【体験談】STRAIL(ストレイル)の新教材を無料体験した効果と感想をレビュー

【体験談】STRAIL(ストレイル)の新教材を無料体験した効果と感想をレビュー

【体験談】STRAIL(ストレイル)の新教材を無料体験した効果と感想をレビュー

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!今まで200社以上の英会話スクールを調査してきました!
こんな悩みはありませんか?
  • 英語は量だと信じて1日3時間勉強したが、イマイチ効果が感じられない…
  • 仕事が忙しいので時間をかけずに英語を勉強したいが方法が分からない…
  • おすすめの英会話スクールを知りたい!

実は英語学習には大きな誤解があります。

それは「英語学習=とにかく時間をかければ伸びるという誤解」です。

英語を長時間勉強すれば、達成感を感じることができます。長時間勉強しているので、もちろん英語力は伸びるでしょう。

しかし、英語学習の効果を最大化できているか?と問われたら自信がなくなってしまう方も多いですよね?

そんな方におすすめしたいのが、英語学習についての専門性が高いコンサルタントが、正確な課題発見を行なってくれる英語コーチングスクール「STRAIL」です。

STRAILは、他の短期集中系のコーチングスクールのように「受講生にどれだけたくさん勉強させたか」を重視するのではなく、同じ伸びを達成するために「どれだけムダを省いて効率的に学習するか」を大切にするスクールです。

そして、2022年6月1日より既存の教材の大幅な改定を行い、さらなるパワーアップがあったため、サクキミ英語の編集部で体験取材をさせていただきました。

ということで今回は、STRAILがどんな英会話スクールなのか、そして大幅改定された新教材の内容や実際に体験してみて感じた効果や感想を、正直にレビューしていきたいと思います。

目次

STRAIL(ストレイル)とはどんな英語コーチングスクール?

STRAIL(ストレイル)とはどんな英語コーチングスクール?

まずは、「STRAIL(ストレイル)」がどんなスクールなのか、簡単に概要を説明しましょう!

STRAIL(ストレイル)の基本情報

STRAILの基本情報
スクール名STRAIL
入学金55,000円
料金・受講価格 :297,000円/3ヵ月
・延長価格:99,000円/1ヶ月
教材費用20,130円
※独自教材+市販教材
支払い方法・クレジット決済×
・分割払い〇(3回、6回、10回、12回)
・銀行振込〇
講師日本人
オンライン対応
営業時間10:00〜22:00(コンサルティングセッションは平日13:00~22:00/土日10:00~19:00)
スケジュール調整前日の22時まで可能(月1回まで)
教室数3校(新宿、銀座、梅田)
サポート体制・全額返金保証〇
・クーリングオフ〇
・一般教育訓練給付金制度×
・カウンセラー相談〇

※金額は税込
※2022年7月時点

STRAIL(ストレイル)の総合評価【比較ポイント8個】

STRAIL(ストレイル)の総合評価【比較ポイント8個】

1.カリキュラムの質 4.5
2.講師の質 5.0
3.料金の安さ 5.0
4.アクセスの良さ 4.0
5.学習の本気度 4.5
6.営業時間 4.5
7.スケジュール調整 4.0
8.サポート体制 4.0
総合評価 4.44

サクキミ英語では「英会話スクール」を評価する時、⇧上記の8項目で評価をしています。

ちなみに、STRAILはサクキミ英語で紹介している全英会話スクール200社以上の中で、同じ会社が運営しているENGLISH COMPANYに次いで、NO.2の評価をしているスクールになります。

オンラインでも受講可能!

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ35個】STRAIL(ストレイル)の評判は?学習効果やコース内容を評価

今なら無料体験レッスン受講で英語力フェーズ診断シートがもらえる!

今なら無料体験レッスン受講で英語力フェーズ診断シートがもらえる!

ちなみに、今STRAILの無料体験レッスン受講で、英語指導の専門性最高峰レベルのコンサルタントからあなたの弱点を分析した英語力診断シートがもらえます。

STRAILの英語指導の専門性は本当に高いので、この機会にぜひ無料体験をしてみてください^_^

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

STRAIL(ストレイル)の特徴3つ

STRAIL(ストレイル)の特徴3つ

では基本情報を抑えていただいたところで、STRAILがどんな英会話スクールなのかもう少し深掘りしていきたいと思います。

STRAILの特徴
  1. 第二言語習得研究に基づく科学的な課題発見アセスメント
  2. 第二言語習得研究の専門家による対面コンサルティング
  3. 英語学習コンサルティング特化により実現したリーズナブルな価格設定

1.第二言語習得研究に基づく科学的な課題発見アセスメント

第二言語習得研究に基づく科学的な課題発見アセスメント

STRAILでは、第二言語習得の科学である「第二言語習得研究」に基づき、「聞けない」「読むのが遅い」「話せない」といったざっくりとした現状把握に留まりません。

たとえば、なぜ「聞けない」のかを音声知覚や意味理解といったリスニングのプロセスに基づいて細かく分析するなど、精緻な課題発見を行います。

お医者さんが正確に診断してくれるようなイメージに近いかもしれません。

最短距離で英語力を向上させるためには正確な課題発見が鍵を握りますが、この点に徹底的にこだわっているのがSTRAILです。

2.第二言語習得研究の専門家による対面コンサルティング

第二言語習得研究の専門家による対面コンサルティング

正確な課題発見が可能となるのは、コンサルタント一人ひとりの専門性が高いからです。

STRAILのコンサルタント陣は、大学や大学院などで第二言語習得研究や言語学を体系的に学んだ英語学習の専門家ばかり。

単に英語ができるだけでなく、何をどのように学習すれば効率よく英語力が上がるのかを熟知しています。

受講が始まると、週に一度1対1の対面コンサルティングを受け、専門的な知見から現状の課題を正確に見抜いてもらい、その課題克服に合ったトレーニング方法を提案してもらいます。

シャドーイング、ディクテーション、音読、多読、パターンプラクティスなど多種多様なトレーニングメソッドの中から、今取り組むべきものとその正しいやり方について細かく指示してもらえるため、学習において迷うことがありません。

診断結果をふまえて、処方箋(学習方法やトレーニング方法)をしっかりと提示してくれるわけですね。

専門性の高さゆえに課題発見の精度が高く、解決策をピンポイントで提示できるため、1日に1〜1.5時間程度の学習でも英語力が着実に上がるということで、忙しいなかでも英語力を高めたい多くのビジネスパーソンに支持されています。

また、受講期間中はアプリを使った学習進捗サポートもあるので、形だけのカリキュラム提案ではなく、英語学習に取り組む中で徐々に移り変わっていく課題をしっかりとウォッチしながらその都度適切なトレーニングを組んでもらえる点も特徴です。

3.英語学習コンサルティング特化により実現したリーズナブルな価格設定

英語学習コンサルティング特化により実現したリーズナブルな価格設定

英語コーチングスクールは高額なので、なかなか手が出ない・・・と思っている方も多いと思います。

STRAILでは、英語の授業を行なうのではなく、英語を効率的に習得できるようコーチングを行なってくれます。

そのため、英語の授業がある他社の半額ほどの受講料に抑えられています。

さらに、同じようにコンサルティングに特化したスクールの中でも実は圧倒的に安い価格設定になっているので、きちんと成果の出るリーズナブルな英語コーチングスクールを検討している方に非常におすすめです。

授業がなく、学び方を学ぶだけでは上達しないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、STRAILでは精密な診断を受けて正しいトレーニングが行なえるため、しっかり結果が出せるのです。

よくある体験談やアドバイス、思いつきの学習方法、科学的ではない学習方法などを用いて学習すると、それだけで時間の無駄、費用の無駄になってしまう可能性があります。

専門家からの診断も受けずに、根拠のない対処方法を行なってしまうのが危険だということは、医療で考えれば当然のことですね。

その点、STRAILでは、第二言語習得研究の科学的知見根拠に基づいた専門家によるコンサルティングなので、一人ひとりの苦手・課題にしっかりと合った学び方を提示してもらえ、効率的に学習することができます。

無駄な労力、時間、費用を省くことができるのは、仕事やプライベートで忙しい方にとっては重要です。

STRAILでは、授業はありませんが、このように診断と処方箋(学習方法やトレーニング方法の案内)を提示してくれるため、「今何をすべきか」が明確になり自分でもトレーニングが進められるというわけです。

そして自習・自主トレーニングで弱点を克服して再び診断を受ける、という流れを繰り返すことになります。

こうして英語の授業がなくても効率的に英語力を向上できるシステムになっているので、受講料金も抑えることができるのです。

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

STRAIL(ストレイル)の新教材とは?改訂内容を解説

STRAIL(ストレイル)の新教材とは?改訂内容を解説

では、次章から体験してきた取材内容に入っていきますが、その前に事前知識として、今回の新教材は既存の教材からどこが変わったのかを説明しておきましょう。

大きな変更点は下記5つ↓

STRAILの新教材の改訂内容
  1. 新教材の素材として、ジャパンタイムズ出版社が発行するベストセラー「精選模試」シリーズを全面的に使用
  2. 英文素材を、第二言語習得研究に基づくSTRAILのメソッドでトレーニングに仕立てで提供
  3. ビジネス英語で必要とされる高度な「聞く」「話す」スキルをご自身でトレーニングすることができる「Listening & Speaking Practice」のご提供開始
  4. 「Listening & Speaking Practice」では、Retelling、Reproduction、Summarizing のパートを追加。上級者の方に対して、より効果的なトレーニングが可能に
  5. 教材デザイン一新によるユーザビリティの向上

上記の改訂により、高品質な英文素材を用いて、これまで以上に個人に最適な教材を提供し、効率よく英語学習を進めることが可能となっています。

また、TOEIC®900点以上などの上級レベルの方にもより一層満足いただける内容となっているため、英語初級者の方から英語上級者まで全ての方に対応している素晴らしい教材となっています。

STRAIL(ストレイル)の新教材を体験してみた!

STRAIL(ストレイル)の新教材を体験してみた!

前章で紹介したSTRAILの新教材をサクキミ英語の編集部で体験してきました。

今回はzoomでの体験取材になります。無料体験を受講する際は、オンラインでも対面でも可能ですので、申込時に希望しましょう。

STRAILコンサルタント土井さんにお話を伺いました

STRAILコンサルタント土井さんにお話を伺いました

言語のどういった現象に対応しきれていないのか、それを乗り越えるためにどのような知識が必要で、どのような訓練が効果的か。言語学の知見や第二言語習得の理論に基づいて、皆様の現状・課題を精確に見極め、最適な解決方法をデザインいたします。目的地までの最短の道程をご案内いたしますが、併せて道中の景色までお楽しみいただけるなら、心より嬉しく思います。

STRAIL公式サイトより)

今回体験したレッスン内容の詳細は下記の通り↓

STRAIL新教材の体験取材詳細
  • 体験時間:60分
  • 教材:Listening & Speaking Practice(ビジネス英語コース)
  • レベル:上級者向け

そして、今回の新教材体験レッスンは下記の9STEPとなっています↓

STRAILの体験レッスンの流れ
  1. 1st Listening(メモを取りながらリスニング)
  2. Vocabulary Check(語彙確認)
  3. 2nd Listening(再度音声を聞き、STEP1のメモに内容の加筆変更・修正)
  4. 音読(全体の英語スクリプトを見ながら)
  5. 意味確認 & Sight Translation(英語と日本語を見ながらチャンクごとの意味を確認)
  6. Retelling(キーワードやスクリプト全体を別の英語で言い換え)
  7. Reproduction(各文のはたらきや発言の意図を分析してチャンクごとに日本語で要約、そして暗唱)
  8. Summarizing(文章全体を日本語、英語で要約)
  9. Shadowing(シャドーイング)
チャンクとは:ある程度の情報のかたまりのこと。
筆者
では、以上を踏まえ、上記の内容についてSTEPごとにもう少し詳しく解説していきます↓

STEP1:1st Listening(メモを取りながらリスニング)

まずはSTEP1です。

何も見ずに、いつ誰が何をしていて、どんな場面での会話なのか、メモを取りながら音声を一度聞きます。

実際にやってみるとわかるのですが、リスニングだけなら難しくない文章でも、メモをとりながらだとかなり負荷がかかってきます。

土井さんによると、これも実は狙いがあり、ビジネスシーンで議事録などのメモをとる練習として組み込まれているのだとか。

ビジネスの場で英語を使えるようになるための、まさに実践的なトレーニングですね!

STEP2:Vocabulary Check(語彙確認)

STEP2では、STEP1で聞いた音声の中で出てきた、一部の英単語(熟語)を日本語訳と一緒に確認します。

Vocabularyの例
unruly形)手に負えない
obedient形)従順な
companion名)仲間
quote名)見積もり

ここで、英単語(熟語)を覚えましょう。

全く聞き取れなかったと土井さんに伝えたところ、励ましの言葉をかけてくれ、不安を払拭してくれました。

STEP3:2nd Listening(再度音声を聞き、STEP1のメモに内容の加筆変更・修正)

もう一度音声を聞き、STEP1のメモに書き足しながら、理解できた内容を整理します。

ここでは、コンサルタントの方が受講生のレベルを判断してスピードを調整してくれます。

今回の体験取材では、私のレベルに合わせてかなりスピードを遅くしてくれました(笑)

STEP4:音読(全体の英語スクリプトを見ながら)

ここで初めて、STEP1で流れた英文を見ることができます。

We have a number of expert dog trainers that can turn the most unruly dog, into the most obedient companion. For a free quote and information on our dog training programs, give us a call now on xxx-xxxx-xxx.

全体を読み終えたら、内容を思い出しながらもう一度メモを作成します。

この段階ではまだ英文全体の日本語訳を見ることはできません。

筆者
私の感想ですが、音読をしながら文章を理解するのは思っていた以上に難しいなと思いました。

STEP5:意味確認 & Sight Translation(英文を目視しながらチャンクごとの意味確認)

音読と全体の内容を英文で理解した後は、日本語で正確な内容理解を行ないます。

そして次に、サイト・トランスレーションで瞬発的な意味理解の処理を定着させていきます。

サイト・トランスレーションとは下記のように左側のチャンクごとに分けられた英文をさっと確認し、対応する意味内容を日本語で即座に説明する、というトレーニングです。

右側の日本語を見ながらチャンクごとの意味を確認します。

Vocabularyの一部
trial lesson体験レッスン
learn身に着ける、学ぶ
definitely絶対に

そして、STEP5では、英文全体の日本語訳も確認できます↓

(英文スクリプト)

We have a number of expert dog trainers that can turn the most unruly dog, into the most obedient companion. For a free quote and information on our dog training programs, give us a call now on xxx-xxxx-xxx.

(日本語訳)

弊社には、この上なく手に負えない犬をこの上なく聞き分けのいい連れ合いに変えられる専門の訓練士が、数多くそろっています。無料の見積もりと弊社のプログラムについては、xxx-xxxx-xxxに今すぐお電話ください。

STEP6:Retelh3ng(キーワードやスクリプト全体を別の英語で言い換え)

ここでは、スクリプト内に出てくる英単語を下記のように別の英語で言い換えます。

※英英辞典なども利用します。

スクリプトの英単語言い換え
unrulyviolent, difficult to control, or not disciplined or managed
quotean estimate, an approximate calculation, or a statement of how much it will probably cost

ここでは、単語の意味理解だけでなく、パラフレーズ(言い換え)力を鍛える狙いがあるそうです。

言いたい単語が咄嗟に出てこなくても、それを別の言い方で表現できればバリエーションが広がりますよね。

また、継続的な自習において積極的に英英辞典に慣れてもらうという狙いもあるそうです。

筆者
このSTEPはかなり頭を使うので、個人的には疲れました。

STEP7:Reproduction(各文のはたらきや発言の意図を分析、そして暗唱)

STEP7では、次のSTEPである要約の準備として、スクリプト全体における各文の役割や発言の意図を分析して、一言程度で簡潔に日本語で説明します。

先出の文章を例にすると下記の通り↓

英文言い換え
We have a number of expert dog trainers that can turn the most unruly dog, into the most obedient companion.自社の訴求
For a free quote and information on our dog training programs, give us a call now on xxx-xxxx-xxx.問い合わせの誘導

英文の意味までは理解しても、それぞれが全体の文章の中でどんな役割をもっているのかまで分析するのは、あまりやったことがない方も多いのではないでしょうか。

こうして各文の役割を整理することで、話の流れを抽象的に把握しなおすことができるため、内容を要約する際にも話しやすくなるということでした。

役割を分析したら、暗唱に取り組みます。

すでに内容が整理できているので、「自社の訴求をして、それから問い合わせの誘導をするんだったな」とこれから自分が話すべき内容を順序立てて、より実際のスピーキングに近いかたちで取り組むことができます。

単に字面を必死に覚えるのではなく、スピーキングのリハーサル効果を得ながら暗唱に取り組むことで、着実にスピーキングスキルが鍛えられるということでした。

コンサルタントの土井さんいわく、このSTEP7をしっかりと行うことで英語力にとどまらず分析能力や言語そのものの運用能力が鍛えられるそう。

元から高い英語力をもっている人でも、更に高い実力が身に付けられるようにデザインされているとのことで、目から鱗でした。

このような指導は、量をこなして英語力を高めるというような他の英語コーチングスクールには見られない、精神論や量ではなく質を重視する「STRAIL」らしいトレーニング内容だなと感じました。

STEP8:Summarizing(文章全体を日本語と英語で要約)

STEP7で書き出した内容もとに、情報を取捨選択・統合し簡潔に整理してまずは日本語で要約します。

誰が何をしているか? それはなぜか?を念頭に要約していきます。

そして内容が固まれば、今度はそれを英語で話します。

これまでのSTEPでパラフレーズの練習や文章全体の流れを整理しているので、何の指針もなくいきなり要約するよりもはるかに言いやすくなっているのを感じました。

STEP9:Shadowing(シャドーイング)

最後は総仕上げとしてシャドーイングを行います。

シャドーイングとは

音声を聞いた後、即座に復唱するトレーニングのこと。

シャドーイングをすることによって、リスニングスキルを向上させることができます。

単語、チャンク、一文、そして英文全体の意味を理解しながら、役になりきってシャドーイングしていきます。

このように、単に意味を理解してシャドーイングして終わり、というのではなく、スクリプト1つに丁寧に取り組むことで、ビジネスレベルで本当に必要なリスニング力とスピーキング力までを一貫して鍛えあげていきます。


以上がSTRAILの新教材「Listening & Speaking Practice」の体験レッスンの内容になります。

一見簡単そうな英文でも、日本語と同じようにメモ取りしたり、要約したりするのは意外と大変なもの。

英会話はやっているけれど、仕事でいざ必要となると使えない…という方はぜひSTRAILの無料体験授業へ!オンラインでも受講可能ですよ^_^

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

STRAIL(ストレイル)の新教材「Listening & Speaking Practice」を体験して感じた効果と感想

STRAIL(ストレイル)の新教材「Listening & Speaking Practice」を体験して感じた効果と感想

今回、STRAILの新教材を受講して私が感じたのは、下記の3点↓

STRAILを受講した感想
  1. 会議での議事録作成やプレゼンなどのビジネスシーンで役立つ
  2. コンサルタント(土井さん)の専門性が非常に高い
  3. 効率的な英語学習方法を学べた

1.会議での議事録作成やプレゼンなどのビジネスシーンで役立つ

まず、最も感じたのは「あらゆるビジネスシーンで役立つ」ということ。

レッスンでは、リスニングをする時にメモを作成するSTEPがあるので、英語での会議に出た際の議事録作成や研修などでのメモ取りなどで役立つなと感じました。

また、要約のスキルも身につくため、企画書の作成やプレゼン・会議の進行、日常のメールのやりとりに至るまで、あらゆるビジネスシーンで活かせるスキルにつながると思いました。

このようなトレーニングが組み込まれている教材は他ではあまり見ないので、ぜひ体験授業で体感してほしいです!

2.コンサルタント(土井さん)の専門性が非常に高い

そして2つ目は「今回指導してくれたコンサルタントの土井さん」の指導の専門性が高いこと。

「STRAIL」や姉妹ブランドの「ENGLISH COMPANY」には専門性の高いコンサルタントやトレーナーが多く在籍しており、大学や大学院で第二言語習得研究や言語学について学んだ「英語学習のスペシャリスト」です。

サクキミ英語では、過去200社以上の英会話スクールを調査してきましたが、私の感覚では、「STRAIL」、「ENGLISH COMPANY」の講師が全英会話スクールの中で最も専門性が高いと思います。

今回の土井さんも、とても優しく、テンポよく指導してくださり、英語学習が楽しいと感じるレッスンをしてくれました。

筆者
もし「STRAIL」と「ENGLISH COMPANY」を受講する際は、希望ができる場合は、土井さんを希望してみるのはおすすめです^_^

» ENGLISH COMPANY・STRAILの講師について

3.効率的な英語学習方法を学べた

最後3つ目は「効率的な英語学習方法を学べたこと」。

前述の通り、STRAILは全英会話スクールの中でも最も専門性が高いと思われる英語指導の専門家がコンサルタントを務めてくれますし、量より質を重視しているスクールです。

なので、体験レッスンだけでも、英語学習において最も効率的な学習方法を知ることができると感じました。

具体的には今回の体験レッスンで言えば、STEP7ですね。

英語について考えるだけの難しさではなく地頭を鍛えるような感覚があり、既に高い英語力をもっている人でも更にスキルアップできる可能性が感じられて驚きでした。

専門性の高さが強みのSTRAILだからこそ開発できた教材だと感じました。


以上がSTRAILの新教材を体験してみた感想になります。

前述したように、無料体験レッスンだけでも効率的な英語学習の方法のヒントを知ることができます。

入会待ちの状況もあるので、少しでも気になる方は必ず無料体験レッスンを受けてみることをおすすめします。

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

STRAIL(ストレイル)を体験して感じた一般的な英語コーチングスクールとの違い

STRAIL(ストレイル)を体験して感じた一般的な英語コーチングスクールとの違い

また、今回の取材を通して感じたのは、STRAILは一般的な英会話スクールとは一線を画している点が複数あること。

本章では、私が実際にこの取材を通して改めて感じた一般的な英会話スクールとの違いを紹介したいと思います。

一般的な英会話スクールとの違い
  1. 時間をかけることを重視するのではなく、生産性を高めることを重視している
  2. 専門性の高いコンサルタントが行う的確な課題発見がすごい
  3. 卒業後も一人で学習を続けていける

1.時間をかけることを重視するのではなく、生産性を高めることを重視している

STRAILでは「1日3, 4時間勉強する」というアプローチではなく「単位時間あたりの学習生産性を上げる」というアプローチを行います。

時間をかけることに重きを置くのではなく、学習生産性を高めることで忙しい人でも効率的に英語力を伸ばしていくことができるのです。

例えば「英語コーチングスクール」と聞くと「きつい英語学習スケジュールを最後までやり遂げられるように、トレーナー(コンサルタント)が徹底的にサポートします!」といった「お尻叩き」のようなイメージが強いかもしれません。

しかしSTRAILでは一切そのようなことはなく「専門性をもとに、学習時間を短縮できるからサービスに価値が生まれる。長時間勉強させるだけなら、専門性は不要だ」というスタンスとなっています。

たしかに長時間勉強すれば英語力は少なからず上がります。でもそれなら、コーチングを受ける意味ってないですよね。

「とにかく気合型」の英語コーチングスクールが多い中、STRAILは、運営会社のスタディーハッカーの企業理念でもある「Study Smart(スマートに学習する)」を実践している点が異なると言えるでしょう。

2.専門性の高いコンサルタントが行う的確な課題発見がすごい

STRAILの大きな特徴の一つとして挙げられるのは「専門性の高いコンサルタントが的確な課題発見をする」という点。

一般的な英語コーチングスクールでは英語力やTOEICの点数が採用基準となっていますが、STRAILは英語力はもちろんのこと、第二言語習得や言語学、その周辺領域の知識があることが求められています。

さらに重視されているのは「問題解決の力」で、発見した課題を解決に導くことのできるコンサルタントが集められているのも特徴です。

コンサルタントは入社後、さらに一ヶ月程度の初期研修を受講します。その後は現場で先輩についてOJTを行っていきます。

専門的な知識と問題解決能力を持ち合わせ、研修を行い、やっと現場に立つことができるのです。

さらに、言語習得に関する専門知識を問う毎月の社内試験や、各々の専門領域の知識を共有する教務研修も定期的に行っていることのこと。

今回のような教材の改訂だけでなく、講師一人ひとりの質を高めるための社内システムも充実しているわけですね。

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

イングリッシュカンパニーのトレーナーが成果を出せる理由|専門性高いって本当?

3.卒業後も一人で学習を続けていける

英語コーチングスクールの中には「トレーナー(コンサルタント)がいるから続けられる」と謳うスクールもあると思います。

しかし、そのようなスクールだと卒業後に一人で学習を続けていくことが難しくなってしまう可能性があります。

STRAILでは、「英語学習の習慣化」をサポートし、自走していけるよう導いてくれます。

STRAILでは、ここでも行動科学という科学的知見を用いて、無理なく卒業後も自走できる手助けを行っています。

受講生自身が主体的にトレーニングを行うことで、一生続けることのできる「生産性の高い英語学習習慣」を身につけることができるのです。

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

STRAIL(ストレイル)の料金と3つのコース

STRAIL(ストレイル)の料金と3つのコース

STRAILの料金とコースは大きく3つに分かれており料金は全て同じです。

STRAILの料金とコース一覧
入学金55,000円
コース料金297,000円/3ヶ月
分割シミュレーション24,750円(12回分割の場合)※1
延長料金99,000円/1ヶ月
支払方法銀行振込/一括/分割(3回、6回、10回、12回)
コース1.初心者コース
2.TOEIC®L&R TESTコース
3.ビジネス英語コース
その他30日間返金保証詳細(全コース対象)※2
  • 金額は税込
  • ※1受講月数以上での分割の場合、手数料がかかります。
  • ※2条件あり!詳しくは公式サイトをご覧ください。
筆者
それぞれのコースが具体的にどんなコースか簡単に紹介しておきます^_^
1.ビジネス英語コース

STRAIL(ストレイル)のビジネス英語コース

  • 海外赴任や海外出張を控えている
  • 英語でのプレゼンや会議がある
  • 英語力をつけて業務の幅を広げたい
  • 英語力をつけてキャリアアップしたい
2.TOEIC®L&R TESTコース

STRAIL(ストレイル)のTOEIC®L&RTESTコース

  • 昇進・昇給のためにスコアを上げたい
  • 就職・転職活動でアピールしたい
  • TOEICスコアが伸び悩んでいる
  • 効率よくTOEICの勉強をしたい
3.初級者コース

STRAIL(ストレイル)の初級者コース

  • 中学・高校英語から不安
  • TOEIC®︎L&Rが500点未満の方
  • 初歩レベルから勉強しなおしたい
  • 何から始めたらいいかわからない
筆者
ちなみに、今回体験したコースは「ビジネスコース」を受講すれば同じレッスンを受講することができますよ^_^

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

STRAIL(ストレイル)に関するよくある質問を聞いてみた【Q&A】

STRAIL(ストレイル)に関するよくある質問を聞いてみた【Q&A】

最後に、STRAILに関するよくある質問をQ&A形式にまとめてみたので、参考になれば幸いです。

1.今回体験した「Listening & Speaking Practice」はビジネス英語コース以外でも受講可能ですか?

今回体験した「Listening & Speaking Practice」は、基本的にはビジネス英語コースの教材です。

その他のコース(TOEIC®L&R TESTコースと初級者コース)にもそれぞれ最適な教材があり、最終的には無料体験の内容や受講生のご希望も併せてご提案させていただきます。

2.STRAILの教材は独自のものですか?市販教材は使いますか?

市販の教材とオリジナル教材の両方を使っていきます。

また、ENGLISH COMPANYの専門チームが開発・運営する学習アプリなども使用します。

3.STRAILは中上級者向きですか?

いえ、初級者の方ももちろんご受講いただけます!

ただ、トレーニングをご自身で行なっていただきますので、一定の英語学習経験のある中上級者の方が多めではあります。

また、さらなる伸びを求めて通っているTOEIC900点程度の上級者の方もいらっしゃいますよ。

初級者の方でもご実力を伸ばしていただけるコンテンツやサポート体制は整っていますので、お気軽に体験授業にお越しください。

4.一度の課題発見でどれくらいの課題を発見できるのですか?

初回アセスメントでは5個〜6個の課題を発見できます。

全てを一度にトレーニングに落とし込むのは難しいですので、まずは3つの課題をお伝えし、トレーニングを積みながらどんどん細分化していきます。

5.日本人英語学習者にとって最も大切なスキルはなんですか?

大切なスキルはたくさんありますが、日本語に訳さず英語の語順通りに理解するスキルだと考えております。

というのも、都度日本語に訳しながら理解する癖がついてしまっていると、日本語と英語とでは語順が異なるので理解するスピードが遅くなってしまうんですね。

効果的なトレーニングは「チャンクリーディング」です。チャンクリーディングとは、英語を頭から「かたまり」ごとに理解していくトレーニングです。

これにより、速読力を鍛えられるだけでなく、リスニング力の向上にも役立ちます。

6.人気の英語コーチングスクールだと思うのですが、入会待ちはありますか?

時季により変動がありますが、STRAILENGLISH COMPANYも入会待ちがある状況です。

詳細な情報については、公式サイトよりお問い合わせください。

まずはSTRAIL(ストレイル)の無料体験レッスンがおすすめ!

まずはSTRAIL(ストレイル)の無料体験レッスンがおすすめ!

今回はSTRAILの概要や、2022年6月に刷新された新教材のレッスン内容について取材させていただきました。

STRAILは言語学の知見をベースとした高密度トレーニングを提供するコーチングスクールです。

  • トレーニングを自分でやれる自信がある
  • すでに学習習慣がある
  • 忙しいのでセッションは週1回に抑えたい
  • 英語学習コンテンツは豊富にありすぎてどれを選んだら良いのか分からない

このような特徴を持つ方には、自信を持ってSTRAILをおすすめします。

また、STRAILでは学習生産性を高めてくれるだけでなく、英語学習の習慣化もサポートしてもらえますので、卒業後も効率的に英語学習を続けることができるでしょう。

STRAILは課題発見と問題解決の専門家によるコンサルティングは無料で体験することもできます。

英語力を効率的にスマートに伸ばしていきたい方は、ぜひ無料説明会に申し込んでみてください。

\無料体験実施中!/

オンラインでも受講可能!

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ35個】STRAIL(ストレイル)の評判は?学習効果やコース内容を評価
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

【違い3つ】ENGLISH COMPANYとSTRAIL(ストレイル)はどっちがおすすめ?比較
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

【違い7個】PROGRIT(プログリット)とSTRAIL(ストレイル)はどっちがおすすめ?比較
>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG