【違い5つ】ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話はどっちがおすすめ?比較

【違い5つ】ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話はどっちがおすすめ?比較

【違い5つ】ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話はどっちがおすすめ?比較

こんにちは!

サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!現在まで200社以上の英会話スクールを調査してきました!

社会人向けのマンツーマン英会話教室としてよく比較されると「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はサービス内容やコンセプトが似ているので、どちらを選ぶか迷いますよね。

※ちなみに、「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はサクキミ英語200社以上の調査の中で、英会話教室の順位としてはTOP5に輝いた英会話教室です!

この記事では、今まで200社以上の英会話スクールを調査してきたサクキミ英語の中でも、英会話教室の中では5本の指に入る程おすすめする2つのスクールを徹底比較していきたいと思います!

両者の詳しい違いや、それぞれどんな方向けのサービスなのかについてどのサイトよりも詳しく解説していくので、ぜひチェックしてみてください^_^

目次

ベルリッツ(Berlitz)の特徴6つ

ベルリッツ(Berlitz)の特徴6つ

1.カリキュラムの質 4.5
2.講師の質 4.5
3.料金の安さ 4.0
4.アクセスの良さ 5.0
5.学習の本気度 4.0
6.営業時間 4.0
7.スケジュール調整 4.5
8.サポート体制 4.5
総合評価 4.38
ベルリッツ(Berlitz)の特徴
  1. 140年以上の歴史がある独自のベルリッツメソッドに基づいた高品質な教育法
  2. 講師はネイティブだけではなく多国籍(国籍の多さは英会話教室随一)
  3. 珍しい!グループレッスンは2~3名と少人数でお得に英語習得ができる
  4. マンツーマンレッスンは全国の校舎で受講できる
  5. オンライン専用コースあり!ネイティブ講師と365日24時間レッスン受講が可能!
  6. 英語コーチング:TOEIC®︎L&RTEST対策の2ヶ月短期集中コースもあり!

1.140年以上の歴史がある独自のベルリッツメソッドに基づいた高品質な教育法

140年以上の歴史がある独自のベルリッツメソッドに基づいた高品質な教育法

ベルリッツメソッドは「英語教授法辞典」や「英語学英語教育研究辞典」で最も有効な教授法(ダイレクト・メソッド)として紹介され、140年以上愛されている独自の学習方法。

日本語を使うことはなく、英語のみでのレッスンを徹底することで英語を英語で理解することができます。

また、実生活で使えるリアルな英会話にこだわり、ムダのない英語学習が可能。

ベルリッツ・メソッドの特長
  • 学習言語で物事を考えられるように、習っている言語のみでレッスン
  • レッスンは毎回、受講生のニーズに合わせて具体的な目標(ゴール)を設定
  • 言葉が自然に出てくるように、受講生の話す時間を最大化
  • レッスンでは「話す」「聴く」に集中
  • 文法・語彙は、会話の実践演習の中で身につける
  • オンライン専用コースあり!ネイティブ講師と365日24時間レッスン受講が可能!
  • 英語コーチング:TOEIC®︎L&RTEST対策の2ヶ月短期集中コースもあり!

文法にとらわれず「コミュニケーションで使える英語表現」の習得を目指します。

生の英語に触れることができるので、まるで海外留学しているような充実感を味わうことができます。

また、目的に合わせてレッスン内容をカスタマイズしてくれるので、海外出張や海外などあらゆるシチュエーションに適した英語レッスンも提供してくれます。

2.講師はネイティブだけではなく多国籍(国籍の多さは英会話教室随一)

講師はネイティブだけではなく多国籍(国籍の多さは英会話教室随一)

ベルリッツの講師は、アメリカやヨーロッパ、アジアなど、さまざまな国からビジネス経験豊富な人材を集めているのが特徴。

経験豊富なネイティブスピーカーを中心に採用しながらも、英語はネイティブ以外の話者が多いことも踏まえて、高い語学スキルを持つノンネイティブも積極的に講師として迎え入れています。

講師の国籍の多さで言えば、英会話教室随一と言えるでしょう!

さすが、英会話スクールのトップを独走しているだけあります!

3.グループレッスンは2~3名と少人数でお得に英語習得ができる

グループレッスンは2~3名と少人数でお得に英語習得ができる

ベルリッツでは「マンツーマンレッスン」と「グループレッスン」のいずれかの受講スタイルを選ぶこと可能なのですが、料金面のコスパを考えるとおすすめなのは「グループレッスン」です。

「1レッスン4,000円台」と他英会話スクールと比べても比較的リーズナブルな料金設定であるという事と、何よりも「2~3名という少人数制で受講できる」点が大きな特徴。

2~3名の受講生数であれば、グループレッスンだとしても個々の発言回数は多いでしょうし、他の受講生の話も人数が多くない分集中して聞くこともできます。

従来のグループレッスンでは多くて8名ほど、少なくても4名ほどのスクールが多い中で、ベルリッツの少人数グループレッスンでこの価格はコスパが良いと言えます。

4.マンツーマンレッスンも全国の校舎で受講できる

マンツーマンレッスンも全国の校舎で受講できる

英会話スクールを選ぶ際には「マンツーマンレッスンの通いやすさ」もチェックしておきたいポイントです。

通常は「入会した校舎での英会話レッスンの受講」が通常ですが、ベルリッツのマンツーマンレッスンでは「全国60校舎以上」から場所を選び放題。

平日は、会社近くでレッスンを受講し、休日は自宅近くの校舎でレッスンを受講するなども可能です。

また「場所を転々とするお仕事をしている方」や「たまには環境を変えて他の校舎でレッスンをしたい方」などにも自由度高く通うことができますね。

当たり前ですが、校舎ごとレッスンを担当している講師も全然違いますので、場所や講師を変えながら環境を変化させることで、飽きないレッスンが行えるかと思います。

先程も説明しましたが、ベルリッツではもちろんオンラインでの受講も可能。

筆者
マンツーマンレッスンは5,000円台~受講できるので、通学型に比べると若干リーズナブルですね。

5.オンライン専用コースあり!ネイティブ講師と24時間レッスン受講が可能!

オンライン専用コースあり!ネイティブ講師と24時間レッスン受講が可能!

ベルリッツ(Berlitz)はオンライン専用コース(Berlitz Live Online)にも力を入れている点も特徴です!

この点が他の英会話教室と大きく違う点でしょう!

しかも、オンラインコースなら365日24時間レッスン受講が可能です!

忙しいビジネスマンの方や主婦の方にもおすすめです。

なかなか通学型の英会話教室でオンラインコースに力を入れているスクールは少ないので、この点も他の英会話教室の追随を許さないと言えます!

筆者
英会話教室最大手のベルリッツ(Berlitz)だからこそできる充実度と言えるでしょう!
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ】Berlitz Live Online(ベルリッツオンラインコース)の評判は?料金/教材/講師を評価

6.英語コーチング:TOEIC®︎L&RTEST対策の2ヶ月短期集中コースもあり

英語コーチング:TOEIC®︎L&RTEST対策の2ヶ月短期集中コースもあり

ベルリッツ(Berlitz)は何と、TOEICのスコアアップに特化した2ヶ月間(2時間×10回)の短期集中コースである英語コーチングも受講することができます!

講師はTOEICの出題パターンや構造を熟知した日本人。

日本人だからこそわかるつまずきやすいポイントを丁寧に解説してくれます。

またオンラインと組み合わせて受講可能な他、ベルリッツならどこの教室でも受講可能なので急な予定が入っても継続しやすいのも、忙しい現代人にとってはとても魅力的。

途中で挫折しないように、毎日の自己学習プランも設計してくれます。

日々の自己学習や分析によって自分の苦手部分を把握することで、短期間でのスコアアップを実現可能です。

目標スコアによって分かれる3つのコース
  • 550点突破コース
  • 650点突破コース
  • 750点突破コース

※少人数によるグループレッスンだけでなく、マンツーマンコーチングもあり。

「1.通常の英会話教室でのマンツーマン、グループレッスン」「2.オンライン専用コース」「3.英語コーチング」と英語学習の全てに対応可能な万能スクールです!

筆者
英会話教室でこれ程充実したスクールはないので、迷っているなら最大手のベルリッツ(Berlitz)を選ぶことをおすすめしますよ^_^

オンラインでも受講可能!

中高生向けの「ベルリッツ・ティーンズ」はこちら!

シェーン英会話の特徴6つ

シェーン英会話の特徴6つ

1.カリキュラムの質 4.0
2.講師の質 4.0
3.料金の安さ 5.0
4.アクセスの良さ 5.0
5.学習の本気度 3.5
6.営業時間 4.0
7.スケジュール調整 4.0
8.サポート体制 4.5
総合評価 4.25
シェーン英会話の特徴
  1. アメリカ英語ではなくイギリス英語を中心に学べる
  2. マンツーマンとグループレッスンの2種類から選択OK
  3. 英語の4技能+3つの考え方まで幅広く学習できる
  4. 国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍
  5. 日本人講師も在籍!勉強法やレッスンについての相談ができる
  6. 月謝制や転校対応など長期間に渡って継続しやすいシステムを採用

1.アメリカ英語ではなくイギリス英語を中心に学べる

アメリカ英語ではなくイギリス英語を中心に学べる

シェーン英会話の最大のメリットはイギリス英語を中心に学べるところです!

アメリカ英語とは、特に単語や発音、文法に違いがあります!

イギリス人のネイティブスピーカーも在籍していますので、イギリス英語を習得したい方にシェーン英会話はおすすめです!

例えば、アメリカ英語とイギリス英語では下記のように英単語に違いがあります。

英単語アメリカ英語イギリス英語
休暇vacationholidays
アパートapartmentsflat
掃除機HooversVacuum cleaners
地下鉄subwayunderground
繁華街downtowncity centre
薬局drugstorechemist/pharmacy
祝日public holidaybank holiday

どちらも「英語」という点では同じですが、イギリス英語のメリットは世界共通言語として利用者が多いことです。

シェーン英会話に入会し、おしゃれで世界中に伝わるイギリス英語の勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか。

2.マンツーマンとグループレッスンの2種類から選択OK

マンツーマンとグループレッスンの2種類から選択OK

シェーン英会話のレッスン形態
個人レッスン一人ひとりの英語学習の目的やレベルに合わせて講師と1対1で学べる
少人数レッスン会話力を高めるのにベストな定員4名でグループワークを行う

⇧シェーン英会話では、上記のように個人レッスンと少人数レッスンの2種類から選択できます。

他のスクールで言えば、個人レッスンは「マンツーマンレッスン」、少人数レッスンは「グループレッスン」ですね。

どちらの形態でも、シェーン英会話は35年以上のノウハウで改良を重ねてきたレベル別のオリジナルテキストを使えます↓

テキストのレベル代表的な学習テーマ
基礎(Foundation)日常英会話の基礎を築く
現在形の文法や表現を学ぶ
基礎のリスニング力を養う
初級(Elementary)身近な事柄の会話力を養う
過去・未来形の文法や表現を学ぶ
日常会話に必要な語彙を身につける
準中級(Pre-Intermediate)身近な社会生活をこなせる会話力を養う
さまざまな時間や視点の文法や表現を学ぶ
日常会話の幅を広げる語彙を身につける
中級(Intermediate)日常生活に柔軟に対応する会話力を養う
長いセンテンスを使って効果的に伝える力をつける
社会的な事柄を含め多様な語彙を身につける
準上級(Upper Intermediate)齟齬のない意思疎通が図れる会話力を養う
多様な文法や的確な表現の使い分けを学ぶ
やや難しい会話に対応できる語彙を身につける
上級(Advanced)さまざまな状況で自信が持てる会話力を養う
ネイティブの表現を使いこなす
場面に応じた最適な語彙が使える力を培う
筆者
「英会話ってマンツーマンがベストでしょ?」とイメージしている方はいますが、グループレッスンで他の生徒が話す英語を聞くのも効果的です。

3.英語の4技能+3つの考え方まで幅広く学習できる

シェーン英会話は英語の4技能や3つの考え方まで幅広く学習できます。

シェーン英会話で学べるのは、英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)だけではありません。

英語の総合力を上げるのはもちろんのこと、3つのリテラシーの学習も目的としていますよ↓

シェーン英会話で学べる3つのリテラシー
コミュニケーション姿勢英語でコミュニケーションを取る上での姿勢
異文化理解力日本以外の国の文化に対する理解力
英語圏の思考法英語圏に住んでいる人々の思考法

シェーン英会話で英語の3つの考え方を学ぶことにより、異文化を理解して自分の考えを相手に伝えるコミュニケーション能力を身につけられるわけです。

筆者
シェーン英会話にはイギリス人のネイティブ講師が在籍していますので、イギリス独特の慣習の話を伺ってみましょう。

4.国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍

国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍

シェーン英会話では、国際資格を持つ優秀なネイティブ講師とレッスンを受けることができます!

シェーン英会話の講師が持つ国際資格
CELTAケンブリッジ大学が認定する英語指導の国際資格
CertTESOLトリニティ・カレッジ・ロンドンが認定する英語指導の国際資格

シェーン英会話には、上記の国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍しています。

CELTAもCertTESOLも、イギリスで認定されている英語の指導資格です。

つまり、シェーン英会話のネイティブ講師の質は、オンライン英会話に在籍しているようなフィリピン人の比ではありません。

指導力には高い信頼を置ける英会話教室ですので、オンライン英会話が流行する現代においてもシェーン英会話は生き残っています。

5.日本人講師も在籍!勉強法やレッスンについての相談ができる

シェーン英会話では、何と日本人講師も在籍しています。

大手英会話スクールの中で、日本人講師が在籍しているスクールは少ないので、それだけでもシェーン英会話に通う価値はあると言えるでしょう!

また、補足ですが、シェーン英会話には日本人カウンセラーも在籍。

英会話のレッスンは基本的にネイティブ講師が担当しますが、レッスンプランの作成は日本人カウンセラーと面談をした上でカウンセラーが担当。

受講生一人ひとりにあった最適なレッスンプランを提案しているため、自分に合ったスピードでレベルアップできるでしょう。

また、ネイティブ講師には聞きづらい学習の疑問点や悩みなどは、日本語でカウンセラーに相談可能。

日々の自主学習計画や、教材の活用方法、講師に関する悩みなど、目標の実現に向けた最適な学習環境を整えるためにサポートしてくれます。

6.月謝制や転校対応など長期間に渡って継続しやすいシステムを採用

月謝制や転校対応など長期間に渡って継続しやすいシステムを採用

シェーン英会話の柔軟なシステム
月謝制毎月の料金を1ヵ月ごとに支払う続けやすい料金プラン
振替制度個別レッスンは月に2回、グループレッスンは月に1回まで振り替えOK
転校対応最終レッスンまでにカウンセラーに報告すれば無料で転校できる
休学制度1ヵ月当たり4,400円を支払えば最長2ヵ月まで休学できる

シェーン英会話では、上記の4つを中心に長期間に渡って継続しやすいシステムが採用されています。

例えば、数ヵ月間のプログラム料金を一括で支払うコーチング式英会話スクールの場合、「途中で受講できなくなったらどうしよう…」といった不安が出てきますよね。

一方でシェーン英会話は安心の月謝制ですので、始めやすく辞めやすい英会話教室というわけです。

オンラインでも受講可能!

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の比較表(サービス・料金・営業時間)

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の比較表(サービス・料金・営業時間)

では、前提知識を把握していただいたところで、ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話のそれぞれのサービス内容、料金、立地条件などの大まかな違いについて比較していきます。

2022年9月時点の情報を基に比較しています。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」のサービス内容比較

ベルリッツ(Berlitz)シェーン英会話
レッスン形式マンツーマン
グループ(2~4名)
マンツーマン
グループ(2~6名)
レッスン回数【マンツーマン】
月4回/40分
【グループ】
月8回/40分
【マンツーマン】
月4回/40分
【ペアレッスン】
月4回/40分
【グループ】
月4回/50分
レッスン予約電話、メール電話、メール
カリキュラム固定カリキュラム固定カリキュラム
コース内容ビジネス英語
日常英会話
旅行英会話
短期集中
教育訓練給付対象コース..etc
ビジネス英語
日常英会話
旅行英会話
短期集中
教育訓練給付対象コース…etc
講師外国人(約70カ国)外国人・日本人

まず違う点は、ベルリッツはマンツーマン、グループレッスンがありますが、シェーン英会話にはそれに加えて、ペアレッスンがあります。

なので、友人同士で通われる方がシェーン英会話には多い印象がありますね!

そして、やはり大きく違うのは講師ですね!

ベルリッツ(Berlitz)はネイティブ講師でもアメリカ英語も扱っていますが、シェーン英会話はイギリス英語が中心です。

そして、シェーン英会話には日本人講師も在籍しているので、初心者の方はシェーン英会話がおすすめですね!

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の料金比較

ベルリッツ(Berlitz)シェーン英会話
入会金33,000円22,000円
教材費約22,000円
※レベル・コースによる
約22,000円
※レベル・コースによる
受講費
【マンツーマン】
全40回:22万円
【グループ】
全40回:20万円
【マンツーマン】
月4回:1.9万~2.9万円
【グループ】
月4回:0.8万~1.6万円
1ヶ月あたり【マンツーマン】
2.2万円/週1想定
【グループ】
2.5万円/週1想定
【マンツーマン】
1.9万~2.9万円/週1想定
【グループ】
0.8万~1.6万円/週1想定
受講費
月謝・回数制
なし〇月謝制(50分)
月4回:2.6万円~
〇回数制(50分)
月4回:2.9万
月4回:8.8万
月4回:17.6万
※日本人講師が担当
支払い方法・デビットカード
・クレジットカード(分割〇)
・銀行振込
・入学時の入学金、受講費、スクール管理費、教材費のみクレジットカードまたは銀行振込
・その後の受講費は口座振替、回数制個人レッスンは一括前納制
教育給付金制度

料金システムは両社で大きく違います。

ベルリッツは固定プラン(全40回)をマンツーマンかグループかを決めて始めに支払いますが、シェーン英会話は月ごとに個人レッスンなのかグループレッスンなのかを決めます。

そして、月額換算するとマンツーマンレッスンは両社そこまで変わりませんが、グループレッスンはシェーン英会話の方が半額程とコスパは良いです。

なので、料金面を考えるならシェーン英会話にした方が良いでしょう!

ただ、レッスンの質に関してはベルリッツの方が高いと思うので、英語力向上を重視するならベルリッツにした方が良いでしょう。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の営業時間・教室数の比較

ベルリッツ(Berlitz)シェーン英会話
営業時間平日 08:30-21:00
土日祝 08:30-18:00
平日 13:00-21:00
土日 10:00-18:00
教室の場所60教室(東北~九州)189教室(関東~九州)
オンライン受講
売上日本1位日本5位

教室数に関してはベルリッツよりもシェーン英会話の方が優秀と言えるでしょう。

ただ、ベルリッツ(Berlitz)は東北まで展開しているのに対し、シェーン英会話は北海道と東北には店舗がありません!

そして、売上高はベルリッツとシェーン英会話も日本TOP5に入っているので、どちらも人気なことが伺えますね!

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の評判・口コミ比較

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の評判・口コミ比較

実際のベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話に関する口コミを比較してみましょう↓

ベルリッツ(Berlitz)の評判・口コミ

海外の第一線で仕事をする意欲がある方におすすめしたい
製薬会社/女性

評価: 5.0入学する前、周りの人からは「先生のレベルが高い」「オリジナルの教材を使っている」と聞いていて、実際に体験レッスンを受けてみました。するとその評判どおり、他の英会話スクールとはあきらかに頭ひとつ抜けている感じを受けたんです。

帰国子女の自分が語学スクールに通うことはないと思っていましたが、いざビジネストレーニングコースに通ってみると、英会話は奥が深くて、学ぶことがいっぱいありました。

仕事で使える英語を身につけたい、くらいの軽い気持ちではなく、海外の第一線で仕事をする意欲がある方におすすめしたいですね。

日本にいながらレッスンは全て英語という環境は自分にはよかった
外資系企業/女性

評価: 5.0レッスンはすべて英語ということで当初自分には難しいのではと不安だったのですが、レッスン数度目にはレッスン中無意識に英語で物事を考えるようになっていて大変驚きました。日本いながら、海外留学と同等の英語環境を作れる点では、講師のレベルも高いので、英会話教室の中ではベルリッツが最もおすすめだと思います。

グループレッスンでもアウトプットの機会が多く、学ぶ事が多かった
総合商社/女性

評価: 5.0私が通っていたときに担当してくださった講師はみなさん40代の男性で、ビジネス経験があり、かつ講師経験も長いようでした。そのため、とても落ち着いて安心してレッスンを受けることができました。カリキュラムも工夫されており、グループレッスンでもアウトプットの機会が多く、1つの事柄に対しいろいろな表現を学ぶことができました。

また講師の方も表現や文法だけでなく、ネイティブスピーカーにも伝わりやすいような抑揚やボディーランゲージまで教えてくださったことが印象的でした。引っ越しのためやめてしまいましたが、もう少し長く続けたかったです。

3ヶ月後には中級→上級になりTOEICでも860点を達成
会社員/男性

評価: 5.0私が通っていたのはマンツーマン授業のカスタマイズレッスンです。私は電話応答や会議での英語の即戦力が欲しいと思ったので、とっさに英語で対応できるように主に金融英語を中心に学習しました。

日本人のカウンセラーさんに具体的な自分の目標を伝えて、それを外国人の先生が私の英語力を毎回チェックしてくれます。私は海外のクライアントを想定したプレゼンを先生の前で披露したり、内容は毎回とても濃かったです。お陰様で中上級レベルだった英語力が3ヶ月後には上級になりTOEICでも860点を達成することができました。

仕事で使う資料のチェックも先生にお願いしたりしましたが、とても丁寧に対応していただきました。全てはベルリッツでのレッスンのおかげです。また機会があればベルリッツで学びたいです。

個人のレベルに合わせたカリキュラムを考えてくれるので安心
会社員/男性

評価: 5.0個人のレベルに合わせたカリキュラムを考えてくれるので、安心して任せられるような信頼感があります。スタッフの方の質が高く、サポート体制が整っていたところが良かったです。

入学金と教材費がありますが、キャンペーンなども用意されています。レッスンはあらかじめ、どういう風に進めていきたいか相談ができます。間違ったところは指摘してほしい、発音をしっかり教えてほしいなど希望を聞いてくれました。

講師の方は毎回変わりますが、満足度は高かったです。

こちらの口コミを見ていただけるとわかりますが、ベルリッツ受講者の多くはハイクラスなビジネスパーソンが多いという印象です!

学んでいる内容も日常会話というよりも、どちらかというとビジネス英語やTOEICが大半です。

また、ベルリッツのレッスンはオールイングリッシュの環境で行われるので初心者には少し厳しいと感じる方もいるかもしれません。

なので、ベルリッツはビジネス英語やTOEICを学んでさらなる高みを目指す中上級者のおすすめということが伺えます。

シェーン英会話の評判・口コミ

イギリス英語が中心だがアメリカ英語も学べる
会社員/男性

評価: 5.0イギリス英語ということでやはりイギリス人が多いようですが、アメリカ人の先生もいたので必ずイギリス人の先生になるとは限らないようです。担任の先生がいるのでレッスンの内容が一貫していてよかったと思います。

講師はみなさんTESOLやTEFLなどの教師資格を持っている
外資系企業/男性

評価: 5.0イギリス英語に興味がありシェーン英会話を選びました。講師はイギリスの他、オーストラリアやニュージーランドから来ていた方もいました。講師はみなさんTESOLやTEFLなどの教師資格を持っているところも信頼がおけると思います。

そのせいか、他の英会話スクールに比べると落ち着いて勉強できる雰囲気かと思います。また体験レッスンを受けた際も営業がまったくしつこくなかったところも安心してレッスンを受け始められた理由です。丁寧にじっくりイギリス英語を学びたい人にはおすすめです。

本当に通いやすく、継続しやすい英会話スクール
会社員/女性

評価: 5.0本当に通いやすく、継続しやすい英会話スクールです。気が付いたら通い始めて4年。始めたきっかけは、上司から「英語でコミュニケーションが取れるようにならないと、仕事にならない」と言われたから。自分しか話す人がいない状況を作らないと、積極的に話さないと思ったので、あえて個人レッスンを選びました。

シェーンの先生たちは聞き上手で、私が間違える英語を修正しながらも会話を止めることなく、上手く進行してくれます。そのため、たくさん話す時間があります。(ネイティブ講師・月謝制個人レッスン)

アットホームな雰囲気なので、長く続ける方が多い
貿易会社/男性

評価: 5.0国際物流の仕事をしていて、日頃の英語力のなさに悩んでいました。そこで、昔から憧れのあったイギリス英語に特化しているシェーンで学ぶことにしたのです。マンツーマンで毎回同じ講師から指導してもらえるので安心しています。アットホームな雰囲気なので、長く続ける方が多いです。(ネイティブ講師・ビジネス英語)

言語のみならず文化を学ぶ場にもなっている
会社員/男性

評価: 5.0どの先生も、生徒一人一人と向き合い丁寧に指導してくれます。単語や文法だけでなく、イギリスの習慣やアメリカ英語との違いも教えてもらえるので、大変興味深いです。(ネイティブ講師・月謝制少人数レッスン)

シェーン英会話のキーワードは「イギリス英語を学べる」、「継続しやすい」の2つです!

各英会話スクールがアメリカ英語を中心に教えている中、全世界で使用人口が多いイギリス英語を中心に教えてくれます。(もちろん、アメリカ英語も学習可能)

そして、シェーン英会話は、ベルリッツと比較するとカジュアルな雰囲気があり、月謝制や転校対応を導入しているなど、継続しやすい制度が整っています。

以上のことから、2社を比較すると、楽しさや料金を重視するなら「シェーン英会話」、コスパよりもレッスンの質や英語力アップを重視するなら「ベルリッツ」を選ぶと良いでしょう。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の5つの違い

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の5つの違い

上記の比較を考慮した上で、両社の違いは以下の5つとわかったので解説していきます↓

両社の違い
  1. アメリカ英語かイギリス英語か
  2. 講師の国籍
  3. スクール数と展開エリア
  4. 受講形式
  5. 英語初心者はシェーン英会話、中上級者はベルリッツ

違い1:ベルリッツはアメリカ英語も学べるがシェーン英会話はイギリス英語中心

まず、アメリカ英語かイギリス英語かという点が違います。

日本教育では、アメリカ英語を学んできたため、イギリス英語には慣れていません。

ですが、イギリス英語のメリットは世界共通言語として利用者が多いことです。

どちらが良いか悪いかは完全に好みの問題だと思いますが、イギリス英語を学びたいならシェーン英会話一択で良いと思います!

違い2:ベルリッツは多国籍講師だが、シェーン英会話はネイティブ講師のみ

ベルリッツ(Berlitz)の講師は外国人のみです。

そして、ベルリッツはネイティブまたはネイティブと同等の語学力を持つネイティブ以外の講師も在籍しています。

一方で、シェーン英会話は、ネイティブ講師の他に日本人講師も在籍しています。

英会話スクールの中で、日本人講師が在籍しているスクールは少ないので、初心者の方はシェーン英会話を選ぶと良いでしょう。

違い3:ベルリッツ(Berlitz)は東北から九州、シェーン英会話は関東から九州のみ

どちらも全国展開をしている英会話スクールですが、スクール数はシェーン英会話の方が多く展開しています。

ただし、展開エリアに違いがあり、東北から九州地方までスクールがあるベルリッツに対し、シェーン英会話は関東から九州地方のみで、スクール数に対して展開エリアが少ないといえます。

シェーン英会話を関東より北に在住で受けたい方は自ずとオンラインでの受講になります!

オンラインレッスンの質はベルリッツ(Berlitz)の方が高いと思うので、オンラインで受講する場合は「ベルリッツ(Berlitz)」の方が良いでしょう!

違い4:受講形式はベルリッツ(Berlitz)の方が自由度が高い

ベルリッツ(Berlitz)は、都合に合わせて受講する場所や時間を自由に予約できます。

シェーン英会話は基本的に決まった場所と時間で定期的にレッスンを受ける固定性ですが、個人レッスンに関しては予約制を選択すれば予定に合わせた予約が可能です。

また、固定制の場合は転勤などで引っ越しとなった場合は無料で転校ができます。

受講生形式は自由度においてはベルリッツ(Berlitz)の方が優秀です!

違い5:英語初心者はシェーン英会話、中上級者はベルリッツ

これは前述もしてきたことですが、ベルリッツ(Berlitz)のレッスンはオールイングリッシュの環境下で行われるため、英語初心者には少し厳しいと思います。

実際に、通われている方も、外資系企業に勤務されている方や、普段ビジネスで英語を使われている方が多く、中上級者が多い印象です。

一方で、シェーン英会話はビジネスパーソンの他にも学生や主婦層からも人気もあり、ビジネス色ももちろんありますが、どちらかと言えば、日常会話など、カジュアルな印象が強いです。

なので、TOEIC500点以上あり、レッスンの質にこだわりたい方は「ベルリッツ(Berlitz)」、TOEIC500点未満で、コスパや楽しさ重視の方は「シェーン英会話」を選ぶと良いでしょう。

【結論】「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はどっちがおすすめ?

【結論】「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はどっちがおすすめ?

ベルリッツシェーン英会話
カスタマイズ制 3.0 3.0
インプット学習 3.0 3.5
アウトプット学習 4.0 3.5
サポートの充実度 4.0 3.5
通いやすさ 4.0 4.5
口コミ評価 4.5 4.0

ここまでの両社の特徴や違いを考慮した上で比較すると、下記のような形で選ぶと良いと思います。

筆者
とはいえ、好みの問題もあるかと思いますので、ここからは具体的に「どういった人がどちらのスクールが向いているのか」をまとめてみました↓

アメリカ英語でレッスンの質にこわだわりたい英語中上級者なら「ベルリッツ(Berlitz)」

アメリカ英語でレッスンの質にこわだわりたい英語中上級者なら「ベルリッツ(Berlitz)」

  • アメリカ英語もイギリス英語も学んでみたい
  • 様々な国籍の講師から英会話と文化を学びたい
  • 自由な場所と時間で学びたい
  • 実践的なビジネス英語を中心に学びたい
  • コスパよりもレッスンの質の高さにこだわる英語中上級者

シェーン英会話がイギリス英語中心なのに対して、ベルリッツ(Berlitz)はアメリカ英語も学ぶことができ、ノンネイティブ講師も在籍しており講師のバリエーションが豊富です!

また、ベルリッツは、基本的にレッスンごとに自由にスクールの場所や時間を選択できます。

仕事やプライベートの都合に合わせて、近くのスクールで予約して英会話を学べるのが大きな特徴です。

そして、ベルリッツはシェーン英会話と比較するとビジネス英語色が強く、日本語禁止レッスンなので、受講者のレベルも中上級者が多いのが印象です。

なので、実践的なビジネス英語を質高く学びたい方はベルリッツを選ぶと良いでしょう!

オンラインでも受講可能!

中高生向けの「ベルリッツ・ティーンズ」はこちら!
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ】ベルリッツ(Berlitz)の評判は悪い?英語教育のプロが料金/講師/教材を評価

イギリス英語でコスパや楽しさ重視の英語初心者なら「シェーン英会話」

イギリス英語でコスパや楽しさ重視の英語初心者なら「シェーン英会話」

  • イギリス英語を中心に学びたい
  • ネイティブ講師&日本人講師のレッスンを受けたい
  • 首都圏在住の人
  • ビジネス英語だけでなく、日常英会話も学びたい人
  • 月謝制などのコスパや楽しさを重視する英語初心者

シェーン英会話の特徴と言えば、やはりイギリス英語を学べるところです!

また、ネイティブ講師の他に日本人講師も在籍しているので、英会話初心者の方には心強いでしょう。

また、シェーン英会話は、主に首都圏で展開し、特に東京都内にスクールが多い英会話スクールです。

地方への転勤や引っ越しの予定がなく首都圏に在住しているのであれば、スクール数が多いので最寄りのスクールに通いやすいメリットがあるでしょう。

そして、シェーン英会話は、ベルリッツと比較するとカジュアルな雰囲気があり、受講者の方も学生や主婦層もおり、初心者が多い印象です。

また、ベルリッツはビジネス色が強いですが、日常英会話も学べるます。

カジュアルな雰囲気でコスパや楽しさを重視するなら、シェーン英会話を選ぶと良いでしょう!

オンラインでも受講可能!

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ31個】シェーン英会話の評判は?費用や先生などメリット・デメリットを評価

「ベルリッツ(Berlitz)」か「シェーン英会話」のどっちかで迷ったら無料体験へ

「ベルリッツ(Berlitz)」か「シェーン英会話」のどっちかで迷ったら無料体験へ

ここまで両者の違いについて解説してきましたが、手っ取り早く違いを知りたいのであれば、まずはどちらかのスクールで無料体験を受けてみるのがおすすめです。

カリキュラムの内容を確認できるのはもちろん、入会待ちの最新の状況や細かな料金などの気になる点も直接聞くことができます。

ずっと調べて迷っているのであればまずは一度体験を受けて、実際の質や違いを確かめてみましょう。

どちらも本当に質の高いスクールですが、後々後悔しないためにも、自分の予算・好みによりマッチする方を選んでいきましょう!

各社の公式サイトはこちら!

今回紹介したスクールなら、確実に英語力に何かしらの変化をもたらしてくれます!

日本だけで今後ビジネスをしていくのは厳しい時代です!グローバルの波に備えましょう!

今回は以上です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG