上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

英文標準問題精講の評判(口コミ)と使い方【レベル・勉強法】

英文標準問題精講とは

参考書・問題集の画像2
英文標準問題精講とはどのような参考書・問題集なのか紹介していきます。

英文標準問題精講は英文解釈の参考書になっていて、その中でもかなりレベルの高い参考書になっています。

英文標準問題精講の題名に標準と書いてありますが標準のレベルの問題は全くと言っていいほどありません。

 

英検で表すと1級

全て最高難易度で作られた問題になります。

英検で表すと1級を目指している人などが使って勉強する参考書ですね!

なので、英文標準問題精講ではいくつかのテクニックも記載されていますし、この参考書を終えた後には、あなたも日本大学生でトップレベルの英文解釈力、長文読解力を手に入れていることでしょう!

 

英語学習者
そんなに難しいんですかー?

 

筆者
私は偏差値60くらいの時にこの参考書を使いましたが、あまりわかりませんでしたよ(笑)

 

英語学習者
確かに難しそう・・・。

 

とういうわけで、この記事ではそんな最高難易度を誇る英文標準問題精講について徹底解説していきます↓

この記事の内容
  1. 英文標準問題精講の特徴
  2. 世間の評判(評価)、口コミレビュー
  3. 合格できる大学のレベル
  4. 使い方と勉強法
  5. おすすめできる人、おすすめできない人
  6. 英文標準問題精講が終わったら次にやること

 

筆者
購入を迷われている方は必見ですよ♪

 

ちなみに、英文標準問題精講には前に2つのレベルがあるので、そこから始めると英文解釈の力はさらに身につくはずです↓

  • 入門英文問題精講:偏差値50~
  • 基礎英文問題精講:偏差値60~

関連記事

入門英文問題精講とは入門英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。入門英文問題精講は英文解釈の参考書です!入門英文問題精講は題名に入門と書いてあるだけあって、初めて英文解釈の参考書を手に取る受験生でも勉[…]

入門英文問題精講の評価(評判)と使い方
関連記事

基礎英文問題精講とは基礎英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。基礎英文問題精講は英文解釈の参考書です。基礎英文問題精講は基礎と題名に書いてあるので、基礎レベルを勘違いする方もいますが、けっこうレベル[…]

 

また、英文解釈の解き方のコツや勉強法を知りたい!という方は以下の記事を読んでみてください↓

関連記事

大学受験における英文解釈の重要性こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない 英文を読むスピードをもっ[…]

英文解釈の勉強法・やり方【勉強効果といつから始めればいいのか解説】

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

英文標準問題精講の特徴

夕日にOKをしている画像

英文標準問題精講の特徴について紹介していきます。

英文標準問題精講の特徴
  1. 例題と練習問題が110問ずつある
  2. 解説が丁寧
  3. 理解しにくい箇所は図解で説明されている
  4. 1題1題のボリュームは少ない

 

筆者
1つずつ解説していきます!

 

1.例題と練習問題が110問ずつある

英文標準問題精講の問題は、まず例題と練習問題に分けられています。

例題に関しては、110問の問題で構成されていて後半に連れて難易度があがっていきます。

練習問題に関しても110問の問題でこちらも構成されており、例題の後に練習問題がくっついている感じになっています。

例題で英文解釈を学び、練習問題と解くという流れ

まずは例題で英文解釈の仕方などを学んでいき、次に練習問題で自分でもやってみることができます。

この構成がとても勉強になるので個人的に好きです!

 

筆者
例題だけだと解き方などを見て分かった気になってしまうことがあるので、それを防ぐために練習問題があります!

 

2.解説が丁寧

また英文標準問題精講の解説に関してはかなり丁寧に書かれています。

英文標準問題精講はレベルの高い問題ばかりですし、問題の難易度が高いので、解説が適当だと分からなくなってしまうことは多々あります。

 

3.理解しにくい箇所は図解で説明されている

ですが、英文標準問題精講の解説はとても丁寧で、わかりづらい所などは図解なども用いられているのでとてもわかりやすく書かれているのが特徴的です。

 

4.1題1題のボリュームは少ない

英文標準問題精講は問題数などを見てみると一見多く感じるかもしれませんが、英文解釈用に出来ているので一題一題の重みはそんなに無いですので安心して取り組むことができます。

高速で何回も反復することができるので、かなり効率が良い勉強ができるはずです!

 

英文標準問題精講の評判(評価)・口コミレビュー

口コミ・評判の画像
この章では、英文標準問題精講の評判(評価)・口コミレビューを紹介します。

 

筆者
良い評判(評価)・口コミだけでなく、悪い評判(評価)・口コミも紹介しているので、英文標準問題精講が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評判(評価)・口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

良い評判(評価)・口コミレビュー

まずは、良い評判(評価)・口コミレビューを紹介します!

良い評判・口コミ

レベルの高い参考書を使いたい受験生にはぴったり

英文標準問題精講のコメントであったのが問題がこれでもかと言うくらい難しいと言った部分です。

レベル的には、東大、京大、早慶など最難関大学と言われるレベルを受験するなら最適な参考書です!

最難関とも言われる大学になると、意味不明ともいえる難易度が高い問題も出題されます。それに打ち勝つために英文標準問題精講を使って勉強するとちょうどいいかもしれないですね。

最高峰のレベルの大学を目指しているものたちよりも一つ上のレベルに行きたいという人は使っても良いのではないかと思います。

 

悪い評判(評価)・口コミレビュー

続いて、悪い評判(評価)・口コミです。

悪い評判・口コミ

問題が難しすぎる

英文標準問題精講は大学受験英語の参考書になっていますが、ほとんどの受験生は使わなくていい参考書です。

偏差値で言うと、65以上を目指す受験生しか解けないレベルになっています。

問題をみても書いてある内容が理解できる人も少ないので、偏差値50台の人が軽い気持ちで解くと自信を無くしてしまうかもしれません。

 

英文標準問題精は、難易度が高いので、最難関大学を目指す方にはとてもおすすめです!

偏差値70以上を確実なものにしたい!というレベルの方は本参考書はおすすめです!

 

筆者
自分の目指す大学によって使うか使わないのか決めていきましょう。

 

ちなみに、英文標準問題精講は総合的にみると内容に関しては、高い評価にありました。

 

筆者
悪い評価はあまりないので重視するのは良い評価の方を参考にしてみるといいかもしれません。

 

ちなみに、英文標準問題精講には、前のレベルものが2冊あります↓

  • 入門英文問題精講:偏差値50~
  • 基礎英文問題精講:偏差値60~

上記のイメージですね↑

関連記事

入門英文問題精講とは入門英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。入門英文問題精講は英文解釈の参考書です!入門英文問題精講は題名に入門と書いてあるだけあって、初めて英文解釈の参考書を手に取る受験生でも勉[…]

入門英文問題精講の評価(評判)と使い方
関連記事

基礎英文問題精講とは基礎英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。基礎英文問題精講は英文解釈の参考書です。基礎英文問題精講は基礎と題名に書いてあるので、基礎レベルを勘違いする方もいますが、けっこうレベル[…]

 

英文標準問題精講のレベル・難易度

手にピラミッドを乗せている画像
英文標準問題精講で到達するレベルついて紹介していきます。

レベル・難易度
  • 偏差値70のレベル
  • 大学レベルなら東大、京大、早慶

偏差値70のレベル

英文標準問題精講をしっかりと使って勉強していけば英語力はマックスに値すると言っても過言ではありません。

この参考書を使うのには偏差値は最低でも65は必要になってきます。

それ以下でしたら英文標準問題精講をつかうことはおすすめしません。それくらいレベルの高い参考書だと言う事を理解してください。

問題の構成や質など全てが最高峰の難易度になっています。

ですからむやみやたらに勉強とかはしたりするのではなく自分に合っていないと感じたのであれば使うことはやめましょう。

まだ偏差値65なければ、入門編、基礎編へ

 

東大、京大、早慶レベル

もちろん、この参考書を使って勉強すれば東大、京大、早慶もカバーすることができます。

 

英語学習者
安全に合格したかったら英文標準問題精講はやった方が良いということですね♪

 

筆者
そういうことですね♪

 

英文標準問題精講は余裕のある人が使っていきましょう。

普通の受験生は無理して使う必要はありません。

 

英文標準問題精講の使い方と勉強法

やり方・方法の画像

英文標準問題精講の使い方や勉強法について紹介していきます。

勉強の計画を立てないで勉強を始めてしまうと、いつ頃までにこの参考書を使い終わるかの目処が立たなくなってしまいます。

 

筆者
自分なりの勉強法が固まっていない人は勉強法に関しては以下の流れで勉強するのがおすすめですよ!

 

使い方や勉強法
  1. 勉強の計画を立てる
  2. 目安時間の×0.8時間で問題を解く
  3. 自分の受ける大学によって解き方を変えるのもオススメ
  4. 解答を確認
  5. 復習する【音読はおすすめです!】

 

筆者
詳しく解説していきます!

 

1.勉強の計画を立てる

まず初めに大切なのが、勉強の計画を立てることです。

勉強の計画を立てないで勉強を始めてしまうと、いつ頃までにこの参考書を使い終わるかの目処が立たなくなってしまいます。ですのでまずは計画から立てましょう。

この参考書の問題量や一日または一週間ならどれくらい勉強することができるのか決めていきましょう。

もちろんそこには回答解説をみたり復習をしたりしなければならないのでその分の時間を考えなければいけません。

『勉強計画の立て方』については以下の記事を参考になると思います↓

関連記事

大学受験英語の勉強計画を立てる前にこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 大学受験に挑みます!どんな計画を立てれば受かりますか? 大学受験は英語が重要[…]

【受かる勉強計画の立て方】大学受験英語の超効率的スケジュール|英語教育のプロが解説

2.目安時間の×0.8時間で問題を解く

次に計画を立てたのならば実際に問題を解いていきましょう。

問題を解いていく際は入試本番のつもりで解いていきましょう。入試の時周りは敵です。いつもの環境ではないので急に問題が解けなくなったりします。

そのようなことがないように少しでも入試本番同様にする様に心がけましょう。

ほとんどの参考書には問題を解く時間が書かれています。

その時間通りに解いていくのもいいですが、ここは一つレベルアップをして解いていくことをオススメします。

参考書に書かれている解答時間の×0.8分の時間で解いていきましょう。

見直しの時間も含める

もちろんこの時間内で見直しも入れていく必要があります。はじめに問題をみたらどのくらいの問題数で記述などはどれくらいあるのか確認しましょう。

 

筆者
ちなみに入試本番では確認はあまりしなくても問題はないですよ!

 

皆さんは過去問などを解いて各々の大学の問題を把握しているはずです。

大学の入試問題は数年に一回変わるぐらいで、変わるといっても少ししか変わりません。

大幅な変更はまずないので♪

確認ができたら問題を進めていき回答して行きましょう。

 

3.自分の受ける大学によって解き方を変えるのもオススメ

自分の受ける大学によって合わせていくやり方も、オススメです。

例えば、ある大学の入試問題で英文法が20問出題されるのであれば、大学入試英語頻出問題総演習で勉強するときは20問ずつ解いていくというやり方でもいいです。

 

筆者
解き方の部分は本番に近ければ良いとことを言いたかったわけです!

 

4.解答を確認

それから問題が解き終わったら解説を見ていきましょう。自分がどこが正解で不正解なのかチェックしていきます。

ここで気をつけなければいけない注意点があります。

 

勘で回答した問題はもう1度考える

それは、勘で回答した問題が正解な時です。

 

筆者
その問題が根拠なしで回答して正解だった時は不正解のつもりで考えましょう。

 

入試本番の時はわからない問題があれば勘で解いても構いませんが、普段の勉強の時は分からないところを潰していくことが大事ですからしっかりと復習していきましょう。

 

5.復習する【音読はおすすめです!】

続いて復習をしていきます。

ここの復習が一番大切ですから、一度やった問題だからといってサボるのは絶対にやめましょう。

復習の仕方は何通りかはありますがここでは一番効果がありかつ効率の良い復習の仕方をご紹介していきます。

復習で一番効率が良いのは音読です。

音読は感覚神経を目、口、耳の3つを使っていて、ただ単に黙読するよりも断然効率が良いです。感覚神経を使っている数が多ければ多いほど脳に記憶は残ります。

なので、何回も音読をし、最低でも間違えた問題は音読を10回は繰り返して音読していきましょう。

 

同じ問題というところが鍵

そこには英単語、英文法、構文など様々なものが含まれています。一度音読しただけでは頭の中には残りません。何度も繰り返し読んでいって初めて頭の中に残るものです。

音読は長文問題のイメージですが、英文法でもかなり効果的です。やはり声に出さして英語を読むというのは、強烈に頭の中にインプットします。

 

筆者
英文法も決まった型があるので、音読してると意外にその型が記憶に残りやすいんですよねー!

 

英語学習者
型とは何ですかー?

 

筆者
「to 不定詞」と「動名詞」ですね!声に出してると自然に覚えますよ!

 

関連記事

大学受験英語にて「音読は効果ない」と思っている方へこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 大学受験英語の偏差値が60を越えたい! 音読しろ!って言われ[…]

【大学受験英語】音読の効果と正しいやり方|継続のコツやメリットも紹介

 

まとめ
  1. 大まかな勉強の計画を立てる
  2. 実際に推奨されている時間の×0.8時間で解いていく
  3. 解説を読んでいき勘で解いたり間違っていた問題にチェックしていく
  4. 復習では音読を最低でも5~10回は繰り返し英文法や構文などにも注目しながら読んでいく

 

以上が勉強法になります。

英文標準問題精講は問題のレベルが高いものになっていますので、余裕のある計画を立て、じっくり取り組むことをおすすめします。

 

筆者
もし、自分なりの勉強法が身についていない人は実践してみてください!

 

また、「英文解釈の解き方、勉強法」に関しては、以下の記事も併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

大学受験における英文解釈の重要性こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない 英文を読むスピードをもっ[…]

英文解釈の勉強法・やり方【勉強効果といつから始めればいいのか解説】

 

英文標準問題精講がおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・できない人
ここまで、英文標準問題精講の評判(評価)や使い方について紹介してきましたが、この章では、本参考書について、おすすめできる人、おすすめできない人について紹介します。

どんな参考書・問題集も向いている人、向いていない人がいます。

 

筆者
自分がどちらに当てはまっているか確認してみてくださいね。

 

おすすめできる人

英文標準問題精講がおすすめできる人についてご紹介していきます。

おすすめできる人
  • 東大、京大、早慶などの最難関クラスの大学を志望する人
  • 特殊な構文の問題や難問の和訳問題などを出題する大学を志望している人
  • 偏差値65以上、トップ層にいきたい方

東大、京大、早慶などの最難関クラスの大学を志望する人

英文標準問題精講は最難関レベルの参考書になっていますので、東大、京大、早慶などの最難関クラスの大学を志望する人にはおすすめすることができます。

特殊な構文の問題や難問の和訳問題などを出題する大学を志望している人

また大学によって特殊な構文の問題や難問の和訳問題などを出題する大学であるならば使っても良いかも知れません。

偏差値65以上、トップ層にいきたい方

偏差値65以上、つまり大学受験英語のトップ層にいきたい方は本参考書を手に取り、頂の景色を目指してみてください!

 

英語学習者
要は、英文のレベルが高いので、偏差値65以上を目指したり、トップ層を目指す人達の参考書ってことですね♪

 

筆者
そうですね!英文標準問題精講ができるようになれば、ほとんどの文章は読めるようになると思います!

 

 

おすすめできない人

英文標準問題精講がおすすめできない人についてご紹介していきます。

おすすめできない人
  • 通常の大学(偏差値65以下レベル)の志望を考えている人

通常の大学(偏差値65以下レベル)の志望を考えている人

通常の大学の志望を考えている人は英文標準問題精講を使うのはおすすめしません。

英文標準問題精講まで使って勉強しても大学の入試問題にはほとんど出ない問題ばかりです。

仮に出題されたとしてもその問題は捨て問として扱っても問題ないです。

 

筆者
オーバーワークになるので、他の勉強の分野が終わってないのであるならばそちらを先に優先しましょう。

 

英文解釈の勉強をしたい方は、以下の2つの参考書がおすすめ

前述の通り、標準問題精講には同じシリーズで、レベルが下のものが2つあります!

以下のレベル感を目安におすすめできない人に当てはまっていた方は、購入を検討してみてください↓

  • 入門英文問題精講:偏差値50~
  • 基礎英文問題精講:偏差値60~

関連記事

入門英文問題精講とは入門英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。入門英文問題精講は英文解釈の参考書です!入門英文問題精講は題名に入門と書いてあるだけあって、初めて英文解釈の参考書を手に取る受験生でも勉[…]

入門英文問題精講の評価(評判)と使い方
関連記事

基礎英文問題精講とは基礎英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。基礎英文問題精講は英文解釈の参考書です。基礎英文問題精講は基礎と題名に書いてあるので、基礎レベルを勘違いする方もいますが、けっこうレベル[…]

 

英文標準問題精講の次は?(終わったら?)

ドアを開けている画像

英文標準問題精講が終わったら次は何をするのかについてご紹介していきます。

結論から言うと、以下の通り↓

  • 英語長文問題の参考書・問題集を解く
  • 英熟語を覚える
  • 過去問練習

英語長文問題の参考書・問題集を解く

東大、京大、早慶などを志望している受験生も英文標準問題精講が終わったら英語長文問題の参考書に切り替えていきましょう。

また英文標準問題精講まで勉強してあるのであれば、かなりレベルの高い参考書の長文問題を使っても問題ないです。英文解釈が終わったのであれば、自身を持って次は長文問題を解きまくりましょう!

 

筆者
英文標準問題精講まで勉強したのであれば、構文や英文の恐怖さは感じられないと思いますよ♪

 

ちなみに英語長文問題の参考書や問題集を探している方はこちら↓

関連記事

英語長文問題の問題集・参考書を紹介します皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

また、英語長文問題集の解き方を知りたい!という方はこちらの記事も併せて読んでみてください↓

関連記事

大学受験の英語長文問題で点数が取れない理由こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 大学受験で偏差値70レベルを取れるようになりたい 英語長文問題を短時[…]

【大学受験】英語長文問題の解き方とコツ7選|偏差値70を取る勉強法
関連記事

英語長文読解に取り組む前にこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 大学受験で偏差値70レベルを取れるようになりたい 英語長文読解を短時間で正確に解ける[…]

【大学受験】英語長文読解の解き方・やり方のコツ7選|勉強法と参考書・問題集も紹介

 

英熟語を覚える

英文解釈が終わったら、受験生の大半が手の回らない英熟語を覚えるのはどうでしょうか!

英熟語は偏差値65以上ある方も、しっかりと英熟語帳を1冊終わらせたという方は少ないのではないでしょうか。

それくらい英熟語は手が回らない方が多いです!ただ、英熟語をしっかり覚えれば、確実に偏差値70を安定して取れるようになります!

英文標準問題精講が終わったら、英文読解力は充分なので、英熟語を覚えてみてください↓

関連記事

英熟語帳っているの?10%この数字は何かわかりますか?この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です!そう。大学受験英語において英熟語をしっかりと覚えたと自信を持って言えるの[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】
解体英熟語はおすすめ

個人的には熟語帳で1番難しい「解体英熟語」なんておすすめです↓

関連記事

解体英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う高難易度の熟語帳『解体英熟語』です!『解体英熟語』は早慶などの難関大を目指す人向けの熟語帳です。1017もの英熟語が掲載されており、分量としては[…]

解体英熟語の評価(評判)と使い方

ちなみに、英熟語がどれだけ重要かは以下の記事で紹介しています↓

関連記事

大学受験英語が全くできない偏差値40台のあなたへ突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなり[…]

大学受験英語の勉強法【偏差値40から70を最短達成する勉強の順番】

 

過去問練習

英文解釈教室が終わったら、過去問に取りかかりましょう!

過去問の使い方については、以下の記事で解説しています↓

関連記事

大学受験英語の過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学から[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

英文標準問題精講を勉強して偏差値70突破しよう!

夕日を眺めている画像今回は「英文標準問題精講」について解説しました!

「英文標準問題精講」はしっかりと勉強すれば偏差値70を狙えるので、ぜひチャレンジしてみてください。

英文解釈を勉強したことのある人としていない人では、偏差値の伸びに明らかな差がでます↓

関連記事

大学受験における英文解釈の重要性こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない 英文を読むスピードをもっ[…]

英文解釈の勉強法・やり方【勉強効果といつから始めればいいのか解説】
英文標準問題精講には他にも2冊シリーズがあります

英文解釈を勉強してどんな英文も読めるようになりましょう↓


関連記事

入門英文問題精講とは入門英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。入門英文問題精講は英文解釈の参考書です!入門英文問題精講は題名に入門と書いてあるだけあって、初めて英文解釈の参考書を手に取る受験生でも勉[…]

入門英文問題精講の評価(評判)と使い方
関連記事

基礎英文問題精講とは基礎英文問題精講とはどのような参考書なのか紹介していきます。基礎英文問題精講は英文解釈の参考書です。基礎英文問題精講は基礎と題名に書いてあるので、基礎レベルを勘違いする方もいますが、けっこうレベル[…]

皆さんが合格することを祈っています!

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

ネイティブキャンプネイティブキャンプ
レアジョブ英会話レアジョブ英会話
英文標準問題精講の評判・口コミと使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG