上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

入門英文解釈の技術70の評価(評判)と使い方【レベル・勉強法】

入門英文解釈の技術70とは

今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「入門英文解釈の技術70」です!

 

「入門英文解釈の技術70」は以下の「英文解釈の技術」の3シリーズの1冊です。

  • 入門英文解釈の技術70
  • 基礎英文解釈の技術100
  • 英文解釈の技術100

 

上記3冊の中で、「入門英文解釈の技術70」は1番下(易しい)レベルになっています!

 

実際にどのくらいのレベルなのかは後程紹介しますので、確認してみてください!

 

また、他のレベルの2冊についても解説記事があるので、読んでみてください!

関連記事

基礎英文解釈の技術100とは今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「基礎英文解釈の技術100」です! 「基礎英文解釈の技術100」は以下の「英文解釈の技術」の3シリーズの1冊です。[…]

基礎英文解釈の技術100の評価(評判)と使い方
関連記事

はじめに今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「英文解釈の技術100」です! 英文法や英単語の勉強が終わっていざ長文問題を解いてみたら解けないという現象が起こります。&nb[…]

英文解釈の技術100の評価(評判)と使い方

 

筆者
皆さんの中にも、英文法や英単語の勉強が終わって、いざ長文問題を解いてみたら解けないという現象が起きたことはないでしょうか?

 

その原因は英文解釈の理解ができていないからです。
英文解釈は英文をSVOCに振り分け、一文一文の成り立ちが理解できていないといけません。

 

「入門英文解釈の技術70」はその悩みを克服してくれる参考書になっています。
構文の説明や他にも長文問題などをどうやって解いていったらいいのかなどの解説もとても丁寧にしてくれている参考書です。

 

この記事では、そんな「入門英文解釈の技術70」について以下の内容で徹底解説していきます!

 

この記事はこんな事が書いてあります!
  • 「入門英文解釈の技術70」の特徴
  • 「入門英文解釈の技術70」の評価(評判)、口コミレビュー
  • 「入門英文解釈の技術70」のレベル感(難易度)
  • 「入門英文解釈の技術70」の使い方と勉強法
  • 「入門英文解釈の技術70」がおすすめできる人・できない人
  • 「入門英文解釈の技術70」の次にやるべきこと

 

筆者
では、早速参りましょう!

 

英語学習者
どんなレベルに到達できるのか楽しみです♪

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、本題へいきましょう!

 

入門英文解釈の技術70の特徴

入門英文解釈の技術70の特徴について紹介していきます。

 

先に結論から言うと、以下の通りです!

  • 合計140問【例題70問・問題70問】
  • ボリュームはそこまで多くない
  • 解説が丁寧すぎる
  • 音声CDがついている

 

合計140問【例題70問・問題70問】

入門英文解釈の技術70は70問の例題とそれに対応する形の問題70問合計140問あります。

 

ボリュームはそこまで多くない

上述の通り、問題数は140問で、そこだけ聞くとかなりのボリューム感と感じるかもしれませんが、実際はそこまでボリュームはありません。

 

理由は、問題のレベルがそこまで高くないからです!
一日に最低でも3題程度はできると思います。

 

筆者
入門英文解釈の技術70を使って勉強していく時は計画を立ててサクサクと問題を進めていくイメージですね。

 

1か月もすれば一周は終わります。

 

解説が丁寧すぎる

入門英文解釈の技術70で1番嬉しい特徴は解説が丁寧ということです!

 

入門英文解釈の技術70は英文解釈初心者の受験生に向けて作成されてますので、SVOCの文型から品詞からこと細かく、偏差値50以下の受験生にもわかるように解説してくれています。

 

英単語と英文法の勉強を全くやっていない方は少し厳しいかもしれませんが、英文解釈をこれから始めようとする受験生にはぴったりな参考書となっています!

 

もし英単語と英文法の勉強が終わっていない方がいれば、以下の記事が参考になると思います!

 

大学受験英語の勉強法

偏差値40から偏差値70に上げるための一連の勉強法を紹介しています!

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

英単語

「英単語の覚え方」と「おすすめの英単語帳21選」を紹介しています!

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

英文法

「英文法の勉強法」と「おすすめの英文法問題集・参考書16選」を紹介しています!

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】
関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】

 

音声CDがついている

「入門英文解釈の技術70」には音声CDも付いています。

 

英文解釈のような参考書は音読の勉強をすると効果が倍増しますので、音声CDがあると効率よく勉強できます。

 

関連記事

過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学からのメッセージです。[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

以上で入門英文解釈の技術70の特徴について紹介しました。

 

入門英文解釈の技術70は壁にぶち当たる回数も少ないと思います。

 

筆者
ここではとにかく知識を頭の中に入れていく事が必要不可欠になってきますので、頑張って勉強していきましょう。

 

入門英文解釈の技術70の評価(評判)、口コミレビュー

それでは、皆さんが1番気になるであろう、「入門英文解釈の技術70」の世間での評価(評判)、口コミについて紹介したいと思います。

 

筆者
良い評価(評判)、口コミだけでなく、悪い評価(評判)、口コミも紹介しているので、「入門英文解釈の技術70」が気になっている方は必見です。

 

英語学習者
やっぱり悪い評価(評判)、口コミはどこにでもあるんですね(笑)

 

筆者
そこはしょうがないですね(笑)では、早速参りましょう。

 

良い評価(評判)・口コミレビュー

まずは、良い評価(評判)・口コミレビューを紹介します!

良い評価(評判)、口コミ1

解説が丁寧な所が非常によかった!

入門英文解釈の技術70での口コミで多かったのがとても解説が丁寧な所が非常によかったという評価です。

入門英文解釈の技術70は一文一文の解説が丁寧にされている参考書になりますので、独学で勉強している人にも優しい参考書になっています。

良い評価(評判)、口コミ2

高校一年生から取り組むことができるレベルで嬉しい!

他にも「入門英文解釈の技術70」は入門と書いてあるだけあって、長文の内容も易しかったので、高校一年生から取り組むことができるという口コミもありました。

「入門英文解釈の技術70」は3段階レベルがある中で、1番下のレベルになりますので、高校一年生の英語レベルでも非常に取り組みやすい内容になっています。

英文解釈、長文問題は大学受験英語の最も点数配分が高い科目ですので、早い内から勉強できるのは嬉しいですよね!

 

筆者
解説が丁寧で易しいレベルの文章なら、独学でも勉強しやすく嬉しいですね!

 

関連記事

大学受験は独学がおすすめの理由まず、初めに、この記事は大学受験の中でも英語を独学で偏差値70、難関大学に合格するための記事です! 私は大学受験で偏差値を上げるには、予備校や塾等に通わずに、独学するのが1番良いと[…]

大学受験英語 独学

 

悪い評価(評判)・口コミレビュー

続いて、悪い評価(評判)、口コミについて紹介していきます!

悪い評価(評判)、口コミ

問題数が少し多いように感じる

「入門英文解釈の技術70」での口コミで多かったのが、「入門英文解釈の技術70」は問題数が少し多いように感じるといった口コミです。

「入門英文解釈の技術70」は70個の例題がありますが、70個すべて違った内容の知識が得られるとは限りません。

重複した問題もほんの少しですがあります。
そう考えると、効率を重視する方には不向きかもしれませんね。

 

筆者
上記のように問題数が少ないと感じているのであれば、上のレベルの参考書などを使って勉強していくことをおすすめします!

 

これ、さっきも同じ内容でやったじゃん!と理解ができるレベルでいるということは、理解が進んでいるということですので、1つ上の「基礎英文解釈の技術100」に挑戦してみましょう!


いずれにせよ、「入門英文解釈の技術70」だけで英文解釈や英語長文問題の対策が完璧になるわけではありませんので、自分のレベルを考慮し、選んでみてください!

 

筆者
理想は、「入門英文解釈の技術70」⇒「基礎英文解釈の技術100」という流れが最も力がついておすすめですよ!

 

「入門英文解釈の技術70」は総合的には評価がとても高い参考書です。
やはり多くの人が、「解説がとても丁寧」と感じているみたいですね。

 

もし、問題数が多いのが好ましくないという方は、以下の記事も参考にしてみてください!
市販されている「英文解釈」の参考書はほぼ紹介しています!

関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

入門英文解釈の技術70のレベル感(難易度)

入門英文解釈の技術70のレベル感(難易度)について紹介していきます。

先に結論から言うと、以下の通りです!

  • 偏差値50以下の受験生レベルに適している
  • センター試験は理解できるようになってくる
  • 日東駒専レベル

 

偏差値50以下の受験生レベルに適している

「入門英文解釈の技術70」はタイトルにもある通り入門レベルの参考書です。

 

偏差値でいえば50以下の人が使っていくレベルの参考書になります。
英文解釈を基本的なことから学んでいきたいという人には、「入門英文解釈の技術70」ぴったりです!

 

センター試験は理解できるようになってくる

「入門英文解釈の技術70」を使って勉強していけば、センター試験レベルの問題は解けるようになってきます。

 

「入門英文解釈の技術70」ができるようになれば、「センター試験の文章は何となく読めるなー」という感覚が芽生えるはずです!

 

筆者
「入門英文解釈の技術70」は英文解釈の1冊目の参考書としてぴったりですよー!

 

日東駒専レベル

大学で言うと、日東駒専レベルです。MARCHや関関同立は厳しいと思います。

 

MARCHや関関同立レベルに到達したい方は、1つ上のレベルの「基礎英文解釈の技術100」にチャレンジしましょう!

 

筆者
「入門英文解釈の技術70」⇒「基礎英文解釈の技術100」と勉強できれば、相当英文を読めるようになると思いますよ!

 

以上で「入門英文解釈の技術70」のレベル感(難易度)について紹介しました。

 

入門英文解釈の技術70の使い方と勉強法

「入門英文解釈の技術70」の使い方や勉強法について紹介していきます。

 

先に結論から言うと、以下の通りです!

  1. まずは例文と問題を解いていく
  2. 解説を確認
  3. 英文を音読する【10回程がおすすめ】

 

詳しく解説します!

 

1.まずは例文と問題を解いていく

「入門英文解釈の技術70」は英文解釈の参考書になっていますので、まずは英文解釈の理解や構文の解説などの説明を学んでいく必要があります。

 

始めは「入門英文解釈の技術70」に紹介されている例文と問題を解いていきましょう。

 

SVOCを確認することを忘れない

問題を解いている最中は、どのようにSVOCが振り分けられているのかの確認をしていきましょう。

 

「入門英文解釈の技術70」に出てくる問題に複雑な英文も出てきますので良い勉強になります。

 

2.解説を確認

問題を解いてみたら解説を読んでいきます。

 

正解した問題と間違っている問題両方に注目する

正解した問題と間違っている問題両方に注目していきましょう。
問題の答え合わせの時に注意する事があります。

 

それは、間違っていた問題は注目するのですが、正解した問題にはあまり目を通さないことです。
それには注意が必要です。

 

選択問題などで自分の回答と解説の答えがあっていたからといって、根拠が違う場合があります。
自分の回答根拠と解説の回答根拠を比べてみてちゃんとあっているのか確認しましょう。

 

もし違っているのであればそれは不正解になります。ここの部分は気をつけて取り組むことを忘れないでください。

 

3.英文を音読する【10回程がおすすめ】

復習方法も紹介します!

 

「入門英文解釈の技術70」のような英文解釈の参考書は音読の復習はとても大切です。
音読は最低でも10回は繰り返して読んでみましょう。

 

音声CDを活かす

「入門英文解釈の技術70」には音声CDなども付いていますので、音声を実際に聞いて英文を読み上げていくのがおすすめです。

 

同じ内容の長文を読んでいるからこそ意味があります。
長文の復習は音読で勉強効果が倍増するほど、音読は効果的な勉強法なので、ぜひ実践してみてください!

 

関連記事

音読の効果は最強という話皆さんは、英語長文問題の勉強において、音読はしているでしょうか?もし、音読はしていないという方がいたら、それはもったいないことをしています。 英語では、音読すると英語長文問題の点数を[…]

音読の効果と正しいやり方

 

以上で「入門英文解釈の技術70」の使い方や勉強法について紹介しました。

 

筆者
「入門英文解釈の技術70」は復習がメインになっている参考書です。まずは問題を解いてしっかりと復習をしていきましょう!

 

1つでも知識を頭の中に入れられるようにがんばってください!

 

また、「英文解釈の解き方、勉強法」に関しては、以下の記事も併せて読んでおくと良いでしょう↓

関連記事

はじめに【英文解釈の重要性】皆さんは、大学受験英語でどのくらい点数を取れていますか?英単語も英文法も勉強しているのになぜか点数が伸びない・・・ そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?その理[…]

英文解釈の勉強法・やり方と効果

 

入門英文解釈の技術70がおすすめできる人・できない人

入門英文解釈の技術70もおすすめできる人とおすすめできない人がいます!

 

筆者
あなたがどっちに当てはまっているか確認してみてください。

 

おすすめできる人

「入門英文解釈の技術70」がおすすめできる人について紹介していきます。

 

先に結論から言うと、以下の通りです!

  • 大学受験英語初心者(偏差値50以下)
  • 大学受験本番まで時間がある受験生

 

大学受験英語初心者(偏差値50以下)

特に入門英文解釈の技術70はレベルが高いわけでもなく、英文解釈の基礎から学ぶことができますので、学びやすい参考書になります。

 

また、入門英文解釈の技術70はとても解説が丁寧な参考書になっています。
なので、細かい部分も解説があってほしいという大学受験英語初心者にはおすすめです。

 

偏差値50以下の受験生

具体的には偏差値50以下の受験生ですね。

 

偏差値50以上の受験生が英文解釈を学んでいきたいのであれば、「入門英文解釈の技術70」の1つ上のレベル参考書(基礎英文解釈の技術100)を使って勉強していくことをおすすめします。

 

また、大学受験英語の初心者の方は、以下の記事も併せて読んでおきましょう!

 

大学受験英語の勉強法【完全版】

偏差値40から偏差値70へ到達するための一連の勉強法を紹介しています!

関連記事

はじめに突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかなりモテる 就職活動がかなり余裕になる[…]

大学受験英語の勉強法・計画、進め方と参考書・問題集

 

英単語

「英単語の覚え方」と「おすすめの英単語帳21選」を紹介しています!

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか? そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどの[…]

英単語の覚え方・効率的な暗記法
関連記事

はじめに大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。 英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷いますよね[…]

英単語帳おすすめ

 

英文法

「英文法の勉強法」と「おすすめの英文法問題集・参考書16選」を紹介しています!

関連記事

はじめに皆さんは英文法の勉強は進んでおりますでしょうか? 大学受験が迫ってきているのに、 英単語が終わらず、英文法までは手をつけられていない 英文法を勉強しているが、成果に結びつかないな[…]

英文法勉強法【1ヶ月で効率的に覚える裏技】
関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強! でも英語の勉強は、 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語などやらなければならない[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】

 

大学受験本番まで時間がある受験生

また、大学受験本番まで時間がある受験生にもおすすめです!

 

大学受験本番まで時間があるのであれば、「英文解釈の技術シリーズ」を本書(入門英文解釈の技術70)からじっくり勉強し、英文解釈を完璧にしておくことをおすすめします!

 

 

筆者
英文解釈を勉強するのとしないのでは、その後の偏差値の伸びに違いが出てくるので、英文解釈は可能であればじっくり勉強するのがおすすめです!

 

入門英文解釈の技術70がおすすめできない人

入門英文解釈の技術70がおすすめできない人について紹介していきます。

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 1冊を読破した達成感が早く欲しい方
  • 偏差値55以上の受験生

 

1冊を読破した達成感が早く欲しい方

「入門英文解釈の技術70」は問題の数が少し多いので、少ない問題量で勉強して、1冊をどんどん終わらせているという達成感が欲しい方は、「入門英文解釈の技術70」はおすすめではありません。

 

もっと問題数が少ない参考書を選んで勉強した方が達成感を得ることができます。
「入門英文解釈の技術70」は1冊終わらせるのに、継続力が必要だと思います!

 

偏差値55以上の受験生

偏差値55以上の受験生にも「入門英文解釈の技術70」はおすすめできません!

 

偏差値55以上ある方は。1つ上のレベルの「基礎英文解釈の技術100」を解いた方が良いと思います!

 

筆者
ただし、せっかく大学受験入試本番まで時間があるのなら、「入門英文解釈の技術70」からやっても個人的には良いと思います!

 

以上で「入門英文解釈の技術70」がおすすめできる・できない人について紹介しました。

入門英文解釈の技術70の次は?(終わったら?)

入門英文解釈の技術70が終わったら次は何をすべきかについて紹介します。

 

結論から言うと、以下の通りです!

  • 基礎英文解釈の技術100
  • 基礎英文問題精講

 

基礎英文解釈の技術100

入門英文解釈の技術70が終わったら次にレベルの参考書を使って勉強していきましょう。
具体的には「基礎英文解釈の技術100」などの一つ上のレベルの参考書がおすすめです。

 

3段階に分かれている、真ん中のレベルですね!

 

基礎英文問題精講

「基礎英文問題精講」もおすすめです!

 

「基礎英文問題精講」も「英文解釈の技術シリーズ」と同じように3段階に分かれており、「基礎英文問題精講」も真ん中のレベルになります!

筆者
ちょうど基礎英文解釈の技術100と同じレベル感という感じですね!

「基礎英文問題精講」も解説記事を書いています!

関連記事

基礎英文問題精講とは基礎英文問題精講とはどのような参考書なのかご紹介していきます。 基礎英文問題精講は英文解釈の参考書です。 基礎英文問題精講は基礎と題名に書いてあるので、基礎レベルを[…]

基礎英文問題精講の評価(評判)と使い方

 

他の英文解釈の参考書・問題集を探しているとう方は以下の記事を参考にしてみてください!

関連記事

英文解釈がいらないは間違い!よく、大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!

 

最後に

この英文解釈の技術シリーズはレベル別に分かれており、順番通りに勉強すれば確実にレベルアップできるようになっています。

 

皆さんもこの参考書で英語長文をすらすら読めるようになり、志望校合格を目指してください!

 

ではまた!

 

 

関連記事

基礎英文解釈の技術100とは今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「基礎英文解釈の技術100」です! 「基礎英文解釈の技術100」は以下の「英文解釈の技術」の3シリーズの1冊です。[…]

基礎英文解釈の技術100の評価(評判)と使い方
関連記事

はじめに今回紹介するのは、英文解釈の参考書の中でも1位、2位を争う有名参考書「英文解釈の技術100」です! 英文法や英単語の勉強が終わっていざ長文問題を解いてみたら解けないという現象が起こります。&nb[…]

英文解釈の技術100の評価(評判)と使い方
入門英文解釈の技術70の評価(評判)と使い方
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG