上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

全解説頻出英文法・語法問題1000の評判(評価)と使い方【レベル・勉強法】

目次

全解説頻出英文法・語法問題1000とは

今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の中でも5本の指に入る程有名な「全解説頻出英文法・語法問題1000」です!

 

受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。
多くの受験生がこの一冊を使って大学受験を突破してきました。

 

筆者
この「全解説頻出英文法・語法問題1000」を知らない人はいないんじゃないでしょうか?
それ程、長年愛されている参考書です!

 

本書は、大学受験に必要な、「英文法・語法」などの広範な英語の知識を効率よく獲得し、さらにその知識を展開して入試問題を解く力を身につけることを目的とした参考書です。

 

基礎から発展までの問題を体系的に学習できるように配列されており、この一冊で英文法をまとめて学習することができます。

 

また、最近の入試傾向をカバーしており、急増している語彙問題を広くカバー。
解釈や作文といった総合的な英語力へと結びつくように考慮されています。

 

関連記事

語法・イディオムとは【大学受験英語】大学入試英語において「文法」「語法」は頻出分野になっていますが、多くの受験生が「文法」と「語法」の違いを理解しないまま勉強しているせいで、『語法』に関する対策をしっかり行えず、結果、『語法問題』で大幅[…]

大学受験英語での語法・イディオムの重要性

 

筆者
最新の傾向もしっかりと考慮された参考書になっています!

 

ここで、この記事を読んでくださっている皆様に1つ質問です。

 

筆者
皆さんは、英文法は得意でしょうか?
「総合英語Evergreen」や「総合英語Forest」で基礎はインプットしたものの、「テストではなぜか得点できない」なんて方もいるのではないでしょうか?

 

関連記事

総合英語Evergreenとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Evergreen」です! 「総合英語Evergreen」とは高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説[…]

総合英語Evergreenの評価(評判)と使い方
関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方

 

理由は何だと思いますか?

 

その理由はアウトプットの練習量が足りていないからです。
英文法は完璧にインプットしただけでは得点できません。

 

筆者
私も受験時代、「英文法の仕組みは完全に理解したのに、テストではなぜかできない」と悩んでいる時期もありました。

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」はそんな悩みを解決してくれる参考書になっています。

 

様々ある英文法の問題について、どうやって解いていったらいいのかなどの解説もとても丁寧にしてくれている参考書・問題集です。

 

この記事では、そんな「全解説頻出英文法・語法問題1000」について以下の内容で徹底解説していきます!

 

この記事はこんな内容です!
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」の特徴
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」の概要・構成
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」のレベル・難易度
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」がおすすめできる人・できない人
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」の評価(評判)、口コミレビュー
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」の効果的な使い方と勉強法
  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」が終わったら次にするべきこと

 

英語学習者
英文法は問題集でアウトプットすることが大事なんですね!

 

筆者
そうですね!
「英文法」のインプットが終わりましたら、アウトプットしまくることが大切です!

 

『英文法』に関して、この記事の後に併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】
関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】

 

『大学受験英語の勉強法の完全版』を知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

全解説頻出英文法・語法問題1000の特徴

「全解説頻出英文法・語法問題1000」の特徴を紹介します。

 

結論から言うと、以下の通りです!

  1. 解説が本当に詳しい
  2. 問題数が豊富
  3. 正誤判定問題数も豊富
  4. 難易度が高い(早慶レベルの英文法がマスターできる!)
  5. 問題の網羅性が素晴らしい
  6. 問題編が別冊なのが良い

 

筆者
解説します!

 

1.解説が本当に詳しい

解答解説の冊子が分厚く、解説が非常に詳しいです。

 

文法辞書のようであり、疑問点を解決できる可能性が非常に高いと思います。

 

私自身、受験生の頃、文法を丸暗記していた時があったのですが、この参考書の解答解説を読み込むことで、英文法についての不安がなくなっていったのを覚えています。

 

アウトプットができる英文法の参考書や問題集で解説が詳しいものが欲しければ本書はかなりおすすめです。

 

筆者
ちなみに、問題部分に比べて、解答・解説部分は2倍近くの厚さがあります(笑)

 

英語学習者
それだけで、解説が詳しいことがわかる・・・

 

2.問題数が豊富

「全解説頻出英文法・語法問題1000」は問題数が非常に豊富です!

 

問題数は以下の通りです!

問題数
1267問(4択問題1066問+整序問題201問)

 

多いですよね!
これだけあれば、難関大志望者にとっての最後に完璧に仕上げる英文法・語法問題集として非常に有用でしょう。

 

また基本問題の掲載数自体は少ないのですが、標準レベルの問題や発展レベルの問題が多数入っているので問題演習をするのは、ある程度実力がついていれば非常に効果的です。

 

また、大学入学後もこの文法参考書で覚えた文法知識はTOEICなどの別の英語試験を受ける際にも非常に有効になってきます。

 

それだけ、この参考書が扱う英文法の内容には汎用性があります。

 

3.正誤判定問題数も豊富

問題数が豊富で正誤判定問題も含まれており、正誤判定問題を出す大学の試験対策にもなるでしょう。

 

正誤判定問題を出題する大学の学部は一部ではありますが、正誤判定問題には文法的な間違いと意味的な間違いを探す問題に大きく分かれます。

 

本書では両者に対応しており、正誤判定問題対策としての穴が見つかりません。

 

また、正誤判定問題が出題されない大学の学部を受験する受験生も解答解説に関しては熟読しておくとよいかもしれません。

 

それが後に読解や英作文に活かされることもあるからです。

 

4.難易度が高い(早慶レベルの英文法がマスターできる!)

早慶というのは、大学受験をする人なら必ず意識するところだと思います。

 

「頻出英文法・語法問題1000」はそんな早慶レベルの英文法を身につけるのに最適です。早慶だけではなく、難関国公立を目指す受験生にもおすすめだといえます。

 

しかも、頻出英文法・語法問題1000は4択問題だけでなく、整序問題も豊富なので、さまざまな文法問題を解くことができる本物の力を身につけることができます。

 

筆者

早慶レベルの英文法を身につけるにはまさにうってつけの1冊と言えるでしょう。

 

5.問題の網羅性が素晴らしい

「全解説頻出英文法・語法問題1000」は文法・語法に特化しているので網羅性が素晴らしいです。

 

計1,267問は四択問題だけでなく、整序英作文や誤文訂正なども含みバラエティ豊か。

 

旧センターレベルを超えた問題も一部ありますが、「全解説頻出英文法・語法問題1000」を一冊ものにすればセンターの文法で知らない内容が出ることはないと言い切れます。

 

東大、京大、早慶、MARCHなど、英文法に関しては、全ての大学に対応できるようになります。

 

6.問題編が別冊なのが良い

問題編は解説と別冊になっているものの方がはるかに使い勝手良いと思います。

 

問題を解く時と解説を読む時をきっちりと分けて集中する事ができるからです。

 

問題と解答・解説が見開きになっており、問題を解いていても答が気になってしまう参考書・問題集は多々あります。

 

そんな中、「全解説頻出英文法・語法問題1000」は別々になっており、使い勝手最高です!

 

全解説頻出英文法・語法問題1000のレベル・難易度

続いて、「全解説頻出英文法・語法問題1000」のレベル・難易度について紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 前提となるレベル:英文法に関するインプットは終わっている(偏差値50以上)
  • 対象者:東大・京大・早慶、MARCH以上の難関大学を目指す人
  • 勉強後の到達レベル:東大・京大・早慶、MARCH以上のどの大学でも合格点がとれる(偏差値65以上)

 

筆者
解説します!

 

前提となるレベル

まず、「前提となるレベル」ですが、「英文法に関するインプットは終わっている」ことです。

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」はインプットというよりもアウトプットが中心の参考書になります。

 

なので、英文法に関する知識はある程度インプットされていることが取り組む条件です!

 

インプットが終わっていない段階で本書の取り組むと勉強効果が半減してしまいます。

 

偏差値50以上

偏差値50以上か否かを目安とすると良いでしょう。

 

もし、「英文法のインプットが終わっていない」、「偏差値50以上ない」という方は、以下の3冊からまずは英文法の基礎知識をインプットしてください。

  • 「総合英語Forest(フォレスト)」
  • 「一億人の英文法」
  • 「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」

 

筆者
個人的には、私も使っていた今後も辞書的に使える「総合英語Forest(フォレスト)」がおすすめです!
ただ、時間がない方は「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」が良いと思います。短期間でインプットできるはずです。

 

英語学習者
確かに「英文法」って辞書的な1冊が必要ですよね(笑)

 

上記3冊について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

一億人の英文法とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「一億人の英文法」です! 「一億人の英文法」は高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説をしている参考書です。&nbs[…]

一億人の英文法の評価(評判)と使い方
関連記事

高校英文法をひとつひとつわかりやすとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「高校英文法をひとつひとつわかりやす」です! この参考書は題名の通り、高校で学習する英語の文法事項が分かりやすく解説[…]

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの評価(評判)と使い方

 

また、英文法の勉強法に関して、以下の記事も併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

対象者

「対象者」としては、東大・京大・早慶、MARCH以上の難関大学を目指す人におすすめです。

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」は問題レベルも高いですし、「こんなに細かいことも載っているのか」と思うことも掲載されています。

 

なので、基本的には英文法の勉強は「全解説頻出英文法・語法問題1000」を勉強すれば完結で良いでしょう!

 

東大・京大・早慶、MARCHを含む全ての大学に通用します!

 

勉強後の到達レベル

「勉強後のレベル」ですが、東大・京大・早慶、MARCH以上のどの大学でも英文法分野においては合格点がとれるようになります!

 

上記を内容重複しますが、基本的に「全解説頻出英文法・語法問題1000」この1冊まで勉強すれば、英文法の勉強は大丈夫です!

 

偏差値65前後

偏差値で言うならば、偏差値65前後または以上の受験生と同じレベルの文法知識が身についているはずです!

 

英語学習者
すごいですね!
本当にこの1冊で英文法の勉強は大丈夫なんですか?

 

筆者
大丈夫です!
もし、不安があれば最後の総復習として「英文法ファイナル問題集」を勉強すれば良いと思いますよ♪
英文法の問題がランダムに出題されます!

 

 

「英文法ファイナル問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文法ファイナル問題集とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英文法ファイナル問題集」です! 受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。多くの受験生がこ[…]

英文法ファイナル問題集の評価(評判)と使い方

 

全解説頻出英文法・語法問題1000がおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・おすすめできない人

では、前章の内容を踏まえ、「全解説頻出英文法・語法問題1000」は「どんな人におすすめなのか」をまとめておきます!

 

筆者
おすすめできない人についても紹介しておきますね♪

 

おすすめできる人

まずは、おすすめできる人を紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 英文法のインプットが終わった人
  • 東大・京大・早慶、MARCH以上の難関大学を目指す人/li>
  • 偏差値50以上

 

筆者
解説します!

 

英文法のインプットが終わった人

英文法のインプットが終わった人には「全解説頻出英文法・語法問題1000」はおすすめです!

 

英文法は「インプットしただけでは、絶対にできるようになりません。」
必ず、アウトプットする必要があります。

 

アウトプットの練習に「全解説頻出英文法・語法問題1000」は最適です!
問題数が他の英文法の参考書や問題集と比較してもかなり多いですし、受験範囲全体を全て網羅しています。

 

筆者
これほどアウトプットに最適な参考書・問題集はないでしょう!

 

東大・京大・早慶、MARCH以上の難関大学を目指す人

具体的な大学で考えると、東大・京大・早慶、MARCH以上の難関大学を目指す人におすすめです。

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」は問題レベルも高いですし、「こんなに細かいことも載っているのか」と思うことも掲載されています。

 

なので、東大・京大・早慶、MARCH、関関同立のような難関大学を目指す学生ならば、このレベルの参考書まで勉強しておかないと他の受験生に差をつけられてしまうと思います。

 

筆者
基本的には英文法の勉強は「全解説頻出英文法・語法問題1000」1冊を勉強すれば大丈夫なので、何回も繰り返してアウトプットの練習をしてもらえればと思います。

 

偏差値50以上

偏差値の目安では、偏差値50以上か否かで決めてください!

 

もし、偏差値50以上なにのであれば、英文法の基礎知識が入っていない可能性が多いです!
まずは、次の「おすすめできない人のところで紹介している3冊」のどれかを使い、英文法の基礎知識をインプットしましょう!

 

おすすめできない人

続いて、おすすめできない人についても紹介しておきましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 英文法のインプットが終わっていない人
  • 偏差値50未満

 

英文法のインプットが終わっていない人

英文法のインプットが終わっていない人にはおすすめしていません。

 

英文法の基礎知識がない方が「全解説頻出英文法・語法問題1000」を勉強しても、「to不定詞とはなんぞや」みたいなレベルですと、解説が詳しいと言っても、いちいち調べながら進めないといけませんし、効率が悪く、勉強効果が半減してしまいます。

 

英文法のインプットが終わっていない人は、まずは英文法の基礎を勉強しましょう!
以下の3冊がおすすめです!

 

上記3冊について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

一億人の英文法とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「一億人の英文法」です! 「一億人の英文法」は高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説をしている参考書です。&nbs[…]

一億人の英文法の評価(評判)と使い方
関連記事

高校英文法をひとつひとつわかりやすとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「高校英文法をひとつひとつわかりやす」です! この参考書は題名の通り、高校で学習する英語の文法事項が分かりやすく解説[…]

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの評価(評判)と使い方

 

また、こちらの記事も参考になると思います。
英文法の勉強法について解説しています!

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

偏差値50未満

偏差値では、50以上か未満かを基準に選んでみてください!

 

全解説頻出英文法・語法問題1000の評価(評判)・口コミ


それでは、いよいよ、皆さんが1番気になるであろう、「全解説頻出英文法・語法問題1000」の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、「全解説頻出英文法・語法問題1000」が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

いつの間にか英語が武器になって東大模試とかもA判定以外取らなくなっていた

受験時代、高1でざっと英文法を全範囲終えて、この問題集を2年の夏前に頑張って終えて、その後長文は文法ほど明確なやり方がなくて面倒だなーと思いながら問題精講とかいろいろ苦労してやってたらいつの間にか英語が武器になって東大模試とかもA判定以外取らなくなっていた。

今思うと文法を高2の時点で完成させていたのが(文法問題の比率の少ない東大受験でも)大きかったのだろう。

正直他の類似商品(ネクステ、アプグレ等)とさほどレベルに差があるのかよくわからないけれど、こういう系の問題集を一冊仕上げると文法問題で見覚えのない問題はなくなるのでよいと思う。

問題集を何周もする人もいるけれど、答えを覚えてしまっても意味がないので、むしろ3冊くらい類似の問題集をやった方がいい気がする。そういう意味では最初からこれをやらなくてもいいような。

自分は高1でかなり基礎を固めたつもりだったけれど結構苦労した記憶があるので、アップグレード→これというのがいいのではないか。

あとネクステ系と違って問題と冊子が別なので、すぐに右の頁を見る誘惑や見ようとせずに目に答えが飛び込んでしまう誤爆がないのは地味によかった

あとよく英語の勉強で単語に情熱を傾けてる人がいるけど、中学レベルが入ってるなら文法問題を解きながら出てくる単語を覚える、読解を解きながら出てきた単語を覚える、くらいで適当にやってても早慶以外なら割とどうにでもなる。

早慶は単語大事だけど、逆に早慶に即応した単語帳はあまりないし…英文解釈も文法問題の文が一通り訳せるのならあまり不安はないので、文法と長文メインでやっていけば何とかなります。

良い評価(評判)、口コミ2

早慶受験者の仕上げにもってこいの問題集です

問題の質はネクステとなんの変わりはないんですが、語法に関しては網羅性がはんぱないです。
きっと早慶受験者を視野にいれた問題集なんだろうと思います。

解説は詳しいですが、初心者の方がはじめてみると誤った理解をしてしまい、逆に混乱を招くかと思います。

早慶受験者の仕上げにもってこいの問題集です。

良い評価(評判)、口コミ3

分野別の問題集として、とてもよくできていると思います

分野別の問題集として、とてもよくできていると思います。
解説も丁寧であるし、〈整理〉や〈拡充〉などのまとめも充実しています。

また、近年出題の多い語法にも多くのページ数が割かれており、全体を通して問題数も多く、よい構成であると言えます。(語法の部分はかなりの問題数が充てられていて、広く且つ深くカバーされています)

レベルとしては、基礎レベルの問題はあまり多くなく、標準から発展レベルの問題が多いです。そのため、偏差値がある程度ないと、自分だけで使っていくには少し厳しいかもしれません。

基礎から標準を固めたいのであれば、別の問題集を使ったほうがいいでしょう。
“解説が最低である”とか“答えの解説しか書いていない”などのコメントを下で見かけましたが、それは使う人のレベルによるものだと思います。

解説がある程度分かるレベルになってから使うべきであって、それ以前のレベルの人が使っても、満足できないのは当然でしょう。
問題集だって相手を選びます。

また、どの問題集にも言えることですが、解説が足りないところがでてくるのはやむを得ないのではないでしょうか。解説で書かれていない部分で不明なところがあれば、教師に質問すればいいだけの話です。

とにかく、全体的によくできている問題集であることは間違いないでしょう。

 

筆者
「全解説頻出英文法・語法問題1000」は網羅性が高く、解説が詳しいという口コミが多かったですね!
難関大学を目指す方に最適です!
この参考書を勉強すれば英文法は完成ですね!

 

また、口コミにもありましたが、最近の入試の傾向として、「語法問題」に重きをおいてきているという傾向があります。

 

「語法問題」に重きが置かれている本書はその点、最新の入試傾向を考慮しており、非常に優秀な問題集と言えるでしょう!

 

語法の重要性については以下の記事で解説しています!

関連記事

語法・イディオムとは【大学受験英語】大学入試英語において「文法」「語法」は頻出分野になっていますが、多くの受験生が「文法」と「語法」の違いを理解しないまま勉強しているせいで、『語法』に関する対策をしっかり行えず、結果、『語法問題』で大幅[…]

大学受験英語での語法・イディオムの重要性

 

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ1

テーマ別問題集の弱点です

市場の大半を占めている「細部に至るまでテーマ別に順序よく並んだ文法問題集」はどうにかならないものですかね・・・

この問題過去完了だから次の問題もどうせ過去完了だろうってなってしまってつまらない。

演習を重ねたいなら、あまり種類はありませんが、ランダムに並んでるのをオススメします。

テーマ別問題集の弱点です。

悪い評価(評判)、口コミ2

今の時代では不要な問題もあると感じました

人の能力は様々で、語学の才能に恵まれた上位5%位の人は中学・高校の6年間の学習でこの水準まで到達できるのかもしれないが、一般的な学習者には難しすぎて身に付かないレベルのものである。

問題数も多く、1周するのに時間が掛かり、再学習に臨む前に多くの事を忘れてしまうと思う。

少なくともこれに取り掛かる前に、NextageとかUpgradeとかの文法・語法の部分を完璧に近い状態にしてから取り組むのが良いと思う。

基礎が出来きて英語の吸収力が増す前にこれをやると、消化不良で苦しむと思う。

 

英語学習者
口コミを見る限り、レベルが高くて人を選ぶという口コミが多い印象を受けました!

 

筆者
そうですね!
「全解説頻出英文法・語法問題1000」は市販されている英文法の参考書や問題集の中でも随一の難易度を誇ります!
本書が難しいと感じる方は口コミにもあった「Next Stage」がおすすめですよ!

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」と比較すると難易度は若干劣りますが、「Next Stage(ネクストステージ)」だけでも充分全ての大学に通用すると思います!


Next Stage(ネクストステージ)について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

Next Stage(ネクストステージ)英文法・語法問題とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の中でも5本の指に入る程有名な「ネクステ」という愛称でお馴染みの「Next Stage(ネクストステージ)英文法・語法問題[…]

Next Stage(ネクストステージ)英文法・語法問題の評判(評価)と使い方

 

総括すると、内容的な評価はとても高い参考書となっていました。

 

英語学習者
唯一の欠点が、「難易度が高く人を選ぶ問題集である」ということくらいですかね。

 

内容については、すこぶる評価が高く、購入しても絶対損はしない参考書となっていること間違いなしです。

 

筆者
皆さん、ぜひ1度勉強してみてはいかがでしょうか?

 

 

全解説頻出英文法・語法問題1000の効果的な使い方と勉強法

続いて、「全解説頻出英文法・語法問題1000」の効果的な使い方と勉強法についても紹介しましょう!

 

英文法問題、特にこの「全解説頻出英文法・語法問題1000」は効率重視でガツガツ解いていったほうがいいです。
使い方の一例を紹介します。

 

結論から言うと、以下の通りです!

  1. スピード感を持って単元ごとに一周する
  2. 問題と解答を見ながら「なぜその解答になるか?」を理解する
  3. 1回解けた問題を含めて再度スピーディーに演習する
  4. 自分の苦手な分野を補強する
  5. 1〜4を高速化する

 

筆者
1つずつ解説していきます!

 

1.スピード感を持って単元ごとに一周する

まずは確実にわかる問題とわからない問題の選別を行います。

 

1問30秒で制限時間を設けて1周サクッと解いてみてください。
時間以内に解けなかったもの、間違えたもの、自信がなかったものも含め全てマークするようにしてください。

 

ここで大事なのは正直に自分の力のなさを認めることです。
できないところと向き合いましょう。

 

2.問題と解答を見ながら「なぜその解答になるか?」を理解する

続いて、問題と解答を自分で熟読し、解答根拠をどのように問題で使用するかを理解します。

 

自分がなぜできなかったのか、問題を解くために必要なエッセンス、プロセスをまずはゆっくり吸収しましょう。

 

ここで解説を読んでもわからない箇所が出てくると思います!
そんな時は、上記で紹介した辞書的な参考書を使えば解決します。

 

もう1度紹介しておきますね♪

上記3冊について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「総合英語Forest(フォレスト)7th Edition」です! 「総合英語Forest(フ[…]

総合英語Forest(フォレスト)7th Editionの評価(評判)と使い方
関連記事

一億人の英文法とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「一億人の英文法」です! 「一億人の英文法」は高校で学習するすべての英文法についてわかりやすく解説をしている参考書です。&nbs[…]

一億人の英文法の評価(評判)と使い方
関連記事

高校英文法をひとつひとつわかりやすとは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の「高校英文法をひとつひとつわかりやす」です! この参考書は題名の通り、高校で学習する英語の文法事項が分かりやすく解説[…]

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの評価(評判)と使い方

 

また、英文法の勉強法に関して、以下の記事も併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

3.1回解けた問題を含めて再度スピーディーに演習する

人間の記憶力は曖昧ですので解説を読んでもわからなくなってしまうものです。

 

再度時間を決めて解いてみましょう。
すると正答数は増えているはずです。

 

そしてさらに間違えた問題と新しく間違えた問題にマークをつけてください。

 

4.自分の苦手な分野を補強する

2周してやっと自分が苦手としているところが明確化されてきたと思います。

 

足りない部分や苦手な分野は上記で紹介した参考書や先生を駆使してわからない箇所を潰していきながら学習を進めていきましょう。

 

5.1〜4を高速化する

これを続けて1回の演習時間をどんどん短くしていきます。

 

短時間で文法事項の総復習を心がけてください。

 

筆者
問題を見た瞬間に文法事項と答えがわかるようになればバッチリですね。

 

また、「英文法の勉強法」に関しては、以下の記事も併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】

 

全解説頻出英文法・語法問題1000が終わったら?(次は?)


「全解説頻出英文法・語法問題1000」の勉強がある程度終わったあなたは、かなりの文法知識がついているのではないしょか?

 

ここでは、「全解説頻出英文法・語法問題1000」が終わったら、次にやるべきことについても紹介しておきます!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 英文法ファイナル問題集
  • 英文解釈の勉強を始める
  • 英語長文問題にチャレンジ

 

筆者
解説します!

 

英文法ファイナル問題集

「全解説頻出英文法・語法問題1000」が終わったら、次は「英文法ファイナル問題集」を勉強しましょう!

 

「英文法ファイナル問題集」は文法問題が様々な分野からランダムに出題されます!

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」で取り入れた知識を本番の受験形式でアウトプットするのにぴったりです!

 

「英文法ファイナル問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英文法ファイナル問題集とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英文法ファイナル問題集」です! 受験業界ではあまりにも有名すぎる一冊ですよね。多くの受験生がこ[…]

英文法ファイナル問題集の評価(評判)と使い方

 

他の「英文法の参考書・問題集」が知りたい方はこちら↓

関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】

 

英文解釈の勉強を始める

英文法の勉強が終了したあなたは、英文解釈の勉強を始めましょう!

 

もし、並行して「英文解釈」の勉強していたあなたはそのまま継続で問題ありませんが、これから英語長文問題にチャレンジするとう方で、まだ「英文解釈」の勉強をしていない方がいれば、まずは、「英文解釈」の勉強をすることをおすすめします!

 

筆者
英文解釈を勉強しない方と勉強した方では、その後の偏差値の伸びに差が出ます!

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてください!

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

また、英文解釈の勉強法や参考書・問題集について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

英語長文問題にチャレンジ

「英文解釈を勉強する時間がない」、「英文解釈は並行して勉強していた」という方は、英語長文問題に取り組みましょう!

 

大学受験英語に合格するためには、英文法の勉強だけでは絶対受かりません!

 

英語長文問題が解けた始めて、志望校に合格できます。

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」を勉強すれば、英文法は充分だと思うので、英語長文問題にチャレンジしてみてください!

 

「英語長文問題の解き方や勉強法」、「英語長文問題の参考書や問題集」について詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」と「Next Stage(ネクストステージ)」どちらを使えばいいの?

では、最後に、口コミでも出てきた「Next Stage(ネクストステージ)」ですが、よく、「全解説頻出英文法・語法問題1000」と「Next Stage(ネクストステージ)」どちらを使えばいいと思いますか?という質問をいただくので、本章では、どちらを使うべきかの結論を出して終わりにしたいと思います。

 

今回、比較する項目は以下の通りです!

  1. ページ数・問題数
  2. 本の構成
  3. アマゾンの評価

 

筆者
では、参りましょう!

 

1.ページ数・問題数

以下の表をご覧ください!

全解説頻出英文法・語法問題1000Next Stage
ページ数本体368P+別冊144P
合計512P
512P
問題数問題数1,066 + Extra201問
合計1267問
問題数1,474問

 

ポイント
問題数はNext Stageの方が多い!

 

2.本の構成

続いて、本の構成についてです!

全解説頻出英文法・語法問題1000

全解説頻出英文法・語法問題1000の構成は以下の通り!

第1章 動詞とその周辺
[1] 時制 [2] 態 [3] 助動詞 [4] 仮定法 [5] 不定詞 [6] 動名詞 [7] 分詞 [8] 動詞の語法第2章 形容詞・副詞とその周辺
[9] 形容詞の語法 [10] 副詞の語法 [11] 比較第3章 名詞とその周辺
[12] 名詞の語法 [13] 代名詞の語法第4章 関係詞・接続詞・前置詞とその周辺
[14] 関係詞の用法 [15] 接続詞の用法 [16] 前置詞と群前置詞の用法第5章 その他の重要項目
[17] 主語と動詞の一致 [18] 疑問文と語順 [19] 否定・省略・強調

 

Next Stage(ネクストステージ)

Next Stage(ネクストステージ)の構成は以下の通りです!

Part 1 文法
第1章 時制 第2章 態 第3章 助動詞 第4章 仮定法 第5章 不定詞 第6章 動名詞 第7章 分詞第8章 比較 第9章 代名詞 第10章 関係詞 第11章 接続詞 第12章 前置詞 第13章 主語と動詞の一致第14章 疑問文と語順 第15章 否定・省略・強調 第16章 時制の一致と話法Part 2 語法
第17章 動詞の語法 第18章 形容詞・副詞の語法 第19章 名詞の語法Part 3 イディオム
第20章 頻出基本イディオム70 第21章 動詞を含むイディオム 第22章 形容詞・副詞を含むイディオム
第23章 名詞を含むイディオム 第24章前置詞の働きをするイディオムPart 4 会話表現
第25章会話表現Part 5 単語・語い
第26章 注意すべき語い (名詞・形容詞) 第27章 重要多義語 第28章 注意すべき単語の語形変化Part 6 アクセント・発音
第29章 アクセント問題頻出単語 第30章 発音問題頻出単語

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」は文法・語法に特化していますが、「Next Stage(ネクストステージ)」は内容が盛りだくさんです。

 

イディオム、会話問題、アクセント・発音は「全解説頻出英文法・語法問題1000」では扱っていません。

 

ポイント
扱っている項目はNext Stageの方が多い!

 

3.アマゾンの評価

結論から言うと、以下の通りです!

  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」の評価4.5(コメント者数106人)
  • 「Next Stage英文法・語法問題」の評価の評価3.6(コメント者数98人)

 

明らかに英頻の方が評価が高いことが分かります。

 

ただ、これは注意した方が良いのですが、参考書でも問題集でも買う前には必ずアマゾンの書評を読んでからにしましょう。

 

コメントのレビューワーが10人以下だとヤラセのようなコメントで固めた本もあり、あまり信用できませんが、50人以上のレビューがあればかなり信用できます。

 

ポイント
Amazon評価は全解説頻出英文法・語法問題1000が圧勝!

 

比較まとめ

上記3点の内容をまとめます!

  • ネクステの方が問題数が多い
  • 扱っている項目がネクステの方が多いが、ページ数は同じなのでネクステの方が1項目当たりの内容が薄いと予想される
  • アマゾンのレビューワーの評価では「全解説頻出英文法・語法問題1000」の圧勝

 

結論

で、結局どっちがいいんだよ!
とつっこみたくなる気持ちわかります!

 

結論は以下の通りです!

  • 「全解説頻出英文法・語法問題1000」⇒解説が詳しくて、文法と語法の問題を重点的に解きたい人
  • 「Next Stage(ネクストステージ)」⇒会話問題、イディオムなど、多くの問題を解きたい、解説が少なくても大丈夫

 

こんな感じでしょうか!

 

筆者
個人的には、Amazonレビューからもわかる通り、買った後に後悔が少ないのは、「全解説頻出英文法・語法問題1000」の気がします!

 

英語学習者
何でですか?

 

筆者
解説が丁寧だからです!
周りを見ても独学で進めていく上で「全解説頻出英文法・語法問題1000」の方がレベルは高いけど継続できていた方が多かった気がします!

 

関連記事

大学受験は独学がおすすめの理由まず、初めに、この記事は大学受験の中でも英語を独学で偏差値70、難関大学に合格するための記事です! 私は大学受験で偏差値を上げるには、予備校や塾等に通わずに、独学するのが1番良いと[…]

大学受験英語 独学

 

筆者
まぁ、最終的には好みですね!
最後に両書の良い点をまとめておきます!

 

全解説頻出英文法・語法問題1000の良い点


全解説頻出英文法・語法問題1000の良い点は以下の通り。

  • 解説の量・質が優れている
  • 問題の網羅性が素晴らしい(整序英作文や誤文訂正なども含みバラエティ豊か)
  • 問題編が別冊なのが良い

 

Next Stage(ネクストステージ)の良い点


Next Stage(ネクストステージ)の良い点は以下の通り。

  • 扱っている項目が多い
  • 発音・アクセントはかなり優れている(CD付)

 

筆者
あなたに合う方を選んでみてください!

 

 

Next Stage(ネクストステージ)についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

関連記事

Next Stage(ネクストステージ)英文法・語法問題とは今回紹介するのは、大学受験英語の英文法の参考書・問題集の中でも5本の指に入る程有名な「ネクステ」という愛称でお馴染みの「Next Stage(ネクストステージ)英文法・語法問題[…]

Next Stage(ネクストステージ)英文法・語法問題の評判(評価)と使い方

 

最後に

いかがでしたか?

 

「全解説頻出英文法・語法問題1000」はレベルの高い学生なら皆さん勉強してくる参考書・問題集ですので、他の受験生に差をつけられないためにもぜひ、勉強しておくことをおすすめします。

 

皆さんが合格することを祈っています!
ではまた!

 

全解説頻出英文法・語法問題1000の評判(評価)と使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG