至る、文法の授業と併用しやすいシステムが採用されています。

高校の授業はもちろんのこと、センター試験を含む入試英語に必要な英語構文が沢山記載されています。

簡潔かつ分かりやすいポイントで整理されており、図解により視覚的に文の構造が分かる一冊となっています。

 

4位:英語構文詳解

こちらは「整序英作文の演習を通じ英語の基本構造を理解させる」という理念を元に著者した参考書です。

まず例題を解き、例題に対する説明と解答上のヒントを含む解説を読むことで、例題の中の何が構文上の問題点であるかを把握し、次に「要点」の説明によって、問題点が文法的にどう分析され英語全体の中でどういう位置を占めるか、関連事項や注意すべき事項が何であるかを知って理解を深めていく1冊です。

 

3位:英語の構文150 UPGRADED 99 Lessons

図解入りで理解度アップ。耳からも学べるCD付き!

こちらは厳選した基本例文150を99課3段階にまとめられており、150全ての基本例文に図解を取り入れ、解説と併せて学習することで構文理解をより深めることが出来る参考書です。

練習問題は基本的な英文を取り上げた1~2行の解釈問題や1行の作文問題、センター試験の素材を中心に取り上げた3~8行の解釈問題を収録されている1冊です。

「別冊回答・解説」も詳しい図解入りで、基本例文の暗記を助けるラクラク暗記CD付きでもあります。

 

2位:入試英語最重要構文540 CD付

542の構文例を収録!演習で実践力を高める!

元代々木ゼミナール講師の吉ゆうそう氏が著作した英語構文参考書。
542本の重要構文を厳選収録し、入試英語に必須な構文を学習することができます。

構文例を読み上げた音声CDが付いているので、繰り返しCDを聞くことで耳から構文を暗記することが可能。
おのずとリスニング力も養われるでしょう。

重要構文を収めた本編の後には、実際の入試から出題した演習問題を掲載。
演習問題を解きながら、自分の弱点や実力を確認することができます。

 

筆者
構文暗記だけでなく、実践力も高めてくれる1冊ですよ。

 

1位:リンケージ英語構文100

分析図解で構文の力を養成!リスニング対策にも◎

駿台予備学校英語科講師の戸澤全崇氏が著した英語構文参考書。
100パターンの英語構文を収録し、基本の品詞や5文型について丁寧に解説しています。

基本的な文型から学んでいけるので、英語に対して苦手意識のある受験生におすすめ。

 

筆者
1冊をしっかり学ぶと、英語構文に関する幅広い知識を得ることができるでしょう。

 

また、練習問題の解答・解説集と暗唱例文集が別冊として付属
暗唱例文集は音読練習に活用したり、暗記帳として持ち歩くのがおすすめです。

 

さらに音声CDが付いているので、耳で聞いて構文が覚えられます。
英語のリスニング対策にも役立ちますよ。

 

「構文」とは、英語特有の方や語順のことであり、英文の構造・仕組みのことであるという考えを持たれており、構文という英文の枠組みもきちんと理解してはじめて、単語や文法の知識が本当の意味で使えるものになり、英文を正確に理解することにつながると力説されています。

 

最後に

いかがでしたか?
今回は、『英語構文』の「覚え方・勉強法」と「おすすめの参考書・問題集」について紹介しました。

 

筆者
大学受験用の英語構文の参考書はたくさん市販されているので、今回紹介したポイントを考慮して、自分に合った参考書を見つけてみてください。

 

また、英語構文以外の英語の勉強法や英文解釈の勉強法に関しては以下の記事でご紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集
関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果

 

ではまた。

英語構文の覚え方・勉強法とおすすめ参考書・問題集の選び方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG