上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

英単語ピーナツ[金・銀・銅]の評判(評価)と使い方【レベル・使い方・特徴】

目次

英単語ピーナツとは

今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも知る人ぞ知る名前がユニークな名書『英単語ピーナツ』シリーズです!

 

『英単語ピーナツ』は、知る人ぞ知る実力派の英単語帳です。
ピーナツシリーズの単語帳には、暗記支援の工夫が至るところに凝らされいます!

 

筆者
工夫されている点は次章で詳しく説明します!

 

『英単語ピーナツシリーズ』は代表的なもので、以下の5つのレベルに分かれており、自分のレベルに合わせて勉強が可能です↓

  • 英単語ピーナツJunior:中学生~高校基礎レベル
  • 英単語ピーナツBasic1000:高校基礎~旧センター入門レベル
  • 英単語ピーナツ銅メダル:旧センター試験レベル
  • 英単語ピーナツ銀メダル:旧センター~MARCH/関関同立/中堅国公立レベル
  • 英単語ピーナツ金メダル:東大京大/早慶レベル

 

 

全部覚えたら、とんでもなく単語力がつきそうです!

 

筆者
上記5冊のレベル・難易度、どんな人におすすめかは後程紹介します!

 

ちなみに、私は『英単語帳』と言っても、以下の5つのタイプがあると思っており、自分に合ったタイプを選ぶことをおすすめしています↓

  • 単語列挙型(ターゲット、単語王など)
  • フレーズ暗記型(システム英単語など)
  • 例文暗記型(DUOなど)
  • 長文読解型(速読英単語など)
  • 語源型(システム英単語 Premiumなど)

 

簡単に5つのタイプについて説明しておきます↓

英単語帳のタイプメリットデメリット
単語列挙型単語だけを暗記していくのに最適!
シンプル
目立った特徴がなく、1冊目には少し不向きな単語帳が多い
フレーズ型試験に出やすい形で複数の単語をフレーズとして記憶していくので、一気に得点が上がる情報量が多い
例文暗記型例文を1個覚えるだけで複数の単語を同時に覚えることができる情報量が多く、覚えるのが少し大変
長文読解型大学受験で最も大切な長文読解力を養いつつ、単語も覚えることができる1冊目として使うと単語が覚えにくい
語源型すでに単語力がある人にとっては、知識を整理することができるある程度単語を覚えていない人には不向き

 

ちなみに、5つのタイプについて、は詳しくは以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

英単語ピーナツはフレーズ暗記型

では、『英単語ピーナツ』はどのタイプか。

 

もうお分かりだと思いますが『フレーズ暗記型』です!
『フレーズ暗記型』の英単語帳は有名な英単語帳では以下の2冊でしょうか↓

  • システム英単語
  • 英単語Stock4500

 

 

上記2冊について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

英単語Stock4500とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『英単語Stock4500』です! 『英単語Stock4500』はあの有名なスタディサプリの人気英語講師・関正生先生が[…]

英単語Stock4500の評価(評判)と使い方

 

ここで、この記事を読んでくださっている皆様に1つ質問です。

 

筆者
皆さんは、英語長文問題は得意でしょうか?
「英文法」や「長文読解」の問題演習はしているものの、「なぜか長文問題では得点できない」、「模試でも偏差値50前後でくすぶっている」なんて方もいるのではないでしょうか?

 

理由は何だと思いますか?

 

その理由は英単語を覚えていないからです。
極論ですが、英語長文問題は英単語を覚えていればいるだけ得点できます!

 

筆者
私も受験時代、「英文法や長文問題の勉強をしているのになぜか全然偏差値が上がらないし、長文が読めない」と悩んでいる時期がありました。

 

上記のような問題は『英単語を覚えれば全て解決できます!』
『英単語ピーナツ』はそんな悩みを解決してくれる英単語帳になっているのです。

 

この記事では、そんな『英単語ピーナツ』について以下の内容で徹底解説していきます!

 

この記事はこんな内容です!
  • 『英単語ピーナツ』のボリューム・構成
  • 『英単語ピーナツ』の特徴・メリット
  • 『英単語ピーナツ』のレベル・難易度
  • 『英単語ピーナツ』がおすすめできる人・できない人
  • 『英単語ピーナツ』の評価(評判)、口コミレビュー
  • 『英単語ピーナツ』の効果的な使い方(覚え方)
  • 『英単語ピーナツ』が終わったら次にするべきこと

 

英語学習者
英語長文問題は、まず英単語を覚えないと意味がないということですか?

 

筆者
そうですね!
個人的には、同時進行せずに「英単語」を覚えてから英語長文問題の勉強した方が良いと思います!
詳しいことは以下の記事で紹介していますよ↓

 

大学受験英語の勉強法の完全版になります↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、『英単語』に関して、この記事の後に併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

英単語ピーナツのボリューム(単語数)

『英単語ピーナツ』シリーズのボリューム(単語数)を紹介しましょう!

 

先に一覧表でお見せします↓

単語帳名単語数ページ数
英単語ピーナツJunior777197
英単語ピーナツBasic10001000277
英単語ピーナツ銅メダル777212
英単語ピーナツ銀メダル777208
英単語ピーナツ金メダル777212

 

英単語ピーナツJunior

  • ボリューム(単語数):777語
  • ページ数:197ページ

 

英単語ピーナツBasic1000

  • ボリューム(単語数):1000語
  • ページ数:277ページ

 

英単語ピーナツ銅メダル

  • ボリューム(単語数):777語
  • ページ数:212ページ

 

英単語ピーナツ銀メダル

  • ボリューム(単語数):777語
  • ページ数:208ページ

 

英単語ピーナツ金メダル

  • ボリューム(単語数):777語
  • ページ数:212ページ

 

英語学習者
基本全て777語になっているんですね!

 

筆者
そうですね!
各レベルに合った英単語が厳選されています!
777語なら途中で挫折することもなく続けられそうですよね!

 

ちなみに大学受験英語のおける『英単語数の目安』については以下の記事で解説しています↓

関連記事

大学受験英語での単語数の重要性英単語を制するものは大学受験英語を制す! 筆者これは、皆さんもご存じではないでしょうか? 日本語でも漢字が読めないと、日本語が読めないのと一緒[…]

大学受験英語に必要な単語数

 

英単語ピーナツの特徴・メリット

続いて、『英単語ピーナツ』の特徴・メリットについて紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • ピーナツ特徴1:2〜3語のコロケーションで暗記が簡単!
  • ピーナツ特徴2:英単語暗記に特化したシンプルな構成
  • ピーナツ特徴3:「ヒント記載」で学習効果が上がる
  • ピーナツ特徴4:777個という現実的な収録語数
  • ピーナツ特徴5:コロケーションが聞ける音声CD付き!

 

筆者
解説します!

 

ピーナツ特徴1:2〜3語のコロケーションで暗記が簡単!

英単語ピーナツの最大の特徴は、全ての単語がコロケーションで載っていることです。

*「コロケーション」とは2語以上の単語のかたまりです。

 

英単語はコロケーションで覚えることで初めて、語彙力になります。
『英語:日本語』を1対1で覚えても、それほど語彙力は上がらないのです。

 

例えば、「guess」という単語で比較してみましょう↓

コロケーションなしの場合

一般的な単語帳
guess = 推測する、当てる

一般的な単語帳は、このように1つの英単語に対し、1〜2つの日本語が当てられています。
このような単語のリストは、機械的に暗記をするのに都合がいいです。
ですが、機械的に覚えた単語はすぐに忘れ去られてしまいます。

 

コロケーションで覚える場合

英単語ピーナツ
guess the meaning = 意味を当てる

このように、『英単語ピーナツ』では、実際によく一緒に使われる単語とセットで学ぶことができます。
コロケーションで(他の単語と関連付けて)覚えた単語は記憶に残ります。

 

筆者
ぜひ、ご自身でも試してみてください。
機械的に覚えた単語とコロケーションで覚えた単語の定着度の差は、歴然です。

 

ピーナツ特徴2:英単語暗記に特化したシンプルな構成

『英単語ピーナツ』は、1ページに10個のコロケーションが載っています。

 

表ページには日本語、裏ページに英語というシンプルな構成です。
単語ごとの解説や同意語・派生語のリストなどはついていません。

 

余分な情報・機能が盛りだくさんな参考書だと、「使い方を理解する」のに頭を使いやる気が失せる・・なんてこともよくありますが、ピーナツシリーズは「覚える」ことに集中でき、ものすごく使いやすいです。

 

英単語ピーナツにすっかり慣れてしまうと、他の単語帳をみると「情報量多い」「ごちゃごちゃ」と感じ意気消沈してしまうと思います。

 

筆者
英単語ピーナツは、徹底的に「覚える」ことに特化した単語帳です。

 

ピーナツ特徴3:「ヒント記載」で学習効果が上がる

『英単語ピーナツ』の表ページには、日本語の下に小さく『ヒント』が記載されています↓

意味を当てるg…s the m…ing

この小さなヒントのおかげで、簡単に英語を思い出すことができます。

 

「ヒント」が脳に働きかけてくれ、暗記力も上がります。
さくさく進めることができるので、あっという間に30項目完了できます。
ヒントなしで頑張りたいときには、紙などで隠して挑戦することも可能です。

 

ピーナツ特徴4:777個という現実的な収録語数

単語帳を覚えているときに、「毎日頑張っているのに一向に終わる気がしない・・」と感じたことはありませんか?

 

単語帳の中には、「〜〜万語収録!」と情報量をアピールしているものもありますが、単語帳は辞書ではありません。
単語帳は「覚える」ために使うもの。

 

「覚える」作業は決して楽ではありませんが、ゴールが見えるとモチベーションがはるかに変わります。

 

英単語ピーナツの収録語数は、一冊につき777語と丁度よい量です。
777個のコロケーションなので、実際には1300以上の語数を覚えることができます。

 

筆者
到達可能な目標を立てられるので、勉強意欲が増しますね。

 

 

ピーナツ特徴5:コロケーションが聞ける音声CD付き!

『英単語ピーナツ』には、音声CDが付いています。

 

CDの音声ももちろんコロケーションです。
英単語を学ぶ際は、読んで覚えるだけでなく、聞いて覚える作業も必要です。
CDが無いと、発音を勝手に勘違いしたまま覚えてしまうことがあるので要注意です。

 

また、CDを聞くことで、リスニング試験の対策にも。
CDを使って、ディクテーション(英語音声を聞いて、聞いた通りに紙に書き出す作業)をするのもおすすめの勉強法です。

 

筆者
音声学習や音読は最強の勉強法です!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]のレベル・難易度

では、続いて、以下の『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』の3冊についてレベル・難易度について紹介します!

  • 英単語ピーナツ銅メダル:旧センター試験レベル
  • 英単語ピーナツ銀メダル:旧センター~MARCH/関関同立/中堅国公立レベル
  • 英単語ピーナツ金メダル:東大京大/早慶レベル

 

英単語ピーナツ銅メダル

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 前提となるレベル:中学レベルの英単語
  • 対象となる人:中学卒業したての高校1年生、基礎の基礎からやり直したい人(偏差値50以下)
  • マスター後の到達レベル:大学受験英単語標準レベル到達(偏差値55前後)

 

前提となるレベル:中学レベルの英単語

前提となるレベルとしては、例文を読んでいくことになるため、英単語も英文法も『eat⇒食べる』、『ate⇒食べるの過去形』くらいの中学レベルの英単語は最低限必要です!

 

英文法も自信がない方は、以下の2冊のどちらかで英文法の基礎をたたきこんでからも遅くはないので、まずは英文法の基礎も勉強しましょう↓

  • 総合英語Forest(フォレスト)7th Edition
  • 総合英語Evergreen

 

『総合英語Forest(フォレスト)7th Edition』と『総合英語Evergreen』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

総合英語Evergreenとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Evergreen」です! 「総合英語Evergreen」とは高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説[…]

総合英語Evergreenの評価(評判)と使い方

 

筆者
もし中学レベルの『英文法』を勉強していない人は、まずは上記の参考書を使い英文法の基礎を勉強しておきましょう!

 

対象となる人:中学卒業したての高校1年生、基礎の基礎からやり直したい人

『英単語ピーナツ銅メダル』は『これから大学受験英語の英単語を真剣に覚えていくぞ!』という中学を卒業したての人もしくは高校1、2年生の時に英語の勉強をさぼりすぎていたため基礎からやり直したい人におすすめです!

 

偏差値50以下

偏差値で言えば、50以下を目安にすると良いでしょう!

 

マスター後の到達レベル:大学受験英単語標準レベル到達

マスター後の到達レベルとしては、ようやく大学受験英語の受験英単語標準レベルに到達するというレベルでしょう!

 

旧センター試験レベルといったところでしょうか!

 

偏差値55前後

偏差値で言えば、55前後を目安にすると良いかもしれません!

 

ただ、後から紹介する『銀メダル』や『金メダル』の英単語帳を学習する前に必ず知っておかなければならない単語が掲載されているので、自信がない方や受験まで時間がある方は、この『銅メダル』から始めると良いと思います!

 

英単語ピーナツ銀メダル

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 前提となるレベル:大学受験英語標準レベルの英単語(旧センター試験レベル)
  • 対象となる人:GMARCH・関関同立・中堅国公立大学を受験する人(偏差値50~60)
  • マスター後の到達レベル:上記の大学入試試験においてわからない単語はほとんどなくなる(偏差値60前後)

 

前提となるレベル:高校基礎英単語(速読英単語入門編)

『銀メダル』は難関大学受験をする人であれば必ずマスターしたい一冊です。

 

ただ、前提として上記で挙げた『銅メダル』レベルの英単語を覚えていない人は、まずは覚えておいてください!

 

対象となる人:GMARCH・関関同立・中堅国公立大学を受験する人

対象となる人は、GMARCH・関関同立・中堅国公立大学を受験する人です!

 

特に偏差値が50~60の人や上記記載の大学を目指す人は絶対にマスターしていただきたいし、そのような人には、この『銀メダル』まで勉強しておくと、戦うことができるでしょう!

 

筆者
GMARCH・関関同立などの難関学部でもこれ一冊だけで合格は十分に可能であるが、受験勉強の時間に余裕がある人は『金メダル』までやっておくとおすすめです。

 

偏差値50以上

偏差値で言えば、50以上を目安とすると良いでしょう!

 

マスター後の到達レベル:上記の大学入試試験においてわからない単語はほとんどなくなる

最後に、マスター後の到達レベルですが、上記の大学(難関大学)入試試験においてわからない単語はほとんどなくなります!

 

これをマスターすれば受験生があまり知らない英単語も覚えることができるため、ライバルと単語力で差をつけることができるでしょう!

 

偏差値60前後

偏差値で言えば、60前後を目指すことができます!

 

筆者
このレベルまで覚えると、ほぼ英文を左から右に読み進めていけるなーという感じになっているのではないでしょうか!

 

英単語ピーナツ金メダル

続いて、『英単語ピーナツ金メダル』のレベル・難易度について紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 前提となるレベル:大学入試標準英単語(速読英単語必修編、システム英単語ノーマル、キクタンBasic、ターゲット1900レベル)
  • 対象となる人:GMARCHと関関同立の難関学部・早慶上智・東大などの最難関大学を受験する人(偏差値60以上)
  • マスター後の到達レベル:大学受験においてこれ以上覚える単語はなくなる(偏差値65以上)

 

前提となるレベル:大学入試標準英単語

大学受験向けの英単語帳の中で最上級レベルに属する一冊です!

 

『英単語ピーナッツの銀メダル』をクリアしていないのならば、まずはその英単語を覚えてからにしてください!

 

この『英単語ピーナッツの銀メダル』とは、以下の英単語帳に収録されているレベルの英単語と一緒なので、以下の中から選んでも良いと思います↓

  • 速読英単語必修編
  • システム英単語
  • ターゲット1900
  • キクタン4000

標準的な文法知識に加えて、『英単語ピーナツ金メダル』を進めていくなら、これらの基本単語を覚えていなければ、フレーズを覚えていく中で『英単語ピーナツ金メダル』に載っている単語を覚えようとしても英語が読めないでしょう!

 

興味がある方は、上記の英単語帳全て解説記事を用意しています↓

関連記事

速読英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『速読英単語』シリーズです! 長文読解力型の参考書の鉄板といえば、やはりZ会の『速読英単語シリーズ』です。『速読英単語シリーズ』[…]

速読英単語[入門・必修・上級編]の評価(評判)・使い方
関連記事

システム英単語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも難関大学受験生に支持されているあまりにも有名な名書『システム英単語』です! 『システム英単語』は、”実際に出るかたち”で覚えられる受験に特化した英単[…]

システム英単語の評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

英単語ターゲット1900とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最も有名な1冊で2020年1月に約8年ぶりに改訂され『大学入学共通テスト』にも対応した『英単語ターゲット1900』です! 『英単語ターゲッ[…]

英単語ターゲット1900の評価(評判)と使い方
関連記事

キクタンとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも有名な「キクタン」です! キクタンとはアルクから出版されており、「英単語を聞いて覚える」という手軽さから人気を集め、シリーズ累計450万部を突破しました。[…]

キクタンの評価(評判)・口コミと使い方

 

対象となる人:GMARCHと関関同立の難関学部・早慶上智・東大などの最難関大学を受験する人

偏差値60以上の人や、東大・早慶などの最難関大学を受験する人以外には無用の一冊かもしれませんが、最難関大学を受験する人にとってはぜひ身に着けたい一冊です。

 

なぜなら最難関大学を受験する人の多くは最上級レベルの単語帳を一冊はマスターしているため、もしあなたが最上級レベルの単語帳をマスターしなければ彼らと単語力で大きな差が開いてしまうから。

 

筆者
なので、「受験までに時間の余裕がある」という人や「大学入学後のTOEICのことも見越して使いたい」という人はぜひ使っていいと思います♪

 

偏差値60以上の人

偏差値で言えば、60以上の方はこの英単語帳が最適だと思います。

 

ちなみに、最上級レベルの単語帳は、他にも以下の3冊が有名です↓

  • 鉄壁
  • 単語王
  • Duo3.0

 

筆者
『英単語ピーナツ金メダル』とレベルはほとんど同じなので、どれを使うかは自分の好みで選ぶといいと思います!

 

上記3冊についても解説記事を用意しています↓

関連記事

[鉄壁]鉄緑会東大英単語熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最上級難易度を誇る『[鉄壁]鉄緑会東大英単語熟語』です! タイトルに「東大」とついていますが、決して東大を受験する人だけにしか使えない[…]

【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の評価(評判)・口コミと使い方
関連記事

単語王とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最上級難易度を誇る『単語王』です! 一方で、早慶上智に行きたい人が2冊目以降に使った場合、強烈な効果が期待できます。ただ、『単語王』を最初の1冊に使うと[…]

単語王の評価(評判)と使い方
関連記事

DUO3.0とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でもあまりにも有名な名書『DUO3.0』です! 『DUO3.0』とは日本で最も売れている圧縮例文型英単語熟語集です。 『DUO3[…]

DUO3.0の評価(評判)・口コミと使い方

 

マスター後の到達レベル

次に『英単語ピーナツ金メダ』をマスターした後の到達レベルですが、先ほど言った東大・京大や早慶といった最難関大学英単語を覚えることができ、受験本番で英単語に関しては臆することはなくなります。

 

偏差値65

偏差値で言えば、65を超えてきます

 

筆者
このレベルまで覚えると、英文を左から右にスラスラ読み進めていけると思います!

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]をおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・おすすめできない人
では、上記の内容を踏まえ、『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』がおすすめできる人とおすすめできない人を紹介しておきます!

 

筆者
あなたがどっちに当てはまっているか確認してみてください。

 

おすすめできる人

まずは、『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』がおすすめできる人について紹介していきます。

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • みんなとおんなじ参考書は嫌だ!という人
  • ドリル形式に魅力を感じた人
  • 単語を使い方と一緒におぼえたい人

 

みんなとおんなじ参考書は嫌だ!という人

みんなとおんなじ参考書は嫌だ!という人には最適です!

 

英単語ピーナツは、知る人ぞ知る実力派の単語帳です。
システム英単語との違いは、ピーナツシリーズの単語帳には、暗記支援の工夫が至るところに凝らされいる点にあるでしょう。

 

筆者
けっこう珍しい英単語帳なので、みんなと同じ単語帳が嫌でユニークな単語帳が良いという方にはおすすめですね!

 

ドリル形式に魅力を感じた人

また、ドリル形式に魅力を感じた人にもおすすめです!

 

表ページには覚えるべき単語の日本語訳+英語フレーズの一部が載っているので、それをヒントにしつつ、うらページをめくって答え合わせをする…なんて使い方をすることで、暗記をたしかなものにすることができます。

 

上記のようなドリル形式になっている英単語帳は少ないので、ドリル形式って良いじゃん!と魅力に感じた受験生にはおすすめですね!

 

単語を使い方と一緒におぼえたい人

『英単語ピーナツ』は、冒頭でも説明した通り、短いフレーズが載っていてそのフレーズごと覚えるので、実際にその英単語がどのように使われるかを学ぶことができます。

 

ですので、単語を使い方と一緒におぼえたい人には非常におすすめの英単語帳です。

 

おすすめできない人

続いて、おすすめできない人についてです!

 

結論から言うと、以下の通りです↓

  • 中学標準レベルの英語力がない人
  • ターゲットのような単語列挙型のような英単語帳が好きな人

 

中学標準レベルの英語力がない人

『英単語ピーナツ』の銅メダルからは最低限、中学レベルの英単語は必要になってきます!

 

フレーズで英単語を覚えていくからです!
『pencil⇒ペン、鉛筆』と瞬間的にわかる人でないと、進めようと思っても、フレーズ内にある英単語がわからず先に進めないでしょう!

 

なので、中学レベルの英語力がない人にはおすすめではありません。

 

中学レベルの英単語力がない人は、まずは簡単な英単語帳を覚えましょう!
同じシリーズの以下2冊を覚えるのが手っ取り早いと思います↓

  • 英単語ピーナツJunior:中学生~高校基礎レベル
  • 英単語ピーナツBasic1000:高校基礎~旧センター入門レベル

 

 

ターゲットのような単語列挙型のような英単語帳が好きな人

ターゲットのような単語列挙型のような英単語帳が好きな人にもおすすめはしていません。

 

『英単語ピーナツ』は短いフレーズ形式で覚える単語帳で、『ターゲット』は『キクタン』などと同じで単語列挙形式の単語帳になっています。

 

もし、フレーズで覚えるのではなく、『ターゲット』や『キクタン』のようなパッパッと覚えていく単語列挙型を望む方には、『ターゲット』や『キクタン』をおすすめします↓

 

『ターゲット』や『キクタン』について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英単語ターゲット1900とは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも最も有名な1冊で2020年1月に約8年ぶりに改訂され『大学入学共通テスト』にも対応した『英単語ターゲット1900』です! 『英単語ターゲッ[…]

英単語ターゲット1900の評価(評判)と使い方
関連記事

キクタンとは今回紹介するのは、大学受験英語の英単語帳でも有名な「キクタン」です! キクタンとはアルクから出版されており、「英単語を聞いて覚える」という手軽さから人気を集め、シリーズ累計450万部を突破しました。[…]

キクタンの評価(評判)・口コミと使い方

 

また、英単語帳全般については、詳しくは以下の記事をご覧ください↓

関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]の評価(評判)・口コミ

それでは、いよいよ、皆さんが1番気になるであろう、『英単語ピーナツ』の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、『英単語ピーナツ』が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

僕にはぴったりな英単語帳でした!

璧になるまで何度も繰り返しました。学校で配布された単語帳を使っていても全然覚えられず、英語が苦手になっていいた時にこの参考書を始めました。

形式的には単語帳とドリルのハイブリッド型という感じで、人を選ぶ感じはありますが、効果的にもいることができたので英語が苦手ではなくなりました

(銅メダル)

良い評価(評判)、口コミ2

高校に上がる前に予習用または英検準二級対策

この単語集は単語を一気に詰め込むという目的においては他書と比べて極めて優れていると思いました。
とりわけ、次のページを括ることで答え合わせできるページ編集が素晴らしいです。

単語帳につきものの赤シートを毎回次ページに配置して、右ページをなるべくみないようにするストレスから解放され100個単位での単語チェックがとても軽快に行うことができます。

しかもページの後ろから括れば英語→日本語で練習することができ、ページ順に括れば日本語→英語で練習することができたりして非常に使い勝手の良い編集がなされています。

著者の清水先生は日本語→英語での暗記を推奨しています。
しかしいきなり日本語→英語は難しいところがあるので、ページの後ろから英語→日本語でザッと意味を捉えられるようにしておくとよいと思いました。

自分なりに使い方をカスタマイズしながら学習効率を高めることのできる素晴らしい一冊です。

(銅メダル)

良い評価(評判)、口コミ3

勉強の隙間埋めに絶品

勉強で疲れたり、退屈したりして、ぼんやりしているとき、この時間は無駄なんだと焦りが出てくるが、そんなときにこれを読めば無駄な時間がなくなる。

クイズ的面白さがあり、疲れを感じることなく、すんなりと単語の記憶ができる。

考案者は特許をとってもいいほどの冊子。

(銀メダル)

良い評価(評判)、口コミ4

単語学習の第一歩

英単語ピーナッツは、時事英語の表現もたくさん入っているし、英検準1級・1級の表現も取り扱われている。

なによりも単調な単語学習で陥りがちの買っただけになりにくい。
最初から最後までCDを聴いても1時間以内なので、英文を見ながら1回、日本文を見ながら1回、後は聴き流して時折センテンスの見る位なら誰でも出来ると思う。

収録語彙数が少なくても学習しやすい単語集の方が、単語学習の初期にはお役立ち度が高い。

どうせ網羅的に1冊を覚えられるストイックな人は稀なので、重複語彙を気にせずに何冊も単語集に手を出して見るのが良いと思う。

英単語ピーナッツは、とっつきやすい単語集であり、1回試して見ると良いと思う。

(銀メダル)

良い評価(評判)、口コミ5

いいレベル、コラムと体験談も面白い

けっこう難しい単語まで入っています。

このレベルまでを単語帳で学習できることに感謝です。

別売りにはなりますが、「日本語訳⇒英語フレーズ」版の音声を、スピードコントロールのできるウォークマンに入れて、1.5倍速ぐらいで再生できれば、学習が捗ると思います。

毎回、100個終わったあとに出てくるコラムや、この教材を実際に使用された生徒さん、採用された先生方のお話が面白く、それを読むのも1つの励みになって、100フレーズ進めていくことができます。

英単語ピーナツのシリーズ、金、銀、銅が、特に好きです。

中学生~高校2年生ぐらいまでは、英単語ピーナツJuniorだったりBASICだったりするかもしれませんが、ぜひその2冊を終えて、銅⇒銀⇒金と、登ってきてください。

金銀銅シリーズの方が、コラムの文章が面白いです。

あと、コロケーションが正確らしいです。
単語帳の中には、確かにフレーズで載せられてはいるものの、不自然な表現があるものも見受けられるそうですが、英単語ピーナツのフレーズは(少なくとも、金銀銅シリーズは?)大丈夫だそうで。

(金メダル)

良い評価(評判)、口コミ6

ストレスの少ない、そして覚えやすい単語集

前から名前は知っていたが、どうも不真面目そうな名前から手に取る事もしなかった。南雲堂のホームページを読んでいる時に、英単語リボリューションと本書の名前とコンセプトを知り、書店で初めて本の中を見た。

英検1級のパス単に出て来る単語もちらほら有り、造りも画期的と言う事で購入して使用し始めた。

勉強し始めると、単語の選択は良いし、覚えやすい単語集だと気づく。
単語の勉強をやって見た人なら分かると思うが通常の人間は網羅的、ローラー的に単語を覚えられない。

それを期待しすぎると自己嫌悪に陥り、単語学習に挫折しやすい。
ともかく覚えやすいところから覚えて行くのが良い。
壁を壊すイメージで、ともかく穴を開けられるところから穴を開けて、壁の構造を弱くする。たくさん穴が空いたら、穴の連携を利用して大きく崩すようにする。
そんなことをしているうちに、壁が壊れていると言うイメージである。

一通り終わらせやすい単語集であり、それだけでも投資する価値が有ると思う。
大方の単語集は、はじめの数ページを読んだ後、やる気を失うのだから。

(金メダル)

 

英語学習者
評価や口コミを見ている限り、『単語帳とドリルのハイブリッド型』、『CDとの連携が良い』という口コミが多いですね!

 

筆者
そうですね!
『英単語ピーナツ』は独特な英単語帳ですが、単語レベルは良いし、このシリーズのみで大学受験英語は大丈夫です!
もし、はまれば化ける英単語帳だと思います!

 

 

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ1

まだ早かったかな

中学卒業程度の子にはまだ早すぎたかなとおもう。

まあ良い本だと思うので、いずれ利用するであろう。

(銅メダル)

悪い評価(評判)、口コミ2

いいけど別売りの音声をそろそろ改訂してください

スピードコントロールができるウォークマンが使える人に特にオススメの単語帳です。

100語終了時に出てくるコラムが面白いですし、
フレーズテストも、ヒントがついてたりして、やりやすいと思います。
タイムトライアルもできますし、繰り返しテストできるようになっています。

1点だけリクエストさせてください。

別売りの「日本語→英語フレーズ」の音声に関してです。
素晴らしいものを出してくださったことに感謝をしています。

が、いま1-100まで日本語訳と英語フレーズとを見比べていたのですが、
30, 33, 54, 56, 70の日本語訳が書面と違いました。
また、(他にもありそうではありましたが、)81の英語フレーズが違いました(間違って a をつけていたという程度なので、大したことはありませんでしたが)。

そろそろ、音声も改訂していただけないでしょうか?

コロケーションで覚える系の英単語帳も色々出てきていますが、
かなり短いフレーズで覚えていけるので、音を使ってガンガンなじんでいくのをオススメいたします。

(銀メダル)

悪い評価(評判)、口コミ3

本のスタイル自体は良い

様々な単語集に手を出しては挫折、手を出しては挫折を繰り返していた私が唯一続けることのできた単語集です。

コロケーションで覚えていく効率のよさは勿論、ネーミングのユニークさ、紙面のキャラクターの励まし、コラムの面白さも手伝ってスラスラ進めることができます。

しかし、それ以上に短所が目立ちました。誤植の多さです。

私が持っているのが第一版なので改善されていたとしたら申し訳ないのですが、
コラムの誤植ならまだしも、解答の誤植が多っかたのが残念でした。

ただ、そこを除けばかなり良い単語帳です!

(金メダル)

 

英語学習者
悪い評価や口コミでは、音声CDと解答箇所が少し間違っているみたいですね!

 

筆者
そうなんですよ(笑)
『英単語ピーナツ』は評価や口コミを見ると全体的に評価が高かったのですが、解答が少し間違っているいたいです(笑)
ただ、改訂し、『金銀銅』では間違いはなくなったと聞いています!

 

評価(評判)口コミ・レビューまとめ

全体的な評価(評判)や口コミは良かったです。

 

やはり、勉強するのは大変ですが、『フレーズの中で英単語を覚えることができるので覚えやすい』という口コミは多かったですね!

 

一方で、解答が一部間違っている箇所があるという口コミも一定数見られました!

 

ただ、総括すると、内容的な評価はとても高い英単語帳となっていました。

 

筆者
『英単語ピーナツ』の評価はかなり高いと言えます!

 

内容については、評価が高く、購入しても絶対損はしない英単語帳となっていること間違いなしです。

 

筆者
皆さん、ぜひ1度挑戦みてはいかがでしょうか?

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]の効果的な使い方と覚え方(勉強法)

本章では、『英単語ピーナツ』の効果的な使い方と覚え方(勉強法)について紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 英単語の覚え方【手順1】英語を音読する
  • 英単語の覚え方【手順2】ヒントを頼りに、コロケーションで思い出す
  • 英単語の覚え方【手順3】ヒントを隠して、コロケーションで思い出す

 

英単語の覚え方【手順1】英語を音読する

英単語ピーナツに初めて取り組む際は、まず『英語の音読』から始めます。
裏ページに英語のコロケーションが載っています。

 

裏ページで英語を読み、表ページで意味を確認しましょう。
初めから覚えようとすると、なかなか作業が進みません。
とりあえず英語を声に出してみましょう。

 

気軽に、ページに目を通すことを目標にして取り組みましょう。

 

筆者
音読は英語学習において最強の暗記法です!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

英単語の覚え方【手順2】ヒントを頼りに、コロケーションで思い出す

では覚える作業です。

 

表ページの日本語とヒントを頼りに、英語を思い出してみましょう。
ヒントを使うことに罪悪感を感じる必要はありません。
ヒントがあっても「思い出す」という作業を繰り返すことで、単語は確実に定着します。

 

最初はとにかく先へ進み、量を「こなす」ことが先決です。
がんがんヒントを使って勉強を進めましょう!
思い出すことができなかった単語は、チェックをつけておきましょう。

 

英単語の覚え方【手順3】ヒントを隠して、コロケーションで思い出す

ヒントありですらすらと英単語が思い出せるようになったら、ヒントを隠してみましょう。
小さめの厚紙やポイントカードなどで、ヒントを隠すことができます。

 

ヒントなしで英語が言えたら、その英語はあなたの語彙になったと言えるでしょう。

 

筆者
実力を確認するためにも、たまにヒントを隠して勉強するといいですね。

 

『英単語の覚え方』については、以下の記事も併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]を使ってどのくらい勉強すれば単語を覚えれる?

最後に単語の「勉強量」をお伝えします。

実際どのくらい「覚える作業」を行えばよいのでしょう?

英単語の勉強は、「短い時間✕毎日」が鉄則です。

 

ポイント
英単語の勉強は「量」よりも「頻度」です。

 

たまに1時間勉強するのなら、「5分を毎日」の方がはるかに覚えます!!
受験生でもなければ、なかなか1日1時間の勉強時間を確保するのは難しいと思います。

 

まずは『5分・10分を毎日』続けてみましょう。
『時間量』は気にせず、『毎日』を優先するのです。
通学時間や帰宅後・夕食後のちょっとした時間に英単語を勉強しましょう。

 

筆者
リビングなどの手に取りやすい場所に、英単語ピーナツを置いておくのも手ですよ。

 

そして、『1日1時間』を約1ヶ月程すれば777語であれば、完全に覚えていると思います!

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]が終わったら?(次は?)

 

最後に、『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』が終わったら次に何をするべきか紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の4パターンが考えられます↓

  • 英文解釈の勉強を始める
  • 英語長文問題にチャレンジ
  • 英熟語を覚える
  • 過去問を解いてみる

 

筆者
解説します!

 

英文解釈の勉強を始める

『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』のみで充分な英単語力です!
東大、京大、早慶にも受かることも難しくないはずです!

 

なので、英単語を覚えたあなたは、英文解釈の勉強を始めましょう!

 

もし、並行して「英文解釈」の勉強していたあなたはそのまま継続で問題ありませんが、これから英語長文問題にチャレンジするという方で、まだ「英文解釈」の勉強をしていない方がいれば、まずは、「英文解釈」の勉強をすることをおすすめします!

 

筆者
英文解釈を勉強しない方と勉強した方では、その後の偏差値の伸びに差が出ます!

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、英文解釈の勉強法や参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

英語長文問題にチャレンジ

「英文解釈を勉強する時間がない」、「英文解釈は並行して勉強していた」という方は、英語長文問題に取り組みましょう!

 

大学受験英語に合格するためには、英単語を覚えただけでは絶対受かりません!
英語長文問題が解けた始めて、志望校に合格できます。

 

『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』を覚えれば、英単語は充分だと思うので、英語長文問題にチャレンジしてみてください!

 

「英語長文問題の解き方や勉強法」、「英語長文問題の参考書や問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

 

英熟語を覚える


『英単語』を覚えたら、次は『英熟語』を覚えてください!

 

受験生の間で『英単語』は覚えたけど『英熟語』は覚えてないという方は本当に多いです!

 

そして、以下の記事でも書きましたが、『英熟語』を覚えた時点で大学受験英語は勝ち組といって私は良いと思っています↓

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

ただ、1点注意点があります!
それは、『英熟語』を覚えるのは、『英文解釈』と『英語長文問題』が終わってからです!

 

正直、『英熟語』の場合、完璧に覚えていなくても、大学に受からないということはありません。

 

筆者
『英熟語』は他の受験生に差をつけるものと思ってください!

 

もし、特段こだわりがないのであれば、『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』を終えたレベルの高い学生ならば、『最難関レベルの英熟語帳』を覚えてみるのも良いかもしれません↓

 

『解体英熟語』についてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

解体英熟語とは今回紹介するのは、大学受験英語の英熟語帳でも1.2位を争う高難易度の熟語帳『解体英熟語』です! 『解体英熟語』は早慶などの難関大を目指す人向けの熟語帳です。1017もの英熟語が掲載されており、[…]

解体英熟語の評価(評判)と使い方

 

それ以外の『英熟語帳』知りたい方は以下の記事より選べば間違いないでしょう↓

関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】

 

また、『英熟語の覚え方』も以下の記事で解説しています↓

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ

 

過去問を解いてみる

『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』が終わったら、過去問を解いてみても良いかもしれません!

 

過去問の使い方については、以下の記事を参考にしてください↓

関連記事

過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学からのメッセージです。[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

最後に

いかがでしたか?

 

『英単語』は大学受験英語の基本であり、最も差がつくところと言っていいでしょう!

 

『英単語』は覚えたら覚えただけ大学受験英語で有利なのは間違いありません。
そして、『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』は大学受験英語の単語帳として間違いないと思います。

 

『英単語ピーナツ[金・銀・銅]』を覚えて、素敵なキャンパスライフを送ってください!
皆さんが合格することを祈っています!
ではまた!

 

英単語ピーナツ[金・銀・銅]の評判(評価)と使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG