上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

トライズ(TORAIZ)の評判・口コミは悪い?料金や特徴を英語学習のプロが評価

目次

トライズ(TORAIZ)について徹底評価・レビューします

評判・口コミの画像
こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

今回解説するのは、英語コーチングスクールの中でも短期間で英語力を上げられるノウハウを持っており、講師の質、学習法の面から見てもおススメできる英会話スクールトライズ(TORAIZ)です!

「1年で英会話をマスターできる」「早ければ3ヶ月で英語圏で暮らせるレベルに」などの広告を見て、トライズ(TORAIZ)が気になっている方も多いと思います。

しかし、費用が1年で100万円と聞くと正直「高い!」というのがあなたの本音でしょう。また、「1年で100万円払って本当に英語がマスターできる?」「1日3時間の勉強を1年間も続けられる?」という不安もあると思います。

そこでサクキミ英語の中でも実際にトライズ(TORAIZ)を受けたスタッフの情報を元に、どんな学習をするのか、途中でやめてしまった場合に費用は返金されるのかといった点を中心にトライズ(TORAIZ)について以下の内容で徹底解説していきたいと思います↓
この記事の内容
  1. トライズ(TORAIZ)とはどんなスクール?
  2. 前提知識:英語習得に1000時間の学習が必要な理由
  3. トライズ(TORAIZ)の特徴
  4. トライズ(TORAIZ)の1000時間の学習を継続させる方法
  5. トライズ(TORAIZ)がおすすめする英語学習法
  6. トライズの学習内容
  7. トライズ(TORAIZ)と従来の英会話スクールとの比較・違い
  8. トライズ(TORAIZ)がおすすめな人
  9. トライズ(TORAIZ)の料金・費用
  10. トライズ(TORAIZ)の評判・口コミ
  11. トライズ(TORAIZ)の無料カウンセリング体験談
  12. トライズ(TORAIZ)に関するよくある質問
  13. トライズ(TORAIZ)のスクール一覧

 

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、いきましょう!

 

トライズ(TORAIZ)とはどんなスクール?

トライズ(TORAIZ)の画像

トライズ(TORAIZ)は、トライオン株式会社が運営するパーソナルコーチ型の英会話スクールです。

トライズのプログラムは、日本人の英語習得に必要と言われる学習時間・1,000時間を、1年間でこなすというものです。

週3回のネイティブコーチとのレッスンに加えて、週6~7日の自習プログラムに取り組むことで、1年で、英語圏で暮らせるレベルの英語力習得を目指します。受講生は、専属のコンサルタントとネイティブコーチによる徹底サポートを受け、さらに定期的なスピーキングテストで成長実感を得ることにより、モチベーションを維持した状態で学習を進めることができます。

トライズでは、受講生の学習継続率は91.7%、受講生満足度も97.9%と非常に高いのが特徴です。また、1ヶ月以内の全額返金保証・無料の3ヶ月受講期間延長・途中解約時でも残期間の授業料全額返金など、保証サービスも充実しています。

 

筆者
本気で英語を仕上げたい社会人の方には大変おすすめできるサービスです。

 

トライズ(TORAIZ)の基本情報
サービス名トライズ(TORAIZ)
スクール所在地東京新宿西口センター(東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル30階)
新宿南口センター(東京都新宿区新宿4-2-16 パシフィックマークス新宿サウスゲート9階)
東京田町三田センター(東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル8F)
東京赤坂センター(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階)
東京銀座センター(東京都中央区銀座8丁目8-5 陽栄銀座ビル6階)
秋葉原センター(東京都千代田区神田松永町4-1 ラウンドクロス秋葉原10階)
丸の内センター(東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル7階 WeWork内)
池袋センター(東京都豊島区 西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14階 WeWork内)
渋谷センター(東京都 渋谷区 渋谷1-8-7 第27SYビル3階)
横浜西口センター(神奈川県 横浜市神奈川区 鶴屋町2-23-5 銀洋第2ビル)
大阪梅田センター(大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル14階)
名古屋名駅センター(愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル9階 リージャス内)
※通学時と同じ学習プログラムがすべてオンラインで受講可能
入学金55,000円
教材費用市販品を別途購入
プログラム●期間:12ヵ月、6ヵ月

●レッスン内容
・コンサルティング:受講生の目標やスケジュールに合わせた最適な学習プラン提案
・専属コンサルタントのサポート:全営業日、専属コンサルタントが学習をサポート
・専属コンサルタントへの質問:英語の学習方法に関する質問に専属コンサルタントが回答
・プライベート・オンラインレッスン:週2回、ネイティブ講師とマンツーマンで英語ディスカッション
・グループレッスン:週1回、ネイティブ講師と他の受講生との英語ディスカッション
・英会話テスト「Versant」:1ヵ月に1回、大手企業でも導入されている英会話テストを受験
・学習進捗チェック:2週に1回、専属コンサルタントが学習進捗をチェック・アドバイス
・スピーキング学習:週5回、目的別の英会話フレーズを専用教材で集中的に学習
・シャドーイング学習:週5回、映像教材でネイティブの音声を聞き取り、リスニング力強化
・レッスンの復習・予習:週6回、ネイティブ講師とのレッスンの復習・予習を実施
・映像教材:様々なDVD教材やテキスト教材から目的に合ったものを選択
・テキスト教材:様々なテキスト教材から目的に合ったものを選択

●受講料金:月々110,758円
※上記は12ヵ月一括払いプラン利用時の、2021年5月31日までのキャンペーン割引適用料金です。月々の料金は支払い方法や実施中のキャンペーンによって異なります。

※6ヵ月一括払いプラン・12ヵ月一括払いプランには、全額返金保証の特典あり。

●コンサルティング費:203,500円

※通学と変わらない内容をオンラインで受けられる、「完全オンライン12ヵ月コース」もあります。

TOEIC® 対策プログラム●期間:2ヵ月
●プログラム内容
・レッスン+個人学習:オンラインプライベートレッスン(週2回)、単語暗記(毎日)、シャドーイング(毎日)、文法学習(必要に応じて)
・専属コンサルタントの学習サポート
・6つの英語力テスト●受講料金:337,580円
分割払いサービス入会金・コンサルティング費・月額受講料をまとめて分割払いにすることが可能です。入会時にまとまった費用の支払いが不要となります。

●一括支払いによる割引適用後の金額に分割払いを設定できます。分割回数によっては定価総額以下の支払い総額とすることが可能です(たとえば、通常コースで12ヵ月一括払いに適用した場合、分割回数が15回までであれば支払い総額は手数料を含めても定価総額以下)。
●ローン提供会社:株式会社オリエントコーポレーション(Orico)
●分割回数:3・6・10・12・15・18・20・24・30・36・42・48回から選べます。
●全額返金保証・解約返金保証・無料延長保証が適用可能です。
※「一括支払い向けキャンペーン」などの適用後の料金には分割払いを設定できません。

※表内に記載の金額はすべて税込です。
※サービス内容・料金については変更されている可能性があります。
最新情報については公式HPを参考にしてください。

 

前提知識:英語習得に1000時間の学習が必要な理由

ノートに文字を書いている画像

英語を習得するには1000時間の学習が必要だと言われています。

世間には苦労せずに英語をいとも簡単にマスターできる秘策や教材が出回っています。

  • 「たった60日間で」
  • 「これだけ覚えればOK!」
  • 「勉強せずに自然に身に付く」

などのキャッチコピーは、なかなか英語が上達せず悩んでいるあなたにとって非常に魅力的に感じられるかもしれません。

しかし、もしそのような魔法のような方法があるとしたら、日本人はとっくに英語がペラペラになっているはずです。英語を習得するには地道な学習が必要です。

英語習得に必要な時間は、公的な統計データで明らかになっています。

ここでは、英語習得に1000時間の学習が必要な理由について詳しく説明します。

 

日本人が英語を習得するには2200時間の学習が必要

トライズ(TORAIZ)_日本人が英語を習得するには2200時間の学習が必要

引用:TORAIZ公式HP

※ForeignServiceInstitute(FSI)・・・アメリカ国務省および50以上の政府機関、軍事国防関係者に言語教育を行っている機関。年間70,000人の登録者に70以上の外国語を含む800以上のコースを提供している。

上の表は、アメリカ国務省の付属機関であるFSIが「英語を母国語とする人が他の言語を習得するのに必要な時間」を表したデータです。

英語に比較的近い言語と言われるフランス語やドイツ語が600~700時間程度で習得できるのに対し、日本語習得には2200時間もの膨大な時間を必要とすることが分かります。つまり、日本人が英語を習得するのにも同様の2200時間が必要だと言えます。

しかし、私達日本人は中学・高校の英語の授業で既に約1200時間の英語を学習済みです。

つまり、理論的には、残り1000時間の英語学習をすれば英語をマスターできるということになります。

 

トライズは1年で1000時間学習!「いつでも使える忘れない」レベルを目指す

トライズはこのデータに基づき1年で1000時間の学習を行い、英語をマスターできるようにします。

ただし、英語マスターにも定義を設けており「いつでも使える・忘れない」というレベルを目指します。

最速最短でそのレベルに達するためには、毎日コツコツと学習する必要があります。

1週間に1度の学習では、頭に入れた知識を次々と忘れていってしまいます。インプットした知識を忘れないようにするためには、忘れてしまう量よりも多くの知識をたえず増やしていかなければなりません。

 

 

トライズ(TORAIZ)の特徴

特徴・特長の画像

では、ここからさらにトライズ(TORAIZ)について深堀していきましょう!

トライズ(TORAIZ)の特徴を紹介していきます!

特徴
  1. 1年間で1,000時間学習
  2. 週6~7日のインプット+週3日のネイティブレッスンでのアウトプット
  3. 継続率91.7%!専属コンサルタントとネイティブコーチが徹底サポート
  4. 受講生満足度97.9%!「続けられる」「成果が出る」プログラム
  5. 全額返金保証・無料延長保証・途中解約返金保証という安心の3保証

1.1年間で1,000時間学習

日本人が英語を習得するためには約2,200時間が必要とされていますが、多くの場合日本人は学校教育課程で1,200時間の英語授業を受けているため、英語習得のためには、残りの1,000時間を自身で学習する必要があります。

トライズは、この1,000時間を1年間でこなし、短期間での大幅な英語力アップを目指すプログラムとなっています。

週1回40分の英会話レッスンだと約29年かかってしまう1,000時間という学習時間を、1年間に凝縮することで、モチベーションを維持しながら一気に英語力を上げるというメソッドが、トライズの特徴です。

 

2.週6~7日のインプット+週3日のネイティブレッスンでのアウトプット

トライズの受講生は、まずは英語の知識をインプットするため以下の3点を行います↓

  • スピーキング練習を週5回(約4時間)
  • シャドーイング練習を週5回(約12時間)
  • レッスンの予習を週6~7回(約2時間)

そして、知識をインプットした上で、ネイティブコーチとの英会話レッスンを週3回(プライベート・オンラインレッスン2回、グループレッスン1回)行うことで知識を実際に使える力へと高めていくことができます。

また、学習状況は専属コンサルタントに毎日報告し、フィードバックを受け取れるので、モチベーションを維持しながら、効果的な方法で学習を進めることができます。

学習の進捗・成果は、2週に1度のコンサルタントとの面談や、毎月のスピーキングテスト「VERSANT」によって、都度確認します。現状の課題を常に認識し、最適な内容・方法での学習を継続することで、着実に英語力を伸ばしていくことができます。

 

3.継続率91.7%!専属コンサルタントとネイティブコーチが徹底サポート

通常の英会話スクールよりも圧倒的にハードなトライズですが、受講生の継続率は91.7%と非常に高いのが特徴です。その背景には、受講生一人一人のパーソナルコーチとして面倒を見てくれる専属コンサルタントと、ネイティブコーチによる徹底サポート体制があります。

受講生の生活スタイルや学習リズムに合わせて、コンサルタントとネイティブコーチが無理のない学習スケジュールを組み立て、毎日の学習アドバイスをしてくれます。また、同じ目的を持って取り組んでいるグループレッスンの仲間の存在も、継続のモチベーションとなります。

受講生の中には大手企業の幹部や医師、女優など非常に多忙な方も多く、仕事が忙しい方でもしっかりと続けられる環境が整っています。

 

4.受講生満足度97.9%!「続けられる」「成果が出る」プログラム

トライズでは、1年間で1,000時間という量の英語学習を、モチベーションを維持しながら続けられる仕組みとサポート体制が整っています。そのため、ハードなプログラム内容ではあるものの、受講生満足度は97.9%と非常に高くなっています。

金額は決して安くありませんが、それに見合った成長を短期間で成し遂げたいという方にとって非常におすすめできるプログラムだと言えます。

また、2020年2月からは、ネイティブコーチによるフリートーク形式のグループレッスンがスタート。フリートーク・グループレッスンは1回1時間で、通常の授業料に追加料金は一切不要です。

受講回数に制限はなく、何度でも自由に参加できるので、日常的に英語をアウトプットする機会を確保できるのが魅力です。2021年3月現在、フリートーク・グループレッスンは毎営業日にオンラインで提供されています。

 

5.全額返金保証・無料延長保証・途中解約返金保証という安心の3保証

トライズでは、一括払いプランの特典として、以下3つの特典がついています↓

  • 受講開始後1ヶ月間であれば全額返金保証
  • 1ヶ月経過後の途中解約でも残り期間の受講料全額返金
  • 万が一1年間しっかりと学習をしても成果が出なかった場合の無料の3ヶ月受講期間延長

また、額返金における特別な条件もないため、リスクなしで英語学習を始めることが可能です。さらに分割払いを利用して、一括払いによる割引適用後の費用を分割払いにすることもできます。

受講生に学習を継続してもらい、しっかりと成果を出すことに自信があるトライズならではのシステムだと言えます。

 

筆者
ここは、トライズ(TORAIZ)の料金・費用の所で詳しく説明します!

 

 

トライズ(TORAIZ)の1,000時間の学習を継続させる方法

棒グラフの画像

前章では、トライズ(TORAIZ)は1年間で1,000時間学習することを説明しました!

ここでは、実際に1000時間の学習をどのように継続していくか詳しく説明します。

1,000時間の学習を継続させる方法
  • 1000時間はリスニング・スピーキングに集中して学習
  • 1週間で20時間の勉強時間を確保
  • 学習報告システムで専属コンサルタントと日々の学習状況を共有
  • 専属ネイティブ講師と専属コンサルタントがダブルサポート

1000時間はリスニング・スピーキングに集中して学習

トライズでは、1000時間の勉強を「耳・口を使った学習(リスニング・スピーキング)」に集中して学習します。

中学・高校での約1200時間の勉強では、教科書を読む、板書など主に目を使った学習(リーディング・ライティング)にあててきました。

しかし、リスニング・スピーキングは筋トレと一緒で意識的に鍛えないとどうしても伸びにくい力なので、トライズでは2つの学習に絞っています。

 

1週間で20時間の勉強時間を確保

学習スタートの前に、まずは担当のコンサルタントと一緒に、1週間で20時間の勉強時間を確保できるよう1週間分の学習計画表を作ります。

週1回は学習時間が確保できなかった時のための調整日を作り、週単位で目標時間を達成できるようにします。

学習時間は1日3時間ですが、まとめて3時間勉強するのではなく、通勤時間・ランチタイム・家事の合間・バスタイム・就寝前・早朝などあらゆる隙間時間を使って勉強できるよう、普段のライフスタイルを徹底的に見直します。

 

学習報告システムで専属コンサルタントと日々の学習状況を共有

1日の学習が終わったらWEB上の「学習報告システム」を使って、学習時間の入力をし、学習の疑問点などを専属コンサルタントに報告します。つまり、コンサルタントは、いつでも生徒の学習状況を把握できるということです。

学習が順調な時はモチベーションの上がる一言、上手くいかない時は問題解決のためのアドバイス、文章で難しい場合は直接電話などで対応することもあります。

 

専属ネイティブ講師と専属コンサルタントがダブルサポート

トライズ(TORAIZ)には日本人講師とネイティブ講師のダブルサポート体制になっています↓

  • 日本人の専属コンサルタント:日々の学習スケジュールを管理し、モチベーションのコントロールを行う
  • 外国人のネイティブ講師:レッスンで実践的な英会話力を鍛える

生徒とコンサルタント・生徒とネイティブ講師のやり取りはもちろんですが、コンサルタントとネイティブ講師も綿密なやり取りを行っており、全員で現状と目標を共有しています。

例えば、「レッスンになるとどうしても上手く話せない」という悩みをあなたがコンサルタントにすれば、コンサルタントはネイティブ講師にレッスンの様子を聞き、問題の解決法をフィードバックしてもらえます。

 

筆者
こんな感じでトライズ(TORAIZ)では、1,000時間の学習をしっかり継続させる方法が整っているのです!

 

 

トライズ(TORAIZ)がおすすめする英語学習法

おすすめの画像

前章では、トライズ(TORAIZ)で1,000時間学習する方法を紹介しましたが、そんなトライズ(TORAIZ)はおすすめしている学習法があるので、紹介しておきます!

超高速PDCA英語術

1年で英語を話せるようになることを目指すトライズ。実践されているのは、「超高速PDCA英語術」と呼ばれる学習法です。

「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(検証)」「Action(改善)」の頭文字をとったPDCAは、目標を達成するための手法として、特にビジネスの世界において広く浸透しているものです。トライズでは、英語学習においてもこのPDCAを回すことが重要だと考えています。

「超高速」とあるように、トライズでは1日3時間の学習に取り組むことで、1年間という短期間で英語運用力の習得を目指します。

 

Plan:明確なゴールを設定し、1年で達成するための学習計画を立てる

トライズではまず、「英語を使って何ができるようになりたいのか」というゴールを明確に設定するのが特徴です。その上で、個々の目的に見合った教材を選択するなど、ゴールから逆算した学習プランを作成します。

目標とする英語力を1年で身につけるため、受講生は仕事やプライベートを含めたスケジューリングを行いながら、「1日3時間・1年約1,000時間」という学習に取り組みます。

この「1,000時間」というトータルの学習時間の設定にも、根拠があります。

アメリカ国務省機関であるFSI(Foreign Service Institute)のデータによると、英語話者が日本語を習得するためには約2,200時間の学習が必要とされています。日本人が英語をマスターするためにも、同程度の学習時間が必要になると考えられますが、中学・高校で約1,000時間分の学習はすでに終えているため、社会人が英語を習得するためには残り1,000時間が必要であるとトライズは考えています。

さらに、この1,000時間の学習をこなす期間については、トライズは「1年」がベストと考えています。

トライズを運営するトライオン代表取締役社長の三木雄信氏は、著書『超高速PDCA英語術』で、「ゴールが1年後だからこそ全力で頑張れる」とし、理由を以下のように述べています↓

「あなたは1年後に英語を話せるようになります」と言われれば、「仕事が忙しくても、何とか頑張ってみよう」と思えるでしょう。
でも「あなたが話せるようになるのは3年後です」と言われたら、あまりにゴールが遠すぎて、私なら学習を始める前から嫌になってしまいます。
(中略)社会人が英語をマスターしたいなら、短期集中が鉄則です。

「1日3時間」という学習時間は、忙しい社会人にとって決して楽ではないものの、同時に「頑張れば何とか捻出できる」といった現実的な時間でしょう。逆に、できるだけ早く英語を身につけたいからと言って、受験生のように朝から晩まで勉強するといった方法は、多くの社会人にとってあまりにもハードルが高いため、毎日継続することは極めて難しくなります。

トライズでは、TOEIC平均927点、VERSANT平均62.5点(2021年1月末現在)という高い英語力を有したコンサルタントが、専属で受講生の学習を徹底サポートしてくれるため、9割以上の受講生が1日3時間の学習を1年間継続できています。

 

Do:「シャドーイング」と「超高速英作文(フレーズ暗記)」に特化

1年間での目標達成を目指すトライズの学習スタンスは、学習内容に優先順位をつけ、取り組むべきことを取捨選択するというものです。

学習スタンス
具体的には、英語の4技能のうち、一般的なビジネスパーソンにとっては機械翻訳で概ね事足りる「書く」と「読む」に関する学習は捨て、代わりに「聞く」と「話す」に特化します。さらに、「話す」の中でも、ネイティブレベルの発音までは目指さないなど、あくまでも英語でコミュニケーションをとるために必要なスキルに集中して伸ばしていきます。

トライズで行うのは、「シャドーイング」「超高速英作文(フレーズ暗記)」の2つを中心とした学習です!

シャドーイング

1つ目のシャドーイングとは、聞こえた英語音声のすぐ後に続き、発音や抑揚をできるだけ真似てリピートするトレーニング方法で、特にリスニング力の向上に効果があることで知られています。

シャドーイングの題材として、トライズで特に推奨されているのが、映画です。三木氏は『超高速PDCA英語術』でその理由を、「ネイティブが日常的に使っている自然な英語を学ぶのに最適だから」と説明します。

トライズの受講生は、自分自身の働く業界や職業に関連する作品を1本選び、その映画に登場する全てのセリフをシャドーイングできるようになるまでトレーニングを重ねます。ネイティブの生の英語を通して、自分が実際に使う機会の多い表現を中心に学習できるため、実践的な英語力を鍛えられるのが魅力です。

超高速英作文(フレーズ暗記)

2つ目の超高速英作文(フレーズ暗記)とは、会話で使う基本フレーズを瞬時に口から出せるようにするトレーニングです。

トライズでは、頻出のフレーズに関しては丸暗記してしまうことによって、テンポよく会話ができる状態を目指します。受講生は、人気教材の『瞬間英作文』シリーズの他、ビジネスに特化したフレーズ集など、自身の目指すゴールに合わせた教材を使用してトレーニングに取り組みます。

また、シャドーイングと超高速英作文のトレーニングの他に、トライズでもう1つ重視されているのが、双方向でアウトプットする場となる英会話レッスンです。これは、1人でできるトレーニングだけではなく、双方向のコミュニケーションが言語の習得を促進するという、応用言語学の考えに基づいています。

 

フリートーク・グループレッスンにも追加料金無しで好きなだけ参加可能

実際にトライズの受講生は、週2回のマンツーマン・オンラインレッスンや、週1回のグループレッスンに加え、随時開催されるフリートーク・グループレッスンにも追加料金無しで好きなだけ参加できるなど、アウトプットの機会が豊富に確保されています。

また、特徴的なのは、トライズのネイティブコーチたちのアプローチ方法が、学習者の知識を引き出す「コーチング型」である点です。

一般的な英会話レッスンでよくある悩みとして、「先生が話すのを聞いてばかりで、ほとんど相槌になってしまう」というものがあります。その点においてトライズのコーチは、受講生自身の英語運用力を伸ばすことの重要性を、全員が共通して理解しています。受講生の話す英語に耳を傾け、すでに持っている知識を引き出すことで、自力での発話をサポートしてくれます。

 

Check&Action:VERSANTでスピーキング力を測定し、改善へ繋げる

トライズでは、受講生の英語スピーキング力を定期的に確認するために、「VERSANTスピーキングテスト」を採用しています。

 

VERSANTスピーキングテストとは
スマホやPCでいつでも自分の好きなタイミングで受験できる英語力測定試験です。テスト時間は約20分で、結果は試験終了から数分後に分かるなど、気軽に受験しやすいのが特徴です。

三木氏は『超高速PDCA英語術』の中で、「英語運用力を客観的に検証するには、今のところVERSANTがベストのツール」と述べています。

トライズでは、VERSANTを活用して受講生の英語運用力を定期的にチェックすることで、学習方法の改善や、学習モチベーションの維持・向上に役立てています。

 

 

トライズの学習内容

猫が本を読んでいる画像

本章では、トライズ(TORAIZ)の学習内容を詳しく解説していきましょう!

トライズの学習内容
  • コンサルティング:約1~1.5時間
  • 目的にあわせた教材による自己学習(スピーキング約5時間・リスニング約10時間):週5回
  • ネイティブ講師との英会話レッスン(グループレッスン50分/回・プライベートSkypeレッスン25分/回):週3回
  • 英会話レッスンの予習・復習:週6回約5時間30分
  • 専属コンサルタントとのプログレスチェック:2週間に1回
  • Versant受験によるレベルチェック:月1回
  • 6ヶ月後の中間コンサルティング

 

筆者
詳しく解説します!

 

コンサルティング

トライズでは、学習スタートの前に専属コンサルタントが「英語マスタープロジェクトを立ち上げる作戦会議」と言われるコンサルティングを行います。

コンサルティングは以下の流れで進めていきます。

  1. 現在の英語力チェック
  2. 1年後のゴールを決める
  3. 最適な教材選び・学習計画

1.現在の英語力チェック

コンサルティングでは、初めに2つの方法で現在の英語力をチェックします。

  1. Versant
  2. ネイティブ講師との対面フリートーク

コンサルティングを行う前に「Versant」というテストを受験します↓

 

Versant

Versantの画像

※Versant・・・仕事で使える英語力を素早く簡単に調べるスピーキングとリスニングのテスト。62個の質問に答える会話形式。採用や昇格、海外駐在における人材選抜時のスキルチェックとして大手グローバル企業や政府機関などで導入されています。

 

Versantについて2分で分かる動画

Versantはスマホのアプリもしくはパソコンがあれば、約17分という短い時間でスピーキング力がわかるテストです。高度な自動音声認識技術によって非常に客観的に英語力をチェックできるのが特徴です。

終了後たった5分ほどで自動採点され、20~80点(日本人平均25~35点)の範囲で判定される総合スコアと4つのスキルごとのスコアを基にしたレポートによって今の英語力を詳しく知ることができます。受講開始後は毎月1度受験し、学習が正しい方向に進んでいるかをチェックします。

また、コンサルティングでは、ネイティブ講師と対面でフリートークを行い、現在の英語力の強み・苦手意識などを判断します。

2.1年後のゴールを決める

現状を把握したら、次は1年後のゴールを決めます。

例えば「英語のディスカッションで発言できるようになりたい」など、1年後にどういう英語力をつけていたいのかを考え、具体的なゴールを設定します。

3.最適な教材選び・学習計画

具体的に定めたゴールに基づき、最適な教材・学習計画を専属コンサルタントと一緒に話し合って決めていきます。

実際に使う教材は、スピーキング・リスニングでそれぞれ1冊を市販のものから厳選します。1冊の教材を使いこなせるまで磨き上げたら次の1冊へと進みます。

 

自己学習(スピーキング)

教材や受講生のペースにもよりますが、基本的には2週間で50~100のフレーズを丸暗記するという学習を行います。

難しいボキャブラリーや知らない単語を覚える学習ではなく、知識として眠っているけれど文章にするのに慣れていないものが口からポンポン出てくるようにする学習を行います。簡単なフレーズでも瞬発的に言えるように、基礎から進めて最終的なゴールにあわせ教材選びを行っていきます。

2週間に1回のプログレスチェックでは、1秒以内に答えられるか、覚え間違いをしていないかを専属コンサルタントがチェックします。

 

自己学習(リスニング)

リスニングは、どの教材を使うかに関わらずシャドーイングという学習方法を行います。

シャドーイングとは、テキストを見ずに聞いた英語の音だけを聞いてそのまま真似て口に出す学習法です。

前述のように、日本人は1200時間のリーディング・ライティング中心の学習を行っており、意識的に耳を鍛える学習は行っていません。そのため、知識は頭にあっても聞こえてくる音にギャップを感じます。

例えば、「What are you doing?」と文字で見れば意味が分かる人でも、外国人から「ワラユードゥーイン?」と言われる理解できないというパターンです。シャドーイングは、知っている文字と聞こえてくる音を紐付ける日本人に最も有効な学習方法と言われています。

洋画のセリフと日本語訳がまとめられた「スクリーンプレイ」という教材のほか、興味が持てモチベーションの上がるジャンルの教材をコンサルタントが提案します。

2週間に1回のプログレスチェックでは、スピード・話し方・リズムをモノマネして発話できているかどうか、聞いたものを口から出しているかを専属コンサルタントがチェックします。

 

ネイティブ講師との英会話レッスン

週3回、ネイティブ講師との英会話レッスンを行います。

選べる2つのレッスン
  • 週1回グループレッスン(50分)+週2回Skypeプライベートレッスン(25分)
  • 週3回Skypeプライベートレッスン(25分)

グループレッスン

グループレッスンはネイティブ講師1:生徒4で、英語力の近い人同士でクラス分けを行い、各スクールでディスカッションを行います。

欠席の場合キャンセル扱いとなるのでご注意下さい。レッスンを受ける曜日・時間は固定で振替はできません。

Skypeプライベートレッスン

Skypeを使ったプライベートレッスンは、目標やゴールにあわせたレッスンをマンツーマンで行います。

センターに毎回決まった時間に通うのが難しい方におススメです。

6時~23時までの時間帯で都合の良い時間を選べるので、ライフスタイルにあわせやすいのが特徴です。

 

英会話レッスンの予習・復習

より効果的に英会話レッスンを受けられるよう、必ず英会話レッスンの予習・復習を行います。

例えば、グループレッスンはディベート式で行いますが、事前に「どのような意見を述べるか」「どのフレーズを使うか」などを考えてレッスンに臨みます。

実際にレッスンで使ってみて、講師から修正や訂正を受けた場合は必ず赤ペンで訂正し、復習をして次のレッスンに臨みます。

 

専属コンサルタントとのプログレスチェック

2週間に1回、専属コンサルタントと対面でテストを行い、学習進捗状況をチェックします。

対面テストは都合に応じてSkypeで受けることも可能です。

 

Versant受験によるレベルチェック

毎月1回、「Versant」を受験して、学習が正しい方向に進んでいるかを確認します。

 

6ヶ月後の中間コンサルティング

Versant6ヶ月分の結果を照らし合わせ、対面でネイティブ講師とのフリートークを行い、学習の進捗状況を確認します。

残りの6ヶ月で目標を達成できるよう、より効果的な学習方法についてコンサルタントと話し合います。

 

 

トライズ(TORAIZ)と従来の英会話スクールとの比較・違い

AとBで悩んでいる画像

ここでは、トライズと従来の英会話スクールとの違いについて説明します。以下は主な違いを一覧にしたものです。

 トライズ従来の英会話スクール
習得率高い低い
習得期間1年約3年
学習継続率高い低い
学習時間約3時間の勉強を毎日週に1~2回40分程度のレッスン

1年で確実に英語力を上げられる

  • トライズ:1年後のゴールを明確化・具体化し、1000時間の学習を行うことで確実に英語を身につける
  • 従来の英会話スクール:英語習得までの明確な期間目標を定めていないことがほとんど

 

学習を継続できる

  • トライズ:専属コンサルタントが徹底的にスケジュールを管理するため、学習習慣が身につく
  • 従来の英会話スクール:自己学習のサポートまで行っていないため、途中で挫折して諦めてしまうことが多い

 

学習時間は多い

1年で1000時間の学習を行うために、1日3時間の勉強時間を確保しなければなりません。

仕事をしている社会人にとって、3時間を確保するというのはハードではあります。従来の英会話スクールでは1日の学習時間まで管理されず、週に1~2回のレッスンを受けるだけなので、それと比べると厳しく感じるでしょう。

  • トライズ:週3日の英会話レッスンを含め、専属コンサルタントのサポートのもと毎日学習
  • 従来の英会話スクール:週に1~2回程度のレッスン

つまり、トライズはコストパフォーマンスが非常に高い英会話スクールだと言えます。

 

習得期間

また習得期間で比較しても以下の違いがあります↓

  • トライズ:1年
  • 従来の英会話スクール:約3年

英語を習得するには日々の学習が必要ですが、3年間自力で学習を続けていくのは非常に難しく、最終的に英語を身につけられない可能性も高いです。

従来のマンツーマンレッスンに3年間通い続けると総額約210万かかります。

210万払い続けて英語を話せるようになるかはあなた次第という英会話スクールと、100万払って1年で確実に英語を話せるようになる英会話スクールなら、間違いなく後者を選ぶべきでしょう。

 

トライズ(TORAIZ)がおすすめな人

YESと答えている画像

では、今までの内容を踏まえて、トライズがどのような人に向いているのかについて説明します。

おすすめな人
  1. 英語の勉強方法に悩んでいる人
  2. 短期間で確実に英語力をあげたい人
  3. 1人で英語学習を継続するのが苦手な人

1.英語の勉強方法に悩んでいる人

ひとりひとりの課題や目標にあわせて専属コンサルタントが教材や学習計画を決めるので、効率的に英語を習得できます。

統計データに基づき、1000時間をリスニング・スピーキングに集中して学習するので、今までに学んだ知識をもとに使える英語を増やすことができます。

 

2.短期間で確実に英語力をあげたい人

1日3時間1年で1000時間の学習を行うので、1年で確実に英語を習得できます。

1年後の目標に向かって最適なカリキュラムを組み、定期的なテストやコンサルティングで学習進捗状況を把握し、随時計画の見直しを行います。

ちなみに、繰り返しですが、従来の英会話スクールの英語習得期間は約3年です。

 

3.1人で英語学習を継続するのが苦手な人

専属コンサルタントに毎日学習時間の報告を行い、モチベーションを上げるアドバイスをもらえるので、1日3時間の学習もやりがいや達成感を感じながら続けることができます。

学習継続達成度は91%ですので、「今まで1人で英語学習を続けられなかった」という人でも確実に英語力をアップすることができます。

 

 

トライズ(TORAIZ)の料金・費用

お金の画像

続いて、トライズ(TORAIZ)の料金・費用です!

恐らくあなたが最も気になるところですよね!

必要な1年間の総額は1,629,100円(税込)

内訳は以下のとおりです↓

  • 入会金:55,000円
  • コンサルティング費:203,500円
  • 受講料/年:1,370,600円

一括払い特典!3大保証制度

6ヶ月一括払い・12ヶ月一括払いの場合のみ、以下の3つの保証制度を利用できます。

つまり、まとめて支払った方が割引も保証もありお得です。

全額返金保証

もしトライズのサービスに満足できなかった場合、受講開始後1ヶ月以内に全額返金されます。

途中解約返金保証

受講開始から1ヶ月経過後、もし途中で解約する場合には、解約手数料を引いた残りの受講料が返金されます。

無料延長保証

学習をしっかり続けたにもかかわらず、英語力が伸びなかった場合、12ヶ月一括払いで最大3ヶ月、6ヶ月一括払いで最大1ヶ月受講期間を延長することができます。

 

支払方法は現金振込のみ

支払方法は現金での振込のみです。月払いの場合には月々の指定日に口座振替となります。

カード払いには対応していないのでご注意ください。

 

 

トライズ(TORAIZ)の評判・口コミ

評価(評判)・口コミの画像

ここでは、トライズ(TORAIZ)を実際に受講した人の評判・口コミを紹介します!

良い口コミだけでなく、悪い口コミも紹介するので、入会を検討している方は必見です^_^

良い評判・口コミ

まずは、良い評判・口コミを紹介します!

良い評判・口コミ1

専属コンサルタントと専属ネイティブ講師のフォローで学習を継続できた

週2回のSKYPEレッスン、週1回のグループレッスン、毎日のレポート提出、2週間に1回の小テスト、月1回のVERSANT…トライズでは学習時間を厳しく管理されるのでやらざるをえないのが最大のポイントです。
一人ではよほど意思が強くないと無理な話ですが、コンサルタントさんやネイティブの講師が二人三脚でフォローしてくれるので意思が弱い私でも続いているのだと思います。

専属コンサルタントが自己学習の管理、モチベーションの維持をサポート、専属ネイティブ講師がレッスンで実践力を鍛えるというダブルサポートで、ハードな学習でも続けることができた、という声が多く見られました。

1日3時間の英語学習をひとりで1年間続けるのは並大抵のことではありません。しかし、トライズでは、モチベーションが下がりそうな時には専属コンサルタントがメールやコンサルティングでサポートし、さらに週3回学んだ知識をネイティブの講師相手に使える場がしっかり設けられています。

 

筆者
今まで英語学習が続けられなかった人にはうってつけのスクールだと言えますね。

 

良い評判・口コミ2

隙間時間を使って勉強できるようになった

私は小さな子供がいて働いているので、自由な時間があまりないので、主な勉強時間は往復2時間の通勤時間や昼休み、朝家族が起きるまでの時間です。 まとまった時間が取れなくても10分、15分といった隙間時間をうまく使いながら勉強時間を確保しています。

トライズでは1日3時間の学習を主に隙間時間を使って確保しています。

社会人にとって1日3時間という学習時間をぶっ続けで確保するのは非常に難しいことです。しかし、今のライフスタイルを徹底的に見直し、勉強にあてられる時間を細切れに作っていけば1日3時間の学習時間を確保することは充分に可能です。

 

筆者
「忙しくて勉強時間なんかとれない・・・」という方こそ通うべき英会話スクールだと言えるでしょう。

 

良い評判・口コミ3

週3回のネイティブ講師とのレッスンで英語を話すことに抵抗感がなくなった

先日街を歩いていた時に外国人観光客から話しかけられたのですが、何のストレスもなく楽しく会話をしている自分がいました。 昔であれば、外国人の方を目の前にした途端に緊張して何も言えない状態でしたので、とても成長を感じました。
これも毎週3回程度、ネイティブ講師との会話レッスンを重ねてきたからに他なりません。 担当のネイティブ講師が私のレベルに合わせてレッスンをしてくれるので、無理なくレベルアップすることができています。 何よりも英語を話すことに抵抗感がなくなりました。

トライズでは、1日3時間の勉強をサポートするだけでなく、学んだ知識を実践でネイティブ講師相手に試せるアウトプットの機会があります。

目的にあわせた英会話レッスンを受けられるのでレベルアップできた、という声は多く見られます。

英語のモチベーションを保つには、自分の成長を実感することも重要です。トライズの英会話レッスンは、グループレッスン・Skypeを用いたマンツーマンレッスンから選べ、専属のネイティブ講師のレッスンを毎回受けられるので、自分の強みや伸びしろがいち早く分かり、最短ルートで英語力を上げることができます。

 

筆者
忙しくてスクールに通う時間がないという方でも、Skypeで自分の都合にあわせてレッスンを受けられるのはとても便利ですよね。

 

悪い評判・口コミ

続いて、悪い評判・口コミです!

悪い評判・口コミ1

トライズ(TORAIZ)のグループレッスンが失敗だった

英語力がどの程度のスピードで身に付くかは個人差があります。そのため、グループレッスンをしていると徐々に差が出ていることに気付きます。基本的に、自分と近しい英語力を持っている人とレッスンする訳ですが、英語力が付いて慣れてくると他の人がミスしたり、考える時間が長いことに対して少しストレスを感じました。

『せっかくの学習時間が無駄になってしまう…』と感じることもありました。

しかし、今でこそこんなこと言ってますが、自分も最初はこんな風に思われていたかもしれないと考えるとかなり失礼ですよね(笑)もう少し臨機応変に対応して欲しかった部分はあります。

 

悪い評判・口コミ2

トライズ(TORAIZ)の料金が高すぎる

コースや割引状況によって多少変わりますが、推奨されてる『1年コース』であれば約140万円ほどの費用が掛かってきます。月額で払うことも出来ますが、全額返金保証などの特典は一括払いにしか適用されません。

そのため、一括払いがおススメなのですが、いきなり140万円を払うのは抵抗がありました。1日、1ヶ月単位で考えたら安いと言い聞かせて支払いを完了したのです。

僕の場合は、100万円を自分で、残りの40万円分を家族に出して貰いました。

親からも『少し高すぎるのでは?』とツッコまれたくらいです。親にお金を出して貰ったおかげで、『結果を残さなくては!』という気持ちになれたのは良かった部分でもあります。

 

トライズ(TORAIZ)の無料カウンセリング体験談

トライズ(TORAIZ)の無料カウンセリング

それでは、ここで実際に筆者が参加したカウンセリングの体験談をどこよりも詳しく紹介します。

無料カウンセリングの場所は?

都内9校、横浜1校、名古屋1校、大阪1校、神戸1校のどこでも無料カウンセリングに参加することができます。

無料カウンセリング予約フォームで希望のセンターを選べるので、一番行きやすいスクールを選択して下さい。

 

無料カウンセリングの予約方法

以下のバナーからトライズの公式サイトに移動して下さい↓

 

 

続いて、画面にある「本気で英語を話せるようになりたい方は無料カウンセリングにお越しください」という黄緑色のボタンをクリックし、予約フォームに入力します。

必要事項を入力したら送信ボタンを押して申込完了です。予約確認がありますので、電話番号・メールアドレスを間違えないよう入力しましょう。

自動返信メールはありませんが、しばらくすると入力したメールアドレス宛に日程確認メールが届きます。

後はメールの記載内容通りにカウンセリングを実施するだけです^_^

 

無料カウンセリングの流れ

無料カウンセリングの当日の流れと、実際のカウンセリングの内容について詳しく説明します。

無料カウンセリングの当日の流れ
  1. 受付
  2. カウンセリングシートへの入力
  3. コンサルタントによるヒアリング
  4. プログラム内容の説明
  5. 費用についての説明
  6. 質疑応答

1.受付

サクキミ英語スタッフがカウンセリングを受けたのは新宿センターです。新宿センタービルの34階にある受付は、まるでホテルのような高級感溢れる外観です。

エントランスにある電話で名前とカウンセリングに来たことを伝えると、スタッフの男性が来てカウンセリングを受ける部屋に案内されました。

2.カウンセリングシートへの入力

カウンセリングを行う部屋は机と椅子とホワイトボードのみの非常にシンプルな部屋です。まずはカウンセリングシートに記入するよう言われました。

カウンセリングシートに記入する内容
  • 今までどのような学習をどのくらいの期間やってきたか
  • 今までの学習でどのような悩みがあるか
  • 現在のスコアなど(TOEIC・その他/受験時期)
  • 1年後、具体的にどのように英語を使えるようになりたいか
  • レッスン受講可能な時間帯(火~金:~15時/15~18時/18時以降、土曜:10~13時/13~15時/15~18時)
  • トライズをどのように知ったか(受講者からの紹介など)
  • いつ頃トライズを知ったか
  • 氏名・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・職業・勤務先(最寄り駅)・業種

A4サイズの用紙の両面に各項目がありましたが、どれも簡単に記入できるもので5分程度で書き終わります。

3.コンサルタントによるヒアリング

記入が終わるとコンサルタントの女性が部屋に入ります。コンサルタントの方は日本人の20代くらいの女性でしたが、非常にハキハキとしていて説得力のある喋り方で、年下ながら「先生!」と呼びたくなるような雰囲気がありました。

カウンセリングシートへの記入内容に沿ってヒアリングを行います。

ヒアリングで聞かれた内容
  • 今までの英語学習について
  • 英語に対する苦手意識
  • なぜ英語が必要になったか
  • 仕事の曜日・時間について
  • アクセスしやすいスクールについて

コンサルタントの方は聞き上手な女性という印象で、どんな話も真剣にくださったので、緊張感も少しづつほどけていきました。

4.プログラム内容の説明

ヒアリングに続いて、プログラム内容の説明がありました。机に置かれたファイルに沿って以下の順で説明がありました。

プログラム内容の確認
  • なぜ1000時間の学習時間が必要なのか
  • トライズでは1000時間をどんな学習にあてるか
  • 1000時間の学習を継続させる方法
  • 実際の学習の流れ
  • 専属コンサルタントと専属ネイティブ講師の連携について

まず最初に、トライズでは1年間で1000時間の学習を行っているという話があり、その学習時間の根拠や学習内容、学習継続方法について説明がありました。

さらに、コンサルティングを行って1年後の目標を明確に定めた上で、ひとりひとりに応じた教材を選び、学習計画をたてるという説明がありました。机には実際に使う教材の一部があり、スピーキングとリスニングに使う教材を紹介してくれました。

リスニングでは、主に、映画のセリフを英語と日本語でまとめた「スクリーンプレイ」というシリーズを使ってシャドーイングを行うそうです。好きな映画を使って英語の学習ができるのはやる気も上がりそうですね。スピーキングでは、「たったの72パターンでこんなに話せる英会話」という教材を紹介してくれました。教材に載っている簡単な英文のフレーズを丸暗記することで、瞬時に英語が出てくるトレーニングを行うそうです。

そして、トライズでは、専属コンサルタントと専属ネイティブ講師が受講生ひとりひとりの現状とゴールを把握してサポートするので、最短ルートで英語力を確実に上げることができるという説明がありました。1年間勉強を継続するのは決して簡単なことだとは思いませんが、こうしたダブルサポートがあれば途中で諦めることなく続けられるのではないかと気持ちが高まりました。

5.費用についての説明

しかし、やはり気になるのが費用です。1年で100万越えと聞くとそう簡単に決断はできないですよね。

トライズの受講費には教材費は含まれていません。教材はすべて市販のものを使いますが、1年間でどのような教材を何冊使うのかはひとりひとりにあわせて決めていくからです。

教材費は年間約5万円くらいかかるとのことです。

受講費の支払方法は月払い・6ヶ月一括払い・12ヶ月一括払いから選ぶことができますが、一括払いの方が月額受講料が安くなるのでお得です。

さらに、返金保証・延長保証制度も利用できるので、まとめて支払をした方が万が一の時のことを考えると安心ですね。

6.質疑応答

最後は質疑応答です。

スタッフが聞いた内容は以下の通り↓回答も併せてご確認ください↓

  • 全くの初心者でも大丈夫ですか?→大丈夫です!
  • グループレッスン、マンツーマンレッスンどちらが良いですか?→ディスカッションの力を高めたい方はグループレッスン、時間の融通が効く・長く話し合い方はマンツーマンレッスンがおすすめです!
  • コンサルタントや講師の方は途中で変更はできますか?→可能です!
  • フィードバックメールはいつでも対応してもらえるのですか?→営業日のみの返信
  • 他の英会話スクールも見てから決めたいのですが・・・→もちろん大丈夫です。

 

こんな感じの流れです!

非常に丁寧でわからないことは全て解決できるので、まずは無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします^_^

 

 

トライズ(TORAIZ)に関するよくある質問

?の画像
では、最後にトライズ(TORAIZ)に関するよくある質問をまとめておきます!

質問内容は以下の通り↓

よくある質問
  1. 受講生の評判・満足度は?
  2. トライズ(TORAIZ)の教材は何を使用しているの?
  3. コンサルタントはどんな人がいるのか?
  4. 英会話のレッスンはあるか?
  5. VERSANTとは?
  6. 英語初心者でもついていける?
  7. 仕事が忙しくても続けられる?
  8. 思うような成果が出なかった場合には?
  9. オンラインでも受講可能ですか?
  10. トライズ(TORAIZ)を6ヶ月継続の効果は?

1.受講生の評判・満足度は?

2020年10月に実施されたトライズの満足度調査によると、受講生満足度は97.9%。1年間の学習継続率も91.7%と、ともに9割を上回る結果となっています。

また、提供されている英会話レッスンに対する満足度も、5段階評価で平均4.6(2020年9月 トライズ調査)と非常に高いのが特徴です。

トライズでは、専属ネイティブコーチによる週3回(1年で144回)のマンツーマンレッスンに加え、無料で受け放題のグループレッスンが毎営業日にオンラインで提供されています。

英会話レッスンを「受講生ができるだけ多く英語を話す場」と位置付けるトライズでは、ネイティブコーチは受講生の話に耳を傾け、アウトプットを助けてくれます。グループレッスンも、英語レベル別(初級・中級・上級)かつ各回最大5名までの少人数制と、発話量を確保しやすい設計です。

受講生からは、「35年間英語恐怖症だったのに、ここまでしゃべれるようになった」「通訳なしでビジネス英会話の内容がしっかりと聞き取れるようになった」など、受講の成果を実感する声が聞かれています。(※個人の感想であり、学習効果には差があります。)

 

2.トライズ(TORAIZ)の教材は何を使用しているの?

トライズでは、市販の英語教材を使用します。

市場には無数の英語教材が存在する中、トライズでは教材内容の研究・吟味が日々行われています。

質の高い市販教材の中から、受講生の英語レベルや学習目的、目指す英語力などに応じて、担当コンサルタントが最適な教材を選んでくれるのが特徴です。実際にどの教材を使って学習を進めるかは、受講生とコンサルタントが相談した上で決定されるため、納得感を持って学習に取り組めます。

また、英語運用力の向上に重きをおくトライズでは、トレーニング題材の1つとして、生きた英語表現の宝庫である「映画」が取り入れられています。

受講生は、選んだ映画作品に含まれる全セリフのシャドーイング(※流れてくる英語音声のすぐ後に続き、元の音声をできるだけ真似ながらリピートするトレーニング)を実施。ネイティブの英語発音のアクセントや抑揚を真似て繰り返すことで、リスニング力やスピーキング力が鍛えられます。日常会話で使われる英単語やフレーズを、映画の場面と結びつけてインプットできる点も大きなメリットです。

受講生からは、「映画と同じスピードでセリフを再現できるようになり、リスニング力が上がったのを実感できた」「英語の構文や単語が蓄積されていった」「これまでにない楽しい感覚で学習に取り組めた」などの感想が聞かれています。

 

3.コンサルタントはどんな人がいるのか?

トライズでは、TOEIC平均927点、VERSANTスピーキングテスト平均62.5点(2021年1月末現在)という英語力を有するコンサルタントが、受講生を専属でサポートしてくれます。

アメリカ・イギリスをはじめとした海外の国々での勤務経験がある方や、国際線の元客室乗務員など、豊富なビジネス経験を持った第二言語習得のプロフェッショナルばかりです。

受講生からは、「コンサルタントの方が本当に親身になって、一緒に目標を共有しゴールに向かって伴走してくれた」「質問に対するアドバイスが的確だった」「1年間の学習を振り替えると、コンサルタントの存在がいかに大きかったかを実感させられる」など、そのサポートを高く評価する声が多く聞かれています。

 

4.英会話のレッスンはあるか?

トライズでは、専属ネイティブコーチとのマンツーマンレッスンを週に3回、1年で合計144回実施します。さらに、オンラインでの無料フリートークグループレッスンが毎営業日に開催されるなど、学んだ英語をアウトプットする機会が用意されています。

トライズで提供される英会話レッスンの特徴は、ネイティブスピーカーのアプローチ方法が、学習者の知識を引き出す「コーチング型」である点です。

従来型の英会話レッスンでは、英語が流暢な講師側が一方的に話し過ぎてしまうケースがあります。「せっかくのレッスンなのに、ほとんど相槌で終わってしまった」という経験がある方もいるのではないでしょうか。

トライズでは、受講生自身の英語運用力を伸ばす重要性を、全コーチが理解しています。受講生ができるだけ多く話せるよう、発話をサポートしてくれるため、レッスンを重ねるごとに英語力とともに積極性が身につきます。

レッスンのトピックは毎回事前に提示され、必ず予習をしてから臨む必要がある点も特徴です。受講生は、インプットとアウトプットのサイクルを回し続けることにより、知識を実際に使える状態へと高めていきます。

 

5.VERSANTとは?

英語スピーキングテストの1つです。(※VERSANTには、スピーキング、ライティング、プレイスメントの3種類のテストがあります。トライズでは、受講生の英語運用力を測る指標として「VERSANTスピーキングテスト」が採用されています。)

VERSANTのテスト時間は約20分。スコアは20点~80点で算出されます。自宅で好きなタイミングで受けられ、試験終了から数分で結果が分かるなど、英語スピーキング力を手軽に測定できるのが特徴です。

「1年で英語が話せる」をコンセプトに掲げるトライズでは、受講生は毎月1回VERSANTを受験し、スピーキング力の変化を数値で確認。モチベーションの維持・向上に役立てるとともに、テスト結果に応じて学習内容・方法に都度改善を加えていきます。

 

6.英語初心者でもついていける?

トライズでは、一人ひとりの受講生に専属のコンサルタントがつき、学習方法や教材、英会話レッスン内容を全てカスタマイズしてくれるため、英語初心者の方でも安心です。

実際に、トライズに通う受講生の4人に1人は、英語初級レベル(VERSANT30点未満)で受講を開始しています。

また、どうしても英語基礎力が不足している方には、中学英語を一から学べる「大人のやり直し英語プログラム」も用意されています。専属の日本人講師とともに文法や単語を学習し、最短2ヶ月で基礎力の習得を目指せます。

 

7.仕事が忙しくても続けられる?

トライズ受講生の大多数は多忙な社会人ですが、91.7%が学習を継続しています。

専属コンサルタントは、受講生の生活スケジュールを入念にヒアリングした上で、隙間時間を活用した継続可能な学習計画を提案してくれます。

受講生からは「トライズを始めて、意外と隙間時間があることに気付いた」「とにかく不要なものを削っていけば、3時間はなんとか作れるというのが1年間やり遂げたあとの感想」などの声が聞かれています。

また、隔週で行われる専属コンサルタントとのマンツーマン面談では、学習状況や成果が都度確認されるため、適切な軌道修正が可能。面談時以外でも、学習で悩みや疑問が生じた場合にはいつでも相談に乗ってもらえるので、一人では挫折しがちな方でも安心です。

 

8.思うような成果が出なかった場合には?

トライズでは、受講生が安心して勉強に取り組めるよう、3つの保証制度が設けられています。(※月払いの場合は、適用対象外となります。)

全額返金保証

万が一トライズのサービスに満足できなかった場合には、受講開始後1ヶ月までの間は無条件で全額が返金されます。

途中解約保証

受講開始から1ヶ月を経過した後に途中解約をする場合、残りの期間の受講料から解約手数料(5万円or残額の20%の安い方)を除いた金額が返金されます。

無料延長保証

しっかり学習したにも関わらず、万が一英語力が全く伸びなかった場合には、12ヶ月一括なら最大3ヶ月、6ヶ月一括なら1ヶ月、受講期間を延長できます。

 

9.オンラインでも受講可能ですか?

はい、可能です。トライズでは通学と同じ学習プログラムを、すべてオンラインでご受講いただけます。

また、通学と遜色のない学習成果/継続率の実績がございますので、ご安心ください。

 

10.トライズ(TORAIZ)を6ヶ月継続の効果は?

特に最初の3ヶ月は成長も早く、モチベーションも続きやすいですが、6ヶ月~9ヶ月あたりは伸び悩みを経験し、気持ちが落ち込む時期です。トライズでは6ヶ月目でもう一度しっかりとコンサルティングをして学習計画を見直すなど、万全のサポート体制を整えています。

 

トライズ(TORAIZ)のスクール一覧

東京大学の画像

最後にトライズ(TORAIZ)は全国に校舎があるので、紹介しておきます!

トライズは東京都内に9校、横浜に1校、名古屋に1校、大阪に1校、神戸に1校あります。

トライズ(TORAIZ)のスクール一覧
  • 新宿南口センター
  • 東京新宿西口センター
  • 東京田町三田センター
  • 東京赤坂センター
  • 東京銀座センター
  • 東京秋葉原センター
  • 東京丸の内センター
  • 東京池袋センター
  • 東京渋谷センター
  • 横浜みなとみらいセンター
  • 大阪梅田センター
  • 神戸三宮センター
  • 名古屋名駅センター
新宿南口センター
住所東京都新宿区新宿4-2-16 パシフィックマークス新宿サウスゲート9階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセス東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目」駅 E5出口より徒歩1分/JR山手線「新宿駅」ミライナタワー口より徒歩2分

 

東京新宿西口センター
住所東京都新宿区西新宿1-25-1  新宿センタービル30階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR新宿駅西口より徒歩5分/都営大江戸線都庁前駅より徒歩2分

 

東京田町三田センター
住所〒105-0014 東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル8F
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR田町駅西口より徒歩5分/都営三田線三田駅A6出口より徒歩2分

 

東京赤坂センター
住所〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセス千代田線赤坂駅5a出口直結/銀座線溜池山王駅10番出口より徒歩7分

 

東京銀座センター
住所〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目8-5 陽栄銀座ビル6階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR新橋駅1番出口より徒歩6分/銀座線・日比谷線A2出口より徒歩7分

 

東京秋葉原センター
住所〒101-0023 東京都千代田区神田松永町4-1 ラウンドクロス秋葉原10階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR秋葉原駅より徒歩2分

 

東京丸の内センター
住所東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル7階 WeWork内
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセス東京メトロ東西線「大手町駅」直結/JR、東京メトロ丸ノ内線「東京駅」より徒歩3分

 

東京池袋センター
住所東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14階 WeWork内
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセス丸の内線・有楽町線 池袋駅メトロポリタン口より徒歩1分/各線池袋駅西口より徒歩2分

 

東京渋谷センター
住所東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル3階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR線・東急線・京王線 渋谷駅12番出口より徒歩6分

 

横浜みなとみらいセンター
住所〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー11階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR桜木町駅より徒歩5分/みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分

 

大阪梅田センター
住所〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル14階
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセスJR大阪駅中央南口より徒歩2分/地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩2分

 

神戸三宮センター
住所兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEast9F WeWork内
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセス市営地下鉄海岸線「三宮・花時計」駅より徒歩2分/JR「三ノ宮」駅より徒歩7分

 

名古屋名駅センター
住所愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル9階 リージャス内
開講時間火~金13:00~21:15 土10:00~17:30
最寄り駅からのアクセス地下鉄東山線・桜通線「名古屋」駅5番出口より徒歩1分/JR「名古屋」駅桜通口より徒歩2分

 

まとめ:まずはトライズ(TORAIZ)の無料カウンセリングを受けてみよう!

行動の画像

いかがでしたか?

今回は、英語コーチングスクールの中でも短期間で英語力を上げられるノウハウを持っており、講師の質、学習法の面から見てもおススメできる英会話スクールトライズ(TORAIZ)について紹介しました!

これまで評判や説明会の体験談などトライズについてのあらゆる情報をお伝えしてきましたが、まずは無料カウンセリングに行くだけでも十分価値のある英会話スクールだと思います。

サクキミ英語のスタッフはカウンセリングに行くまで「1年で1000時間なんて本当に続けられるのか」と正直思っていましたが、専属コンサルタントと専属ネイティブの講師のサポートの説明を聞いて、「ここまでサポートしてもらえるなら英語力が上がらないはずはないだろうな」と本気で思いました。

年間100万と聞くと高いと思うかもしれませんが、従来のマンツーマン英会話スクールに3年も通えば200万以上はかかります。そのうえ、英語を確実に身につけられるともかぎりません。1年間で確実に英語を身に着けたいと思うなら、1年後のゴールにあわせたあなた専用のカリキュラムを組んで学べるトライズを選ぶべきです。

気になる方は早めに無料カウンセリングに参加することをおすすめします。

 

筆者
まぁ、無料なので気軽に参加してみてください^_^

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

トライズ(TORAIZ)の評判・口コミは悪い?料金や特徴を英語学習のプロが評価
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG