上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

システム英熟語の評価(評判)と使い方【レベル・覚え方・特徴・おすすめな人】

目次

システム英熟語とは

今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『システム英熟語』です!

 

『システム英熟語』は熟語によく使う基本動詞や前置詞、副詞等それぞれのグループに分類して、それぞれの意味のコアとなる部分をイメージや図解、解説を使って説明されています。

 

この部分をしっかり理解してから、派生していって違う意味になっていった熟語を覚えると、とても効率がいいのです。
というのは、理解型暗記は覚えやすくて印象に残りやすいのです!

 

筆者
単純な暗記になっていない点が『システム英熟語』最大の特徴です!

 

『到達できるレベル』としては、この一冊をしっかりとマスターすることで東大・京大などの旧帝大・早慶・GMARCH・関関同立の全ての大学の英熟語に関しては問題なくなります。

 

筆者
マスター後のレベル等に関しては、後程詳しく紹介します!

 

『システム英熟語』には英単語版の『システム英単語』もあります!

 

『システム英単語』については、以下の記事で解説しています↓

関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方

 

ここで、この記事を読んでくださっている皆様に1つ質問です。

 

筆者
皆さんは、英語長文問題は得意でしょうか?
「英単語」や「英文法」の勉強はしているものの、「なぜか英語長文問題では安定して得点できない」、「模試でも偏差値60前後でくすぶっている」なんて方もいるのではないでしょうか?

 

理由は何だと思いますか?

 

その理由は英熟語を覚えていないからです。
英語長文問題は英熟語を覚えると爆発的に解けるようになりますし、偏差値も爆上がりします!

 

筆者
私も受験時代、「英単語や英文法の勉強をしているのになぜか偏差値が60前後で止まるし、偏差値も安定しない・・・」と悩んでいる時期がありました。

 

上記のような問題は『英熟語を覚えれば全て解決できます!』
『システム英熟語』はそんな悩みを解決してくれる英熟語帳になっているのです。

 

この記事では、そんな『システム英熟語』について以下の内容で徹底解説していきます↓

 

この記事はこんな内容です!
  • 『システム英熟語』のボリューム(熟語数)・概要
  • 『システム英熟語』の特徴・メリット
  • 『システム英熟語』のレベル・難易度
  • 『システム英熟語』がおすすめできる人・できない人
  • 『システム英熟語』の評価(評判)、口コミレビュー
  • 『システム英熟語』の効果的な使い方(覚え方)
  • 『システム英熟語』が終わったら次にするべきこと

 

英語学習者
英語長文問題は、英熟語を覚えるとそんなにできるようになるんですか?

 

筆者
そうですね!
英熟語を覚えると、英文を読むスピードも正確さも格段に上がります。
詳しいことは以下の記事で紹介していますよ↓

 

『大学受験英語の勉強法』の完全版になります↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、『英熟語』に関して、この記事の後に併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ
関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

システム英熟語のボリューム(単語数)・概要(内容)


『システム英熟語』のボリューム(単語数)と簡単な概要を紹介します!

 

ボリューム(単語数)

  • 熟語数:1657語
  • ページ数:335ページ

 

英語学習者
熟語数がけっこう多いですね!

 

筆者
そうですね!
『システム英熟語』は難関大学んも対応できるよう作られているので、掲載熟語数は多いです!

 

ちなみに、大学受験英語における必要な単語数をレベル別にまとめています!
自分の志望校はどのくらいの単語数が必要なのか知りたい方は読んでみてください↓

関連記事

大学受験英語での単語数の重要性英単語を制するものは大学受験英語を制す! 筆者これは、皆さんもご存じではないでしょうか? 日本語でも漢字が読めないと、日本語が読めないのと一緒[…]

大学受験英語に必要な単語数

 

また、熟語を覚えるのであれば、構文も一緒に覚えることになります!
『構文問題』についても以下の記事で解説しているので、興味がある方は読んでみてください↓

関連記事

はじめにセンター試験や国公立大学・難関私大の2次で文法・語法問題や長文問題の肝となってくるのが『英語構文』です。 英語構文はある程度、決まっている英文の形式を覚えるのですが、英語構文といっても数十~数百種類ある[…]

英語構文の覚え方・勉強法とおすすめ参考書・問題集の選び方

 

概要(内容)

『システム英熟語』の簡単な概要(内容)を紹介しておきます!

 

イメージや図解、解説を使って説明されている

繰り返しになりますが、熟語によく使う基本動詞や前置詞、副詞等それぞれのグループに分類して、それぞれの意味のコアとなる部分をイメージや図解、解説を使って説明されています。

 

理屈から熟語を覚えることができる

もう一点は「こうなってるからこうなる」といったような理屈を知っていることで、覚えている熟語の形が変わったりして問題で聞かれても、各々の意味が解っているから答えを推測できるよう、熟語の説明が理屈から理解できるよう、詳しいです!

 

昔はGMARCH・関関同立レベルの私大でも、英語は丸暗記でなんとかいけることが多かったのですが、最近、GMARCH・関関同立のレベルでもちゃんと文脈や解釈を考えて熟語の意味を理解しないと解けない問題が出てきています。

 

筆者
上記の通り、早慶上智や東大は顕著ですが、他の難関大学でも英語の思考力が問われるので、本書はその考え方を学ぶのに適している熟語帳です。

 

語法問題にもしっかりと対応

また、本書はイディオムの問題の他にも語法に関する問題もしっかりと収録されています!

 

最近、大学受験英語において『語法』の重要性が増してきているので、時代にもマッチした熟語帳です↓

関連記事

語法・イディオムとは【大学受験英語】大学入試英語において「文法」「語法」は頻出分野になっていますが、多くの受験生が「文法」と「語法」の違いを理解しないまま勉強しているせいで、『語法』に関する対策をしっかり行えず、結果、『語法問題』で大幅[…]

大学受験英語での語法・イディオムの重要性

 

システム英熟語の特徴・メリット

続いて、『システム英熟語]』の特徴・メリットについて紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 特徴・メリット1:前置詞の説明が詳しい
  • 特徴・メリット2:英熟語をイメージしやすい図やイラストが描いてある
  • 特徴・メリット3:幅広いレベルの受験生を対象にしている
  • 特徴・メリット4:熟語のニュアンスを覚えることができる
  • 特徴・メリット5:暗記するのには時間がかかる可能性がある
  • 特徴・メリット6:CDはないが無料の音声がダウンロード可能

 

筆者
解説します!

 

特徴・メリット1:前置詞の説明が詳しい

システム英熟語は、暗記ではなく「理解」にフォーカスした英熟語帳です。
英熟語を勉強する上で、一番大切な「前置詞」を丁寧に解説してくれています。

 

基本的に英熟語は、語句と前置詞がセットになっています。
この前置詞が変わると、熟語の意味が大きく変わることもあります。

 

前置詞を理解することで、熟語の意味を推測できます。
「この語句にこの前置詞がついているから、こういう意味になるだろうな」という具合です。
丸暗記をしようとせずに、理解をして英熟語を覚えていけば、記憶にも残りやすくなります。

 

ですから英熟語において前置詞は超重要です。
重要な部分であるからこそ、前置詞は入試本番でも高い確率で問われます。
特に前置詞の穴埋めをさせる問題が、頻出です。

 

なので、システム英熟語で勉強すれば、得点力の底上げにもつながります。
システム英熟語では1つの語句に対して、前置詞によって意味が変わる英熟語がまとまっています。

 

そして前置詞のイメージのイラストが描かれているなど、前置詞を意識して覚えられる仕組みになっています。

 

筆者
英熟語がどうしても暗記できずに悩んでい人や、丸暗記と割り切って覚えるのが苦手な人は、システム英熟語を勉強してみると良いでしょう。

 

特徴・メリット2:英熟語をイメージしやすい図やイラストが描いてある

イメージを持って勉強するというのに非常に適した熟語帳です。
英熟語のイメージを手助けする図やイラストがあるので、常にイメージをもって勉強することができます。

 

また同じ意味をもつ英熟語や、同じ前置詞をもつ英熟語でグループ分けされているので効率的に覚えることができます。

 

特徴・メリット3:幅広いレベルの受験生を対象にしている

もちろんメインのユーザーは最難関大受験者ですが、中堅私大や国立ブロック大受験者の人でも十分使うことができます。

 

直接的に問題として出題されることはなくても、長文の中に含まれている可能性もあります。

 

筆者
時間に余裕があって、かつセンター試験や国立ブロック大、中堅私大の英語で高得点を狙いたいという受験生なら使うことをおすすめします。

 

 

特徴・メリット4:熟語のニュアンスを覚えることができる

この本の最も優れているのは、「熟語のニュアンスを覚えることができる」点です。

 

goやcomeなどの基本的な動詞の意味はもちろん知っていますよね?
では、その本質的なニュアンスをどの程度知っていますか?

 

ニュアンスを掴んでおくことで初見の熟語であっても意味を理解することができます。
元々意味を知っていることが一番良いですが、入試本番では知らない熟語が出てくることはザラにあります。

 

 

特徴・メリット5:暗記するのには時間がかかる可能性がある

『システム英熟語』はここまでお伝えしてきた通り、理解にフォーカスした熟語帳です。
ですので赤シートで隠しながら覚えるといった、暗記向けの構成ではありません。

無料の暗記用のアプリなどもないので、暗記が少し難しいです。

 

暗記に特化した参考書ですと、例えば、『速読英熟語』や『英熟語ターゲット』などの方が適しているでしょう。↓


『速読英熟語』や『英熟語ターゲット1000』のついて詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

速読英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『速読英熟語』です! 『速読英熟語』は掲載されている熟語を含む長文が載っていて、次のページに熟語の意味が掲載されているというレ[…]

速読英熟語の評価(評判)と使い方
関連記事

英熟語ターゲット1000とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『英熟語ターゲット1000』です! 入試で頻出の英熟語をシンプルな形で覚えられる熟語集です。掲載されている熟[…]

英熟語ターゲット1000の評価(評判)と覚え方

 

大学受験は暗記の要素がかなり強いので、当然、英熟語が暗記できているかも問われます。
システム英熟語で前置詞や英熟語の理屈を理解していても、暗記した内容をアウトプットできないと得点につながりません。

 

筆者
システム英熟語で理屈を理解し、速読英熟語で暗記するなどと2冊を併用するのも1つの手かもしれません。

 

特徴・メリット6:CDはないが無料の音声がダウンロード可能

今回2019年に改訂され、第5訂版となりますが、今回の改訂から英熟語も無料の音声がダウンロード可能となりました!

 

  1. イディオム
  2. イディオムの日本語訳
  3. 英語例文

という順番の音声が流れます!

 

筆者
音声学習は最強の勉強法なので、ぜひ聞いてみてください!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

システム英熟語のレベル・難易度

ここでは、『システム英熟語』のレベル・難易度について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 前提となるレベル:英単語、英文法、英文解釈の基礎が固まっているこ(偏差値55前後)
  • 対象となる人:GMARCH・関関同立、早慶、東大・京大のような難関国立大学を受験する人
  • マスター後の到達レベル:上記の大学で合格点が取れる(偏差値65前後)

 

前提となるレベル

『前提となるレベル』としては、英単語、英文法、英文解釈の基礎が固まっていることです!

 

理由は2つあります↓

  • 上記の3つの方が英熟語よりも英語の勉強において重要
  • ある程度の長文を上手く活用するためには上記3つの知識が必要だから

 

筆者
『システム英熟語』を上手く活用するためには、上記3つの知識がないと前に進めないし、上手く活用できないということですね!

 

偏差値55前後を目安に

偏差値55前後を目安にすると良いと思います!

 

基礎レベルの英単語帳

なので、中学レベルの英単語の知識がない人は、以下のおすすめの英単語帳中から自分に合う英単語帳を選んでみてください↓

  • キクタンBasic4000
  • ターゲット1400
  • システム英単語Basic
  • 速読英単語必修編

 

 

上記の英単語帳について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

キクタンとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも有名な「キクタン」です! キクタンとはアルクから出版されており、「英単語を聞いて覚える」という手軽さから人気を集め、シリーズ累計450万部を突破しました。[…]

キクタンの評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

英単語ターゲット1900とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最も有名な1冊で2020年1月に約8年ぶりに改訂され『大学入学共通テスト』にも対応した『英単語ターゲット1900』です! 『英単語ターゲッ[…]

英単語ターゲット1900の評価(評判)と使い方
関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

速読英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『速読英単語』シリーズです! 長文読解力型の参考書の鉄板といえば、やはりZ会の『速読英単語シリーズ』です。『速読英単語シリーズ』[…]

速読英単語[入門・必修・上級編]の評価(評判)・使い方

 

他の英単語帳について知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

英単語の覚え方についても解説しているので、読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法

 

基礎レベルの英文法の参考書・問題集

英文法の知識がない人は、以下の3冊の参考書の内どれかを選んで並行して英文法の勉強をしておきましょう↓

  • 総合英語Forest(フォレスト)7th Edition
  • 総合英語Evergreen
  • 高校英文法をひとつひとつわかりやすく

 

 

上記参考書について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

総合英語Evergreenとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Evergreen」です! 「総合英語Evergreen」とは高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説[…]

総合英語Evergreenの評価(評判)と使い方
関連記事

高校英文法をひとつひとつわかりやすとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「高校英文法をひとつひとつわかりやす」です! この参考書は題名の通り、高校で学習する英語の文法事項が分かりやすく解説[…]

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの評価(評判)と使い方

 

筆者
時間がない方は、1番下の『高校英文法をひとつひとつわかりやすく』を選べばよいでしょう!
1~2週間程度で高校英文法をマスターすることができます!

 

もし、他の参考書や問題集が知りたい方はこちら↓

関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】

 

基礎レベルの英文解釈の参考書・問題集

『英文解釈の参考書や問題集』は以下の中から選んでおけば間違いないと思います↓

  • 入門英文解釈の技術70
  • 英文読解入門基本はここだ!
  • 入門英文問題精講

 

 

上記の参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

入門英文解釈の技術70とは今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「入門英文解釈の技術70」です! 「入門英文解釈の技術70」は以下の「英文解釈の技術」の3シリーズの1冊です。[…]

入門英文解釈の技術70の評価(評判)と使い方
関連記事

英文読解入門基本はここだ!とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文解釈の参考書の中でも5本の指に入る程有名な「英文読解入門基本はここだ!」です! 受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。多くの受験生が[…]

英文読解入門基本はここだ!の評価(評判)と使い方
関連記事

入門英文問題精講とは入門英文問題精講とはどのような参考書なのかご紹介していきます。 入門英文問題精講は英文解釈の参考書になっています。 入門英文問題精講は題名に入門と書いてあるだけあっ[…]

入門英文問題精講の評価(評判)と使い方

 

他の『英文解釈の参考書や問題集』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

対象となる人

『対象となる人』としては、GMARCH・関関同立、早慶、東大・京大のような難関国立大学を受験する人でしょう!

 

『システム英熟語』は重要な基本英熟語をすべて網羅してるいるので、ほぼ全ての大学に対応可能です!

 

マスター後の到達レベル

最後に『マスター後の到達レベル』ですが、『システム英熟語』を覚えれば、英熟語に関しては基本的には難関大学を含むほぼ全ての大学で戦える力が身に付きます。

 

ただ、早慶以上を目指す受験生にはこの熟語帳だけでも対応は可能ですが、不安は残るので、安心して合格をしたい方は、最高難易度の『解体英熟語』を覚えることをおすすめします!


『解体英熟語』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

解体英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う高難易度の熟語帳『解体英熟語』です! 『解体英熟語』は早慶などの難関大を目指す人向けの熟語帳です。1017もの英熟語が掲載されており、[…]

解体英熟語の評価(評判)と使い方

 

筆者
また、『システム英熟語』はTOEICや英検など、実践的な英語の試験にも対応できる力が身につきますよ♪

 

大学入学共通テスト(新センター試験)にもしっかり対応しています!

 

筆者
せっかくなら英単語の『システム英単語』もセットで覚えると効果倍増でおすすめですよ♪

 

 

『システム英単語』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方

 

システム英熟語をおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・おすすめできない人
では、上記の内容を踏まえ、『システム英熟語』をおすすめできる人とおすすめできない人を紹介しておきます!

 

筆者
あなたがどっちに当てはまっているか確認してみてください。

 

おすすめできる人

まずは、『システム英熟語』をおすすめできる人について紹介していきます。

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 英熟語をしっかり理解したい人
  • 有名熟語帳に安心感を覚える人
  • 熟語、派生語、例文など1度に複数の情報を得たい人
  • 音声学習をしてリスニングや発音などを強化したい人

 

英熟語をしっかり理解したい人

システム英熟語は、ただ暗記するだけでなく理解することによって知らない英熟語への応用もすることができる熟語帳になっています。

そのため、英熟語をしっかり理解したい人にはおすすめします!

 

有名熟語帳に安心感を覚える人

熟語帳選びをする際に、人それぞれ選ぶ基準は違いますが、その熟語帳が有名かどうかなどによって選ぶ人も多くいるでしょう。

 

『システム英熟語』は、有名なシステムシリーズの熟語帳です。
英単語帳が配布される高校は多くありますが、その中でも多くの学校で配布されているのがシステムシリーズです。

 

安心できる熟語帳を選びたいという人は多くいると思います。
そして、『システム英熟語』は多くの人が使っているという点で安心できる熟語帳です。

 

筆者
そのため、有名熟語帳に安心感を覚える人にはおすすめします!

 

熟語、派生語、例文など1度に複数の情報を得たい人

『システム英熟語』は、見開きのページで熟語、派生語、例文など、多くの情報を一回で確認することができます。

そのため、熟語、派生語、例文など1度に複数の情報を得たい人にはおすすめします!

 

音声学習をしてリスニングや発音などを強化したい人

『システム英熟語』は、無料で音声をダウンロードできます!
耳からも英単語を覚えれば、覚えるスピードは倍増しますし、勉強効果も倍増します!

 

ですので、音声学習をしてリスニングや発音などを強化したい人には、非常におすすめの英熟語帳です。

 

筆者
音声学習は最強の勉強法です!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

 

おすすめできない人

続いて、おすすめできない人についてです!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • システム英熟語を辞書のように使いたい人
  • 受験まであまり時間がない人

 

システム英熟語を辞書のように使いたい人

『システム英熟語』はあくまでも優先度を考えて厳選されたものであるために、普段の学習でわからない熟語の全てが載っているわけではありません。

 

加えて類義語や対義語が詳しく載っていたり、様々な意味が載っているわけではないので、わからない熟語を調べたり、一つの熟語への理解を深めるには不向きです。

 

受験まであまり時間がない人

大学入試本番まで時間がない受験生にもおすすめはしていません。

 

『システム英熟語』はここまでお伝えしてきた通り、理解にフォーカスした熟語帳です。
ですので赤シートで隠しながら覚えるといった、暗記向けの構成ではありません。
無料の暗記用のアプリなどもないので、暗記が少し難しいです。

 

筆者
もし、『英熟語』と『日本語訳』を横に並べて機械的にパッパッと覚えていくような塾語帳がよければ『英熟語ターゲット1000』や『速読英熟語』を選べば良いでしょう!

 

英熟語ターゲット1000

 

『英熟語ターゲット1000』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

システム英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『システム英熟語』です! 『システム英熟語』は熟語によく使う基本動詞や前置詞、副詞等それぞれのグループに分類して、それぞれ[…]

システム英熟語の評価(評判)と使い方

 

速読英熟語

 

『速読英熟語』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

速読英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『速読英熟語』です! 『速読英熟語』は掲載されている熟語を含む長文が載っていて、次のページに熟語の意味が掲載されているというレ[…]

速読英熟語の評価(評判)と使い方

 

また、市販されているほぼ全ての英熟語帳については、詳しくは以下の記事で解説しています↓

関連記事

速読英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『速読英熟語』です! 『速読英熟語』は掲載されている熟語を含む長文が載っていて、次のページに熟語の意味が掲載されているというレ[…]

速読英熟語の評価(評判)と使い方

 

システム英熟語の評価(評判)・口コミ


それでは、いよいよ、皆さんが1番気になるであろう、『システム英熟語』の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、『システム英熟語』が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

丸暗記に頼らない良書!

単純な暗記に頼らずに、動詞や前置詞のイメージをとらえそこから派生して熟語を覚えていくスタイルです。
おそらくネイティブの感覚に近いのではないでしょうか。

レベルは掲載語が1500語くらいあるので早慶などの最難関私立を受験される方におすすめです。

イメージでとらえていくので、前置詞の穴埋め問題などに柔軟に対応できるでしょう。

良い評価(評判)、口コミ2

大学受験本番での使い方まで理解できる

英熟語それぞれに、例文がついていて、英熟語の大学受験本番での使い方まで理解できるようになっています。

良い評価(評判)、口コミ3

最新のデータのスゴさ!!

端的に言いますと、システム英単語同様に熟語の方も最新データリサーチをウリにしています!

よく出る熟語を意味まで出る順にのせています!

受験英語に出ないやつは乗せてないのでとてもいいです!

良い評価(評判)、口コミ4

基本的な英熟語を学ぶにはとても良い

予備校の先生が勧めていたので購入しました!
基本的な英熟語を学ぶにはとても良いと思います。

良い評価(評判)、口コミ5

システム英語と組み合わせれば完璧!

なかなか使い勝手が良いです。システム英単語と組み合わせて使ってます。

 

英語学習者
評価や口コミを見ている限り、やはり『丸暗記に頼らないところが良い』や『例文があるので、大学受験本番での使い方まで理解できる』という高い評価が多いですね!

 

筆者
そうですね!
『システム英熟語』は例文を使って熟語を覚えますし、イラストも豊富なので、入試本番で緊張したとしてもすぐに忘れなそうですよね!

 

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ1

CDがあれば★5つ!

第5訂版から英熟語にも音声がつきました!

これを待っていたんですが、CDも無料でつけてくれれば、なお良かったです!

贅沢すぎますかね?(笑)

悪い評価(評判)、口コミ2

覚えれば相当力がつくだろうが、覚えるのには少し時間がかかりそう

頻度ごとにまとめて欲しかった!
センターレベルまでなら速熟の方がいいです。

早慶のような難関大学を目指すなら語数が多い本書はおすすめだが、覚えるのに時間がかかりそうなので、受験まで時間がない受験生にはおすすめできなそう。

 

英語学習者
口コミを見る限り、『CDが欲しい』や『覚えるのに時間がかかりそう』という口コミが多いですね!

 

筆者
そうですね!
『CDに関して』は無料で音声がダウンロードできるので、それで問題ないでしょう!
『覚える時間』はしょうがないですかねー。
力がつく熟語帳は覚えるのが大変です。

 

評価(評判)・口コミまとめ

結論、全体的な口コミレビューは内容については良かったです。

 

やはり、『丸暗記に頼らないところが良い』『例文があるので、大学受験本番での使い方まで理解できる』という高い評価や口コミが多かったですね!

 

一方で、「CDが欲しい」とか「覚えるのに時間がかかりそう」という内容にはイマイチな評価や口コミも一定数ありました。

 

ただ、総括すると内容的な評価はとても高い英熟語帳となっていました。

 

筆者
『システム英熟語』は「丸暗記はしたくない」「イラストや例文も併せてじっくり取り組みたい」という方にはおすすめな英熟語帳です!

 

内容については、評価が高く、購入しても絶対損はしない英熟語帳となっていること間違いなしです。

 

筆者
皆さんも1度挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

システム英熟語の効果的な使い方と覚え方(勉強法)

本章では、『システム英熟語』の効果的な使い方と覚え方(勉強法)について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 覚え方1:短期で1周して、そのあと何回も繰り返して復習する
  • 覚え方2:覚えた単語と覚えてない単語に選別して何周も回す
  • 覚え方3:イラストを活用し、イメージして覚える
  • 覚え方4:覚えにくい日本語は言い換える
  • 覚え方5:音声を活用し、スキマ時間も熟語を覚える

 

筆者
解説します!

 

覚え方1:短期で1周して、そのあと何回も繰り返して復習する

英熟語帳は長いスパンで記憶しようとする人が大半だと思います。
しかし、英熟語帳は早ければ1週間程度で暗記することができるのです。

 

そのために、まずは2-3日だけは、その英熟語帳だけに集中して勉強してみてください。
短期間、英熟語だけに集中することによって、英熟語を「なんとなく見たことある状態」にすることができます。

 

そして、「なんとなく見たことある状態」になった英熟語帳を何回も何回も復習してください。

 

なぜ、上記のように勉強したらよいのか。
わかりやすく説明するために、人間の記憶メカニズムを紹介します。

 

人間の記憶には、短い間だけ覚えていられる「短期記憶」と、長い間保持しておく必要のある「長期記憶」の2種類があります。
「長期記憶」に入った記憶は、基本的には忘れにくくなっています。

 

では、どうしたら、英熟語を長期記憶に入れることができるのか?
それは、何回も何回も、しつこいくらいにその英熟語の意味を確認することです。

 

何回も見ることで、脳が「これは大事な情報だ」と認識し、短期記憶のフォルダから長期記憶のフォルダに、英熟語を移してくれます。

 

ですので、とりあえず英熟語帳を短期間で1周して「なんとなく見たことある状態」にしたあとに、何回も何回もその英熟語帳を復習すれば、英熟語が長期記憶に移っていきます。

 

筆者
この作業を1週間程度でやりきることができれば、英熟語帳は短期で覚えることが可能なのです。

 

覚え方2:覚えた熟語と覚えてない単語に選別して何周も回す

上記の方法で英熟語を覚えられたなと思ったら、自分の覚えたれた英熟語とそうでない英熟語を選別しましょう。

 

○×でも、間違えた英熟語に正の字をつけるのでも構いません。
とりあえず、自分がおぼえていない・自分にとっておぼえにくい英熟語をあぶり出しましょう。

 

そのうえで、覚えていない英熟語を重点的に復習しましょう。

 

筆者
そうすることで、覚えていない英熟語がだんだんとなくなっていき、気が付いたらその英熟語帳が丸々自分の頭の中に入っていることでしょう。

 

覚え方3:イラストを活用し、イメージして覚える

どうしても覚えられない英熟語は、キーワードを「イメージ付け」で覚えてください。
ありがたいことに、『システム英熟語』はイラストが豊富です!
この「イメージ付け」というのを具体的に説明すると、「英熟語を見たときに、その情景・ものなどが思い浮かぶこと」だと思っておいてください。

 

たとえば、みなさん「apple(アップル)」という単語を見たり聞いたりしたら、どんなものを思い浮かべますか?赤色のフルーツがちゃんと浮かんできますよね。(笑)

 

どんな難易度の英熟語でも、「イメージ付け」ができていれば、早く覚えることができます。
逆に言うと、「イメージ付け」をしないで無理やりおぼえようとしても、すぐに忘れてしまいます。

 

筆者
ですので、英熟語を覚えるときには、この「イメージ付け」というのを欠かさずに行ってください。

 

覚え方4:覚えにくい日本語は言い換える

英熟語を覚えていると、「こんな日本語ふだん使わないよ」という日本語訳が書いていたりしますよね。

 

たとえば、「improve:向上させる」であれば、「『向上する』じゃなくて、『向上させる』なの?」となると思います。

 

そこで、「向上させる」という日本語を言い換えてみましょう。
「向上させる」というのは、要するに何かを「向上『させる』」のですから、要するに「改善する・改良する」と同義ですよね。

 

筆者
このように、覚えにくい日本語訳は、それの言い換えを考えてみましょう。
英熟語を覚えるときに、日本語で苦戦しているのはもったいないですよ。

 

覚え方5:音声を活用し、スキマ時間も熟語を覚える

『システム英熟語』は無料で音声のダウンロードが可能です!

 

皆さんも、好きな歌は通勤通学中に電車などで聞き流していたら自然に覚えていたということも少ないないと思います!

 

英熟語も同じです!
通勤通学の時間を有効活用し、英熟語を聞き流していたら好きな歌を口ずさむように自然と覚えているはずです!

 

筆者
好きな音楽を聞きたい気持ちはわかりますが、ここはぐっとこらえて、キラキラなキャンパスライフをイメージして頑張りましょう!

 

筆者
音声学習は英語のような語学学習にとって最強の勉強法です!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

『英熟語の覚え方』については、以下の記事も併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ

 

システム英熟語が終わったら?(次は?)


最後に、『システム英熟語』が終わったら次に何をするべきか紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の4パターンが考えられます↓

  • レベルの高い英熟語帳を覚える
  • 英文解釈の勉強を始める
  • 英語長文問題にチャレンジ
  • 過去問を解いてみる

 

筆者
解説します!

 

レベルの高い英熟語帳を覚える

『システム英熟語』はMARCH、早慶などの難関大学レベルにも対応可能です!

 

しかし、東大・京大のような最難関大学の熟語力には少し不安があるかもしれません。
なので、『システム英熟語』が終わったら、さらにレベルの高い英熟語帳を覚えても良いと思います!

 

解体英熟語

『解体英熟語』などはおすすめです↓


筆者
難関大学にも対応できる英熟語帳です!

 

『解体英熟語』についても解説記事を用意しています↓

関連記事

解体英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う高難易度の熟語帳『解体英熟語』です! 『解体英熟語』は早慶などの難関大を目指す人向けの熟語帳です。1017もの英熟語が掲載されており、[…]

解体英熟語の評価(評判)と使い方

 

また、その他の『英熟語帳』を知りたい方は以下の記事から選べば間違いないです↓

関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】

 

英文解釈の勉強を始める

『システム英熟語』のみで充分な英熟語力です!
難関大学にも受かることも難しくないはずです!

 

なので、英熟語を覚えたあなたは、英文解釈の勉強を始めましょう!

 

もし、並行して「英文解釈」の勉強していたあなたはそのまま継続で問題ありませんが、これから英語長文問題にチャレンジするという方で、まだ「英文解釈」の勉強をしていない方がいれば、まずは「英文解釈」の勉強をすることをおすすめします!

 

筆者
英文解釈を勉強しない方と勉強した方では、その後の偏差値の伸びに差が出ます!

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、英文解釈の勉強法や参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

英語長文問題にチャレンジ

「英文解釈を勉強する時間がない」、「英文解釈は並行して勉強していた」という方は、英語長文問題に取り組みましょう!

 

大学受験英語に合格するためには、英熟語を覚えただけでは絶対受かりません!
英語長文問題が解けて始めて、志望校に合格できます。

 

『システム英熟語』を覚えれば、ある程度の英熟語の基礎は充分だと思うので、英語長文問題にチャレンジしてみてください!

 

「英語長文問題の解き方や勉強法」「英語長文問題の参考書や問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

 

 

過去問を解いてみる

『システム英熟語』が終わったら、過去問を解いてみても良いかもしれません!

 

『過去問の使い方』については、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学からのメッセージです。[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

最後に

いかがでしたか?

 

『英熟語』は大学受験英語の中で最も差がつくところであり、多くの受験生が勉強まで手が回らないところと言っていいでしょう!

 

『英熟語』は覚えたら覚えただけ大学受験英語で有利なのは間違いありません。
そして、『システム英熟語』は大学受験英語の熟語帳として間違いないと思います。

 

『システム英熟語』を覚えて、素敵なキャンパスライフを送ってください!
皆さんが合格することを祈っています!
ではまた!

 

システム英熟語の評価(評判)と使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG