上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

ALL IN ONEの評判(評判)・口コミと使い方【レベル・勉強法・特徴】

ALL IN ONEとは

今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもかなり個性が強い名書『ALL IN ONE』です!

 

『ALL IN ONE』は、その名に恥じない、まさしくAll in Oneな英単語帳、参考書です。
419個の例文を学習していくことで、『単語、熟語、英文読解、英文法、英文解釈、英作文、リスニング』など、すべての英語力を1冊で勉強できちゃいます。

 

ちなみに、私は『英単語帳』と言っても、以下の5つのタイプがあると思っており、自分に合ったタイプを選ぶことをおすすめしています↓

  • 単語列挙型(ターゲット、単語王など)
  • フレーズ暗記型(システム英単語など)
  • 例文暗記型(DUOなど)
  • 長文読解型(速読英単語など)
  • 語源型(システム英単語 Premiumなど)

 

簡単に5つのタイプについて説明しておきます↓

英単語帳のタイプメリットデメリット
単語列挙型単語だけを暗記していくのに最適!
シンプル
目立った特徴がなく、1冊目には少し不向きな単語帳が多い
フレーズ型試験に出やすい形で複数の単語をフレーズとして記憶していくので、一気に得点が上がる情報量が多い
例文暗記型例文を1個覚えるだけで複数の単語を同時に覚えることができる情報量が多く、覚えるのが少し大変
長文読解型大学受験で最も大切な長文読解力を養いつつ、単語も覚えることができる1冊目として使うと単語が覚えにくい
語源型すでに単語力がある人にとっては、知識を整理することができるある程度単語を覚えていない人には不向き

 

ちなみに、5つのタイプについて、は詳しくは以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

ALL IN ONEは例文暗記型

 

では、『ALL IN ONE』はどのタイプか。

 

答えは、もうお分かりだと思いますが『例文暗記型』です!
『例文暗記型』の英単語帳は他にはZ会文庫から出版されている『英単語WIZ』や何といっても『DUO3.0』などが有名ですね!

 

ちなみに、『DUO3.0』は、早慶レベルに適した英単語帳ですが、『All in One』の方がレベルが上です!

 

英語学習者
それって、けっこうレベルが高いんじゃ・・・

 

『英単語WIZ』や『DUO3.0』についても解説記事を用意しています↓

関連記事

英単語WIZとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも隠れた名書『英単語WIZ』です! 英単語WIZはZ会文庫から出版されている英単語帳で、近年の入試問題のデータベースを徹底分析して、入試突破に必須の約1[…]

英単語WIZの評価(評判)と覚え方
関連記事

DUO3.0とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『DUO3.0』です! 『DUO3.0』とは日本で最も売れている圧縮例文型英単語熟語集です。 『DUO3[…]

DUO3.0の評価(評判)・口コミと使い方

 

『ALL IN ONE』は、うまく使いこなせれば最高レベルで効率のよい学習を進めていくことができる反面、消化するのはDUOの比ではないくらい大変なので、誰にでもオススメできる参考書ではありません。

 

例文の1個1個がDUOより長いことに加え、1ページあたりの情報量が非常に多いため、この本を消化するのは『DUO3.0』の比ではないくらい大変です。

 

英語学習者
『DUO3.0』でも相当大変なのに・・・

 

筆者
詳しいレベル感や難易度については後程紹介しますね♪

 

ここで、この記事を読んでくださっている皆様に1つ質問です。

 

筆者
皆さんは、英語長文問題は得意でしょうか?
「英文法」や「長文読解」の問題演習はしているものの、「なぜか長文問題では得点できない」、「模試でも偏差値50前後でくすぶっている」なんて方もいるのではないでしょうか?

 

理由は何だと思いますか?

 

その理由は英単語を覚えていないからです。
極論ですが、英語長文問題は英単語を覚えていればいるだけ得点できます!

 

筆者
私も受験時代、「英文法や長文問題の勉強をしているのになぜか全然偏差値が上がらないし、長文が読めない」と悩んでいる時期がありました。

 

上記のような問題は『英単語を覚えれば全て解決できます!』
『ALL IN ONE』はそんな悩みを解決してくれる英単語帳になっているのです。

 

この記事では、そんな『ALL IN ONE』について以下の内容で徹底解説していきます!

 

この記事はこんな内容です!
  • 『ALL IN ONE』のボリューム・構成
  • 『ALL IN ONE』の特徴・メリット
  • 『ALL IN ONE』のレベル・難易度
  • 『ALL IN ONE』がおすすめできる人・できない人
  • 『ALL IN ONE』の評価(評判)、口コミレビュー
  • 『ALL IN ONE』の効果的な使い方(覚え方)
  • 『ALL IN ONE』が終わったら次にするべきこと

 

英語学習者
英語長文問題は、まず英単語を覚えないと意味がないということですか?

 

筆者
そうですね!
個人的には、同時進行せずに「英単語」を覚えてから英語長文問題の勉強した方が良いと思います!
詳しいことは以下の記事で紹介していますよ↓

 

大学受験英語の勉強法の完全版になります↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、『英単語』に関して、この記事の後に併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

ALL IN ONEのボリューム・構成(内容)

 

『ALL IN ONE』のボリューム・構成は以下の通りです↓

  • 重要英単語2600
  • 重要熟語・構文1100
  • 大学入試で出題される英文法419例文

 

『ALL IN ONEは英単語と英熟語や構文も併せると3700語になります!
『DUO3.0』は英単語と熟語を合わせて2600語なので、いかにボリュームがあるかがわかりますよね!

 

ちなみに大学受験英語のおける『英単語数の目安』については以下の記事で解説しています↓

関連記事

大学受験英語での単語数の重要性英単語を制するものは大学受験英語を制す! 筆者これは、皆さんもご存じではないでしょうか? 日本語でも漢字が読めないと、日本語が読めないのと一緒[…]

大学受験英語に必要な単語数

 

ALL IN ONEの特徴・メリット

続いて、『ALL IN ONE』の特徴・メリットについて紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  1. 例文の長さがちょうどいい
  2. 「語順での直訳」と「意訳」があるので理解が深まる
  3. わからない英単語の和訳に不足がない
  4. 文法の説明は短いのにわかりやすい
  5. リスニング音声がナチュラルで速くて良い
  6. タスク管理シートがあるから毎日の習慣化につながる

 

筆者
解説します!

 

1.例文の長さがちょうどいい

『ALL IN ONE』の例文はすべてがちょうどいい長さになっています。
その理由について、本書では以下のように説明しています↓

 

集中力を高めるために例文の長さを短くしています。
但し、短すぎると読解の訓練ができないので、考えて読まなければならない20〜30語にしてあります。

 

実際にやってみると実感するんですが、長すぎず短すぎず、負荷がちょうど良い。
長文を毎日やるとけっこうしんどいので挫折しやすいんですが、『ALL IN ONE』は適度な負荷がかかるのでギリギリ毎日続けられる分量にキープされています。

 

2.「語順での直訳」と「意訳」があるので理解が深まる

『ALL IN ONE』には例文の語順で直訳と意訳の2つがあります。

 

訳し方はあまり注目されないポイントですが、私は『ALL IN ONE』を選ぶ最大の理由の1つに挙げてもいいと思っているくらいです。

 

ほとんどの英語教材は意訳、つまり英文に対して”いい感じ”の日本語訳をあてることがほとんどです。
意訳にも良い面はありますが「この単語は本来なんて意味なんだろう?」とか「意訳されすぎてて、熟語の意味がよくわからない」という事態が起こりやすいんですよね。

 

その点、『ALL IN ONE』はどちらもカバーしているので非常にわかりやすいです。
具体例をご紹介しましょう。
たとえば、『ALL IN ONE』には以下の例文が掲載されています↓

I’ve had a dull pain in my chest on and off for a couple of days.” “Really? That’s too bad. Have you seen a proper doctor?”

そして、以下のような直訳と意訳が書かれています。

【語順の直訳】

「私はずっともっている・鈍い痛みを / 私の胸部に / 断続的に / 数日間」「本当に?それはいけないですね。すでに診てもらったのですか・きちんとした医者に」

【意訳】

「ここ数日、断続的に胸に鈍い痛みがあるんだ」「本当?それはいけないわね。ちゃんとした医者に診てもらったの?」

 

上記の場合だと、文頭の I’ve had〜 の訳し方がポイントですね。
「私はずっともっている」という直訳があることで、I’ve had〜 が持つニュアンスを理解しやすくなります。

 

3.わからない英単語の和訳に不足がない

『ALL IN ONE』には英単語も載っており、例文のなかで使われている単語の訳が書かれています。

 

ここまではどんな教材でも同じなんですが、私は「わからない単語の和訳に不足がない」という点に感動しました。

どういうことかというと、

【この単語わからないな → 意味をチェックしてみよう → なんだ、意味載ってないじゃん → 辞書を引く】

という面倒がまったく起こらないということです。

 

筆者
英語を勉強してきた人なら経験があると思うんですが、わからない英単語が出てきたときに、その教材のなかに意味が載ってないことってけっこうありませんか?

 

和訳がないと、その本をいったん閉じて辞書を引かなくてはいけません。
これってけっこうストレスなんです。

 

英語学習者
確かに・・・

 

しかし、『ALL IN ONE』はその必要がないのです。
私は1ヶ月にわたって『ALL IN ONE』をやってきましたが、わからないなと思った単語には百発百中で和訳がついてます。

 

もちろん、英語レベルによっては単語説明に不足を感じることがあるかもしれませんが、少なくとも私は非常に満足しています。

 

4.文法の説明は短いのにわかりやすい

『ALL IN ONE』は文法の説明も書かれているので、文法書を買う必要がありません。

 

そして、その文法の説明がめちゃくちゃわかりやすいんです。
私はかれこれ30冊以上、英語の教材を読み込んできましたが、ここまで納得感のある英文法の説明が書かれているのは始めてです。

 

わかりやすくいえば「なんでここってこうなるの?」という疑問にピンポイントで答えてくれます。

 

たとえば、英語学習でつまずきやすい文法に過去完了形(had + 過去分詞)があります。けっこうややこしいですよね。

これも実際の例文を紹介しつつ、解説もあわせて見てみましょう↓

The presidential candidate got off the bus and shook hands in turn with each of his loyal supporters, who had cheerfully greeted him.

大統領候補者はバスを降りて、にこやかに出迎えてくれた熱心な支持者達一人一人と順番に握手を交わしていった。

 

さて、この例文を見て had 〜 greeted がどんな意図をもって使われているのかパッと理解するのはむずかしいですよね。

 

でも、以下の解説を見ればスパッと理解できます。

例文の「彼を出迎えていた」は「大統領候補がバスを降りて支持者と握手をした」という過去の時点までにすでに完了していた行為なので「過去完了形」が使われています。(中略)

「彼を出迎えていた」のがすでに完了していた行為であることを明確にするために過去完了形が使われているわけです。

 

どうでしょうか。私はこの解説を読んで、これまで漠然と理解していた過去完了形が、ハッキリと理解できたことを実感しました。

 

英語の文法書って「ここでは過去完了形が使われます」と説明するばかりで、「なぜ過去完了形が使われるのか?」についての説明が書かれていないことが多いんですよね。

 

そういった本と比べても、『ALL IN ONE』の文法解説のわかりやすさは圧倒的です。
非常に少ない紙幅、少ない文章のなかで完結に説明しているところに、もはや感動すら覚えます。

 

5.リスニング音声がナチュラルで速くて良い

『ALL IN ONE』にはリスニングCDがついておりまして、すべての例文が掲載されています。

 

このCDが良いのが、非常にナチュラルなスピードだということです。
英語の教材にありがちな「遅すぎる。ネイティブはこんなに遅く喋らないよ」という不満が一切ありません。

 

見方を変えれば速くて追いつくのが大変とも言えるのですが、音声スピードの速さはスマホアプリを使えば簡単に調節できるので問題なしです。

 

ただ、『ALL IN ONE』のリスニングCDでひとつ残念なのは、英文に対する和訳が吹き込まれてないことです。つまり、英文しかCDには収録されていません。

 

ですから、音声CDだけで英文の理解を深めるのはむずかしいでしょう。

 

筆者

本を読み込んで例文をしっかり理解したうえで、音声CDを聞き流すという使い方がおすすめです!

 

6.タスク管理シートがあるから毎日の習慣化につながる

もう一つ、『ALL IN ONE』の素晴らしいところが「学習進度表」がついていることです。
いわゆるタスク管理シートみたいなものでして、学習計画を立てるのにめちゃくちゃ便利。

 

『ALL IN ONE』にはCDが2枚ついているんですが、そのなかに「1日7例文の学習進度表」が収録されていて、それを使っています。

 

これをプリントアウトしてノートに貼り、毎日チェックをつけると完璧です!
このシートは、1日7例文を1つのセットにして、それを毎日続けるという目標でスケジュールが立てられています。

 

1日目から始まり、110日目まで。
つまり、4ヶ月ほどかけて1冊を完全に習得するという、かなり本気のスケジュールが組まれています。

 

『ALL IN ONE』は反復学習を推奨しており、1度読んだ範囲を何度も繰り返し学習する方法をくわしく紹介しています。ようするに、復習ですね。

 

英語学習をするときにありがちな「どの範囲をどれくらいの時間でやればいいんだろう?」という悩みは、このシートであっさり解決しちゃうわけです。

 

筆者
忙しい人向けに1日5例文のパターンもCDに収録されているので、ありがたいですね。

 

ALL IN ONEのレベル・難易度

『ALL IN ONE』には、通常の『ALL IN ONE』の他に、1つ下のレベルの『ALL IN ONE Basic』があります。

 

  • ALL IN ONE Basic
  • ALL IN ONE

 

本章では、上記2冊についてレベル・難易度を紹介しましょう!

 

ALL IN ONE Basic

結論から言うと、以下の通りです!

  • 前提となるレベル:中学レベルの英語力(高校受験の偏差値45)
  • 対象となる人:旧センター試験レベルで8割、MARCHや関関同立レベルを目指す人
  • マスター後の到達レベル:上記大学の英単語及び英熟語が怖いものなしになる(偏差値60前後)、英検でいうと二級、TOEICでいうと500~600点レベルに到達できる

 

前提となるレベル:中学レベルの英語力

『ALL IN ONE Basic』を使うための前提レベルとして中学レベルの英語力を覚えている必要があります。

 

これらの基本単語を覚えていなければ、『ALL IN ONE Basic』に載っている単語を覚えようとしても英語が読めないでしょう!

 

英文法なども自信がない方は、以下の2冊のどちらかで英文法の基礎をたたきこんでからも遅くはないと思います↓

  • 総合英語Forest(フォレスト)7th Edition
  • 総合英語Evergreen

 

『総合英語Forest(フォレスト)7th Edition』と『総合英語Evergreen』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

総合英語Evergreenとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Evergreen」です! 「総合英語Evergreen」とは高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説[…]

総合英語Evergreenの評価(評判)と使い方

 

なぜ、読むことができないか。
それは、基礎英文法が頻繁に使われるからです。

 

筆者
もし中学レベルの『英文法』を勉強していない人は、まずは上記の参考書を使い英文法の基礎を勉強しておきましょう!

 

対象となる人:旧センター試験レベルで8割、MARCHや関関同立レベルを目指す人

『ALL IN ONE Basic』を使うべき人は旧センター試験レベルで8割、MARCHや関関同立レベルを目指す人です。

 

マスター後の到達レベル

次に『ALL IN ONE Basic』をマスターした後の到達レベルですが、上記大学の英単語及び英熟語が怖いものなしになる、英検でいうと2級、TOEICでいうと500~600点レベルに到達できます。

 

偏差値60前後

偏差値で言えば、60前後を目指すことができます!

 

筆者
このレベルまで覚えると、ほぼ英文を左から右に読み進めていけるなーという感じになっているのではないでしょうか!

 

ALL IN ONE

続いて、『ALL IN ONE』のレベル・難易度について紹介しましょう!

結論から言うと、以下の通りです!

  • 前提となるレベル:大学受験基本英単語を覚えた人(速読英単語必修編、システム英単語、ターゲット1900、キクタン4000など)
  • 対象となる人:東大や早慶といった最難関大学受験者。英検準一級やTOEIC、TOEFLで高得点を目指す人(偏差値60以上)
  • マスター後の到達レベル:上記の最難関大学の英単語及び英熟語が怖いものなしになる。英検でいうと準一級、TOEICでいうと600~780点レベルに到達できる

 

前提となるレベル

『ALL IN ONE』を使うための前提レベルとして大学受験基本英単語を覚えている必要があります。

 

この基本英単語とは、以下の英単語帳に収録されているレベルの英単語です↓

  • 速読英単語必修編
  • システム英単語
  • ターゲット1900
  • キクタン4000

『ALL IN ONE Basic』でも紹介しましたが、基礎英文法に加えて、『ALL IN ONE』を進めていくなら、これらの基本単語を覚えていなければ、『ALL IN ONE』に載っている単語を覚えようとしても英語が読めないでしょう!

 

興味がある方は、上記の英単語帳全て解説記事を用意しています↓

関連記事

速読英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『速読英単語』シリーズです! 長文読解力型の参考書の鉄板といえば、やはりZ会の『速読英単語シリーズ』です。『速読英単語シリーズ』[…]

速読英単語[入門・必修・上級編]の評価(評判)・使い方
関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

英単語ターゲット1900とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最も有名な1冊で2020年1月に約8年ぶりに改訂され『大学入学共通テスト』にも対応した『英単語ターゲット1900』です! 『英単語ターゲッ[…]

英単語ターゲット1900の評価(評判)と使い方
関連記事

キクタンとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも有名な「キクタン」です! キクタンとはアルクから出版されており、「英単語を聞いて覚える」という手軽さから人気を集め、シリーズ累計450万部を突破しました。[…]

キクタンの評価(評判)・口コミと使い方

 

筆者
もしこれらの単語帳をまだ覚えていないという人は先に『ALL IN ONE Basic』に取り組んでも良いかもしれません!

 

対象となる人:東大や早慶といった最難関大学受験者。英検準一級やTOEICで高得点を目指す人

『ALL IN ONE』を使うべき人は大学受験生で言えば、主に東大や早慶といった最難関大学受験者向けであり、中堅国公立やGMARCHや関関同立などの大学受験者には必要ありません。

 

それらの大学の入試では『ALL IN ONE』に収録されている単語を覚えていなくても十分合格が可能だからです。

 

筆者
ですが、「受験までに時間の余裕がある」という人や「大学入学後のTOEICのことも見越して使いたい」という人はぜひ使っていいと思います♪

 

偏差値60以上の人

偏差値で言えば、60以上の方はこの英単語帳が最適だと思います。

 

もし、MARCHや関関同立レベルを志望の方で合格まで最短距離でいきたい!という方は、1つ前のレベルの『ALL IN ONE Basic』、同じような『例文暗記型』の『英単語WIZ』がおすすめですよ↓

 

『英単語WIZ』はマイナーな英単語帳なので、知らない人も多いですが、Z会文庫から出版されており、隠れた名書です↓

関連記事

英単語WIZとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも隠れた名書『英単語WIZ』です! 英単語WIZはZ会文庫から出版されている英単語帳で、近年の入試問題のデータベースを徹底分析して、入試突破に必須の約1[…]

英単語WIZの評価(評判)と覚え方

 

マスター後の到達レベル

次に『ALL IN ONE』をマスターした後の到達レベルですが、先ほど言った東大や早慶といった最難関大学英単語および熟語を覚えることができ、受験本番でこれらにおくすることはなくなります。

 

筆者
このレベルまで覚えると、英文を左から右にスラスラ読み進めていけると思います!

 

ALL IN ONEをおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・おすすめできない人
では、上記の内容を踏まえ、『ALL IN ONE』がおすすめできる人とおすすめできない人を紹介しておきます!

 

筆者
あなたがどっちに当てはまっているか確認してみてください。

 

おすすめできる人

まずは、『ALL IN ONE』がおすすめできる人について紹介していきます。

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • DUOよりも若干難しい例文型単語帳を探している人
  • 例文暗記と文法の復習を同時にやりたい欲張りな人
  • 単語も文法も現役のときに勉強してきた、時間をたっぷり取れる浪人生
  • 英語に自信がある現役生

 

DUOよりも若干難しい例文型単語帳を探している人

うまく使いこなせれば最高レベルで効率のよい学習を進めていくことができる反面、消化するのはDUOの比ではないくらい大変なので、誰にでもオススメできる参考書ではありません。

 

例文の1個1個がDUOより長いことに加え、1ページあたりの情報量が非常に多いため、この本を消化するのはDUOの比ではないくらい大変です。

 

ただ、『DUO3.0』レベルも覚えてしまって、本当に難しい英単語帳を探しているという方にはおすすめです!

 

筆者
『ALL IN ONE』を覚えたら、他の受験生に大学受験英語では負けなくなると思います!

 

例文暗記と文法の復習を同時にやりたい欲張りな人

『ALL IN ONE』は、419個の例文を学習していくことで、単語、熟語、英文読解、英文法、英文解釈、英作文、リスニングなど、すべての英語力を1冊で勉強できちゃいます。

 

なので、例文暗記と文法の復習を同時にやりたい欲張りな人には『ALL IN ONE』1択で良いと思います。

 

単語も文法も現役のときに勉を強してきた、時間をたっぷり取れる浪人生

なので、単語も文法も現役のときに勉強してきた、時間をたっぷり取れる浪人生にはおすすめですね!

 

時間がたっぷり取れない方は他の『英単語帳』、『英文法の参考書・問題集』探した方が良いでしょう!

以下の記事を参考にすると良いと思います↓

関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ
関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

英語に自信がある現役生

英語に自信がある現役生も取り組むと他の受験生に負けなくなると思います!

 

具体的には以下の条件を満たしているのであれば、チャレンジしてみることをおすすめします↓

  • すでに偏差値60オーバー、もしくは旧センター試験レベルなら8割以上は取れる
  • 受験本番までそれなりに時間が残っている

 

筆者
上記の人なら、すでに文法や単語の基礎は固まっているはずなので、復習感覚で効率よく『ALL IN ONE』を活用していけるはずです。

 

おすすめできない人

続いて、おすすめできない人についてです!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • GMARCHや関関同立レベルまでの大学を志望している人
  • 受験までに時間がない人

 

GMARCHや関関同立レベルまでの大学を志望している人

GMARCHや関関同立レベルまでの大学を志望している人にはおすすめしていません!

 

GMARCHや関関同立レベルまでの大学を志望している人に『ALL IN ONE』の英単語レベルは必要ありません。
覚えている時間が無駄になってしまいます。

 

同じ例文暗記型の英単語帳でもう少し易しめの英単語帳

『ALL IN ONE』と同じようなタイプの例文暗記型の英単語帳を探しているのでれば、以下の2冊がおすすめです↓

  • 『英単語WIZ』⇒MARCHや関関同立レベル
  • 『DUO3.0』⇒早慶以上(東大、京大も含む)

上記の2冊ならば、『ALL IN ONE』程時間もかからないし、語彙暗記、リスニング、文法力、作文力など、すべての能力を伸ばせます!

 

 

『英単語WIZ』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英単語WIZとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも隠れた名書『英単語WIZ』です! 英単語WIZはZ会文庫から出版されている英単語帳で、近年の入試問題のデータベースを徹底分析して、入試突破に必須の約1[…]

英単語WIZの評価(評判)と覚え方

 

『DUO3.0』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

DUO3.0とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『DUO3.0』です! 『DUO3.0』とは日本で最も売れている圧縮例文型英単語熟語集です。 『DUO3[…]

DUO3.0の評価(評判)・口コミと使い方

 

受験までに時間がない人

『ALL IN ONE』は、得られる単語の質や量は良いですが、しっかり単語を拾って取り組むには時間がかかります。

 

なので、受験までに時間がない人にはおすすめではありません。

 

もし、受験まで時間がない方は、『キクタン』をおすすめします↓

  • キクタン[Entry]2000
  • キクタン[Basic]4000
  • キクタン[Advanced]6000
  • キクタン[Super]12000

『キクタン』はレベル別に分かれていて、ポップな音楽を聞きながら歌のように口ずさんで覚えることができるという英単語界の革命児です!

 

通勤通学中に音声CDを流しながら時間を効率的に使い、いつの間にか短期間で英単語を覚えていることでしょう!

 

筆者
しかもレベル別になっているので、自分に今必要なレベルの英単語を集中的に覚えることが可能です!

 

『キクタン』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

キクタンとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも有名な「キクタン」です! キクタンとはアルクから出版されており、「英単語を聞いて覚える」という手軽さから人気を集め、シリーズ累計450万部を突破しました。[…]

キクタンの評価(評判)・口コミと使い方

 

ALL IN ONEの評価(評判)・口コミ

それでは、いよいよ、皆さんが1番気になるであろう、『ALL IN ONE』の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、『ALL IN ONE』が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

この1冊をこなせば、英語はほぼ全て対応可能だと思います!

レビュータイトルに書いている通りです。
私はこの本を購入して8ヶ月がたちます。この本の勉強を500時間はやってると思います。
私は勉強の効率がいい方ですが、この本のはかなり難しく感じます。
もちろん、私が受験から10年以上英語の勉強に遠ざかっていたことも原因としてあげられますが・・・。

最近は英語のドラマも何となく聞き取れるようになってきました。(同時字幕があればの話ですが。)
かなり根気がいりますが、この本を一冊極めることが英語力の向上につながると思います。
覚悟が必要ですが、本気で英語を極めようと思う人はこの本を一冊極めればよいのではないでしょうか。
私はあと2ヶ月から4ヶ月ほど勉強すれば、この本をだいたいマスターできる計画になっています。

本当に覚悟が必要ですが、得られるものも大きいと思います。
英語力の乏しい人は、この本をマスターするのに1年かかることを覚悟したほうがいいかもしれません。

もちろん、一つのテキストのみを使用したほうが繰り返しの勉強効果が得られますので、何冊も使用して英語を勉強するより最終的に効率的で効果的だと思いますよ。

あと、この本を使うなら、アプリ版とインターネット版を使用しいつでも音を確認するのがおすすめです。
最高にして最難の参考書で一緒にレベルアップしましょう。

【追加分】
本日久しぶりに仕事に関する英語の文章を読んでみましたが、だいたいの文章を読めるようになってました。
仕事の専門用語はさすがにわかなかったですが、効果を実感してます。
というか、AIOの文章構造は難しいので、普通の英文を読んだら簡単に感じるかもしれません。

良い評価(評判)、口コミ2

ひと目見てこれだと!

最初の購入は10年以上前です。今は多くの点で改良が加えられ、再度購入しました。
最初に購入したのは、私が某国立大学を卒業して10年以上してから英語の基本をきちんと学ぶ必要性に迫られた時期です。
仕事を続けながらすき間時間を利用しての学習です。

文法、長文、リスニングを別々に問題集でコツコツ勉強するよりは、少々辛くても(?)実力がつく方が良いと考えていたところ、このテキストを見てこれこそが自分の求めるものだと直感的に思いました。

書かれていたとおり4ヶ月半でやり終えるため、通勤途中などにCDを聞いたり、覚えたフレーズを歩きながら頭の中で反芻したり(せっかく覚えたフレーズを忘れてしまうのを防ぐため)と、あとで考えるとかなりの時間と労力を割いたようにも思いますが、多種多様な内容の英文のおかげで飽きさせず楽しく学習できました。

いろいろ予定が入ってしまい挫折しないために、なるべく前倒しで(時間がとれる日は一日3個のところ10個以上)暗記するのが達成のコツだと思います。

おかげで大学のセンター試験で95%くらいは得点できるようになり、英語の基礎力についてかなり自信がつき、やってよかったとしみじみ思います。
人にも勧めて、知人がこのテキストを気に入って欲しいとのこと、今回購入したものはまず知人に贈りました。

良い評価(評判)、口コミ3

センター英語(筆記)が133→194

とても良い本です!
浪人時代この本を一年やり続けて多読するとセンター英語(筆記)が133→194と飛躍的に伸びました!

ただ発音・アクセント・英作文・リスニングは別で対策したほうがいいかもしれません。
そして唯一の弱点は本があまり丈夫ではないところですかね…

 

英語学習者
評価や口コミを見ている限り、かなり難しいけどそれだけ勉強する価値がある一冊って感じの口コミが多いですね!

 

筆者
そうですね!
『ALL IN ONE』は相当難易度が高いですが、達成したら、他の受験生が太刀打ちできない程、英語力が向上していると思います!

 

 

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ1

文法解説が載っているDUOのような本

DUOよりは単語や熟語の関連事項が少ない分、文法解説がついているので、文法に不安がある人にオススメです。

DUOと比べると、例文が長めですので、読むのに不安がある人はDUOやbasicにするといいと思います。

英文に/が付いているのですが、これがあることで無意識に文章を区切ってしまうので、読みづらくなってしまう印象です。
/は赤ファイルで隠せますし、慣れてくれば無視して読むことができるようになります。

悪い評価(評判)、口コミ2

もう少し解説が充実していれば5つ星ですね

語い、文法、構文などなど一度に学べる贅沢さ、網羅性の魅力を感じて購入しました。

実際にやってみるとボリュームの割りに(分厚い)、解説の薄さが気になりました。
独学に不慣れな初心者が簡単に扱えるものではありません。

取り上げられているポイントは良さそうなので、自分なりに辞書などを活用してアレンジすることが苦にならないのであれば効果はその人によって期待できると思います。

コンセプトは素晴らしいので、もう少し解説が充実していれば5つ星ですね。

 

英語学習者
悪い評価や口コミというより、難しいということですね(笑)

 

筆者
そうなんですよね!
『ALL IN ONE』は評価や口コミを見ると全体的に評価が本当に高いです!
ただ、使える人は限られるので、自分のレベルに応じ『Basic』なのか、はたまた『DUO3.0』にするのかは決めた方が良いと思います。

 

 

『DUO3.0』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

DUO3.0とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『DUO3.0』です! 『DUO3.0』とは日本で最も売れている圧縮例文型英単語熟語集です。 『DUO3[…]

DUO3.0の評価(評判)・口コミと使い方

 

ALL IN ONE口コミ・レビューまとめ

全体的な口コミレビューは良かったです。

 

やはり、勉強するのは大変ですが、達成した時の効果は評価や口コミを見ると保証されているみたいですね!

 

一方で、レベルが高いので、英語の基礎がないと厳しいなど、イマイチな評価や口コミも一定数見られるので、自分に合ったレベルの参考書を選ぶようにしてください!

 

ただ、総括すると、内容的な評価はとても高い英単語帳となっていました。

 

英語学習者
唯一見られる欠点が、「レベルが高い」って感じですね(笑)

 

筆者
そうですね!
『ALL IN ONE』の評価はかなり高いと言えます!

 

内容については、評価が高く、購入しても絶対損はしない英単語帳となっていること間違いなしです。

 

筆者
皆さん、ぜひ1度覚えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ALL IN ONEの効果的な使い方と覚え方(勉強法)

本章では、『ALL IN ONE』の効果的な使い方と覚え方(勉強法)について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  1. 英単語とその意味を覚える
  2. 復習テストをする
  3. 1と2を繰り返す

 

1.英単語とその意味を覚える

まずは、100個くらいを目安に英単語に目を通しましょう。
そして、1週間の間に何度も英単語に目を通すことで決めた範囲を覚えましょう。

 

また、その際に『ALL IN ONE』専用のCDも活用することでより効率よく英単語を覚えることができるでしょう。

 

筆者
正直、通勤通学中に音声CDを聞いていたら、自然と覚えていると思います♪

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

2.復習テストをする

1週間経ったら、1週間で覚えた範囲の復習テストをしましょう。

 

その際に、間違えた単語にはチェックをするなどして自分が間違えたことがわかるようにしましょう。
そして、間違えた単語は定着するまでさらに復習をしましょう。

 

3.1と2を繰り返す

1と2の過程を繰り返しましょう。
そして、全ての英単語を暗記し、わからない単語がない状態にしましょう。

 

『英単語の覚え方』については、以下の記事も併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法

 

ALL IN ONEが終わったら?(次は?)

 

最後に、『ALL IN ONE』が終わったら次に何をするべきか紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の4パターンが考えられます↓

  • 英文解釈の勉強を始める
  • 英語長文問題にチャレンジ
  • 英熟語を覚える
  • 過去問を解いてみる

 

筆者
解説します!

 

英文解釈の勉強を始める

『ALL IN ONE』のみで充分な英単語力です!
東大、京大、早慶にも受かることも難しくないはずです!

 

なので、英単語を覚えたあなたは、英文解釈の勉強を始めましょう!

 

もし、並行して「英文解釈」の勉強していたあなたはそのまま継続で問題ありませんが、これから英語長文問題にチャレンジするという方で、まだ「英文解釈」の勉強をしていない方がいれば、まずは、「英文解釈」の勉強をすることをおすすめします!

 

筆者
英文解釈を勉強しない方と勉強した方では、その後の偏差値の伸びに差が出ます!

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、英文解釈の勉強法や参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

英語長文問題にチャレンジ

「英文解釈を勉強する時間がない」、「英文解釈は並行して勉強していた」という方は、英語長文問題に取り組みましょう!

 

大学受験英語に合格するためには、英単語を覚えただけでは絶対受かりません!
英語長文問題が解けた始めて、志望校に合格できます。

 

『ALL IN ONE』を覚えれば、英単語は充分だと思うので、英語長文問題にチャレンジしてみてください!

 

「英語長文問題の解き方や勉強法」、「英語長文問題の参考書や問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

 

英熟語を覚える

『英単語』を覚えたら、次は『英熟語』を覚えてください!

 

受験生の間で『英単語』は覚えたけど『英熟語』は覚えてないという方は本当に多いです!

 

そして、以下の記事でも書きましたが、『英熟語』を覚えた時点で大学受験英語は勝ち組といって私は良いと思っています↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

ただ、1点注意点があります!
それは、『英熟語』を覚えるのは、『英文解釈』と『英語長文問題』が終わってからです!

 

正直、『英熟語』の場合、完璧に覚えていなくても、大学に受からないということはありません。

 

筆者
『英熟語』は他の受験生に差をつけるものと思ってください!

 

『ALL IN ONE』でも英熟語は覚えることが可能ですが、『英熟語のみ』のものを覚えても良いかもしれないですね!

 

『英熟語帳』は以下の記事の中から選べば間違いないでしょう↓

関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】

 

また、『英熟語の覚え方』も以下の記事で解説しています↓

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ

 

過去問を解いてみる

『ALL IN ONE』が終わったら、過去問を解いてみても良いかもしれません!

 

過去問の使い方については、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学からのメッセージです。[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

最後に

いかがでしたか?

 

『英単語』は大学受験英語の基本であり、最も差がつくところと言っていいでしょう!

 

『英単語』は覚えたら覚えただけ大学受験英語で有利なのは間違いありません。
そして、『ALL IN ONE』は大学受験英語の単語帳として間違いないと思います。

 

『ALL IN ONE』を覚えて、素敵なキャンパスライフを送ってください!
皆さんが合格することを祈っています!
ではまた!

 

ALL IN ONEの評判(評判)・口コミと使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG