大学受験で浪人すると費用は安い?【宅浪と比較していくら高い?】

大学受験で浪人すると費用は安い?【宅浪と比較していくら高い?】

大学受験で浪人すると費用は安い?【宅浪と比較していくら高い?】

こんにちは。

サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています。現在まで200社以上の予備校・塾、家庭教師を調査してきました。

予備校に通う事を考えた時に、まず頭によぎるのが授業料などのお金の面ではないでしょうか?

そして、知っていますか?現役生と浪人生の年間費用にどの程度の差があるかを。

浪人するといきなり年間費用が跳ね上がり、後悔する人も多いです。

そこでこの記事では、大学受検の予備校の浪人生の年間費用を紹介し、その費用もよりも安くかつ、大手予備校よりも実績を出せる塾を紹介します。

大手予備校含む過去200社以上の中から厳選した塾なので、自信を持っておすすめできますよ。

大学受検で宅浪した場合にかかる費用の内訳と金額

大学受検で宅浪した場合にかかる費用の内訳と金額

まずは、大学受検で宅浪した場合の費用を考えてみましょう。

宅浪した際にかかる費用は以下の3つです。

宅浪した際にかかる費用
  • 参考書+問題集の費用
  • 模試受験料
  • リモート学習サービス費用

まず、何と言っても参考書や問題集は欠かせないものですよね。

予備校に通わない分、参考書や問題集にはお金を費やす方が多いようです。

自分に必要な物をどの程度購入するのかにもよりますが、費用は平均10万~15万円程度となっています。

次に、模試の受験料です。模試は1回につき6000円かかります。

多くの方が10回程度受けられるため、模試の受験料は6万円程度かかるとされています。

最後に、リモート学習サービス費用です。リモート学習サービスとは、オンラインで授業や通信教育などの学習サポートを受けられるサービスのことです。

費用はどのサービスを受けるのかにもよりますが、平均1万~5万円程度とされています。

そのため、宅浪した場合にかかる合計金額は20万~30万円程度と想定できます。

宅浪生におすすめのオンライン塾を紹介

宅浪生は自宅で学習を進めていきますが、予備校のように先生がいないため分からない所も自分で理解できるようにしないといけませんし、勉強法も自分で確立していく必要があります。

そこで、多くの宅浪生に人気なのが「オンライン塾」です。

オンライン塾は、多くが月額制で通信教育やオンライン授業をみたりすることができるというものです。

おすすめのオンライン塾は下記の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験のオンライン塾おすすめ12選を比較【高校生の口コミ・評判あり】

大学受検で予備校へ通う場合に発生する費用とは?【浪人生含む】

大学受検で予備校へ通う場合に発生する費用とは?【浪人生含む】

まずは、塾や予備校でかかる費用項目についてまとめておきます。

塾・予備校へ通う場合、かかる費用としては主に次の3つです。

通塾にかかる主な費用
  1. 入学金・入塾金
  2. 授業料
  3. 夏期・冬期などの短期講習費や模試など

さらに予備校によっては、サポート費用や管理費用などが発生することもあります。それぞれがどういった費用なのか、詳しく見ていくことにしましょう。

1つずつ解説していきます。

1.入学金(入塾金)

予備校では、入学・入塾するときにかかる費用として、「入学金」が発生します。

大手の予備校では、現役生の入学に対し30,000円程度の入学金であることが多いですが、浪人生(高卒生)では100,000円程度と金額が異なります。

また、予備校や塾によって免除制度や割引制度を取入れているケースもあるので、確認しておきましょう。

2.授業料

予備校によって、授業料は異なります。

また、同じ予備校でもよりハイレベルのコースを選択すればするほど、授業料は高額です。そして、集団授業よりも個別授業をおこなう予備校の方が、授業料は高い傾向にあります。

また、年間の授業数であるのか、それとも1週間の授業数に応じての設定なのか、予備校によって授業料が異なるので必ず確認が必要です。

つまり、予備校の授業料は、次のような要素によって異なります↓

  • 授業形態
  • 授業の難易度
  • 授業数の考え方

多くの予備校は、授業料にテキスト代などといった教材費が含まれているケースが多いです。

そのため、授業に関した費用としては授業料に注目しましょう。

3.講習費・模擬試験料など

塾・予備校にかかる費用の大部分を占めるのは、入学金と授業料です。

しかし、予備校に通うためには入学金・授業料のほかにも次のような費用が発生します。

その他の費用
  • 模擬試験代
  • 夏期・冬期などの特別講習代
  • 諸経費
  • オプション

予備校によって、無料で独自の全国模試を受験可能としているケースもありますが、全国模試は受験料がかかることもあります。

また、夏期・冬期に開催される講習を受ける場合は、すでに予備校生であっても別途講習代が発生する予備校も少なくありません。

このほかにも、個別指導をつけた場合などのオプション代や、エアコン・暖房代などといった諸経費が発生する予備校もあります。

そのほかの費用に関しては予備校によってさまざまです。予備校を検討する場合は入学金・授業料、そしてほかの費用にも注目しておきましょう。

忘れがちな予備校までの交通費についても、予備校費用として考えておくのがおすすめです。

大学受検の予備校で1年間にかかる浪人生の費用(学費)の平均相場

大学受検の予備校で1年間にかかる浪人生の費用(学費)の平均相場

続いて、年間費用の平均相場を把握しておきましょう。

費用相場を知っておくことで、その予備校の費用を知った時に高いか安いか判断しやすくなります。

浪人生の入学金

浪人生の入学金は、現役生に比べて料金が高いのが特徴的です。

【浪人生】入学金の平均相場
浪人生・高卒生7~10万円

※料金はあくまで目安として参考にしてください

浪人生の授業料

浪人生は志望大学に合わせてコースを選択します。

現役生は1教科だけ予備校で受講する、というような方も多いですが、浪人生は基本的に5教科受講する場合が多いです。

【浪人生】授業料の平均相場
浪人生・高卒生約70万円

※料金はあくまで目安として参考にしてください。

夏期・冬期の講習費

夏期講習や冬期講習の料金は年間の授業料に含まれていないことが多いです。

夏期講習や冬期講習で多くの授業をとると20万円~40万円追加で必要になることもあるので、注意しましょう。

季節講習について
料金相場約20万円~40万円程度

※料金はあくまで目安として参考にしてください。

まとめ:年間費用一覧表【一瞬でわかる】

現役生とも比較してみましょう。

学費内訳現役生の金額浪人生の金額
入学金3万円10万円
年間授業料50〜70万円60〜90万円
季節講習費10〜30万円30万円
その他5〜10万円10〜20万円
年間合計費用60〜120万円110〜150万円

※あくまでも目安です

予備校の費用や授業料に関する注意点

ちなみに、上記で挙げた費用に関して注意点もあるので、把握しておいてください。

注意点
  1. 志望校や所属コースによって変わる
  2. 季節講習費が高い
  3. 年間費用の内訳を確認する

1.志望校や所属コースによって変わる

予備校では、国公立大学受験や私立大学受験、文系・理系、医学部受験など、生徒のさまざまな志望校に合わせたコースを用意しています。

したがって、同じ予備校であっても、生徒の志望校や所属するコースによって授業料が大きく異なります。

また、特定の大学や学部を受験するための講座も多く用意されています。特に難関大学を志望している生徒は、通常授業に加えて講座を受講する機会も増えやすく、その分費用が高くなりやすいといえます。

2.季節講習費が高い

前述の通り、季節講習費の相場は一般的に30万円程度となっており、多くの保護者がこの季節講習費の高さに驚くことになります。

季節講習は予備校から受講を強制されるものではありませんが、予備校によっては通常授業の続きを行う場合もあります。

また、それ以外にも通常授業の補足や受験において重要な演習を多く行ったりと、生徒にとって有意義な講習になるものが多いのも事実です。

季節講習費はある程度必要な費用であると、事前に把握しておきましょう。

3.年間費用の内訳を確認する

予備校に通うのにかかる年間費用を予備校に提示された場合、その年間合計費用には施設利用料や教材費、模試代などが含まれているのか、別途かかるのかを確認するようにしましょう。

場合によっては、提示された金額にプラスでそれらの費用がかかることになり、想定していたよりも多くの料金がかかって家計が逼迫してしまったということにもなりかねません。

必要に応じて、年間でかかる総額を提示してもらうように予備校に依頼してみると良いでしょう。

大学受検の大手三大予備校の浪人生の平均費用相場

大学受検の大手三大予備校の浪人生の平均費用相場

続いて、大手予備校の具体的な費用相場も見てみましょう。

現役生の費用も併せて紹介するので、浪人生になるといかに料金が跳ね上がるのか、確認してみてください。

紹介するのは下記3つの予備校です↓

大手三大予備校
  • 河合塾【現役合格体制充実】
  • 駿台予備校【難関大学に圧倒的合格実績】
  • 東進ハイスクール【映像授業のパイオニア】
河合塾駿台予備校東進ハイスクール
入学金3〜7万円10万円3.3万円
年間授業料70〜85万円65〜80万円100〜180万円
季節講習費30万円30万円30万円
その他費用要確認要確認要確認
合計金額100〜140万円100〜120万円130〜215万円

河合塾【現役合格体制充実】

河合塾【現役合格体制充実】

河合塾の基本情報
対象中学生・高校生・浪人生
授業形式集団指導(・個別指導)
1コマ授業時間90分
対象地域全国
特徴チューターによる充実のマネジメント制度

高3年生には、塾生一人ひとりに進学アドバイザーがつきます。大学入学共通テストの自己採点の結果を基に出願大学もアドバイスするので、合格までのサポートが充実しています。

また本番で生きる集中力を養うため、試験時間と同じ90分授業を採用しているのも特徴です。

河合塾の現役生の費用・料金

現役生の料金体系 = 入塾金+※塾生サポート料+授業料

※塾生サポート料には、テスト代・在籍データ管理料・施設利用料・システム利用費を含む。

河合塾の現役生の入塾金・その他
入塾金33,000円
塾生サポート料(高1・2)3,300円/月
塾生サポート料(高3)5,500円/月
河合塾の現役生の年間授業料
ONE WEX東大英語160,800円
共通テスト対策英語107,800円
共通テスト対策数学ⅠAⅡB107,800円

※現役生の場合、1講座ずつ受講科目を決定します。

浪人生コースの料金・費用

浪人生は現役生と異なり、1講座ずつ受講決定するのではなく、コースでの受講が一般的です。

浪人生の料金体系 = 入塾金+授業料
河合塾の浪人生コースの入塾金
入塾金70,000円
河合塾の浪人生コースの授業料
国公立大理系約685,000円〜約1,006,000円
国公立大文系約730,000円〜約1,006,000円
ポイント
  • 受験生のチューターによるマネジメントが充実
  • コース設定は多数にわたる
  • 現役生で年間50万円、高卒生で年間80万円

駿台予備校【難関大学に圧倒的合格実績】

駿台予備校【難関大学に圧倒的合格実績】

駿台予備校の基本情報
対象高校生・浪人生
授業形式映像授業・集団授業(・個別指導)
1コマ授業時間50分
対象地域全国
特徴東大・京大・医学部への実績が豊富な予備校

ハイレベルな授業展開が特徴

駿台予備校は、三大予備校の中でも難関大への合格者が多い予備校です。

レベル・目標目指す大学
Sa 最難関東大・京大・東工大・一橋大・医学部
S 難関東大・京大・東工大・一橋大・医学部・早慶上智
A 標準国立大学・私立大学

駿台予備校は、志望・学力・進度に合わせた3レベルで構成されています。

スタンダードレベルで国立大学・私立大学を目指すコースであることから基本的に学力レベルが高いことが分かります。

駿台予備校の現役生の料金・費用

現役生の料金体系 = 入塾金+授業料
駿台予備校の現役生の入塾金
入塾金30,000円
コース名年間授業料
高3スーパーα英語総合487,000円
高3スーパーα数学Ⅲ約480,000円
高3スーパーα物理23,150円
東大日本史演習プラス23,150円

駿台予備校の浪人生の費用・料金

浪人生の料金体系 = 入塾金+授業料
駿台予備校の浪人生の入塾金
入塾金70,000円
駿台予備校の浪人生の授業料
国公立大理系(難関大)878,000円〜940,000円
国公立大文系(難関大)878,000円〜940,000円
早慶理系・私立理系862,000円〜885,000円
早慶理系・私立文系692,000円
早慶文系・私立大文系862,000円〜907,000円
ポイント
  • 三大予備校で難関大への合格者数最多
  • 授業・演習・添削の3点で学力UP
  • 座席指定制で50分1コマの授業

東進ハイスクール【映像授業のパイオニア】

東進ハイスクール【映像授業のパイオニア】

東進ハイスクールの基本情報
対象小学生・中学生・高校生・浪人生
授業形式個別指導
1コマ授業時間
対象地域全国
特徴有名講師による映像授業

東進ハイスクールは有名講師による映像授業が有名です。知っている先生がどこの予備校に在籍しているか確認すると、東進の先生だったみたいなことは多いのではないでしょうか。

以前は映像授業は主流ではなかったですが、コロナの影響やテクノロジーの進化で映像授業はスタンダードになりつつあります!そして、東進はその映像授業のパイオニアです。

なので、映像授業の環境は完璧に整えられています。

東進ハイスクールの現役生の費用・料金

現役生の料金体系 = 入塾金+※担任指導費+授業料

※担任指導費は高3生が単科4講座以上を受講する場合、担任指導費は77,000円(税込)になります。

東進ハイスクールの現役生の入塾金・その他
入塾金33,000円
担任指導費33,000円
東進ハイスクールの現役生の年間授業料
1講座あたり77,000円
-1講習講座19,250円
-2講習講座38,500円
高速基礎マスター講座77,000円
模試費26,400円

※現役生の場合、1講座ずつ受講科目を決定します。

浪人生の費用・料金

浪人生の料金体系 = 入塾金+※担任指導費+授業料

※担任指導費は高3生が単科4講座以上を受講する場合、担任指導費は77,000円(税込)になります。

東進ハイスクールの浪人生の入塾金・その他
入塾金100,000円※
担任指導費33,000円

※現役時代に駿台に在籍していた方だと、入学金は全額免除

東進ハイスクールの浪人生の年間授業料
1講座あたり77,000円
-1講習講座19,250円
-2講習講座38,500円
高速基礎マスター講座77,000円
模試費26,400円
ポイント
  • 映像授業のパイオニア
  • 三大予備校の中で費用は最安値

以上、大手三大予備校の費用相場です。

やはり、大手予備校は費用がかなりかかりますね。

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で料金・費用が安いのに成果が出る塾・予備校10選【コスパ最強】

大学受検で浪人すると費用は高い!払えない人の解決策は?

大学受検で浪人すると費用は高い!払えない人の解決策は?

ここまでの中で、浪人すると現役生と比較するといかに費用が高くなるかわかっていただけたかと思います。

ここまで高くなると、さすがに予備校には通えないと思う方も多いと思います。

そんな方に、おすすめの解決策を紹介しましょう。

それは、安いのに成果が出る進学塾を利用することです。

今や大手予備校が優れているとは限りません。

なぜなら、現代では技術革新により優秀な講師程大手予備校ではなく、個別指導塾やオンラインで授業を受けることができるオンライン塾などに在籍しているからです。

一昔前には、良い大学に行くには大手予備校しか選択肢がありませんでした。なぜなら良い講師は良い待遇を受けることができる大手予備校にしかいなかったからです。

しかし、技術革新が進み、今や中小の進学塾でも多くの収入源を確保できるようになったことで、優秀な講師を雇えるようになったことで、今や優秀な講師が大手予備校から流れているという業界の現状があります。

正直な話をすると、サクキミ英語では過去200社以上の塾や予備校の調査をしていますが、大手予備校を含めてもおすすめの塾は多くあります。

もしその塾を知りたい方は下記の記事でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で料金・費用が安いのに成果が出る塾・予備校10選【コスパ最強】

大学受験で浪人すると費用が高くて後悔することが多い!しっかり予備校を選定しよう

大学受験で浪人すると費用が高くて後悔することが多い!しっかり予備校を選定しよう

今回は、予備校選びの重要なポイントである費用に関して、以下の視点から徹底解説してきました。

予備校費用のポイント
  • 予備校の主な費用1:入学金・入塾金
  • 予備校の主な費用2:授業料
  • 予備校の主な費用3:講習費・模擬試験料など
  • 現役生の入学金の平均相場:3万円
  • 現役生の授業料の平均相場:1教科(10万円~25万円)、3教科(50万円程度)
  • 浪人生の入学金の平均相場:7~10万円
  • 浪人生の授業料の平均相場:約70万円
  • 予備校費用が払えない時は国の教育ローンがおすすめ
  • 費用・コスパで選ぶなら中小の個別指導塾もおすすめ

この料金も踏まえたうえで自分に一番合っているスタイルの塾や予備校に通うことが受験を成功させる近道になるでしょう。

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で浪人生におすすめ【大手予備校5選&大手越えの個別指導塾6選】

浪人はお金がかかります。今回受験に失敗してまた浪人となると一生後悔しかねません。

料金も非常に大切ですが、予備校を決める前には無料体験などでしっかりと塾の雰囲気などが自分に合っているかを確認してから決めるようにしましょう。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様々な[…]

大学受験の塾・予備校おすすめ比較ランキング18選【口コミ・評判あり】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様々な[…]

大学受検で通ってよかった予備校ランキング14選【現役生向けの塾を厳選】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験の個別指導塾おすすめ12選【高校生向けプロ講師のマンツーマン】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験で少人数制で面倒見のいい塾おすすめ12選【東京/大阪/全国】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験のオンライン塾おすすめ12選を比較【高校生の口コミ・評判あり】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で料金・費用が安いのに成果が出る塾・予備校10選【コスパ最強】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

医学部予備校おすすめランキング14選【医学部に強い安い専門塾も紹介】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

薬学部受験対策におすすめの塾・予備校14選【偏差値ランキングも紹介】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験で文系に強い塾・予備校おすすめ14選【英語の重要性も解説】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験で理系に強い塾・予備校おすすめ14選【選び方も解説】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で寮がある予備校・塾は?【費用、厳しいルールの実態も紹介】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

自習室で選ぶ大学受検の大手予備校7選【自習室だけ使える塾もある?】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様々な[…]

大学受験の英語塾・予備校おすすめ14選【高校生向け英語専門塾も紹介】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様々な[…]

早稲田大学対策に強い塾・予備校おすすめ13選【早慶専門塾とは】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様[…]

慶應義塾大学対策に強い塾・予備校おすすめ13選【早慶専門塾とは】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様[…]

GMARCHに強い塾・予備校おすすめ14選【文系・理系どちらも対応】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習を始め様[…]

関関同立に強い塾・予備校おすすめ13選【文系・理系どちらもOK】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験でお金ない人向けの塾・予備校14選【高校生の塾代払えない人必見】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験予備校の費用は1年で平均いくら?【入学金・授業料の料金相場】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

大学受験の大手三大予備校の年間費用まとめ【入学金・授業料を比較】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検の予備校・塾の選び方10個【現役生・浪人生が失敗しない決め方】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受験対策で予備校・塾に通うメリット・デメリット【15選】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で塾・予備校に通う意味ない?金の無駄?【行くべきかを調査】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

大学受検で塾・予備校が合わない人の特徴3つと対処法2つ【まとめ】
>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG