【違い4つ】ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話はどっちがおすすめ?違いを徹底比較

【違い4つ】ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話はどっちがおすすめ?違いを徹底比較

【違い4つ】ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話はどっちがおすすめ?違いを徹底比較

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!現在まで60社以上の英会話スクールを調査してきました!

社会人向けのマンツーマン英会話教室としてよく比較されると「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話シェーン英会話」はサービス内容やコンセプトが似ているので、どちらを選ぶか迷いますよね。

※ちなみに、「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はサクキミ英語60社以上の調査の中で、順位としてはNO.1とNO.2に輝いた英会話教室です!

この記事では、今まで60社以上の英会話スクールを調査してきたサクキミ英語の中でも、英会話教室の中では3本の指に入る程おすすめする2つのスクールを徹底比較していきたいと思います!

筆者
両者の詳しい違いや、それぞれどんな方向けのサービスなのかについてどのサイトよりも詳しく解説していくので、ぜひチェックしてみてください^_^
目次

ベルリッツ(Berlitz)とは?特徴4つ

ベルリッツ(Berlitz)とは?特徴4つ

1.カリキュラムの質 4.5
2.講師の質 4.5
3.料金の安さ 4.5
4.アクセスの良さ 4.5
5.学習の本気度 3.5
6.営業時間 4.5
7.スケジュール調整 4.5
8.サポート体制 4.5
総合評価 4.38

ではまず、ベルリッツ(Berlitz)の特徴を紹介します!

  1. ベルリッツメソッドに基づいた高品質な教育法
  2. 講師はネイティブだけではなく多国籍
  3. グループレッスンは2~3名と少人数でお得に英語習得ができる
  4. マンツーマンレッスンは全国の校舎で受講できる

特徴1:ベルリッツメソッドに基づいた高品質な教育法

ベルリッツ(Berlitz)の特徴1:ベルリッツメソッドに基づいた高品質な教育法

ベルリッツメソッドは「英語教授法辞典」や「英語学英語教育研究辞典」で最も有効な教授法(ダイレクト・メソッド)として紹介され、140年以上愛されている独自の学習方法。

日本語を使うことはなく、英語のみでのレッスンを徹底することで英語を英語で理解することができます。

また、実生活で使えるリアルな英会話にこだわり、ムダのない英語学習が可能。

ベルリッツ・メソッドの特長
  • 学習言語で物事を考えられるように、習っている言語のみでレッスン
  • レッスンは毎回、受講生のニーズに合わせて具体的な目標(ゴール)を設定
  • 言葉が自然に出てくるように、受講生の話す時間を最大化
  • レッスンでは「話す」「聴く」に集中
  • 文法・語彙は、会話の実践演習の中で身につける

文法にとらわれず「コミュニケーションで使える英語表現」の習得を目指します。

生の英語に触れることができるので、まるで海外留学しているような充実感を味わうことができます。

筆者
また、目的に合わせてレッスン内容をカスタマイズしてくれるので、海外出張や海外などあらゆるシチュエーションに適した英語レッスンも提供してくれます。

特徴2:講師はネイティブだけではなく多国籍

ベルリッツ(Berlitz)の特徴2:講師はネイティブだけではなく多国籍

ベルリッツの講師は、アメリカやヨーロッパ、アジアなど、さまざまな国からビジネス経験豊富な人材を集めているのが特徴。

経験豊富なネイティブスピーカーを中心に採用しながらも、英語はネイティブ以外の話者が多いことも踏まえて、高い語学スキルを持つノンネイティブも積極的に講師として迎え入れています。

オンラインコースならネイティブ講師と365日24時間レッスン受講が可能

ベルリッツ(Berlitz)のオンラインコースならネイティブ講師と365日24時間レッスン受講が可能

筆者
ちなみに、オンラインコースなら、365日24時間レッスン受講が可能です!忙しいビジネスマンの方や主婦の方にもおすすめです^_^

特徴3:グループレッスンは2~3名と少人数でお得に英語習得ができる

ベルリッツ(Berlitz)の特徴3:グループレッスンは2~3名と少人数でお得に英語習得ができる

ベルリッツでは「マンツーマンレッスン」と「グループレッスン」のいずれかの受講スタイルを選ぶこと可能なのですが、料金面のコスパを考えるとおすすめなのは「グループレッスン」です。

「1レッスン3,000円台」と他英会話スクールと比べても比較的リーズナブルな料金設定であるという事と、何よりも「2~3名という少人数生で受講できる」点が大きな特徴。

2~3名の受講生数であれば、グループレッスンだとしても個々の発言回数は多いでしょうし、他の受講生の話も人数が多くない分集中して聞くこともできます。

筆者
従来のグループレッスンでは多くて8名ほど、少なくても4名ほどのスクールが多い中で、ベルリッツの少人数グループレッスンでこの価格はコスパが良いと言えます。

特徴4:マンツーマンレッスンは全国の校舎で受講できる

ベルリッツ(Berlitz)の特徴4:マンツーマンレッスンは全国の校舎で受講できる

英会話スクールを選ぶ際には「マンツーマンレッスンの通いやすさ」もチェックしておきたいポイントです。

通常は「入会した校舎での英会話レッスンの受講」が通常ですが、ベルリッツのマンツーマンレッスンでは「全国60校舎以上」から場所を選び放題。平日は、会社近くでレッスンを受講し、休日は自宅近くの校舎でレッスンを受講するなども可能です。

また「場所を転々とするお仕事をしている方」や「たまには環境を変えて他の校舎でレッスンをしたい方」などにも自由度高く通うことができますね。

当たり前ですが、校舎ごとレッスンを担当している講師も全然違いますので、場所や講師を変えながら環境を変化させることで、飽きないレッスンが行えるかと思います。先程も説明しましたが、ベルリッツではもちろんオンラインでの受講も可能。

筆者
マンツーマンレッスンで料金が5,000円台~受講できるので、通学型に比べると若干リーズナブルですね。

シェーン英会話とは?特徴4つ

シェーン英会話とは?特徴4つ

1.カリキュラムの質 4.5
2.講師の質 4.5
3.料金の安さ 5.0
4.アクセスの良さ 5.0
5.学習の本気度 3.5
6.営業時間 4.0
7.スケジュール調整 4.0
8.サポート体制 4.5
総合評価 4.38

続いて、シェーン英会話の特徴を紹介します!

  1. アメリカ英語ではなくイギリス英語を中心に学べる
  2. 個人レッスンと少人数レッスンの2種類から選択OK
  3. 英語の4技能+3つの考え方まで幅広く学習できる
  4. 国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍

特徴1:アメリカ英語ではなくイギリス英語を中心に学べる

シェーン英会話の特徴1:アメリカ英語ではなくイギリス英語を中心に学べる

シェーン英会話の最大のメリットはイギリス英語を中心に学べるところです!

アメリカ英語とは、特に単語や発音、文法に違いがあります!イギリス人のネイティブスピーカーも在籍していますので、イギリス英語を習得したい方にシェーン英会話はおすすめです!

例えば、アメリカ英語とイギリス英語では下記のように英単語に違いがあります。

英単語アメリカ英語イギリス英語
休暇vacationholidays
アパートapartmentsflat
掃除機HooversVacuum cleaners
地下鉄subwayunderground
繁華街downtowncity centre
薬局drugstorechemist/pharmacy
祝日public holidaybank holiday
筆者
どちらも「英語」という点では同じですが、イギリス英語のメリットは世界共通言語として利用者が多いことです。シェーン英会話シェーン英会話に入会し、イギリス英語の勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか。

特徴2:個人レッスンと少人数レッスンの2種類から選択OK

シェーン英会話の特徴2:個人レッスンと少人数レッスンの2種類から選択OK

シェーン英会話のレッスン形態
個人レッスン一人ひとりの英語学習の目的やレベルに合わせて講師と1対1で学べる
少人数レッスン会話力を高めるのにベストな定員4名でグループワークを行う

⇧シェーン英会話では、上記のように個人レッスンと少人数レッスンの2種類から選択できます。

他のスクールで言えば、個人レッスンは「マンツーマンレッスン」、少人数レッスンは「グループレッスン」ですね。どちらの形態でも、シェーン英会話は35年以上のノウハウで改良を重ねてきたレベル別のオリジナルテキストを使えます↓

テキストのレベル代表的な学習テーマ
基礎(Foundation)日常英会話の基礎を築く
現在形の文法や表現を学ぶ
基礎のリスニング力を養う
初級(Elementary)身近な事柄の会話力を養う
過去・未来形の文法や表現を学ぶ
日常会話に必要な語彙を身につける
準中級(Pre-Intermediate)身近な社会生活をこなせる会話力を養う
さまざまな時間や視点の文法や表現を学ぶ
日常会話の幅を広げる語彙を身につける
中級(Intermediate)日常生活に柔軟に対応する会話力を養う
長いセンテンスを使って効果的に伝える力をつける
社会的な事柄を含め多様な語彙を身につける
準上級(Upper Intermediate)齟齬のない意思疎通が図れる会話力を養う
多様な文法や的確な表現の使い分けを学ぶ
やや難しい会話に対応できる語彙を身につける
上級(Advanced)さまざまな状況で自信が持てる会話力を養う
ネイティブの表現を使いこなす
場面に応じた最適な語彙が使える力を培う
筆者
「英会話ってマンツーマンがベストでしょ?」とイメージしている方はいますが、グループレッスンで他の生徒が話す英語を聞くのも効果的です。

特徴3:英語の4技能+3つの考え方まで幅広く学習できる

シェーン英会話の特徴3:英語の4技能+3つの考え方まで幅広く学習できる

シェーン英会話は英語の4技能や3つの考え方まで幅広く学習できます。

シェーン英会話で学べるのは、英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)だけではありません。英語の総合力を上げるのはもちろんのこと、3つのリテラシーの学習も目的としていますよ↓

シェーン英会話で学べる3つのリテラシー
コミュニケーション姿勢英語でコミュニケーションを取る上での姿勢
異文化理解力日本以外の国の文化に対する理解力
英語圏の思考法英語圏に住んでいる人々の思考法

シェーン英会話で英語の3つの考え方を学ぶことにより、異文化を理解して自分の考えを相手に伝えるコミュニケーション能力を身につけられるわけです↓

筆者
シェーン英会話にはイギリス人のネイティブ講師が在籍していますので、イギリス独特の慣習の話を伺ってみましょう。

特徴4:国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍

シェーン英会話の特徴4:国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍

シェーン英会話では、国際資格を持つ優秀なネイティブ講師や日本人講師とレッスンを受けることができます!

シェーン英会話の講師が持つ国際資格
CELTAケンブリッジ大学が認定する英語指導の国際資格
CertTESOLトリニティ・カレッジ・ロンドンが認定する英語指導の国際資格

シェーン英会話には、上記の国際資格を持つ優秀なネイティブ講師が在籍しています。CELTAもCertTESOLも、イギリスで認定されている英語の指導資格です。

つまり、シェーン英会話のネイティブ講師の質は、オンライン英会話に在籍しているようなフィリピン人の比ではありません。

筆者
指導力には高い信頼を置ける英会話教室ですので、オンライン英会話が流行する現代においてもシェーン英会話は生き残っています。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の比較表(サービス・料金・営業時間)

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の比較表(サービス・料金・営業時間)

では、前提知識を把握していただいたところで、ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話のそれぞれのサービス内容、料金、立地条件などの大まかな違いについて比較していきます。

2021年11月時点の情報を基に比較しています。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」のサービス内容比較

ベルリッツ(Berlitz)シェーン英会話
レッスン形式マンツーマンレッスン
グループレッスン(2~4名)
マンツーマンレッスン
グループレッスン(2~6名)
レッスン期間1週間~1週間~
レッスン回数【マンツーマンレッスン】
月4回/40分
【グループレッスン】
月8回/40分
【マンツーマンレッスン】
月20回/40分
月40回/40分
月80回/40分
【ペアレッスン】
月4回/40分
【グループレッスン】
月4回/50分
レッスン予約電話
メール
電話
メール
カリキュラム固定カリキュラム固定カリキュラム
コース内容ビジネス英語
日常英会話
旅行英会話
短期集中
教育訓練給付対象コース..etc
ビジネス英語
日常英会話
旅行英会話
短期集中
教育訓練給付対象コース…etc
講師外国人(約70カ国)外国人(イギリス系中心)
筆者
やはり大きく違うのは講師ですね!ベルリッツ(Berlitz)はネイティブ講師でもアメリカ英語も扱っていますが、シェーン英会話はイギリス英語が中心です。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の料金比較

ベルリッツ(Berlitz)シェーン英会話
入会金33,000円22,000円
教材費約22,000円(※レベル・コースによる)約22,000円(※レベル・コースによる)
受講費【マンツーマンレッスン】
全50回/8ヶ月:451,000円
【グループレッスン】
全48回/8ヶ月:200,640円
【マンツーマンレッスン】
〇月謝制(40分/月4回):29,150円
〇回数制(40分)
・全20回:143,000円
・全40回:264,000円
・全80回:484,000円
【グループレッスン】
全44回/1年:191,400円
支払い方法・デビットカード
・クレジットカード(分割〇)
・銀行振込
・入学時の入学金、受講費、スクール管理費、教材費のみクレジットカードまたは銀行振込
・その後の受講費は口座振替、回数制個人レッスンは一括前納制
教育給付金制度
筆者
マンツーマンレッスンやグループレッスンに関しても、シェーン英会話の方が若干お得度は高いです。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の営業時間・教室数の比較

ベルリッツ(Berlitz)シェーン英会話
営業時間平日 08:30-21:00
土日祝 08:30-18:00
平日 13:00-21:00
土日 10:00-18:00
教室の場所60教室(東北~九州)189教室(関東~九州)
オンライン受講
筆者
教室数に関してはベルリッツよりもシェーン英会話の方が優秀と言えるでしょう。ただ、ベルリッツ(Berlitz)は東北まで展開しているのに対し、シェーン英会話は北海道と東北には店舗がありません!

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の評判・口コミ比較

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の評判・口コミ比較
実際のベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話に関する口コミを比較してみましょう

ベルリッツ(Berlitz)の評判・口コミ

筆者
ベルリッツは、ビジネスマンの方が多く通っており、カリキュラムの内容を褒める口コミが数多くありました。

シェーン英会話の評判・口コミ

筆者
シェーン英会話はイギリス英語を学べるといった口コミが圧倒的に多かったです!イギリス英語を学ぶならシェーン英会話一択で良いと思います。

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の4つの違い

「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」の4つの違い
上記の比較を考慮した上で、両社の違いは以下の4つとわかったので解説していきます↓

  1. アメリカ英語かイギリス英語か
  2. 講師の国籍
  3. スクール数と展開エリア
  4. 受講形式

違い1:ベルリッツはアメリカ英語も学べるがシェーン英会話はイギリス英語中心

まず、アメリカ英語かイギリス英語かという点が違います。

日本教育では、アメリカ英語を学んできたため、イギリス英語には慣れていません。

ですが、イギリス英語のメリットは世界共通言語として利用者が多いことです。

筆者
どちらが良いか悪いかは完全に好みの問題だと思いますが、イギリス英語を学びたいならシェーン英会話一択で良いと思います!

違い2:ベルリッツは多国籍講師だが、シェーン英会話はネイティブ講師のみ

ベルリッツ(Berlitz)とシェーン英会話は、どちらも講師は外国人のみです。

シェーン英会話の講師は全員英語ネイティブなのに対し、ベルリッツはネイティブまたはネイティブと同等の語学力を持つネイティブ以外の講師も在籍しています。

筆者
ネイティブだけではなく多国籍の講師と会話をする機会を得られるベルリッツ(Berlitz)の方がこの点は優秀でしょう!

違い3:ベルリッツ(Berlitz)は東北から九州、シェーン英会話は関東から九州のみ

どちらも全国展開をしている英会話スクールですが、スクール数はシェーン英会話の方が多く展開しています。

ただし、展開エリアに違いがあり、東北から九州地方までスクールがあるベルリッツに対し、シェーン英会話は関東から九州地方のみで、スクール数に対して展開エリアが少ないといえます。

筆者
シェーン英会話を関東より北に在住で受けたい方は自ずとオンラインでの受講になります!

違い4:受講形式はベルリッツ(Berlitz)の方が自由度が高い

ベルリッツは、都合に合わせて受講する場所や時間を自由に予約できます。

シェーン英会話は基本的に決まった場所と時間で定期的にレッスンを受ける固定性ですが、個人レッスンに関しては予約制を選択すれば予定に合わせた予約が可能です。また、固定制の場合は転勤などで引っ越しとなった場合は無料で転校ができます。

筆者
受講生形式は自由度においてはベルリッツ(Berlitz)の方が優秀です!

【結論】「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はどっちがおすすめ?効果ある?

【結論】「ベルリッツ(Berlitz)」と「シェーン英会話」はどっちがおすすめ?効果ある?

ベルリッツシェーン英会話
カスタマイズ制 3.0 3.0
インプット学習 3.0 3.5
アウトプット学習 4.0 3.5
サポートの充実度 4.0 3.5
通いやすさ 3.5 4.5
口コミ評価 4.5 4.0

ここまでの両社の特徴や違いを考慮した上で比較すると、

といった感じです。

筆者
とはいえ、好みの問題もあるかと思いますので、ここからは具体的に「どういった人がどちらのスクールが向いているのか」をまとめてみました↓

自由な場所と時間でアメリカ英語も学びたいなら「ベルリッツ(Berlitz)」

自由な場所と時間でアメリカ英語も学びたいなら「ベルリッツ(Berlitz)」

  • アメリカ英語もイギリス英語も学んでみたい
  • ネイティブ以外の講師も経験したい
  • 自由な場所と時間で英会話を学びたい

シェーン英会話がイギリス英語中心、ネイティブ講師のみしか在籍していないのに対して、ベルリッツ(Berlitz)はアメリカ英語も学ぶことができ、ノンネイティブ講師も在籍しており講師のバリエーションが豊富です!

また、ベルリッツは、基本的にレッスンごとに自由にスクールの場所や時間を選択できます。仕事やプライベートの都合に合わせて、近くのスクールで予約して英会話を学べるのが大きな特徴です。

筆者
絶対にイギリス英語やネイティブ講師が良い!という方でなければ、私はベルリッツ(Berlitz)をおすすめします!

オンラインでも受講可能!

小学生までの「ベルリッツ・キッズ」はこちら!
中高生向けの「ベルリッツ・ティーンズ」はこちら!

ネイティブ講師からイギリス英語を学びたいなら「シェーン英会話」

ネイティブ講師からイギリス英語を学びたいなら「シェーン英会話」

  • イギリス英語を学びたい
  • ネイティブ講師がいい!
  • 首都圏在住の人

シェーン英会話の特徴と言えば、やはりイギリス英語を学べるところです!また、ネイティブ講師しか在籍していないので、絶対にネイティブ講師からレッスンを受けたい人はおすすめですね!英語で英語を教えるための特別なスキルを持つ優秀な講師陣によるレベルの高い英会話指導により、英会話上達が望めます。

また、シェーン英会話は、主に首都圏で展開し、特に東京都内にスクールが多い英会話スクールです。地方への転勤や引っ越しの予定がなく首都圏に在住しているのであれば、スクール数が多いので最寄りのスクールに通いやすいメリットがあるでしょう。

筆者
基本的に固定制で通うスクールも固定されていますが、振替レッスンは他のスクールでも受講できます。

オンラインでも受講可能!

「ベルリッツ(Berlitz)」か「シェーン英会話」のどっちかで迷ったら無料体験へ

「ベルリッツ(Berlitz)」か「シェーン英会話」のどっちかで迷ったら無料体験へ

ここまで両者の違いについて解説してきましたが、手っ取り早く違いを知りたいのであれば、まずはどちらかのスクールで無料体験を受けてみるのがおすすめです。

カリキュラムの内容を確認できるのはもちろん、入会待ちの最新の状況や細かな料金などの気になる点も直接聞けるので、ずっと調べて迷っているのであればまずは一度体験を受けて、実際の質や違いを確かめてみましょう。

筆者
どちらも本当に質の高いスクールですが、後々後悔しないためにも、自分の予算・好みによりマッチする方を選んでいきましょう!

今回紹介したスクールなら、確実に英語力に何かしらの変化をもたらしてくれます!

日本だけで今後ビジネスをしていくのは厳しい時代です!グローバルの波に備えましょう!

今回は以上です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG