上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

入門英語長文問題精講の評価(評判)と使い方【特徴・勉強法・レベル】

英語長文問題精講シリーズとは

今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英語長文問題精講シリーズ」の「入門英語長文問題精講」です!

 

この問題集は以下の3つにレベル分けされており、下位レベルから進めていくことで、確実に読解力をレベルアップできる問題集となっています!

  • 入門英語長文問題精講
  • 基礎英語長文問題精講
  • 英語長文問題精講

 

 

皆さんも一度は書店等で見たことがあるのではないでしょうか?

 

ちなみに、他のレベルについても参考記事を書いているので、興味がある方は読んでみてください!

関連記事

英語長文問題精講シリーズとは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英語長文問題精講シリーズ」の「基礎英語長文問題精講」です! この問題集は以下の3つにレベル分けされ[…]

基礎英語長文問題精講の評価(評判)と使い方
関連記事

英語長文問題精講シリーズとは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英語長文問題精講」です! この問題集は以下の3つにレベル分けされており、下位レベルから進めていくこ[…]

英語長文問題精講の評価(評判)と使い方

 

ここで、この記事を読んでくださっている皆様に1つ質問です。

 

筆者
皆さんは、英語長文問題は得意でしょうか?
「英単語」や「英文法」の勉強はしたんだけど、「何かテストでは得点できない」なんて方もいるのではないでしょうか?

 

その理由は自分のレベルにあった問題集をこなしていないからです。
英語長文問題で得点するには、自分のレベルを知り、適切な参考書や問題集で勉強しないと偏差値は上がっていきません。

 

筆者
あの人「いつも勉強しているのに、偏差値上がらないよなー」という方は、自分のレベルにあった参考書や問題集を勉強していないからなんですね~!

 

「英語長文問題精講シリーズ」はそんな悩みを解決してくれる参考書になっています。

 

構文の説明や他にも長文問題などをどうやって解いていったらいいのかなどの解説もとても丁寧にしてくれている参考書です。

 

この記事では、そんな「入門英語長文問題精講」について以下の内容で徹底解説していきます!

 

この記事はこんな事が書いてあります!
  • 「英語長文問題精講シリーズ」の特徴
  • 「英語長文問題精講シリーズ」のレベル・難易度・概要
  • 「入門英語長文問題精講」の評価(評判)、口コミレビュー
  • 「入門英語長文問題精講」の使い方と勉強法
  • 「入門英語長文問題精講」がおすすめできる人・できない人
  • 「入門英語長文問題精講」が終わったら次にするべきことは何か

 

英語学習者
各シリーズがどのくらいのレベル・難易度なのか興味があります。

 

筆者
では、早速参りましょう!

 

この記事の後に併せて読んでおくとおすすめです↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法
関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選
関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

英語長文問題精講シリーズの特徴

ではまず、英語長文問題精講シリーズの特徴について紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  1. レベルが高い(難易度高め)
  2. 難しすぎる長文も掲載されている
  3. 設問タイプが多岐にわたる
  4. 持ち運びが便利
  5. 解説が薄い

 

筆者
1つずつ解説していきます!

1.レベルが高い(難易度高め)

まず、全体的に言えることですが、本書は以下の3つのレベルに分かれておりますが、全体的にレベルが高いです。

  • 入門英語長文問題精講
  • 基礎英語長文問題精講
  • 英語長文問題精講

 

筆者
1番易しいレベルも「入門」と書いていますが、けっこう入門じゃなくね?というレベルの英文も混ざっています。

 

ただ、英語の外部検定利用入試の普及などにより、受験生に求められる英語レベルは間違いなく上がっています。

 

もっとも、だからといって入試問題で超難問というレベルの長文や設問が問われることは稀であり、仮にあったとしても合否には関わらないでしょう。

 

ただ骨のある、真の実力のつく高度な英文には数多く触れ、確固たる英語力・長文読解力をつけることは必須です。

 

その点、本書は間違いなくその要請に応えてくれます。

 

2.難しすぎる長文も掲載されている

上記でも紹介しましたが、「入門編」、「基礎編」、「標準編」と書いてあることとのギャップが大きく感じる難しい長文も少なからずあります。

 

内容面もそうですし、使われている単語や表現が受験レベルを超えた学術的な文章も含まれています。

 

判断は難しいですが、あまりにも難しいとやる気を失ったり、必要のないことに時間と労力をかけ、受験勉強全体を見たときに極めて非効率にもなりかねません。

 

筆者
後術するレベル・難易度を確認して、自分のレベルに合ったものを選ぶようにしてください。

 

3.設問タイプが多岐にわたる

本文は入試問題の引用や抜粋ですが、設問については、より受験生のためになるようかなり改変されています。

 

単なる内容一致問題は少なく、英文を題材にして、その中で語彙力・文法力・英作文力などを幅広く要請できるよう設問が工夫されています。

 

その設問レベルも多くは難しすぎない適切なものでとても勉強になります。

 

英語は入試における配点などを考えると最重要教科ですが「他教科含め勉強しなければならないことは多いこと」と「長文読解は復習まで考えるとかなりの時間とエネルギーを要すること」を考えると1つの長文から多くを学べる本テキストは大変貴重です。

 

4.持ち運びが便利

持ち運びが便利という点も、かなり重要です。

 

長文問題集と言うと、やはり解説の詳しさが重視される関係でどうしても厚くなりがちです。

 

受験生はそれでなくとも時間がないのでスキマ時間を効率的に使いたいところです。

 

英語でいえば、スキマ時間は単語や熟語を覚えるということになりがちですが、単語帳・熟語帳を覚えるだけでは語彙力は不十分であり、勉強した長文の中に出てきたものも全て覚えるくらいの貪欲さが求められます。

 

その点、本書はコンパクトサイズなので混んだ電車でも開くことが可能ですので、使い勝手がとても良いです。

 

5.解説が薄い

解説が全体的に不十分という点も挙げられます。

 

言い方を変えれば、かなりの学力レベルの受験生にとって必要と考えられる解説のみが書かれているというイメージです。

 

掲載長文数が多いため、全てにつき詳細な解説は載せられないという問題はあると考えられますが、一部の設問にしか解説がない長文もあるので、場合によっては復習にかなりの時間がとられることにもなりかねないでしょう。

 

英語長文問題精講シリーズのレベル・難易度

続いて、以下の英語長文問題精講シリーズ、各シリーズのレベル・難易度について紹介しましょう!

  • 入門英語長文問題精講
  • 基礎英語長文問題精講
  • 英語長文問題精講

 

入門英語長文問題精講

結論から言うと、以下の通りです!

  • 前提となるレベル:大学受験標準レベルの英語力(偏差値50以上)
  • 対象となる人:旧センター試験レベルを含めて大学受験で英語を受験する人
  • 勉強後の到達レベル:旧センターレベルの長文で安定して高得点が取れるようになる(偏差値50台後半以上)

 

筆者
1つずつ解説していきます!

 

前提となるレベル:大学受験標準レベルの英語力(偏差値50以上)

「入門編」は、後術する「基礎長文問題精講」が出版された後に世に出たもので、大学受験生というよりも中学生を含め本当に入門編というレベル設定・構成になっています。

 

なので、「入門編」は、大学受験英語初心者向けということです。

 

ただ、本書に取り組む前に、前提として大学受験標準レベルの英語力、偏差値で言えば50以上はないと厳しいということだけ理解しておいてください!

 

「大学受験標準レベルの英語力」、「偏差値で言えば50以上」というレベルは?

「大学受験標準レベルの英語力」、「偏差値で言えば50以上」というレベルはどのくらいのレベルかと言うと、「英単語」、「英文法」、「英文解釈」はある程度勉強しているよ!というレベルになります。

 

これら3つの知識がないと、「英語長文問題精講シリーズ」を勉強しても効果が半減してしまいます!

 

なぜならこれら3つの知識がなければ英語長文を読むことはできず、取り組むだけ無駄だからです。

 

いくら優れた英語長文の参考書とは言えども、これらの知識がない人が取り組んでも長文が読めるようにはなりません。

 

もし、上記の勉強が終わっていない方は以下の記事を参考に自分のあった参考書や問題集でまずは、「英単語」、「英文法」、「英文解釈」の知識を習得しましょう!

 

英単語

「英単語の覚え方」と「おすすめの英単語帳」を紹介しています!

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ
英文法

「英文法を効率的に1ヶ月で勉強する方法」と「おすすめの英文法の参考書と問題集」を紹介しています!

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】
関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】
英文解釈

「英文解釈の勉強法」と「おすすめの英文解釈の参考書と問題集」を紹介しています!

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!
英熟語

「英熟語帳の覚え方」と「おすすめの英熟語帳」を紹介しています!

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ
関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】
大学受験英語の勉強法完全版

大学受験英語の勉強法について一連の流れを知りたい方はこちら!
最短で偏差値40から70にする方法を解説しています!

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

対象となる人:旧センター試験レベルを含めて大学受験で英語を受験する人

次に本書を使う対象となる人についてですが、「旧センター試験レベルを含めて大学受験で英語を受験する人」となります。

 

本書に収録されているのはセンターレベルの難易度の長文ですので、どこの大学を受験するにしても、ぜひとも読めるようにしておきたいレベルです。

 

このシリーズのうち、一番解説が丁寧で分かりやすい参考書ですので、「基礎」や「新装版」が難しいと感じた人はまずこれからやるといいでしょう。

 

勉強後の到達レベル:旧センターレベルの長文で安定して高得点が取れるようになる(偏差値50台後半以上)

最後に本書をマスターした後の到達レベルとしては「偏差値が50台後半に達する」そして「旧センターレベルの長文で安定して高得点が取れるようになる」ようになります。

 

基礎英語長文問題精講

続いて、「基礎英語長文問題精講」のレベル・難易度について紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 前提となるレベル:大学受験標準超えレベルの英語力(偏差値55以上)
  • 対象となる人:MARCH、関関同立レベル以上の大学で英語を受験する人
  • 勉強後の到達レベル:MARCH、関関同立合格レベル(偏差値60以上)

 

筆者
1つずつ解説していきます!

 

前提となるレベル:大学受験標準超えレベルの英語力(偏差値55以上)

まず、前提となるレベルですが、語彙力も文法力もある程度付いてきて、いよいよ英語長文問題を得点源にしたという受験生におすすめです。

 

基礎編とはいえ中身は入試問題の抜粋で構成されていますので、最低限の語彙力・文法力は必要でしょう。

 

偏差値で言うならば、偏差値55以上が目安となるでしょう!

 

対象となる人:MARCH、関関同立レベル以上の大学で英語を受験する人

勉強すべき対象となる方は、MARCH、関関同立レベル以上の大学を受験する人です!

 

MARCH、関関同立レベルになると、直訳してもよくわからない英文も出てくるので、本書で英語長文の練習をして、長文対策をしっかりしておくことをおすすめします!

 

勉強後の到達レベル:MARCH、関関同立合格レベル(偏差値60以上)

「基礎英語長文問題精講」をしっかりと勉強した後は、MARCH、関関同立合格レベルに達することができます!

 

偏差値で言うと、60以上ですね!

 

筆者
このレベルになると、英文をスラスラと読むことができるというレベルになっていると思います。

 

「基礎英語長文問題精講」についてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英語長文問題精講シリーズとは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英語長文問題精講シリーズ」の「基礎英語長文問題精講」です! この問題集は以下の3つにレベル分けされ[…]

基礎英語長文問題精講の評価(評判)と使い方

 

英語長文問題精講

最後は、最もレベルの高い「英語長文問題精講」のレベル・難易度についてです!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 前提となるレベル:偏差値60以上
  • 対象となる人:東大、京大、早慶レベルの大学で英語を受験する人
  • 勉強後の到達レベル:東大、京大、早慶合格レベル(偏差値65以上)

 

筆者
1つずつ解説していきます!

 

前提となるレベル:偏差値60以上

まず、前提となるレベルですが、偏差値60以上は必須です!

 

本書のレベルはかなり高いので「最難関大学を目指すから難しいものに取り組まなければ!」と焦り、実力がしっかりとついていない段階で取り組んでも効果はありません。

 

別のシリーズでも良いですが、同じシリーズの方が構成や解答解説の書かれ方など一貫していて使いやすいと考えられますので、入門ないし基礎から始めて最終的に本テキストに取り組むのが良いでしょう。

 

対象となる人:東大、京大、早慶レベルの大学で英語を受験する人

対象となる人は東大、京大、早慶レベルの大学で英語を受験する人です!

 

この参考書は最難関大学のレベルを目指す受験生やMARCH、関関同立には余裕で受かっておきたい!という方以外にはおすすめしていません。

 

中途半端に勉強しようとすると、時間の無駄になりますし、自身を喪失してしまうかもしれないからです。
自信がある方は取り組んでみましょう!

 

勉強後の到達レベル:東大、京大、早慶合格レベル(偏差値65以上)

ただ、この問題集を勉強すれば、大学受験英語で怖いものはなくなります!

 

東大、京大、早慶も合格圏内に入ってくるレベルを目指すことができるでしょう!

 

偏差値で言うと、偏差値65以上となるイメージです。

筆者
トップクラスですね!

 

英語長文問題精講についてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

英語長文問題精講シリーズとは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英語長文問題精講」です! この問題集は以下の3つにレベル分けされており、下位レベルから進めていくこ[…]

英語長文問題精講の評価(評判)と使い方

 

入門英語長文問題精講の評価(評判)・口コミ


それでは、「英語長文問題精講シリーズ」についての解説が終わったところで、ここからはいよいよ、皆さんが1番気になるであろう、「入門英語長文問題精講」の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、「入門英語長文問題精講」が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

改訂し完璧な参考書になりました!

以前より定評のあった問題集ですが、今回の改訂で非常に良くなり使いやすい問題集となりました。

最初にA5版とサイズが大きくなって格段に使いやすくなりました。
サイズアップとはいってもA5版であり他の多くの参考書・問題集と同じサイズであり携帯にも大きな支障はないでしょう。

英語長文は全部で24題、すべて大学入試問題から選定されています。
センター試験より易しめかつ短めの文章からセンター試験よりやや難しく長めの文章まで段階的に配列されています。
本編には24題分の英文と問題が並んでいます。

ページの途中から次の大問が始まることはなくこの点も評価できます。

問題は内容把握の選択肢問題・説明問題を中心に和訳問題・語彙や文法問題・要約問題まで幅広く質の高い問題が取り上げられています。

問題のレベルとしては筆記も含むという点を考慮しなければセンター試験レベル前後と感じました。

解答・解説は別冊になっています。
別冊は本編以上の分厚さで取り外しが出来ます。
まず問題の英文全体のSVOCの構造解説と全文訳があります。これにより英文の構造が十分に理解できると思われます。

またこのページの右端には英文中に登場した単語・熟語の解説があります。中学レベルの基本単語以外はほぼ取り上げられていますので辞書なしでも学習できます(お勧めはできませんが・・・)し、語彙を覚える単語集としても利用できます。

次に精講として英文中に登場した文法や構文に関する講義・解説があり、この部分もしっかりしています。

入門を名うっているだけあって基本部分からしっかり丁寧な説明になっています。そしてその後に問題の解答・解説になります。単に解答を記載するだけでなく正答にたどり着くためのプロセスも示されているので勉強しやすくなっています。

良い評価(評判)、口コミ2

入門編が最も出来が良い!

この入門問題精講は結構逐語訳で、しかも全文SVOC振ってあって、親切丁寧極まりない。

しかも英文も時代にマッチした英文が使われていて、このシリーズの中では、実は入門問題精講が一番今の受験生向けなんじゃないかと思う。

良い評価(評判)、口コミ3

PCやアプリ経由で音声をダウンロードできるようになった!

旧版からの改訂でPCやアプリ経由で音声をダウンロードできるようになり、音読学習が出来るようになった点は非常に大きな改良点。

ただ問題を解くだけでなく、解き終わったら復習として音読を繰り返すと力がつくと思う。

また、全般的に大きさが大きくなり、読みやすくなった。。

良い評価(評判)、口コミ4

旧センターレベルなら、おそらく長文はこれをしっかりやれば大丈夫!

かなり詳しく構文の説明がされています。

単純に問題の解説をするのではなく、一文一文丁寧に解説してくれています。

旧センターレベルなら、おそらく長文はこれをしっかりやれば大丈夫だと思います。
ただ取り組む前に、ある程度の単語力はあった方がいいですね。

 

英語学習者
「入門英語長文問題精講」は、改訂してさらに世間の評価からの評価は上がったようですね!

 

筆者
そうですね!
解説が丁寧という口コミが多いですね!

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ1

バカな自分には早すぎた

少し直訳すぎる(単語の訳が不適切?)箇所が気になりました。
例えば演習17の「Knowing the world ・・・is part of maturing as an individual.」を
「・・・世界を知ることは個人として成熟することの一部である。」としているが、「一部である」は少し違和感がある。

 

筆者
悪い口コミは本当に少なく、解答の訳が微妙という内容しか見当たらなかったですね!

 

英語学習者
内容については、本当に評価が高いんですね!

 

総括すると、内容的な評価はとても高い問題集となっていました。

 

唯一の欠点が、解答の訳くらいですね。

 

内容については、すこぶる評価が高く、購入しても絶対損はしない問題集となっていること間違いなしです。

 

筆者
皆さん、ぜひ1度勉強してみて最上位レベルを目指してみてはどうでしょうか?

 

 

入門英語長文問題精講の効果的な使い方と勉強法


続いて、「入門英語長文問題精講」の効果的な使い方と勉強法についても紹介しましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  1. ゴールを決める【計画を立てる】
  2. 問題を印刷・コピーする
  3. 時間を決めて問題を解く
  4. 解説を読む
  5. SVOCを割り振り精読する
  6. 10回以上音読する

 

1つずつ解説していきます!

 

1.ゴールを決める【計画を立てる】

いつまでにこの参考書をマスターするかのゴールを決めましょう。

 

このいつまでという期限を決めないと、人はどうしてもだらけがちになってしまいますが、期限を決めることで集中力を高め、効率よく勉強できます。

 

ですので、例えば高校3年生の方であれば「10月からは過去問演習に取り組みたいから夏休み中に長文演習を終わらせる」などと言ったようにゴールを決めましょう♪

 

2.問題を印刷・コピーする

さて、ここからは具体的な使い方ですが、まずは問題のページを印刷しましょう。

 

もし印刷せずに本紙に直接書き込んでしまうと、精読による復習や解きなおしができなくなってしまいます。

 

先ほどの述べたように、英語長文は同じ長文を何度も何度も復習することによってその成果を発揮します。

 

ですので復習ができるように、本紙には書き込まず、“必ず”問題文はコピーするようにしましょう!

 

3.時間を決めて問題を解く

印刷が出来ましたら、早速解いていきます。

 

長文ごとに目標解答時間があるので、その時間内に解き終わるようにしてください。

 

筆者
ここではとにかく、限られた時間の中で問題を解ききることを意識してくださいね。

 

4.解説を読む

さて、問題が解き終わりましたら解説を読んでいきましょう。

 

この際に間違った問題に関しては、自分がなぜ間違っていたのか、そして正解するにはどのように文構造を把握すべきだったのかを解説を読んでしっかりと理解してください。

 

この際に、正解の選択肢だけでなく不正解の選択肢に関する解説もしっかりと読み、自分が問題を解くうえで引っ掛かりやすい場所などの弱点を見つけて克服することを意識してください。

 

5.SVOCを割り振り精読する

いよいよここからが英語長文演習の醍醐味といえる勉強法です。

 

ここでの精読と、次の音読をやり込むことによって長文読解力が“大幅”に伸びます!!

 

むしろ、解説を読んで終わりという人はいつまでも経っても長文読解力が伸びることはありません。

 

具体的にどのように精読するかというと、長文1文1文全てにSVOCを割り振り、わからない英単語などは調べて、長文の全てを和訳できるようにするということです。

 

この際に、SVOCを割り振り終えたらそれがあっているか、SVOCが割り振られている巻末の長文ページを開いて確認しましょう。

 

筆者
そこで、自分が誤って把握していた文構造を正しく理解しなおすことを心がけてください。

 

ここで、誤ったままにしていると次の音読の際に、この誤った構文把握を身体に染み込ませていしまい、英文読解の際の大きな障害となってしまいますので、くれぐれもご注意を!

 

6.10回以上音読する

いよいよ最後のステップ、「音読」です。

筆者
音読しまくりましょう!

 

この長文を完全に理解した後に音読をすることによってあなたの長文読解力は飛躍的に向上します。

 

それはなぜかというと、音読することにより「音読をするスピードと同じスピードで英文を読める」ようになり、「頭の中で英語を日本語に訳さずに、英語を英語のまま理解できる」ようになるからです!

 

おそらくこれができるようになるまで少なくても10回は音読することになるでしょう。

 

筆者
できるようになるまで“音読を繰り返してください!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

また、「英語長文問題の解き方、勉強法」に関しては、以下の記事も併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

はじめに【英語長文問題で点数が取れない理由】皆さんは、大学受験の英語長文問題で点数は取れていますか?英語長文問題は、受験する大学のレベルが上がるほど、入試問題でも配点の大部分を占める重要な分野です。 しかし[…]

英語長文問題の解き方・コツと偏差値70勉強法
関連記事

はじめに【英語長文読解に取り組む前に】英語長文読解の解き方にはコツがあります。 私は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文読解とある程度勉強を重ねてきましたが、なぜか思うよう[…]

英語長文読解問題の解き方・やり方のコツと勉強法

 

入門英語長文問題精講がおすすめできる人・できない人

おすすめできる人・おすすめできない人
ここまで、「入門英語長文問題精講」について徹底解説してきましたが、結局、どんな人におすすめなの?ということについて紹介しておきます!

 

おすすめできる人

まずは、おすすめできる人を紹介します!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 大学受験標準レベルの英語力があり、これから英語長文問題を勉強する人
  • 偏差値50以上

 

筆者
解説します!

 

大学受験標準レベルの英語力があり、これから英語長文問題を勉強する人

大学受験標準レベルの英語力があり、これから英語長文問題を勉強する人におすすめです!

 

大学受験標準レベルの英語力とは、具体的に「英単語」、「英文法」の勉強を終えた方です!

 

「入門」と書いてありますが、「英単語」と「英文法」の勉強を終えていない方は、勉強しても効果は半減しますし、よく理解できないと思います。

 

なので、「英単語」と「英文法」の勉強を終えていない方はおすすめできない人の箇所で紹介している記事より、最低でも「英単語」と「英文法」の勉強は終わらせましょう!

 

偏差値50以上

偏差値で言うならば、50以上ある受験生にはおすすめです!

 

筆者
偏差値50の学生が、この問題集を勉強して、偏差値55前後を目指すというイメージですね♪

 

 

おすすめできない人

続いて、おすすめできない人についても紹介しておきましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 偏差値50未満

 

偏差値50未満

また、偏差値50未満の受験生は、まだこの問題集を勉強するには早いです。

 

偏差値50未満の受験生は、基礎が完璧でない可能性が高いです。
以下の参考書、問題集から自分に合うものを選んで、勉強しましょう!

 

最低でも、「英単語」、「英文法」、「英文解釈」は勉強しておくことをおすすめします!

英単語

「英単語の覚え方」と「おすすめの英単語帳」を紹介しています!

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ
英文法

「英文法を効率的に1ヶ月で勉強する方法」と「おすすめの英文法の参考書と問題集」を紹介しています!

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】
関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】
英文解釈

「英文解釈の勉強法」と「おすすめの英文解釈の参考書と問題集」を紹介しています!

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!
英熟語

「英熟語帳の覚え方」と「おすすめの英熟語帳」を紹介しています!

関連記事

英熟語を覚えると偏差値70超え!?皆さんは、大学受験英語の勉強において、英熟語の勉強はしていますか? 膨大な量の単語に加えて、熟語も覚えなければならない・・・どうしても熟語は後回しになってしまいますよね。[…]

英熟語の覚え方・暗記のコツ
関連記事

はじめに【英熟語帳っているの?】10%この数字は何かわかりますか? この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です! そう。大学受験英語に[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】
大学受験英語の勉強法完全版

大学受験英語の勉強法について一連の流れを知りたい方はこちら!
最短で偏差値40から70にする方法を解説しています!

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

英語学習者
基礎ができていないと、応用問題にチャレンジしても意味ないということですね!

 

筆者
そうですね!
この問題集の効果を最大限享受するためにも、基礎はしっかりと勉強しておきましょう!

 

入門英語長文問題精講が終わったら?(次は?)


入門英語長文問題精講が終わったら、次にやるべきことも紹介してきましょう!

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 基礎英語長文問題精講
  • やっておきたい英語長文500
  • 英語長文ハイパートレーニング レベル3難関編

 

基礎英語長文問題精講

次は、セオリー通り「基礎英語長文問題精講」に取り組みましょう!

 

「入門英語長文問題精講」が出来た人はある程度基礎ができていると思うので、「基礎英語長文問題精講」を勉強し、偏差値60以上を目指してください!

 

関連記事

英語長文問題精講シリーズとは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入る程有名な「英語長文問題精講シリーズ」の「基礎英語長文問題精講」です! この問題集は以下の3つにレベル分けされ[…]

基礎英語長文問題精講の評価(評判)と使い方

 

やっておきたい英語長文500

入門英語長文問題精講が終わったら、次は河合塾の「やっておきたい英語長文500」がおすすめです!

この問題集はレベル的には、MARCH、関関同立レベルを合格にするレベルです。
入門英語長文問題精講が解けたあなたは偏差値55前後あると思うので、「やっておきたい英語長文500」を勉強して偏差値60前後を目指しましょう!

 

4択問題や和訳問題など、多岐にわたりますので、良い練習になると思います!

 

関連記事

やっておきたい英語長文とは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも1位、2位を争うほど有名な参考書、「やっておきたい英語長文シリーズ」の「やっておきたい英語長文500」です! この問題集は以[…]

やっておきたい英語長文500の評価(評判)と使い方

 

英語長文ハイパートレーニング レベル2 標準編 新々版

また、安河内先生執筆の「英語長文ハイパートレーニング レベル2 標準編 新々版」もおすすめです!

 

この問題集は解説が丁寧な上に、音声CDがついています!

 

「入門英語長文問題精講」には音声CDがついていないので、この問題集で音読学習をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

英語長文ハイパートレーニングとは今回紹介するのは、大学受験英語の英語長文読解の問題集の中でも5本の指に入るほど有名な参考書、「英語長文ハイパートレーニングシリーズ」の「英語長文ハイパートレーニングレベル2 標準編 新々版」です![…]

英語長文ハイパートレーニングレベル2 標準編の評価(評判)と使い方

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

また、もし他の長文問題集も知りたいという方は以下の記事を参考に!

関連記事

はじめに皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら、大学受験は英語で合否が決まりま[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選

 

入門英語長文問題精講でTOEICや英検はどのくらいカバーできるか?【番外編】

たまに、「入門英語長文問題精講でTOEICと英検の勉強も一緒にできますか?」という質問をいただきますので、紹介しておきましょう。

 

結論から言うと、「入門英語長文問題精講」でTOEICや英検をカバーすることは厳しいです。

 

「入門英語長文問題精講」はあくまでも大学受験英語の入試に向けて作られた問題集ですので、TOEICや英検の対策として使っていくのはやめた方がいいでしょう。

 

筆者
TOEICや英検はそれ専用の問題集を使うことをおすすめします!

 

最後に

いかがでしたか?

 

英語長文問題精講シリーズは受験生なら誰しもが知っていて勉強することも多い参考書ですので、他の受験生に差をつけられないためにもぜひ、勉強しておくことをおすすめします。

 

皆さんが合格することを祈っています!
ではまた!

 

入門英語長文問題精講の評価(評判)と使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG