上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

「予備校・塾が合わない人の特徴3選」と「合わない場合の対処法」教えます!

目次

大学受験の予備校が合わない人の特徴教えます

考えている画像

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

こんな悩みがありませんか?
  • 予備校に通おうと思ってるかど、自分に合わなかったらどうしよう
  • 予備校に通っているが自分に合わずやめたい・・・
  • 予備校が合わない場合どうすればいいの?

 

本記事では、上記のような悩みを解決します!

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!

 

というわけで今回は、予備校に行くこうと思っているがその予備校が自分に合うか不安な人、現在予備校に通っているが、自分に合っていないと感じている方に向けて以下の内容で徹底解説していきたいと思います↓
この記事の内容
  1. 予備校が合わない場合とは?
  2. 予備校が合わない原因は?
  3. 予備校が合わない場合の対処法は?
  4. 予備校・塾が合わない人の特徴
  5. 予備校・塾が合う人の特徴
  6. 予備校のメリット8選【現役生・浪人生向け】
  7. 予備校のデメリット7選【現役生・浪人生向け】
  8. アドバイス:浪人生は予備校は合わない?→メリットを享受しやすい

 


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、いきましょう!

 

予備校が合わない場合とは?

不機嫌そうな画像

予備校を利用する中で、自分に合わないと感じる事があるかもしれません。

例としては、授業の教え方が分かりづらい事や、授業が難しすぎると感じる事が挙げられます。

それ以外にも、講師や他の生徒との人間関係や、予備校の雰囲気が合わないと感じる事もあるでしょう。
予備校はあくまで勉強をしに行くところなので、人間関係や雰囲気といった問題はあまり気にする必要はないかもしれません。

しかし、勉強環境について合わないと感じた場合は、早めに対処しないと成績にも響く可能性があります。後で後悔する事のないように、状況に応じた対処を心掛けましょう。

 

予備校が合わない原因は?

疑問を抱いている画像

予備校が合わない場合として、どのようなケースが考えられるでしょうか。

具体的には、以下の3つの場合考えられます↓

予備校が合わない原因
  1. 予備校が合わない原因
  2. 予備校の授業のレベルが合わない
  3. 予備校の環境が合わない

 

筆者
具体的にみていきましょう!

 

1.予備校の講師・先生が合わない

講師の指導力は、その講師ごとに異なります。同じ予備校で指導している講師でも、上手いと感じる人もいればそうでない人もいるでしょう。

講師が合わないという場合、それは成績が伸びない事に直結します。

しかし、基本的に講師を変えるには予備校自体を変えるしかないため、解決しにくい問題です。

また、講師の人柄が気に入らないというケースも考えられます。その場合は、教え方に問題が無ければ我慢してでも授業を受け続けたほうが無難でしょう。

 

2.予備校の授業のレベルが合わない

予備校の授業を受ける上で、自分のレベルに合った学習をする必要があります。難易度の高すぎる授業では、いずれついていけなくなる可能性があるかもしれません。

数学や英語などの積み重ね科目を勉強する際には、まず基礎学力から身につける必要があります。逆に、難易度が低すぎるという場合も成績を伸ばす事は難しいでしょう。

受験では、基礎を応用した問題が主に出題されます。既に理解している範囲を復習するような授業内容では、応用力が身につく事は期待できません。

理想の授業のレベルとしては、授業の説明+自習で大体が理解出来る程度が良いでしょう。

また、授業の難易度が合っていないと感じる場合、一時的にそう感じているだけの可能性もあります。

特に難易度が高いと感じる場合、単に勉強不足という可能性もあるため、自分の勉強習慣を見直す事も必要かもしれません。

 

3.予備校の環境が合わない

予備校には、学校や学習塾とは違う独特な雰囲気があります。

特に受験シーズンになると、ピリピリした空気が苦手だと感じる人も出てくるかもしれません。

しかしその場合でも、安易に予備校での勉強を避けようとするのはやめましょう。図書館や自宅での勉強は誘惑が多く、つい怠けてしまいがちです。

家庭学習の習慣がしっかりついていれば問題ありませんが、そうでない場合は出来るだけ予備校で勉強をした方が良いでしょう。

予備校の雰囲気は、確かに居心地がいいものではないかもしれません。しかし、勉強をする空気としては絶好です。周りが真剣に勉強しているのを見て危機感を抱く事も、受験勉強の際には必要でしょう。

 

予備校が合わない場合の対処法は?

やり方・方法の画像

では、もし、「予備校が合わないな、または合わなそうだな」と思ったあなたに「予備校が合わない場合の対処法」を紹介します!

いきなり、結論ですが、予備校が合わないなと感じた場合、対処法としては、以下の2つしかありません↓

予備校が合わない場合の対処法
  1. 予備校の講師を変えてもらう・講座を変える
  2. 違う予備校や塾に通う

1.予備校の講師を変えてもらう・講座を変える

予備校が合わないと感じた場合の対処法は、その原因によって異なります。

講師の教え方が合わないと感じた場合、他の講師の授業を受ける必要があるでしょう。

とはいえ、同じ予備校内で違う講師の授業に振り替えてもらう事はほぼ不可能です。全ての教科で合わないと感じた場合は予備校自体を変えれば済む話ですが、1教科だけ合わないと感じた場合などは特に対処が難しいでしょう。

その場合、該当する教科だけ他の学習塾や予備校で授業を受けるという方法が考えられます。また、授業のレベルが合わないと感じた場合、自分に合った授業を受ける必要があるのです。

同じ予備校内で下のコースがあれば、変更ができないか相談してみましょう。

この場合も、レベルが合わないと感じた教科だけ他の学習塾や予備校で授業を受けるのもいいでしょう。

 

2.違う予備校や塾に通う

2つ目は、違う予備校や塾に変更することです!

私はこちらをおすすめしています!

予備校や塾というのは、自分の人生を一生決める可能性がある大学受験の合否を決める重要な場所です!

浪人生であれば、多くの時間をそこで過ごすことになります。

迷っている時間は無駄です!すぐに行動を起こしましょう!

 

浪人生で予備校が合わない場合の注意点

注意の画像

ちなみに、浪人生で予備校が合わないと感じた場合の対処法は、基本的に現役生と同じです。

ただ、浪人生の場合は注意しておくべき事があります。

それは、予備校を辞めて宅浪するという選択を避ける事です。

浪人生の中には、自宅で受験勉強をする宅浪を選択する人がいます。しかし、その成功率は予備校に通って勉強する場合に比べて非常に低いです。中には宅浪で成功する人もいますが、それはほんの一握り。

そのため、予備校が合わないからといって容易に宅浪に切り替える事は非常に危険なのです。

浪人生で現役生に交じって勉強するのが嫌という場合は、浪人生用のコースがある予備校もあります。どれだけ予備校が合わなかったとしても、独学で勉強するという選択肢は取らないようにしましょう。

予備校に通うメリット・デメリットに関しては詳しく解説しているんので、よかったら読んでみてください^_^↓

関連記事

予備校に通うメリット・デメリットを解説こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^大学受験となると、多くの受験生は塾や予備校に通っています。そんな中で「塾や予備校に通う意味なんてあるのか」と[…]

予備校・塾に通うメリット・デメリット15選!大学受験対策には独学とどっちがおすすめ?

 

予備校・塾が合う人の特徴

男性がパソコンをしている画像

では、ここまでの内容を踏まえて、実際に「予備校や塾が合う人、合わない人の特徴」を紹介していきます!

自分がどちらに当てはまっているか確認していただき、本当に自分は独学でも合格可能か確かめみてください^_^

予備校・塾が合う人の特徴
  1. 中学・高校の基礎が身についている人
  2. 浪人生や時間に余裕がある人
  3. 推薦以外の大学受験対策を目的としている人

合う人1:中学・高校の基礎が身についている人

予備校は、中学・高校での勉強内容がある程度理解できている人に向いています。

大人数での講義では、授業中に質問することはなかなかできないため、ある程度基礎的な内容を理解している状態で授業を受けないと途中からついていけなくなる可能性が高く、予備校の講義を効果的に活用できません。

また、講義を聞くだけでなく、さらに自分で予習復習ができる人に向いています。予備校の授業は必ず予習復習をしないと身につかないため、自主的にできないと予備校に通い続けることは難しいでしょう。

 

合う人2:浪人生や時間に余裕がある人

予備校は授業の日程や時間が決まっているので、そこに合わせて受講しなければ受けたい授業を受けることができません。自由に時間を確保できないと、通うのは難しいです。

また、時間に余裕があったとしても、いつも部活やバイトなどで疲れきってから参加している人は、予備校での勉強に集中できないでしょう。

そういったことから、予備校は時間的にも体力的にも余裕がある人に向いているといえます。

浪人生ならバイトとの両立は避けて受験勉強に集中したほうが無難です。

 

合う人3:推薦以外の大学受験対策を目的としている人

予備校は大学受験対策に特化した勉強をおこなう場所です。

ですから、高校の定期テスト対策や、推薦入試志望で内申点対策を目的としている人は、予備校に行くべきではありません。そうした対策ができる塾を探すべきでしょう。

一方で、受験合格を目指す人は、志望校の合格実績がある予備校で受験対策することをおすすめします。大体の予備校は、これまでの受験傾向や入試問題の分析などのノウハウをもとに大学受験対策をおこなっているため、参考書の独学だけでは得られない情報を持っているでしょう。

 

予備校・塾が合わない人の特徴

絶望している画像

続いて、実際に予備校・塾が合わない人の特徴を紹介しましょう。

今から説明する特徴に当てはまている方は、予備校や塾に行っても「予備校は合わないな」と感じてしまことでしょう。

なので、当てはまっている場合は独学という選択肢を取っても良いかもしれません^_^

予備校・塾が合わない人の特徴
  1. 受験勉強に集中できる自室や場所が確保できる人
  2. 自己管理能力に長けている人
  3. 勉強や進路の相談ができる人が身近にいる人

合わない人1:受験勉強に集中できる自室や場所が確保できる人

予備校は授業ごとに教室が用意され、周囲の人も静かに勉強している環境のため、自ずと集中して勉強せざるをえません。

しかし、参考書で自学自習する場合は、勉強に集中できる場所を自分で確保する必要があります。学校や地域の図書館、自宅の部屋など、長時間集中して勉強できる場所を確保したほうがいいでしょう。

 

合わない人2:自己管理能力に長けている人

予備校での勉強は、ある程度カリキュラムが決まっている上に授業形式でおこなうので、それに従っていれば受験に必要な学力を向上させていくことができます。

一方で参考書中心の勉強では、計画立て、参考書選び、自己採点、模試の申込み手続きなど、すべて自分で考えて受験勉強していかなければなりません。

自己管理能力がある人でないと、自分で計画を立てることも難しいですし、それに従うことも難しいでしょう。

 

合わない人3:勉強や進路の相談ができる人が身近にいる人

「参考書を中心に独学で勉強をする」と決めたとしても、どの参考書を使えばいいのか、勉強の計画はどう立てたらいいのか、など悩むことは多いでしょう。

しかし、受験生にとって時間はとても貴重ですので、そういったことに悩んでいる時間はもったいないです。

両親や兄妹、親戚などの身近に、受験の悩みを気軽に質問できて、的確なアドバイスをしてくれる人がいるならば、参考書中心に勉強しても、しっかりと志望校合格に向けて進んでいくことができるでしょう。

身近にそんな人がいないのであれば、予備校の講師やチューターに聞くことで、安心して受験勉強を進められるでしょう。

 

自分がどちらに向いているかわかりましたか?

正直、「予備校・塾が合わない人の特徴」に当てはまっている方は、1割もいないと思います。

そして、そんな方はすでに偏差値で言うと、70くらいあるのではないでしょうか。

ネット上の記事を見ていると「予備校には行く意味ない」「予備校へ行くのは金の無駄」という意見が一部で散見されますが、この意見を書いている人は、本当に一部の人、つまり1割の方だと思います。

この1割の方からしてみれば、予備校や塾に通う意味はないと感じてしまうのもわかります。しかし、私も含めてほとんどの人が予備校や塾に通うことによってメリットを多く享受できるのは事実です!

もし、少しでも予備校や塾に行くのを迷っている方は、ぜひ無料体験授業を受けてみることをおすすめますよ^_^

 

もし、自分は独学に向いているなと思った方は、以下の記事が参考になると思うので読んでみてください^_^↓

関連記事

大学受験は独学がおすすめの理由まず、初めに、この記事は大学受験の中でも英語を独学で偏差値70、難関大学に合格するための記事です!私は大学受験で偏差値を上げるには、予備校や塾等に通わずに、独学するのが1番良いと思っています。[…]

大学受験英語 独学
関連記事

大学受験英語の参考書・問題集を紹介します難関大学に合格する上で大きなウェイトを占める英語。英語で点数が取れないと残念ながらどこの大学も合格することは難しいです。そんな英語で点数を取るためには、参考書や問題集選びは欠かせません[…]

大学受験英語 参考書、問題集

 

予備校のメリット8選【現役生・浪人生向け】

メリットの画像

最後におまけです!

予備校や塾に通うメリット・デメリットを紹介しておきます!

現役生、浪人生どちらにも当てはまるメリットですので、予備校・塾に通うか迷っている方はぜひ参考にしてみてください^_^

予備校のメリット
  1. 最新の大学入試の情報・資源が豊富
  2. プロの分析に基づくカリキュラムやノウハウが豊富
  3. 友達やライバルと切磋琢磨できる
  4. 勉強そのものや計画について質問できる
  5. 自習室が使える→勉強に集中できる環境
  6. 有名講師から学べる
  7. 専門的な知識を持つチューターからのサポートやアドバイス
  8. 大学受験までのモチベーションが保てる

メリット1:最新の大学入試の情報・資源が豊富

まず、予備校のメリットと言えば、情報・資源の豊富でしょう!

近年では独自の受験システムを実施する大学も増えていますが、大学の入試情報が豊富にある予備校なら、詳しい情報を入手することができます。

学校の進路指導では得られない最新の情報があるのは、予備校ならではのメリットと言えるでしょう。

 

メリット2:プロの分析に基づくカリキュラムやノウハウが豊富

予備校のノウハウがつまったカリキュラムやテキストを使って勉強ができるので、志望校合格に向けて効率的かつ効果的な勉強が期待できます。

参考書だけで勉強するとどうしても主観になるので、自分のやっている勉強のやり方が本当に正しいかどうか不安になります。

しかし、予備校に通っていればプロの分析や蓄積データなどから信頼できる情報を得られるため、その心配は不要でしょう。

 

メリット3:友達やライバルと切磋琢磨できる

予備校に通っていると、自然にほかの生徒と切磋琢磨しながら学習できます。

ライバルがいたほうが、1人で勉強しているよりも集中力と緊張感を持って勉強できることも多いので、より受験勉強を頑張ることができるでしょう。

刺激を受けるだけでなく、同じ受験生同士ということで少し会話をするだけでも、リフレッシュになることもあります。

 

メリット4:勉強そのものや計画について質問できる

参考書だけで学習していると講師に質問することはできませんが、予備校に行けば講師やチューターに質問することができます。

授業の内容だけでなく、苦手分野の克服の仕方や、独学したい教科の勉強計画なども質問できる機会があるので、安心して受験勉強に打ち込むことができるでしょう。

 

メリット5:自習室が使える→勉強に集中できる環境

予備校は勉強するための環境が整っています。

在籍していると自由に使える「自習室」や、受験情報が載っている書籍や赤本(過去問がまとめられた書籍)を自由に見ることができます。

さらに、チューターやTA(ティーチングアシスタント)と呼ばれる「勉強のサポートスタッフ」が担当としてついてくれます。勉強のスケジュールを一緒に考えてくれたり、数学や英語などの質問を受け付けてくれたりすることもあります。

また、受験勉強の中では「今の時点で偏差値50でも大丈夫かな」「勉強の仕方が分からない」などの悩みが出てくることがあります。チューターはこうした悩みの相談も受け付けてくれます。

さらに、子供は勉強へのモチベーションが下がっても、チューターに相談すれば背中を押してもらうことができます。

 

メリット6:有名講師から学べる

大手予備校は「有名講師」から学べるのが大きなメリットです。

大学受験の授業をしている講師の中には、毎年何千人もの受験生に講義をしてきた講師や、書籍を出版している講師がいます。こうした講師は受験生の中でも「とても分かりやすい」と評判になっています。

トップクラスに人気のある講師の授業では、300人ほど入る大教室でも満員になります。さらに、定員オーバーで授業を受けられない人も出てきます。こうした講師の授業はとても分かりやすく、多くの受験生の心を惹き付ける「面白さ」があります。

こうした講師の授業は面白くて分かりやすいので、受験生は授業に引き込まれてスムーズに勉強することができます。

また、子供の成績も幅広く対応してくれます。予備校では成績別にコースが分かれています。講師はコースに合わせて授業の内容を変えてくれるので、子供が「難しくてついていけない」ということを避けることができます。

講師は偏差値が40~50の人には分かりやすい授業をしてくれて、偏差値60~70の人にはさらに上を目指せるハイレベルな授業をしてくれます。

 

メリット7:専門的な知識を持つチューターからのサポートやアドバイス

大学受験に対応している塾の講師は、これまでに受験生を指導してきた経験や実績があり、学校の先生と比べると、より専門性が高いと言えます。

実は、学校の先生の仕事で最も負担が大きいのは、「校務分掌に係る業務(総務や教務)」や「学年・学級経営(教育計画の立案や保護者連絡など)」というアンケート結果があり、授業や進路指導だけにとどまらないことがわかります。

もちろん学校の先生は、相談や質問をすれば答えてくれるでしょうし、授業以外に自習で取り組んでいるテキストなどにも対応してくれると思いますが、一方で「先生も忙しい」という現実があることも知っておいたほうが良いでしょう。

 

メリット8:大学受験までのモチベーションが保てる

大学受験では、数ヵ月、もしくは1年以上にわたり、モチベーションを維持する必要があります。

6~7月ごろに国公立・私立大学ともに募集要項が出始め、部活動を引退する7~8月には多くの生徒が受験を意識し始めます。そして、入試の後期日程までを考えると、翌年の3月まで受験シーズンは続くため、かなり長いスパンを見すえなければなりません。

独学の場合、この期間を自分1人で乗り切らなければならず、強い精神力が必要になってきます。

その点、塾には講師がおり、塾によっては、志望校のレベルが近い塾生も在籍しています。

勉強そのものは「自分との戦い」ですが、周囲に刺激となる存在がいるかどうかは、戦い続けるモチベーションに少なからず影響するでしょう。

大学受験は意欲が全てです!勉強意欲がなくなると絶対に落ちます!そうならないためにも無理のないスケジュールを組むことが重要です!

合格できるスケジュールの組み方は以下の記事で解説しているので、読んでみてください^_^↓

関連記事

大学受験英語の勉強計画を立てる前に現在、大学受験英語が大きく変革をおこそうとしています。そんな大学受験で鍵を握るのは『英語』です。本記事は、これから大きく変わるであろう大学受験英語について今後の動向も踏まえながら、ど[…]

大学受験英語の計画の立て方

 

予備校のデメリット7選【現役生・浪人生向け】

デメリットの画像

続いて、予備校や塾のデメリットです。

予備校のデメリット
  1. 自分のレベルに合わないと授業についていけない
  2. スケジュール調整が難しい
  3. 予備校任せだと学習範囲が網羅できないこともある
  4. 進路指導がない
  5. 費用・料金が高い
  6. 授業を「受けるだけ」になってしまいやすい
  7. 恋愛や好きな人に気を取られる

デメリット1:自分のレベルに合わないと授業についていけない

予備校の授業のレベルは、基本的に学校よりも高いと思ったほうがいいでしょう。

大学受験レベルの問題の解説などをおこなうわけですから、必然的に基礎を教えることを目的とした学校の授業よりもレベルが高くなります。

自分のレベルに合った予備校のクラスに入れればいいですが、そうであっても「予備校の授業についていく」という意識を持って予習復習をしっかりおこなうことができない人には予備校は向いていません。

大学受験の基礎ができていない人は以下の記事で基礎固めを解説しています↓

関連記事

大学受験英語の基礎固め教えますあなたは、英語の偏差値が上がる勉強法をしていますか?大学受験のために毎日英語の勉強を頑張っているのに、偏差値が全然伸びない。そんなあなたは、英語の勉強法が間違っているかもしれません。英単[…]

大学受験英語の基礎固めができる参考書・問題集

 

デメリット2:スケジュール調整が難しい

予備校の授業は時間や曜日が決められているため、個人都合では融通がききません。

部活や習いごとで忙しい現役生は、なかなか授業に通うことができなかったり、振替授業がなかったりするので、予備校を有効活用することが難しくなってしまうでしょう。

また、予備校の授業は予習と復習が欠かせないため、授業以外でも勉強する時間が必要になります。

 

デメリット3:予備校任せだと学習範囲が網羅できないこともある

予備校での授業では、受験勉強のすべての範囲を勉強できないこともあります。

あくまで、限られた時間の中でポイントとなる部分を学習できるのが予備校の授業なので、自学自習が必要になる英単語や古文単語、数学の例題などといったものは予備校の授業外で学ばなければいけません。

関連記事

英単語の必要数(英単語って何語覚えるの?)皆さんは、英単語をどのくらい覚えているでしょうか?2,000語くらいでしょうか?そもそも、大学受験英語において、東大や京大、難関私立大学に合格するためにはどのくらいの英単語量が必要か[…]

英単語の効率の良い覚え方・暗記方法7選

予備校のカリキュラムやテキストがどこまでの範囲をカバーしていて、一方で自分の志望校合格のためにはどの範囲を自分で学習しなければいけないのか、きちんと把握しておきましょう。

完全に予備校任せになってしまい、必要な知識を学習していない状況で受験に臨んでしまわないように気をつけてください。

 

デメリット4:進路指導がない

予備校では講師やチューターが進路指導や相談を受けることは、基本的に行っていません。

もし、プロの講師やチューターからのアドバイスが欲しいという方は、予備校へ通うことをおすすめします!

 

デメリット5:費用・料金が高い

予備校は授業料が高いため、家庭の経済的な状況で通いたくても通えないという場合があります。また、子どもが年子などの場合は教育費もかさんでくるので、子ども全員を予備校に通わせるのは大変でしょう。

予備校は学年が上がるにつれて、授業料が上がるため、3年生になると全ての科目を受講した場合高額になります。

年間の授業料は、平均でおよそ50万円です。

そこへ、夏期講習や投機講習を合わせると、合計で100万円近くになりますので、私立高校へ通っている場合はかなりの教育費が必要になります。

ですが、偏差値の高い高校の生徒の方が、予備校へ通っているという統計が出ています。その多くが私立の中高一貫校です。

予備校の費用に関しては、以下の記事で解説しているのでどうぞ^_^↓

関連記事

予備校にかかる費用の平均相場教えますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^予備校に通う事を考えた時に、まず頭によぎるのが授業料などのお金の面ではないでしょうか?大手予備校に通いたい[…]

予備校の費用は1年で平均いくら?大学受験塾の入学金・授業料の平均相場教えます

 

デメリット6:授業を「受けるだけ」になってしまいやすい

大手予備校は100~300人が同じ授業を受けることがあります。講師は学校の先生のように、寝ていたら起こしてくれたり、解説が分からないときに教えてくれたりはしません。

そのため、子供は「勉強する気持ち」を持って授業を聴かないと、「授業を受けるだけ」になってしまいやすいです。

「家に帰ってきたら内容が分からなくなった」、「とりあえず授業は聞いたものの、ほとんど寝ていた」ということになってしまうのです。成績は偏差値40や50でも良いので、「予備校に入って頑張ろう」という気持ちを持たせることが大切といえます。

 

デメリット7:恋愛や好きな人に気を取られる

これあるあるですよね。

人間ですから、素敵な異性がいればどうしても気になってしまう時はあります。

しかも、予備校の中には、学生寮や素敵なカフェを館内に用意しているような、まるでホテルでは?と思わせるような塾があります!

そんな予備校に通っていると若い血気盛んな男女だと受験に恋愛や好きな人に気を取られ受験に集中できないなんてこともあります。

ちなみに、まるでホテルのような予備校では?という塾は下記の2つですね(笑)↓

関連記事

レクサス教育センターについて受験のプロが徹底評価・レビューこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、医学部、難関大学を目指す方におすすめのレクサス教育センターです![…]

レクサス教育センターの評判・口コミは?医学部・難関大学合格はできる?
関連記事

医学部・難関大マンツーマン指導塾アシリ(ASIR)について徹底解説・レビューこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、吉祥寺に本館を構え医学部・難関大対策に特化し、学生寮[…]

ASIR(アシリ)医学部・難関大マンツーマン指導塾の評判・口コミは?大学受験のプロが料金や特徴を評価

 

筆者
どちらも医学部受験を得意にしておりますが、難関大学受験にも強いです!

 

ちなみに『予備校に通うメリット・デメリット』は以下の記事で解説しているので、さらに詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください^_^↓

関連記事

予備校に通うメリット・デメリットを解説こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^大学受験となると、多くの受験生は塾や予備校に通っています。そんな中で「塾や予備校に通う意味なんてあるのか」と[…]

予備校・塾に通うメリット・デメリット15選!大学受験対策には独学とどっちがおすすめ?

 

アドバイス:浪人生は予備校は合わない?→メリットを享受しやすい

男性がパソコンをしている画像

ちなみに、アドバイスですが、浪人生は必ず予備校に行くことをおすすめしますよ^_^

なぜなら、浪人生は大学受験までに以下の悩みと対峙しなくてはいけません↓

浪人生が宅浪で抱える悩み
  • 人と会わないので精神的にくる
  • 受験の情報戦で不利になる
  • いくらでもだらけることができる
  • 勉強の内容が偏ってしまいがち

特に私は本業ではフリーランスのWebマーケターとして一人でカフェで仕事をすることが多いのですが、1は慣れていないとけっこうキツイですね!勉強意欲すらなくなってしまう可能性があります!

人間は意欲が全ての生き物ですので、モチベーションを保つためにも必ず浪人生は予備校へ行くことをおすすめします^_^

関連記事

浪人生におすすめの予備校・塾を紹介しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな人はいませんか? 浪人確定だ・・・予備校って探した方がいいのかな? 浪人確定だけどこれから独[…]

浪人生におすすめの予備校ランキング5選!大手を超える個別指導塾3選も紹介

 

大学受験で予備校が合わない人は学習塾か独学を検討しよう!

ドアを開けている画像
いかがでしたか?

今回は、予備校が合わない人の特徴3選と塾が合わない場合の対処法を紹介しました!

 

本記事のまとめ
  • 予備校が合わない原因は先生・授業のレベル・環境
  • 予備校・塾が合わない人の特徴3選
  • 予備校に通うメリット8選
  • 予備校に通うデメリット7選
  • 浪人生は予備校や塾のメリットを享受しやすい

予備校にはメリット・デメリットがあり、独学に向いている方もいます↓

関連記事

大学受験は独学がおすすめの理由まず、初めに、この記事は大学受験の中でも英語を独学で偏差値70、難関大学に合格するための記事です!私は大学受験で偏差値を上げるには、予備校や塾等に通わずに、独学するのが1番良いと思っています。[…]

大学受験英語 独学

ただ、やはり予備校に行くメリットは大きく、もし気になる方は無料体験授業や説明に行ってみることをおすすめします^_^

そして、予備校が向いていない方は、サポートも手厚く、自分のレベルに合う授業を展開してくれる学習という選択肢もありあります!

個人的には、最近では、予備校より学習塾の方がレベルも高く、コスパも良いのでおすすめです^_^↓

関連記事

予備校と塾の違いを解説しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^「大学受験のためにいざ塾・予備校に通おう!」と思って調べてみたものの、「どこに通えば良いのかわからない・・・」という人[…]

予備校と塾の違いとは?大学受験に向いているのはどっち?おすすめの予備校・塾を紹介

 

筆者
ぜひ自分に合った予備校や塾を見つけてください^_^↓

 

おすすめの予備校・塾
  1. 創研学院創研学院:集団・個別にも対応
  2. 河合塾One河合塾One:大手河合塾のサービスをオンラインで受講可能
  3. 駿台予備校駿台予備校:大手予備校の中でレベルの高さNO.1
  4. 坪田塾坪田塾:ビリギャルのモデルとなった塾で講師は全員心理学の達人
  5. ENGLISH COMPANY 大学受験部:大学受験では初の短期集中型パーソナルジム

上記のおすすめの予備校や塾は以下の記事で解説しています↓

関連記事

大学受験対策に英語塾や予備校は必要かこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^大学受験の英語対策において下記のような悩みはありませんか? どうしても勉強できない どうやって勉強すれ[…]

【大学受験】英語塾・予備校おすすめ人気ランキング10選|1位の英語専門塾とは?
関連記事

予備校に英語だけ通って大学受験に合格する裏技教えますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^「英語を制するものは受験を制す」と言っても過言でないほど重要な英語。しかし、塾に通っても、[…]

【浪人生必見】予備校の英語だけで大学受験に合格する裏技!おすすめの英語専門塾を紹介

 

予備校や塾のスキマ時間におすすめ

ちなみに、予備校や塾に行っていないスキマ時間にスタディサプリはおすすめですよ^_^

関連記事

スタディサプリ高校・大学受験講座について徹底評価・レビューしますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、大学受験業界の中では知らない人はいないかもしれないスタディサプリです![…]

スタディサプリ高校・大学受験講座の評判・口コミは?失敗・いらないの噂は本当?

 

筆者
最後に本記事と関連性の高い記事をいくつか紹介しておきます↓

 

予備校や塾に関する基礎知識を知りたい方はこちら
関連記事

予備校選びで失敗しないために!選び方を教えますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^高校に入って「勉強のレベルがグンと上がって驚いた」という人、また、「今の調子で大学受験を乗り切れるか不安[…]

予備校の選び方10個のポイント!現役・浪人生が失敗しない塾の決め方を大学受験のプロが解説
関連記事

予備校や塾の特徴について解説しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^予備校とはどのような場所なのでしょうか?予備校と聞くと、多くの方が大学受験を控える高校生や浪人生が通う学校と思い浮か[…]

予備校・塾の特徴7つを解説!大学受験のプロが予備校はどこがいいのか結論出しました
関連記事

予備校に通うメリット・デメリットを解説こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^大学受験となると、多くの受験生は塾や予備校に通っています。そんな中で「塾や予備校に通う意味なんてあるのか」と[…]

予備校・塾に通うメリット・デメリット15選!大学受験対策には独学とどっちがおすすめ?
関連記事

予備校の合格実績は嘘が多いので本質を見抜くことが大切ですこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、大学受験業界の中で密かに闇となっている予備校や塾の合格実績問題です![…]

【2021年】合格実績の嘘・水増しを見抜け!本質で比較した予備校・塾ランキング5選
関連記事

大学受験の予備校・塾にはいつから通えばいいのか結論出しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^志望校合格を目指すなら予備校を利用するのが一番の近道ですが、いつから予備校に通い始めればいい[…]

高校生の予備校・塾はいつからがベスト?大学受験成功者に多い入るタイミングとは?
関連記事

予備校にかかる費用の平均相場教えますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^予備校に通う事を考えた時に、まず頭によぎるのが授業料などのお金の面ではないでしょうか?大手予備校に通いたい[…]

予備校の費用は1年で平均いくら?大学受験塾の入学金・授業料の平均相場教えます
関連記事

予備校の費用を徹底比較していきますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^予備校に通う事を考えた時に、まず頭によぎるのが授業料などのお金の面ではないでしょうか?大手予備校に通いたいけ[…]

大手3大予備校の年間費用(授業料・入学金)を徹底比較!大学受験におすすめの安いコスパが良い塾は?
関連記事

浪人生の予備校費用はいくらかかるのか解説しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^予備校に通う事を考えた時に、まず頭によぎるのが授業料などのお金の面ではないでしょうか?大手予備校に通[…]

浪人すると費用はいくら?大学受験にかかる授業料・入学金を大手予備校3社を例に比較
関連記事

「予備校費用が払えない」→国の教育ローンで解決できますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^予備校に通う事を考えた時に、まず頭によぎるのが授業料などのお金の面ではないでしょうか?[…]

予備校費用が払えない!低金利の国の教育ローンがおすすめ!申込~振込までの流れを解説
関連記事

予備校英語講師ランキング・最強四天王について解説しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^大学受験では、英語は合否を分ける最重要科目です!その最重要科目である英語は誰に教えて[…]

【高校生・大学受験】予備校のおすすめ英語講師ランキング4選!最強四天王の映像授業も紹介
関連記事

大手三大予備校の有名講師陣を紹介しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^大学受験に向け、どの予備校に通うかで迷っている人も多いのではないでしょうか。予備校の選び方はさまざまです[…]

予備校のおすすめ有名講師を紹介!大手3大予備校の知名度の高い先生を科目別に評価
その他のおすすめの家庭教師を知りたい方はこちら

また、その他の家庭教師を知りたい方は、以下の記事を読んでみてください^_^↓

関連記事

大学受験英語の家庭教師について説明する前に本記事では、以下のような方に適した記事になっています↓この記事はこんな方におすすめ! 大学受験英語の家庭教師の相場や各社の特徴を知りたい 大学受験英語の家庭教師の選び方を[…]

大学受験の家庭教師の選び方

 

自分に合った家庭教師を知りたい方はこちら

また、自分に合った家庭教師を手っ取り早く見つけたい方はかてきょナビかてきょナビというサービスがおすすめです!

無料で資料請求すれば、自分だけに合った家庭教師を探すことができます!

関連記事

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)について評価・レビューしますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、無料で家庭教師の資料請求ができるサービスの家庭教師くらべ~る(旧[…]

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?評判・使い方を解説

 

英語の勉強法
関連記事

大学受験英語が全くできない偏差値40台のあなたへ突然ですが未来の話をします。大学受験英語で偏差値70を超えると、その先どうなると思いますか? 高確率でどこの大学も合格することができる 良い大学に入ると異性からかな[…]

大学受験英語の勉強法【偏差値40から70を最短達成する勉強の順番】
関連記事

大学受験英語の基礎固め教えますあなたは、英語の偏差値が上がる勉強法をしていますか?大学受験のために毎日英語の勉強を頑張っているのに、偏差値が全然伸びない。そんなあなたは、英語の勉強法が間違っているかもしれません。英単[…]

大学受験英語の基礎固めができる参考書・問題集
関連記事

大学受験英語の勉強計画を立てる前に現在、大学受験英語が大きく変革をおこそうとしています。そんな大学受験で鍵を握るのは『英語』です。本記事は、これから大きく変わるであろう大学受験英語について今後の動向も踏まえながら、ど[…]

大学受験英語の計画の立て方
関連記事

大学受験を3ヶ月で偏差値10~20上げて逆転合格する前に皆さんは、大学受験英語においてどのくらい偏差値を取れていますか?50前後の人もいれば、60前後の人もいるかと思います。もし、この記事を読んでいるあなたが、高校3[…]

大学受験を3ヶ月で偏差値10~20上げて逆転合格する勉強法
関連記事

大学受験英語で短期間・1ヶ月で偏差値70を目指すには?英語の偏差値を短期間でグッとあげたい、できれば、偏差値70を目指したいと考える人は多いですよね。しかし、どのように英語を勉強すれば、短い期間で英語のトップレベルを目指せる[…]

大学受験英語で短期間(1ヶ月)で偏差値70を目指す勉強法と参考書・問題集
関連記事

大学受験英語における夏休みの重要性有名大学を受験したいと思っても、受験勉強できる期間が一年をきってしまうと、焦ってきますよね。しかし、実際には短い受験勉強でも効率的に時間をやりくりして、有名大学に合格している人は、意外とたく[…]

大学受験の夏休みでやること(過ごし方)
関連記事

大学受験英語の過去問・赤本を解く前に皆さんは、過去問を有効活用していますでしょうか?過去問をただ何となく解いている人、特に明確な戦略がない人! 筆者あぶないです。過去問はその志望大学から[…]

大学受験英語の受かる過去問・赤本の使い方

 

英語の参考書・問題集
関連記事

大学受験英語の参考書・問題集を紹介します難関大学に合格する上で大きなウェイトを占める英語。英語で点数が取れないと残念ながらどこの大学も合格することは難しいです。そんな英語で点数を取るためには、参考書や問題集選びは欠かせません[…]

大学受験英語 参考書、問題集
関連記事

大学受験におすすめの英単語帳教えます大学受験の英語で英語長文問題や英文法・語法、英作文の基礎となってくるのが英単語です。英単語は誰もが覚える分野ですし、必ず勉強するでしょう!なので、誰もがどの英単語帳を選べば良いのか迷います[…]

英単語帳おすすめ
関連記事

大学受験英語における英文法の重要性大学受験において最も重要となる英語の勉強!でも英語の勉強は、やらなければならないことがたくさんあります↓ 英単語 英文法 英文解釈 英語長文問題 英熟語[…]

英文法の参考書・問題集【大学受験英語】
関連記事

英文解釈がいらないは間違い!大学受験英語の勉強において、『英文解釈なんていらない!』と言われることがあります! 筆者しかし、これ間違いです! 『英文解釈』は、難関大学を[…]

英文解釈の参考書・問題集おすすめ・レベル別15選!
関連記事

英語長文問題の問題集・参考書を紹介します皆さんは英語長文問題は得意ですか? 筆者この質問に自信を持って得意です!と言える方は、恐らく大学受験が受かるでしょう! なぜなら[…]

英語長文の問題集・参考書!大学受験用おすすめ45選
関連記事

英熟語帳っているの?10%この数字は何かわかりますか?この数字は、英熟語は覚えましたか?こう受験生に問いかけた時に「覚えました!」と答える割合です!そう。大学受験英語において英熟語をしっかりと覚えたと自信を持って言えるの[…]

英熟語帳おすすめ【レベル別・偏差値別・目的別】

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

「予備校・塾が合わない人の特徴3選」と「合わない場合の対処法」教えます!
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG