【違い5つ】ENGLISH COMPANYとPROGRIT(プログリット)はどっちがおすすめ?違いを徹底比較

【違い5つ】ENGLISH COMPANYとPROGRIT(プログリット)はどっちがおすすめ?違いを徹底比較

【違い5つ】ENGLISH COMPANYとPROGRIT(プログリット)はどっちがおすすめ?違いを徹底比較

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!現在まで60社以上の英会話スクールを調査してきました!

大人気英語コーチングスクールである、「ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)」と「PROGRIT(プログリット)」は、「第二言語習得研究の知見に基づいた効率的な英語学習」を謳っているだけに何がどう違うのが正直わかりづらいですよね。

この記事では、今まで60社以上の英会話スクールを調査してきたサクキミ英語の中でも、3本の指に入る程おすすめする2つのスクールを徹底比較していきたいと思います!

※ちなみに、「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」はサクキミ英語60社以上の調査の中で、順位としてはNO.1とNO.2に輝いた英会話スクールです!

筆者
両者の詳しい違いや、それぞれどんな方向けのサービスなのかについてどのサイトよりも詳しく解説していくので、ぜひチェックしてみてください^_^
目次

「ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)」とは?特徴4つ

「ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)」とは?特徴4つ

1.カリキュラムの質 5.0
2.講師の質 5.0
3.料金の安さ 4.0
4.アクセスの良さ 4.0
5.学習の本気度 4.5
6.営業時間 4.5
7.スケジュール調整 4.0
8.サポート体制 5.0
総合評価 4.5

まずは、ENGLISH COMPANYがどんな英会話スクールなのか特徴を紹介します!

  1. 第二言語習得の専門家パーソナルトレーナーが90日間徹底サポート
  2. 運営母体が「大学受験予備校」である強み
  3. 英語コーチングスクールでは珍しい1週間の超短期プランもある
  4. 自社開発アプリ「ENGLISH COMPANY MOBILE」が使える

特徴1:第二言語習得の専門家パーソナルトレーナーが90日間徹底サポート

ENGLISH COMPANYの特徴1:第二言語習得の専門家パーソナルトレーナーが90日間徹底サポート
ENGLISH COMPANYは英会話教室ではなく、英語のパーソナルトレーナーをつけて90日間徹底的に英語のトレーニングをする「英語のジム」です。

2015年5月のサービス開始以降すでに受講生は3,000名を超えており、英語のパーソナルトレーニングジムとして圧倒的な実績を誇っています。

長期留学経験や海外での実務経験、英語教授の専門資格保有者、進学校や予備校の講師など、英語指導のスペシャリストがプロのパーソナルトレーナーとして受講生一人一人の英語学習を徹底サポートし、90日間で英語力の飛躍的な向上を目指します。

特徴2:運営母体が「大学受験予備校」である強み

ENGLISH COMPANYの特徴2:運営母体が「大学受験予備校」である強み
ENGLISH COMPANYを運営するスタディーハッカーは大学受験予備校も運営しており、日本人の英語学習者が受験を通じてどのように英語に触れてきたのか、日本人が英語を習得するうえで何が足りないのかを熟知しています。

ENGLISH COMPANYのトレーニングは日本人が受験勉強などを通じてインプットしてきたアセットをしっかりと引き出し、実践で「使える」ものにすることに重点を置いているため、短期間でも高い成果を出すことができるプログラムとなっています。

ENGLISH COMPANY 大学受験部

ENGLISH COMPANY 大学受験部

ちなみに、そんな大学受験予備校を母体としているENGLISH COMPANYが大学受験専門コースをこの2021年に立ち上げました!

下記の記事で徹底解説しているので、興味があれば読んでみてください^_^↓

対象は中学生~高卒生になります^_^

オンラインでも受講可能!

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ感想】ENGLISH COMPANY 大学受験部の評判は?英語専門塾の料金や講師を評価

特徴3:英語コーチングスクールでは珍しい1週間の超短期プランもある

ENGLISH COMPANYの特徴3:英語コーチングスクールでは珍しい1週間の超短期プランもある
ENGLISH COMPANYには、1週間だけ英語コーチングを受講する「1 week ENGLISH COMPANY」という超短期プランがあります。

1 week ENGLISH COMPANYでは、初回セッションと第2回セッション、合計2回のセッションを1週間のうちに実施します。セッションはそれぞれ90分で、オンラインかスクール、好きな方を選択して受講できます。

初回セッションのサービス内容
  • 英語学習カウンセリング
  • 課題発見プログラム
  • 解決のためのパーソナルトレーニング
  • 自宅トレーニングメニューのご提案
  • 学習進捗フォロー(6日間)
第2回セッションのサービス内容
  • 課題解決進捗アセスメント
  • 新課題の発見アセスメント
  • 新課題解決のためのパーソナルトレーニング
  • 今後の「学習最短ルート」をご提案

1 week ENGLISH COMPANYでは、1週間だけのお試し体験ではなく、本格的な英語コーチングが受けられます。

短期間のカリキュラムを用意している英語コーチングスクールは他にもあります。しかし受講期間は、最も短いものでも1ヶ月や2ヶ月です。無料体験レッスン以外で、1週間の超短期プランを提供しているのは、ENGLISH COMPANYだけです。

英語コーチングスクールの受講を検討している方の中には「英語コーチングを受けた方が良さそうだけど、受講料も安くはないし、失敗するのが怖いな」と考えている方もいるのではないでしょうか?

英語コーチングスクールを受講すれば、英語力は確実に伸びますが、決して安くはない費用がかかります。そんな中、1 week ENGLISH COMPANYの受講料は、たったの11,000円(税込)です。

筆者
受講料が高くて英語コーチングスクールやENGLISH COMPANYの受講を足踏みしている方は、ぜひお試しで受講してほしいです。

特徴4:自社開発アプリ「ENGLISH COMPANY MOBILE」が使える

ENGLISH COMPANYの特徴4:自社開発アプリ「ENGLISH COMPANY MOBILE」が使える

株式会社スタディーハッカーは、自社開発アプリENGLISH COMPANY MOBILE」をリリースしています。ENGLISH COMPANY MOBILEは、英会話の土台となる語彙力やリーディングスキル、リスニングスキルを網羅的に学べるアプリです。

本来は月額3,287円〜ですが、ENGLISH COMPANYの受講生であれば、誰もが無料で受講できます。

ENGLISH COMPANY MOBILEは、ENGLISH COMPANY卒業生の「卒業後もENGLISH COMPANYと同じサービスを受けたい」といった要望から生まれたサービスです。

筆者
英語コーチングスクールENGLISH COMPANYと併用すればさらなる効果が期待できますし、卒業後の継続学習にも役立ちますよ。

PROGRIT(プログリット)とは?特徴3つ

PROGRIT(プログリット)とは?特徴3つ

1.カリキュラムの質 5.0
2.講師の質 4.5
3.料金の安さ 4.0
4.アクセスの良さ 4.0
5.学習の本気度 5.0
6.営業時間 4.0
7.スケジュール調整 4.0
8.サポート体制 5.0
総合評価 4.44

続いて、PROGRIT(プログリット)の特徴を紹介します↓

  1. ビジネス英語を最短2~3ヶ月で身につける
  2. 様々な目的に合わせて選べる4コース
  3. 【継続率97%】超優秀な専属コンサルタントによる毎日のフォロー

特徴1:ビジネス英語を最短2~3ヶ月で身につける

PROGRIT(プログリット)の特徴1:ビジネス英語を最短2~3ヶ月で身につける

プログリットは、世界最高峰の戦略コンサルティング会社として知られるマッキンゼー・アンド・カンパニーで様々な海外プロジェクトに携わり、グローバルのトップレベルビジネスマンと共に仕事をしてきたコンサルタントが設立した短期集中型のコンサルティングプログラムです。

世界で通用する英語力の習得をゴールに、2ヶ月という短期間で高い成果を出せるよう、専属のコンサルタントが一人一人の学習を徹底サポートしてくれます。

ビジネス英会話コースを使った人の口コミ

私は外資IT企業で働いていまして、英語での打ち合わせ中、咄嗟に言いたいことが言えなかったり、話している事が聞き取れず理解があやふやな時があったりと、仕事で使う英語力をもっと向上したいと感じていました。

~リスニングとスピーキングが以前より向上したと感じています。

~オンライン英会話や仕事で英語を使う機会があったのですが、以前よりもスムーズに出来るようになっていると感じます

プログリット公式サイト -卒業生の声

ビジネス英会話コースでは、

  • Versant(AIによる会話力判定テスト)→スピーキング力の数値化
  • オンライン英会話 →アウトプット量の確保

も行うため、より客観的・実践的に英会話力を伸ばせます↓

PROGRIT(プログリット)はVersantが向上する

Versantとは
国内外のグローバル企業、米国防総省などの政府機関でも採用されている、AIベースのスピーキングテストです。
筆者
オンライン英会話は、学習戦略の中に組み込んで、カリキュラムの一環として活用するので、ただ独学で利用するのとは効果が違います。

特徴2:様々な目的に合わせて選べる4コース

PROGRIT(プログリット)の特徴2::様々な目的に合わせて選べる4コース

コース内容
ビジネス英会話ビジネスの現場において英語で議論や交渉をできるようなることを目指すコースで、ビジネスシーンにおける頻出表現を習得したうえでアウトプットのトレーニングを行い、飛躍的なスピーキング力向上を目指す。また、リスニング力向上に向けた徹底的なシャドーイングも実施。
TOEIC短期間でTOEIC L&Rテストのスコアアップを目指すコース。平均150点アップ※を実現。TOEICに特化したテクニックだけでなく、本質的なリスニング・リーディング力向上を支援。
TOEFL iBT®/IELTS短期間でTOEFL iBTもしくはIELTSのスコアアップを目指すコース。海外大学、大学院への留学を目指す方に支持されており、試験対策を通じて4技能のバランスよい習得が可能。
初級者コース実践英語の土台となる基礎力を2~3か月で強化するコース。専属コンサルタントが丁寧に疑問点や不安を解消していくスタイルで、中学・高校英語の効率的な総復習を、短期集中で行う。
筆者
詳しい料金などは後程説明しますね^_^

特徴3:【継続率97%】超優秀な専属コンサルタントによる毎日のフォロー

PROGRIT(プログリット)の特徴3:【継続率97%】超優秀な専属コンサルタントによる毎日のフォロー

プログリットの一番の魅力は、プログラム実施中は専属のコンサルタントが受講生一人一人を毎日しっかりと手厚くフォローし、学習のサポートをしてくれる点です。

コンサルタントとの毎週の振り返りに加え、一週間の学習進捗を確認するためのテスト、受講生の状況に合わせたシャドーイングや発音矯正、音読などのマンツーマントレーニングを受けられます。

また、チャットツールを用いたコーチングが毎日無制限で受けられ、日々の学習状況の共有や学習相談が自由にできるため、学習方針についても迷うことなく信じて学習を進められます。

チャットツール上でボイスメッセージを活用した発音添削サービスもあり、コンサルタントに並走してもらいながら毎日高いモチベーションで学習に取り組むことができます。

講師の採用率は驚異の0.85%

PROGRIT(プログリット)の講師は採用率0.85%

筆者
ちなみに、PROGRIT(プログリット)の講師は採用率0.85%という狭き門を突破した超優秀なエリートです!そんな講師達にマンツーマンで教えられれば、英語力が向上しないはずがありません。

「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」の比較表(サービス・料金・営業時間)

「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」の比較表(サービス内容・料金・営業時間)

前提知識を把握していただいたところで、ENGLISH COMPANYとプログリットのサービスの内容の違いから比較していきます。

2021年12月時点の情報を基に比較しています。

サービス内容比較

ENGLISH COMPANYプログリット
受講期間2~3ヶ月2~3ヶ月
学習時間月約48時間月約80時間
学習スタイルトレーニング+学習サポート学習サポートのみ
レッスン回数マンツーマンレッスン:週2回/90分
グループレッスン:週1回/90~120分
対面面談:週1回/60分
コースパーソナルコース
グループコース(初級・中級・上級)
ビジネス英語
TOEIC試験対策
TOEFL/IELTS対策
継続コース
学習サポートメールline
教材独自教材
市販教材
市販教材
トレーナー日本人日本人
筆者
ぱっと見そこまで大きな違いはありませんが、ENGLISH COMPANYではパーソナルコース以外に、グループで受講できるコースが用意されています。

受講料金・保証等の比較

ENGLISH COMPANYプログリット
入会金パーソナルコース:55,000円(税込)
グループコース:22,000円(税込)
55,000円(税込)
受講総額【パーソナルコース(3ヶ月)】
544,500‬円(税込)
【グループコース(2ヶ月)】
220,000‬円(税込)
2ヶ月プラン:360,800‬円(税込)
3ヶ月プラン:514,800‬円(税込)
割引特典他校から移籍・友達紹介で10,000円引き友達紹介で10,000円OFF
OYO LIFE契約者は20,000円OFF
各種福利厚生制度(提携先による)
教育給付金制度パーソナルコースのみ対応ビジネス英会話コースのみ対応
分割払い3回(金利0%)
最大15回(要相談)
最大72回(年率14.75%)
保証制度入会後30日以内の返金保証30日以内の返金保証
修了後1年間の学習ロードマップ作成
筆者
入会金はどちらも同じですが、受講費用は2ヶ月だとENGLISH COMPANY、3ヶ月だとプログリットの方が安いです。

スクール数や営業時間の比較

ENGLISH COMPANYプログリット
営業時間平日 10:00-22:00
土日祝 09:30-22:00
平日 12:30-21:00
土日 09:30-18:00
スクール数全6校(東京、大阪、兵庫、京都)全9校(東京、神奈川、大阪、愛知)
スクールの場所【東京】
新宿、銀座、神田
【大阪】
梅田
【兵庫】
神戸
【京都】
四条烏丸
【東京】
新宿、池袋、有楽町、渋谷、新橋、神田秋葉原、六本木
【神奈川】
横浜
【愛知】
名古屋
【大阪】
阪急梅田、西梅田
オンライン受講パーソナルコースのみ対応全コース対応
筆者
スクール数や営業時間に関してはほぼ五分五分ですが、全コースでオンライン受講ができるプログリットの方が通いやすさでは上と言えます。

「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」の評判・口コミ比較

「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」の評判・口コミ比較

ENGLISH COMPANYプログリット
良い英語の理解力が向上した
TOEICスコアが伸びた
トレーナーのレベルが高い
グループレッスンが安い
学習の習慣化が身についた
TOEICスコアが伸びた
学習の楽しさがわかった
生活習慣が改善された
強制力が強い
悪い料金が高い
入会待ちがある(パーソナル)
料金が高い
自習サポートだけでレッスンがない

続いて、ENGLISH COMPANYとプログリットのTwitter上の口コミを比較していきます。

ENGLISH COMPANYの評判・口コミ

筆者
ENGLISH COMPANYでは「英語の理解力が上がった」以外にも、「トレーナーの質」についての口コミも多く見受けられました。

PROGRIT(プログリット)の評判・口コミ

筆者
プログリットは主に「TOEICのスコアが伸びた」や「生活習慣が改善された」などの口コミが多かったです。

「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」の5つの違い

「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」の5つの違い

上記の比較を考慮した上で、両社の違いは以下の5つとわかったので解説していきます↓

  1. レッスンの有無
  2. カリキュラムのコンセプト
  3. 第二言語習得研究に関しての専門性
  4. 保証制度の充実度
  5. カリキュラムコンセプトの違い

違い1:ENGLISH COMPANYはレッスンはあるがPROGRIT(プログリット)はない

ENGLISH COMPANYとプログリットの最も大きな違いは「対面レッスンの有無」です。

ENGLISH COMPANYにはトレーナーとの1回45分の対面レッスンが週2回ありますが、学習コンサルティングがメインのプログリットでは1回60分の対面面談を週に1回スクールで実施するのみで、レッスンを実施することはありません。

そのため、プログリットの場合は、オンライン英会話を別途利用して生徒自身で自主的にアウトプットの学習を行う必要があります。

筆者
ENGLISH COMPANYはレッスンを含めたトータルサポートを行い、プログリットでは自習を前提とした学習サポートを行うイメージですね。

違い2:ENGLISH COMPANYは時短学習でPROGRIT(プログリット)は質×量

ENGLISH COMPANYとプログリットは学習のアプローチ方法も異なります。

「科学的な知見に基づいた効率学習」と「専属コンサルタントのサポート」は両社同じですが、

  • ENGLISH COMPANY=なるべく少ない手間で効率良く学習を行い英語力を伸ばす
  • プログリット=正しい英語学習法×一定の学習量で英語力を伸ばす

といった感じで、それぞれのアプローチが異なるので、月の学習時間もENGLISH COMPANYが約48時間、プログリットが約80時間とかなり大きな差があります。

筆者
なるべく手間を減らしたいならENGLISH COMPANYで、コンサルを受けながら英語力を伸ばしていきたい方にはプログリットです。

違い3:第二言語習得研究の専門性はENGLISH COMPANYの方が高い

両スクールの謳い文句でもある「第二言語習得研究」に関しては、プログリットよりもENGLISH COMPANYの方が確実に専門性が高いと言えます。

サービス開始時期はENGLISH COMPANYが2015年、プログリットが2016年とそこまで大きな違いはないのですが、ENGLISH COMPANYでは、前身の予備校時代(2010年)から、第二言語習得研究の知見をカリキュラムに積極的に採用し、日々アップデートを積み重ねています。

また、実際にスクールで指導を行うトレーナーも大学・大学院で言語学を学んだ専門性の高い人材ばかりなので、トレーナーのレベル自体も他のスクールの基準と比べて高いです。

筆者
プログリットの専門性が低いわけではないのですが、比較した場合はENGLISH COMPANYの方が高いと言えます。

違い4:サポートの濃さはPROGRIT(プログリット)の方が優秀

サポートの細かさ・濃さでは、ENGLISH COMPANYよりも学習コンサルに特化したプログリットの方が圧倒的に優秀です。

ENGLISH COMPANYでも生徒の学習を細かくサポートする体制はありますが、プログリットはさらにその上をいっており、生徒の学習のスケジュールを毎日分刻みで細かく管理したり、日々の生活習慣から英語学習にコミットするための見直しを行ってくれます。

また、日々の連絡手段もメールではなくlineを使うことで、より高頻度かつ高密度に生徒の学習をサポートしていきます。

筆者
プログリットは細かく管理される分、学習が習慣化がしやすいです。

違い5:カリキュラムの自由度もPROGRIT(プログリット)の方が高い

カリキュラムの内容に関しては、どちらも生徒に合わせたオーダーメイドの形を取っていますが、実はプログリットの方がカスタマイズ制が高いです。

ENGLISH COMPANYの場合、パーソナルコースであったとしても、カリキュラムでやることの型がある程度決まっているので、その人の希望に100%合ったカスタマイズは出来ません。

一方のプログリットの場合は、その人の弱点や学習目的に照らし合わせて限りなくベストな形のカリキュラムを組んでくれるので、試験対策などの特定の目的に特化した学習もしやすいです。

筆者
とはいえ、明確な目標がない方にはENGLISH COMPANYの方が良かったりもするので、これに関しては人によりけりですね。

【結論】「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」はどっちがおすすめ?効果ある?

【結論】「ENGLISH COMPANY」と「PROGRIT(プログリット)」はどっちがおすすめ?効果ある?

ENGLISH COMPANYプログリット
カスタマイズ制 3.5 4.5
インプット学習 4.5 4.0
アウトプット学習 3.5 3.0
サポートの充実度 4.5 5.0
通いやすさ 4.5 4.5
口コミ評価 5.0 4.5

ここまでで紹介した両社の比較を踏まえた上での結論は下記の通りです↓

筆者
これだけではまだ決められないという方もいると思うので、下記でもう少し両社の向き不向きを深堀りしていきます。

少ない手間で効率よく英語学ぶなら「ENGLISH COMPANY」

少ない手間で効率よく英語学ぶなら「ENGLISH COMPANY」

  • レッスンから普段の学習サポートまで一から十までサポートしてほしい
  • より少ない労力で効率的な学習を行いたい
  • 第二言語習得研究の知識・経験が豊富なスクールを選びたい

ENGLISH COMPANYはプログリットよりも、第二言語習得研究の専門性が高く、レッスンから学習サポートまでを一貫して実施するので、「効率よく英語学習をしたいけどやり方がわからない」という方にまさにピッタリのスクールです。

また、プログリットと比べて学習量も少ないので、勉強にあまり負荷をかけられない方にもおすすめです。

筆者
科学的に正しい英語学習を体得できるので、どんな順番で何をやればいいかがわからない方に特に向いています。

オンラインでも受講可能!

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ】ENGLISH COMPANYの評判は悪い?英語教育のプロが料金/講師/効果を評価

やることが明確になっている方には「PROGRIT(プログリット)」

やることが明確になっている方には「PROGRIT(プログリット)」

  • できるだけ学習は自主的に行いたい
  • サポートの環境が充実しているスクールを選びたい
  • 英語学習の習慣化のスキルも同時に身につけたい

プログリットは学習のコンサルサービスであるため、生徒自身で英語に取り組んでいく主体性や学習への本気度が求められますが、その分サポートが手厚く、学習の習慣化スキルも同時に身につけられるスクールです。

なので、既にある程度やることが決まっていたり、試験など結果をすぐに出したいという方に最適と言えます。

筆者
短期間で達成したい目標があるという方や、生活習慣から改善したい方に人気なのがプログリットです!

オンラインでも受講可能!

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ】PROGRIT(プログリット)の評判は悪い?英語教育のプロが料金/効果/教材を評価

ENGLISH COMPANYとPROGRIT(プログリット)のどっちかで迷ったら無料カウンセリングへ

ENGLISH COMPANYとPROGRIT(プログリット)のどっちかで迷ったら無料カウンセリングへ

ここまで両者の違いについて解説してきましたが、手っ取り早く違いを知りたいのであれば、まずはどちらかのスクールで無料体験を受けてみるのがおすすめです。

カリキュラムの内容を確認できるのはもちろん、入会待ちの最新の状況や細かな料金などの気になる点も直接聞けるので、ずっと調べて迷っているのであればまずは一度体験を受けて、実際の質や違いを確かめてみましょう。

筆者
どちらも本当に質の高いスクールですが、後々後悔しないためにも、自分の予算・好みによりマッチする方を選んでいきましょう!

今回紹介したスクールなら、確実に英語力に何かしらの変化をもたらしてくれます!

日本だけで今後ビジネスをしていくのは厳しい時代です!グローバルの波に備えましょう!

今回は以上です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG