上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

解体英熟語の評価(評判)と使い方【レベル・覚え方・特徴・おすすめな人】

目次

解体英熟語とは

今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う高難易度の熟語帳『解体英熟語』です!

 

『解体英熟語』は早慶などの難関大を目指す人向けの熟語帳です。
1017もの英熟語が掲載されており、分量としては早慶でも安心というレベルです。

 

さらに1000以上の入試問題を掲載しており演習をしながら熟語が学ぶことができます。

 

筆者
『解体英熟語』をやり遂げていれば、重要な英熟語はほとんど網羅できていると言っても過言ではないと思います。

 

また、問題集と熟語集が一体となっているので、560ページと分厚い本ですが、その分充実した内容になっています。
カード版も販売されているので好みに応じてブック型とカード型を選ぶと良いでしょう。

 

筆者
『解体英熟語』を覚えれば、熟語マスターになれること間違いなしです!

 

ここで、この記事を読んでくださっている皆様に1つ質問です。

 

筆者
皆さんは、英語長文問題は得意でしょうか?
「英単語」や「英文法」の勉強はしているものの、「なぜか英語長文問題では安定して得点できない」、「模試でも偏差値60前後でくすぶっている」なんて方もいるのではないでしょうか?

 

理由は何だと思いますか?

 

その理由は英熟語を覚えていないからです。
英語長文問題は英熟語を覚えると爆発的に解けるようになりますし、偏差値も爆上がりします!

 

筆者
私も受験時代、「英単語や英文法の勉強をしているのになぜか偏差値が60前後で止まるし、偏差値も安定しない・・・」と悩んでいる時期がありました。

 

上記のような問題は『英熟語を覚えれば全て解決できます!』
『解体英熟語』はそんな悩みを解決してくれる英熟語帳になっているのです。

 

この記事では、そんな『解体英熟語』について以下の内容で徹底解説していきます↓

 

この記事はこんな内容です!
  • 『解体英熟語』のボリューム・概要
  • 『解体英熟語』の特徴・メリット
  • 『解体英熟語』のレベル・難易度
  • 『解体英熟語』がおすすめできる人・できない人
  • 『解体英熟語』の評価(評判)、口コミレビュー
  • 『解体英熟語』の効果的な使い方(覚え方)
  • 『解体英熟語』が終わったら次にするべきこと

 

英語学習者
英語長文問題は、英熟語を覚えるとそんなにできるようになるんですか?

 

筆者
そうですね!
英熟語を覚えると、英文を読むスピードも正確さも格段に上がります。
詳しいことは以下の記事で紹介していますよ↓

 

『大学受験英語の勉強法』の完全版になります↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、『英熟語』に関して、この記事の後に併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ
関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

解体英熟語のボリューム(単語数)・概要(内容)


『解体英熟語』のボリューム(単語数)と簡単な概要を紹介します!

 

ボリューム(単語数)

  • 熟語数(見出し語):1017語
  • ページ数:560ページ

 

英語学習者
見出し語が1017語のわりにはページ数が多いですね!

 

筆者
そうなんですよ!
問題集も併せているので、かなりのボリュームになっています!
解説もかなり詳しいですよ♪

 

ちなみに、大学受験英語における必要な単語数をレベル別にまとめています!
自分の志望校はどのくらいの単語数が必要なのか知りたい方は読んでみてください↓

関連記事

大学受験英語での単語数の重要性英単語を制するものは大学受験英語を制す! 筆者これは、皆さんもご存じではないでしょうか? 日本語でも漢字が読めないと、日本語が読めないのと一緒[…]

大学受験英語に必要な単語数

 

概要(内容)

『解体英熟語』の構成や内容について簡単に説明します。

 

形式

見開きの右ページと左ページが対応している普通の単語帳、熟語帳と異なり、右ページと次のページの左ページが対応しています。
そして、右ページには空欄補充の熟語問題が3つ載っており、次の左ページで答え合わせができるようになっています。

別冊で熟語問題のみが簡潔にまとめられた例文集

また、別冊で熟語問題のみが簡潔にまとめられた例文集がついています。

 

長所

特徴は上述したユニークなページ構成とともに、左ページの解説の詳しさです。
熟語の成り立ちや関連熟語などその熟語に関する情報がこれでもかと詰まっており、暗記の一助となります。

 

また、問題集の形式もいいですが、単純に掲載されている熟語も無駄なものはほとんどありません。
この『解体英熟語』は難易度が高めなので、難熟語ばかりが多く掲載されていると思われがちですが、『必要な熟語+難熟語』というイメージを持つと良いと思います。

 

語法に関する問題もしっかりと収録

また、本書はイディオムの問題の他にも語法に関する問題もしっかりと収録されています!
最近、大学受験英語において『語法』の重要性が増してきているので、時代にもマッチした熟語帳です↓

関連記事

語法・イディオムとは【大学受験英語】大学入試英語において「文法」「語法」は頻出分野になっていますが、多くの受験生が「文法」と「語法」の違いを理解しないまま勉強しているせいで、『語法』に関する対策をしっかり行えず、結果、『語法問題』で大幅[…]

大学受験英語での語法・イディオムの重要性

 

解体英熟語の構成

『解体英熟語』の構成についても簡単に解説しておきましょう!

 

具体的には以下のような構成になっています↓

  • 必修527語
  • 重要346語
  • 上級144語
  • 合計:1017語

主要難関42大学の入試問題とセンター試験を徹底分析し、上記のような構成になっています!

 

筆者
必修熟語とセンター頻出熟語にはマークがついているので、頻出度もわかりやすくなっています!

 

解体英熟語の特徴・メリット

続いて、『解体英熟語]』の特徴・メリットについて紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 特徴・メリット1:解体英熟語にはブック版とカード版がある
  • 特徴・メリット2:掲載されているすべての熟語に関する入試問題が載っている
  • 特徴・メリット3:掲載された熟語ごとにそれを使った例文集がある
  • 特徴・メリット4:熟語の成り立ちや情報もセットで覚えられる
  • 特徴・メリット5:熟語ごとにレベル分けされている
  • 特徴・メリット6:巻末に熟語がまとまっている
  • 特徴・メリット7:音声CDはなし

 

筆者
解説します!

 

特徴・メリット1:解体英熟語にはブック版とカード版がある

『解体英熟語』には『ブック版』と『カード版』があります。

 

ブック版


ブック版のメリットとしては、
熟語を覚えやすいように、熟語を構成する前置詞ごとに並んでいることです。

例えば”on”を使う熟語であれば、一つにまとめて並んでいるため、”on”の持つ意味を理解しやすくなります。

 

カード版


カード版は初めはブック上になっていますが、ページを本書から切り取ることができ、単語カードのようにばらばらに、かつコンパクトにすることができます。

ブック版と比べた際のカード版のメリットは以下の3つでしょうか!

  • ランダムに並び替える
  • コンパクトで場所を問わず勉強できる
  • 自分でカードを作る手間がかからない

 

ランダムに並び替える

カードをシャッフルすれば覚える順番をランダムにすることができるため、熟語帳のページや前後の熟語といった“場所”で覚えることを避けることができます。

 

コンパクトで場所を問わず勉強できる

カードはブックに比べてコンパクトであるため、カバンの中に入れてもスペースを取らず、満員電車の中などでも勉強することができます。

 

自分でカードを作る手間がかからない

自分で熟語カードを作ろうとするとかなりの手間がかかります。
受験生はそんな悠長なことをしている暇がないため、もしカードがほしくなったらカード版を購入しよう。

 

筆者
個人的にはこれが1番嬉しいですね♪

 

特徴・メリット2:掲載されているすべての熟語に関する入試問題が載っている

『解体英熟語』にはそれぞれの熟語に入試問題が掲載されています。

 

ほとんどの熟語集は演習問題までは掲載されていないのでどうしてもアウトプット不足になっていまいます。

 

筆者
アウトプットできないのが熟語帳の最大の欠点ですよね!

 

でも、『解体英熟語』なら入試問題の演習を通して実践的に覚えることができるので、インプットとアウトプットの両方が同時にできます。

 

そのため、得点に直結する勉強ができます。
時間のない現役生には特におすすめです。

 

特徴・メリット3:掲載された熟語ごとにそれを使った例文集がある

付属の別冊として熟語の例文集が載っています。
掲載されている入試問題だけでなく、こちらにも目を通すことでイディオムの使用イメージを思い浮かべながら実践的に暗記することができます。

 

特徴・メリット4:熟語の成り立ちや情報もセットで覚えられる

『解体英熟語』は熟語帳の中では網羅性、難易度、解説の豊富さ、どれをとってもNO.1だと思っています。

 

筆者
まさに熟語界トップの熟語帳です!

 

その中でも、熟語の成り立ちに関する説明の存在は最大の強みと言って良いでしょう。
なぜこのイディオムがこの意味を持つのかを丁寧に解説しているため、理解しながら効率よく暗記することができます。

 

たとえば、以下のような説明が『解体英熟語』にはあります↓

前置詞の”on”が持つ意味は「~の上」という意味で覚えている人が多いであろうがこれは正確ではない。

正確には「~に触れている」という意味である。

だから壁にかかっているというのは、“壁に触れている”ということで on the wallになるのだ。

テーブルの上にあるというのも、“テーブルに触れている”ということで on the tableとなるのだ。

 

この”on”のように、重要な前置詞に関しては巻末で意味やニュアンスについて整理されているので、熟語に目を通す前にここを見ておくことでより熟語を覚えやすくなるはずです!

 

特徴・メリット5:熟語ごとにレベルが設定されている

各熟語ごとにレベルの設定がされている具体的には以下の通りです。

  • 必修レベルが527語
  • 重要レベルが346語
  • 上級レベルが144語

まずは必修レベルのみを覚えていくなど、自分のレベルにあった使用が可能となります。

 

特徴・メリット6:巻末に熟語がまとまっている

巻末にはまとめて覚えたり対比して覚えたりできる熟語の表や、前置詞の基本ニュアンスの解説まであり、充実した内容となっています。

 

こちらを先に読んで、基礎知識をつけたうえで熟語の暗記を進めるのも効果的です。
別冊で例題をまとめた例文集がありますので、直前期の仕上げに例文を一気に読んで復習することも可能です。

 

特徴・メリット7:音声CDはなし

人気の英単語・英熟語帳はだいたい別売りでCDがありますが、『解体英熟語』には音声CDがありません。

 

筆者
唯一の欠点と言っても良いかもしれません。

 

解体英熟語のレベル・難易度

ここでは、『解体英熟語』のレベル・難易度について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 前提となるレベル・知識:高校基本レベルの英単語、英文法
  • 対象となる人:東大や早慶といった最難関大学。中堅国公立やGMARCHや関関同立などの難関大学受験者の一部
  • マスター後の到達レベル:大学受験におけるほぼすべての熟語に対応することができる。センター試験のイディオム問題は余裕で満点取れる。

 

前提となるレベル・知識

『前提となるレベル・知識』としては、高校基本レベルの英単語、英文法をマスターしていることです!

 

解体英熟語に収録されている英熟語には「高校基本レベルの英単語」で構成されたものが度々出てくるので、英単語の意味を覚えた後にそれが用いられた英熟語を覚えましょう。
そうすることスムーズに英熟語の意味を覚えることができます。

 

筆者
また、当然受験においては英熟語よりも英単語の方が重要だからという意味でも、英熟語よりも英単語の勉強を優先してください。

 

ちなみに高校基本レベルの英単語というのは以下の英単語帳のレベルです↓

  • キクタンBasic4000
  • ターゲット1400
  • システム英単語Basic
  • 速読英単語必修編

 

 

上記の英単語帳について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

キクタンとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも有名な「キクタン」です! キクタンとはアルクから出版されており、「英単語を聞いて覚える」という手軽さから人気を集め、シリーズ累計450万部を突破しました。[…]

キクタンの評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

英単語ターゲット1900とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最も有名な1冊で2020年1月に約8年ぶりに改訂され『大学入学共通テスト』にも対応した『英単語ターゲット1900』です! 『英単語ターゲッ[…]

英単語ターゲット1900の評価(評判)と使い方
関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

速読英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『速読英単語』シリーズです! 長文読解力型の参考書の鉄板といえば、やはりZ会の『速読英単語シリーズ』です。『速読英単語シリーズ』[…]

速読英単語[入門・必修・上級編]の評価(評判)・使い方

 

他の英単語帳について知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

英単語の覚え方についても解説しているので、読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法

 

英文法の知識がない人は、以下の3冊の参考書の内どれかを選んで並行して英文法の勉強をしておきましょう↓

  • 総合英語Forest(フォレスト)7th Edition
  • 総合英語Evergreen
  • 高校英文法をひとつひとつわかりやすく

 

 

上記参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

総合英語Evergreenとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Evergreen」です! 「総合英語Evergreen」とは高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説[…]

総合英語Evergreenの評価(評判)と使い方
関連記事

高校英文法をひとつひとつわかりやすとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「高校英文法をひとつひとつわかりやす」です! この参考書は題名の通り、高校で学習する英語の文法事項が分かりやすく解説[…]

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの評価(評判)と使い方

 

筆者
時間がない方は、1番下の『高校英文法をひとつひとつわかりやすく』を選べばよいでしょう!
1~2週間程度で高校英文法をマスターすることができます!

 

対象となる人

対象となる人としては、

  • 東大・京大、早慶といった最難関大学
  • 中堅国公立やGMARCHや関関同立などの難関大学受験者の一部

でしょう!

 

『解体英熟語』は他の英熟語帳に比べてかなりボリュームがあるため、上記の大学以外の中堅国公立やGMARCHや関関同立などの難関大学受験者は使う必要はありません。

 

『ターゲット1000』や『速読英熟語』をしっかりとマスターできれば英熟語に関しては十分合格レベルに達することができます。

 

筆者
ただ、最難関大学ではなく難関大学の受験者であっても、「受験までに時間の余裕があるから英熟語を徹底的に覚えたい」という人は解体英熟語を使ってもいいでしょう。

 

マスター後の到達レベル

最後に、『解体英熟語をマスターした後の到達レベル』ですが、これをマスターすれば、基礎レベルから難関レベルまで大学受験におけるほぼすべての熟語に対応することができるようになります。

 

筆者
センターのイディオム問題に関しては余裕で満点取れるようになれますし、早慶に出るイディオムもしっかりと対応できるようになりますよ♪

 

 

解体英熟語をおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・おすすめできない人
では、上記の内容を踏まえ、『解体英熟語』をおすすめできる人とおすすめできない人を紹介しておきます!

 

筆者
あなたがどっちに当てはまっているか確認してみてください。

 

おすすめできる人

まずは、『解体英熟語』をおすすめできる人について紹介していきます。

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 1冊で最難関レベルの英熟語をマスターしたい人
  • 赤シートを使った学習が好きな人
  • 有名参考書に安心感を覚える人

 

1冊で最難関レベルの英熟語をマスターしたい人

英熟帳は多くありますが、その中でも解体英熟語は量が多く、レベルの高い英熟語が掲載されています。

 

そのため、解体英熟語をしっかりとやり込めば、最難関大学で戦えるレベルの英熟語が身につくと思います。

 

1冊で最難関レベルの英熟語をマスターしたい人にはおすすめします!

 

赤シートを使った学習が好きな人

暗記学習をする際に、読んで覚える人、書いて覚える人など様々な人がいますが、赤シートを用いた暗記が好きだという人は多くいるのではないでしょうか。

 

『解体英熟語』には赤シートがついていて、答えが赤シートで隠せるようになっています。
そのため、赤シートでの学習が好きな人にはおすすめします!

 

有名参考書に安心感を覚える人

あまり有名でない参考書に不信感を覚えたりする人もいると思います。

しかし、解体英熟語はZ会の参考書としてかなり有名なので、信用度は問題ないと思います。

そのため、有名参考書に安心感を覚える人にはおすすめします!

 

おすすめできない人

続いて、おすすめできない人についてです!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • MARCHや関関同立レベル未満の大学を志望する人(日東駒専・産近甲龍まで)
  • 音声CDを使いたい人

 

MARCHや関関同立レベル未満の大学を志望する人(日東駒専・産近甲龍まで)

『解体英熟語』は最難関大学受験者(MARCH・関関同立~東大など)が使用するには良い単語帳です。
つまり、最難関大学志望者は『解体英熟語』は最適です!

 

ですが、MARCH・関関同立レベル未満の産近甲龍・日東駒専志望者には不要です。
そのレベルの大学を志望する場合は、頻度順に並んでいるものを前から覚えていけば十分なので、以下の英熟語帳のどれかを覚えれば良いでしょう↓

  • 英熟語ターゲット1000
  • 英熟語FORMULA1000
  • システム英熟語

 

 

上記の英熟語帳に関しても解説記事を用意しています↓

関連記事

英熟語ターゲット1000とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『英熟語ターゲット1000』です! 入試で頻出の英熟語をシンプルな形で覚えられる熟語集です。掲載されている熟[…]

英熟語ターゲット1000の評価(評判)と覚え方
関連記事

英熟語FORMULA1000とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも意外と知られていない名書『英熟語FORMULA1000』です! 『英熟語FORMULA1000』は東進で有名な安河内先生が作った、勉強[…]

英熟語FORMULA1000の評価(評判)と使い方
関連記事

システム英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『システム英熟語』です! 『システム英熟語』は熟語によく使う基本動詞や前置詞、副詞等それぞれのグループに分類して、それぞれ[…]

システム英熟語の評価(評判)と使い方

 

音声CDを使いたい人

音声CDを使いたい人にもおすすめはしていません。

 

人気の英単語・英熟語帳はだいたい別売りでCDがありますが、『解体英熟語』の場合は音声CDがありません!

 

音声学習は最強の勉強法なので、解体英熟語の唯一の欠点でしょう↓

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

解体英熟語の評価(評判)・口コミ


それでは、いよいよ、皆さんが1番気になるであろう、『解体英熟語』の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、『解体英熟語』が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

色々配慮がなされています。素晴らしいです!

いつものように一通り勉強してと言いたいのですが、繰り返しで2周目をしている途中でこのレビューを書きました。

センター試験と主要難関大学(42校)に出る熟語を調べたうえで編纂しているようです。明らかに大学受験向け、特に難関大学を受けるようなできる学生が使う書であります。

しかし、さらに上の、英語が得意な大学生や上級を目指す学習者にもうってつけだと思います。英語バカの私としても、受験生が覚えるべきくらいのレベルは自在に使いこなしたいところです。

なお、難関大学を受けるわけでない学生でも使えるように、絶対覚えるべき熟語には「必須マーク」がつけられておりますし、初学者にも使えるように配慮はされていますので、英語に自信のない方でも利用は可能です。

一番気に入ったのは、熟語を覚えるための「熟語の成り立ち」や「使われている前置詞の意味」、「ヒント」などを解説してあるところです。
それぞれの熟語がなぜこのような意味になるのかわかりづらい場合があります。
それを教えていただけるため、理解したうえで覚えることができます。

後ろの上級向けは別として、ほとんど全ての熟語を穴埋め問題の形式で取り組むことができます。このため、覚える効率も良いと思います。

巻末に前置詞や意味などによって整理されたデータベースもあります。
以上のように、覚えやすいよう、使いやすいように色々配慮がなされています。

良い評価(評判)、口コミ2

カード式が覚えやすい

ブックタイプではなくカードタイプを購入。
わざわざ自分でカードを作成しなくていいのがとても便利。
解説もGOOD!

良い評価(評判)、口コミ3

脱 丸暗記!!

前置詞や動詞の基本的な意味やニュアンスと関連づけて、覚えられます。
理解して覚えられるので忘れにくいと思います。

無機質な熟語の羅列を念仏の様に覚えねばならないと思っていた自分にとっては本当に素晴らしい内容でした。

特に、納得しながら覚えたい・無機質な熟語暗記はもうイヤだっ!て方にオススメです。

良い評価(評判)、口コミ4

理想的かつ最良の熟語集

熟語集には2種類のものがある。
1つめは羅列型(『ターゲット1000』など)。
もう一つは説明型(『システム英熟語』など)である。
その中でも、本書は説明型に属する熟語集である。それもコテコテの。

本書の特徴としては、
1.「問題集タイプになっていること」
2.「基本動詞や前置詞の説明が詳しいこと」
3.「熟語を型別に配列していること」
などが挙げられる。

メリットとしては、それぞれ、
1.「理解度の確認ができ、かつ問題を解くことで記憶に残りやすくなる」
2.「意味を理解し、納得した上で記憶することができる」
3.「似ている熟語を一気に覚えることができる、また、型を基に未知の熟語の類推ができるようになる」ことが挙げられる。

1.は他の熟語集でも工夫次第で補えるメリットだが、
2.と3.はこの熟語集ならではではないかと思う。
3.は『システム英熟語』も強いが、如何せん2.の説明が弱い。
2.と3.はセットで力を発揮する(私の経験上)ので、「熟語を理解し芋づる式に覚え、かつ、未知の熟語の類推も可能にする」という点では、この熟語集に勝るものはないといえる。

そして、そのようなこと熟語集に求めている方も多いのでは?

良い評価(評判)、口コミ5

熟語では数少ない暗記に頼らない1冊

1点だけ残念なのが、全て論理的に理解できるように熟語の成り立ちを書いてくれているわけではない点。

そこを差し引いても難関大までに達する熟語INPUT材料で、暗記に頼らないコンセプトは高評価に値する。

上記の点を除けば、本書ほど熟語帳で充実したものはない!

 

英語学習者
評価や口コミを見ている限り、『問題集タイプになっていて暗記に頼らないのが良い』、『カードタイプも使いやすい!』という口コミが多いですね!

 

筆者
そうですね!
『解体英熟語』は全体的に見てもCDがない点を除けばかなり高評価な英熟語帳です!

 

 

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ1

合う人には最高の問題集なのでは?

ターゲットを一通り終えたので購入。
量と難易度は良いのですが、ターゲットのようなシンプルな作りに慣れたからか、解体は悪い意味で至れり尽くせりのように思えました。

穴埋めの参考書タイプになっており、裏に答えが載っていますが、紙が薄いので答えが透ける上に、いちいちペラペラとページを捲らなければいけないのが億劫です。

最後の上級編のように、全て見開きで赤シート対応にした方が効率が良いのでは?

悪い評価(評判)、口コミ2

よく言えば網羅性があると言った所でしょうか…

確かに熟語の難易度が高いものがあるので助かるのですが、普通に考えれば分かるようなものも含まれててちょっと違和感を覚えますかね…よく言えば網羅性があると言った所でしょうか。

その他は赤シートが付随している割にはそれを使うところがあんまりないという所、熟語を覚えるための解説がちょっと無理がある所もある気もします…

 

英語学習者
『ターゲットのような熟語帳と比較するとごちゃごちゃしている』と『最高難易度と思っていたが、知っている熟語も掲載されているという口コミが多いですね!

 

筆者
そうですね!
『解体英熟語』は1つの熟語に対する説明量が豊富です。
ターゲットのようなシンプルな英熟語を好む人はごちゃごちゃしていると感じるかもしれませんね!

 

英熟語ターゲット1000

 

口コミの中に出てきた『英熟語ターゲット1000』も解説記事を用意しているので、興味がある方は読んでみてください↓

関連記事

英熟語ターゲット1000とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う有名は熟語帳『英熟語ターゲット1000』です! 入試で頻出の英熟語をシンプルな形で覚えられる熟語集です。掲載されている熟[…]

英熟語ターゲット1000の評価(評判)と覚え方

 

評価(評判)・口コミまとめ

結論、全体的な口コミレビューは内容については良かったです。

 

やはり、『問題集タイプになっていて暗記に頼らないのが良い』『1つの英熟語に対して説明が豊富』『カード式タイプも良い』という高い評価や口コミが多かったですね!

 

一方で、「ターゲットのような熟語帳と比較するとごちゃごちゃしている」とか「思ったより簡単だった」という内容にはイマイチな評価や口コミも一定数ありました。

 

ただ、総括すると内容的な評価はとても高い英熟語帳となっていました。

 

筆者
『解体英熟語』は「解説もかなり豊富」なので、英熟語を完璧にしたい!という方にはかなりおすすめな英熟語帳です!

 

内容については、評価が高く、購入しても絶対損はしない英熟語帳となっていること間違いなしです。

 

筆者
皆さんも1度挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

解体英熟語の効果的な使い方と覚え方(勉強法)その1

本章では、『解体英熟語』の効果的な使い方と覚え方(勉強法)について紹介します!
まずは、一般的な覚え方を紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 覚え方1:短期で1周して、そのあと何回も繰り返して復習する
  • 覚え方2:覚えた単語と覚えてない単語に選別して何周も回す
  • 覚え方3:イメージして覚える
  • 覚え方4:覚えにくい日本語は言い換える
  • 覚え方5:別売りの単語カードを活用し、スキマ時間も熟語を覚える

 

筆者
解説します!

 

覚え方1:短期で1周して、そのあと何回も繰り返して復習する

英熟語帳は長いスパンで記憶しようとする人が大半だと思います。
しかし、英熟語帳は早ければ1週間程度で暗記することができるのです。

 

そのために、まずは2-3日だけは、その英熟語帳だけに集中して勉強してみてください。
短期間、英熟語だけに集中することによって、英熟語を「なんとなく見たことある状態」にすることができます。

 

そして、「なんとなく見たことある状態」になった英熟語帳を何回も何回も復習してください。

 

なぜ、上記のように勉強したらよいのか。
わかりやすく説明するために、人間の記憶メカニズムを紹介します。

 

人間の記憶には、短い間だけ覚えていられる「短期記憶」と、長い間保持しておく必要のある「長期記憶」の2種類があります。
「長期記憶」に入った記憶は、基本的には忘れにくくなっています。

 

では、どうしたら、英熟語を長期記憶に入れることができるのか?
それは、何回も何回も、しつこいくらいにその英熟語の意味を確認することです。

 

何回も見ることで、脳が「これは大事な情報だ」と認識し、短期記憶のフォルダから長期記憶のフォルダに、英熟語を移してくれます。

 

ですので、とりあえず英熟語帳を短期間で1周して「なんとなく見たことある状態」にしたあとに、何回も何回もその英熟語帳を復習すれば、英熟語が長期記憶に移っていきます。

 

筆者
この作業を1週間程度でやりきることができれば、英熟語帳は短期で覚えることが可能なのです。

 

覚え方2:覚えた熟語と覚えてない単語に選別して何周も回す

上記の方法で英熟語を覚えられたなと思ったら、自分の覚えたれた英熟語とそうでない英熟語を選別しましょう。

 

○×でも、間違えた英熟語に正の字をつけるのでも構いません。
とりあえず、自分がおぼえていない・自分にとっておぼえにくい英熟語をあぶり出しましょう。

 

そのうえで、覚えていない英熟語を重点的に復習しましょう。

 

筆者
そうすることで、覚えていない英熟語がだんだんとなくなっていき、気が付いたらその英熟語帳が丸々自分の頭の中に入っていることでしょう。

 

覚え方3:イメージして覚える

どうしても覚えられない英熟語は、キーワードを「イメージ付け」で覚えてください。

 

この「イメージ付け」というのを具体的に説明すると、「英熟語を見たときに、その情景・ものなどが思い浮かぶこと」だと思っておいてください。

 

たとえば、みなさん「apple(アップル)」という単語を見たり聞いたりしたら、どんなものを思い浮かべますか?赤色のフルーツがちゃんと浮かんできますよね。(笑)

 

どんな難易度の英熟語でも、「イメージ付け」ができていれば、早く覚えることができます。
逆に言うと、「イメージ付け」をしないで無理やりおぼえようとしても、すぐに忘れてしまいます。

 

筆者
ですので、英熟語を覚えるときには、この「イメージ付け」というのを欠かさずに行ってください。

 

覚え方4:覚えにくい日本語は言い換える

英熟語を覚えていると、「こんな日本語ふだん使わないよ」という日本語訳が書いていたりしますよね。

 

たとえば、「improve:向上させる」であれば、「『向上する』じゃなくて、『向上させる』なの?」となると思います。

 

そこで、「向上させる」という日本語を言い換えてみましょう。
「向上させる」というのは、要するに何かを「向上『させる』」のですから、要するに「改善する・改良する」と同義ですよね。

 

筆者
このように、覚えにくい日本語訳は、それの言い換えを考えてみましょう。
英熟語を覚えるときに、日本語で苦戦しているのはもったいないですよ。

 

覚え方5:別売りの単語カードを活用し、スキマ時間も熟語付けにする


『解体英熟語』には別売りのカード版もあります!

 

英熟語は『毎日継続すること』、『常に熟語に接っしていること』が重要です。

 

上記を満たすには、スキマ時間を有効に活用しましょう!
スキマ時間を活用するには、カード式はおすすめです!

 

筆者
毎日、熟語漬けの日々を送っていれないつの間にか熟語を覚えていたなんてこともあると思います!

 

『英熟語の覚え方』については、以下の記事も併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ

 

解体英熟語の効果的な使い方と覚え方(勉強法)その2


続いて、王道ではありませんが、『解体英熟語』なら覚えやすいと思われる覚え方も紹介しておきます!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 覚え方1:前置詞のイメージから覚える
  • 覚え方2:同じ意味の熟語・反対の意味の熟語もセットで覚える
  • 覚え方3:別冊の例文集は持ち運びの復習用に使う

 

覚え方1:前置詞のイメージから覚える

まずはいきなり熟語の意味を覚えるのではなく、熟語を構成する要素の一つである前置詞のイメージをしっかりと押さえましょう。

 

こうすることで、熟語がスムーズに覚えやすくなります。
この前置詞のイメージ関しては巻末のページで整理されているので、そこに目を通してから熟語を覚えていきます。

 

覚え方2:同じ意味の熟語・反対の意味の熟語もセットで覚える

英単語を覚える際に類義語や対義語を覚えるように、熟語でも同じ意味の熟語と反対の意味の熟語をしっかりおさえましょう。

熟語を絡めた入試問題では、同じ意味の熟語や反対の意味の熟語を問う問題が出やすいです。

 

覚え方3:別冊の例文集は持ち運びの復習用に使う

『解体英熟語』を一通り覚えた方は、別冊の例文集を使いましょう。

 

例文を見ながら覚えることで熟語の使い方に関するイメージが沸きやすくなりますし、分厚い本書を持ち運ぶ必要がなくなります。

 

英語学習者
意外に荷物が重いと体力が削られて勉強はかどらないんですよね(笑)

 

解体英熟語のカード版の活用方法


カード版の活用方法を紹介しておきましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 手順1:熟語を見た瞬間に意味が浮かぶものとそうでないものに分類
  • 手順2:瞬間的に意味が出てこないものを徹底的に瞬間的に意味が出てくるまで覚える
  • 手順3:『手順1.2』を繰り返す

 

手順1:熟語を見た瞬間に意味が浮かぶものとそうでないものに分類

まずは自分が覚える必要のあるレベル(センターレベルなど)の熟語カードすべてに目を通して、熟語を見た瞬間に意味が浮かぶものとそうでないものに分類します。

 

手順2:瞬間的に意味が出てこないものを徹底的に瞬間的に意味が出てくるまで覚える

先ほど分類したもののうち瞬間的に意味が出てこないものを何度も何度も繰り返して、瞬間的に意味が出てくるまで覚えます。

 

2、3回で覚えられるものもあれば10回ほどでようやく覚えられるものもあると思いますが、めげずに瞬間的に意味が出てくるレベルになるまで繰り返し暗記します。

 

ここでのコツとしてはとにかく、毎日熟語を覚えることで数をこなすことと、熟語を発音しながら覚えるということです!

 

筆者
熟語漬けの日々を送ってください!

 

手順3:『手順1.2』を繰り返す

『手順1.2』を繰り返し、瞬間的に意味が出てこない熟語がなくなるまで繰り返します。

 

筆者
そうすれば、いつの間にか覚えているはずです!

 

解体英熟語が終わったら?(次は?)


最後に、『解体英熟語』が終わったら次に何をするべきか紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の3パターンが考えられます↓

  • 英文解釈の勉強を始める
  • 英語長文問題にチャレンジ
  • 過去問を解いてみる

 

筆者
解説します!

 

 

英文解釈の勉強を始める

『解体英熟語』のみで充分な英熟語力です!
難関大学にも受かることも難しくないはずです!

 

なので、英熟語を覚えたあなたは、英文解釈の勉強を始めましょう!

 

もし、並行して「英文解釈」の勉強していたあなたはそのまま継続で問題ありませんが、これから英語長文問題にチャレンジするという方で、まだ「英文解釈」の勉強をしていない方がいれば、まずは「英文解釈」の勉強をすることをおすすめします!

 

筆者
英文解釈を勉強しない方と勉強した方では、その後の偏差値の伸びに差が出ます!

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、英文解釈の勉強法や参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

英語長文問題にチャレンジ

「英文解釈を勉強する時間がない」、「英文解釈は並行して勉強していた」という方は、英語長文問題に取り組みましょう!

 

大学受験英語に合格するためには、英熟語を覚えただけでは絶対受かりません!
英語長文問題が解けて始めて、志望校に合格できます。

 

『解体英熟語』を覚えれば、英熟語は完璧だと思うので、英語長文問題にチャレンジしてみてください!

 

「英語長文問題の解き方や勉強法」「英語長文問題の参考書や問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

 

 

過去問を解いてみる

『解体英熟語』が終わったら、過去問を解いてみても良いかもしれません!

 

『過去問の使い方』については、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学からのメッセージです。[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

最後に

いかがでしたか?

 

『英熟語』は大学受験英語の中で最も差がつくところであり、多くの受験生が勉強まで手が回らないところと言っていいでしょう!

 

『英熟語』は覚えたら覚えただけ大学受験英語で有利なのは間違いありません。
そして、『解体英熟語』は大学受験英語の熟語帳として間違いないと思います。

 

『解体英熟語』を覚えて、素敵なキャンパスライフを送ってください!
皆さんが合格することを祈っています!
ではまた!

 

解体英熟語の評価(評判)と使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG