【体験談】ライザップ イングリッシュ英会話コースの評判は?効果があるか検証

【体験談】ライザップイングリッシュ英会話コースの評判は?効果があるか検証

【体験談】ライザップイングリッシュ英会話コースの評判は?効果があるか検証

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!今で200社以上の英会話スクールを調査してきました!

「短期間で劇的な英語力向上にコミットする」をコンセプトに掲げる、英語のパーソナルトレーニングサービス「ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)」。

ライザップイングリッシュには、「英会話コース」と「TOEICコース」の2種類があります。

今回は「英会話コース」をサクキミ英語の編集部に2週間体験してもらったので、その受講内容や効果、感想などを、紹介していきたいと思います!

目次

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)とはどんな英語コーチングスクール?

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)とはどんな英語コーチングスクール?

まず、RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)はどんなスクールなのか基本情報から見ていきましょう!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の基本情報

RIZAP ENGLISHの基本情報
入学金55,000円
料金■英会話コース
・全16回(約2ヵ月):437,800円
・全24回(約3ヵ月):580,800円(教育訓練給付金制度対象)
・全32回(約4ヵ月):723,800円(教育訓練給付金制度対象)
■TOEIC® L&R TESTスコアアップコース
・全16 回(約2ヵ月):437,800円
・全24 回(約3ヵ月):580,800円(教育訓練給付金制度対象)
・全32 回(約4ヵ月):723,800円(教育訓練給付金制度対象)
■WorkDay(ワークデイ)コース
・全24 回(約3ヵ月):475,200円
教材費用レッスン料に含む※独自教材
支払い方法・クレジット決済×
・分割払い〇
・銀行振込〇
・デビットカードでの一回払い〇
講師採用率4%の日本人
オンライン対応
営業時間 7:00~23:00
※店舗によって異なる
スケジュール調整【キャンセルまたは振替】
電話の場合・・・受講予定日の前営業日21時まで
ネット・・・受講予定日の2日前21時まで
教室数5校(東京)
サポート体制・全額返金保証〇
・クーリングオフ〇
・一般教育訓練給付金制度〇
・カウンセラー相談〇
・TOEIC点数保証〇

※金額は税込
※2022年4月時点

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の総合評価【比較ポイント8個】

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の総合評価【比較ポイント8個】

1.カリキュラムの質 4.5
2.講師の質 4.5
3.料金の安さ 4.0
4.アクセスの良さ 4.0
5.学習の本気度 4.5
6.営業時間 4.5
7.スケジュール調整 4.0
8.サポート体制 4.5
総合評価 4.31

※2022年4月時点

サクキミ英語では「英会話スクール」を評価する時、⇧上記の8項目で評価をしています。
学習者
高いですね!
筆者
そうですね!RIZAP ENGLISHはサクキミ英語の過去200社の調査の中でTOP5の点数をたたき出しているおすすめ英会話スクールになります!少しでも気になる方は今なら無料体験ができるので、ぜひ無料体験を受けてみてくださいね↓

オンラインでも受講可能!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の英語コーチングに含まれる基本サービス

ライザップイングリッシュをはじめとした英語コーチングスクールは、支払う料金に対して以下のサービスが付いてくることが多く、充実した英語学習を実現できます↓

英語コーチングに含まれる基本サービス
専属の日本人コンサルタント日々、日本人カウンセラーが英語学習のサポートを行います。学習方法やスケジュール管理、宿題の進捗確認などを行い目標達成に向かって寄り添ってくれます。
スケジュールの管理・見直し初回レッスン時や定期的なコンサルタントとのセッションでは学習スケジュールの作成・見直しをすることで「より効率的な学習アドバイス」をしてくれます。
毎日のメールサポート英語学習に対しての悩みや英語に関する質問などをメールやラインを通してコンサルタントに送ることが可能。基本24時間以内には返信をもらえます。
英会話レッスン定期的な英会話レッスンでは、知識のアウトプットを行い実践的に使える英語力を身につけていきます。
毎日の課題毎日、英会話力を上げるために課題が出されるので日々自己学習を行います。完了したらメールやラインで報告しコンサルタントが内容を確認しフィードバックをしてくれます。
筆者
ライザップイングリッシュでも上記のサポート内容を全て網羅しており、オリジナルカリキュラムの元で学習を進めていくことが可能です。

最大の特徴は最短2カ月で結果にコミットする学習カリキュラム

そんなRIZAP ENGLISHの最大の特徴は、ライザップならではの1日3時間のストイックな学習システムで受講生の英語力を最短距離で向上させ、最短2カ月で結果を出すことにコミットする学習カリキュラム!

専属トレーナーが徹底した個人カウンセリングにより目標達成に向けたフルオーダーメイドの学習カリキュラムを作成、日々の学習管理により達成を支援してくれます。

セッションは完全個室でのマンツーマンレッスンなので、集中して自身の課題を徹底的につぶすことが可能です。

筆者
また、全てのレッスンは完全オンラインでも受講できます。最短期間で徹底的に英語力を磨き上げたい方にとてもおすすめできるサービスです。

オンラインでも受講可能!

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【失敗】RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の評判は悪い?きつい?口コミを正直に評価

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの特徴3つ

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの特徴3つ

筆者
ではまず、RIZAP ENGLISH英会話コースの特徴を3つ紹介しましょう↓
英会話コースの特徴
  1. 国際的な英語能力指標であるCEFR-J※に基づいたコース
  2. VERSANT®とAssessmentテストでレッスン成果を明確化
  3. ネイティブ講師との実践スピーキング

1.国際的な英語能力指標であるCEFR-J※に基づいたコース

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の特徴1:国際的な英語能力指標であるCEFR-J※に基づいたコース

「日常会話をマスターしたい」「ビジネスの場で速いスピードの会話ができるようになりたい」といった目標をCEFR-Jという英語能力の到達度指標を用いて見える化し、「なりたい自分」に合わせてセッションをプランニングします。

要は国際的な指標に基づき、しっかりと英語力をアップさせますということですね!

※CEFRは外国語運用能力の指標と評価のため、30年以上にわたる研究を策定された国際的に用いられる指標
※CEFR-Jは、CEFRを元に、日本人の英語レベルに適した形に構築されたもの

2.VERSANT®とAssessmentテストでレッスン成果を明確化

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の特徴2:VERSANT®とAssessmentテストでレッスン成果を明確化

コース開始前と修了時に2回VERSANT®の受講と、定期的に独自のAssessmentテスト(CEFR-J準拠)を行います。

2つのテストを併用する事で客観的な英語力と細かな実力・課題点を明確にすることが出来、効率的なステップアップを目指します。

3.オンライン英会話「Cambly」でネイティブ講師との実践スピーキング

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の特徴3:オンライン英会話「Cambly」でネイティブ講師との実践スピーキング

RIZAP ENGLISHでは、24時間いつでも受講できるオンライン英会話「Cambly」を使用したネイティブ講師との英会話の機会が用意されています!

Cambly(キャンブリー)は10,000人以上の講師が在籍しており、100%ネイティブスピーカーで構成されている大手オンライン英会話です!

実践的な英会話に慣れるだけではなく、専属トレーナーと一緒に適切な準備、実践、復習のサイクルを回すことで、効率的に英語を身に着けます。

プロモコード「newstart10」

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最[…]

【口コミ感想】Cambly(キャンブリー)の評判は?英語教育のプロが料金/講師/教材を評価

【比較表】RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)のTOEICコースと英会話コースの違い

【比較表】RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)のTOEICコースと英会話コースの違い

ちなみに、RIZAP ENGLISHには「英会話コース」の他に「TOEICコース」もあります!

両社の違いを比較表にしてみたので、もしTOEICコースも検討している方は参考にしてみてください^_^

TOEICコース英会話コース
目的TOEIC® L&R TESTスコアアップ英語が話せるようになる
実績2ヶ月でTOEIC® スコア最大361点UP※13ヶ月でVERSANT®最大18点UP※2
期間と回数2ヶ月で16回
3ヶ月で24回
4ヶ月で32回
2ヶ月で16回
3ヶ月で24回
4ヶ月で32回
CamblyCambly(キャンブリー)週5回つき
受講形態1:1(店舗orオンライン)
対象レベル超初心者〜上級者(TOEIC®900以上)まで
自宅学習時間3時間/日以上
効果測定方法
(テスト)
TOEIC®︎IPテスト/模試VERSANT®︎/アセスメントテスト
学習管理学習プランニング
中間カウンセリング
LINE等
学習時間管理アプリ
学習プランニング
中間カウンセリング
LINE等
保証制度30日間全額返金保証
点数保証
30日間全額返金保証

オンラインでも受講可能!

【体験談】RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースのレッスン内容

【体験談】RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースのレッスン内容

それでは、今回はサクキミ英語の編集部にてRIZAP ENGLISHの英会話コースを体験してもらいました↓

  • 女性
  • 28歳
  • 早稲田大学卒
  • TOEIC880点
  • 英検準1級
筆者
今回サクキミ英語がライザップイングリッシュの英会話コースで行った学習内容は、主に以下の3つです↓
英会話コースのレッスン内容
  1. セッション(1回50分×週2回)
  2. シュクダイ(1日3時間×週7日)
  3. オンライン英会話「Cambly」の受講(1回30分×週5日)

1.セッション

ライザップイングリッシュでは、担当トレーナーとのセッションを週に2回実施します。セッションは1回あたり50分で、都内5ヶ所にあるライザップイングリッシュ実店舗の他、オンラインでも受講できます。

サクキミ英語は今回の体験期間中、全てのセッションをzoomを使ってオンラインで受講しました。毎回のセッションでは、後ほど詳しく紹介する「シュクダイ(自習課題)」の完成度と、学習の改善点がチェックされます。

2.シュクダイ

受講期間中は、「シュクダイ」と呼ばれる自習課題に、毎日約3時間取り組みます。

トレーナーによると、短期間で最大の成果を出すためには、1つ1つのシュクダイをトレーナーの説明通りにやり切ることが何よりも大切なんだそう。

3.オンライン英会話「Cambly」の受講

ライザップイングリッシュ「英会話コース」では、受講期間中、オンライン英会話「Cambly(キャンブリー)」のレッスンを週5日受けることができます。ライザップイングリッシュのトレーナーからはオンライン英会話レッスン用の課題が与えられるので、課題に沿った準備を行ってから、毎回のレッスンに臨みます。

「Cambly」はレッスンの予約が不要(※)で、24時間いつでも自分の好きなタイミングで受講できるので、非常に取り組みやすかったです。(※Camblyのレッスンは、予約して受講することもできます。)

筆者
上記の内容を5のセクションに分けて受講したので、その時の内容を簡単に紹介したいと思います↓

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの初回セッション

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの初回セッション

ここからは、初回セッションの内容をご紹介します。初回セッションは、担当トレーナーさんと初めて顔合わせをする日です。

RIZAP ENGLISHの初回セッション
  1. アセスメントテスト
  2. 目標設定
  3. シュクダイの説明

1.アセスメントテスト

初回セッションでは、現状の実力や弱点を把握するために、3種類のアセスメントテストが行われました。

1つ目のテスト内容は、英語の語順で書かれた日本語を読み、英語に変換していくというものです。「冠詞の抜けがなく、素晴らしいです」と褒めていただきました。

2つ目は、リスニングテストです。英語音声を一文ずつ聞き、聞き取った内容を英語で繰り返した後に、和訳を行うというものでした。リスニング中には、メモをとることはできません。聞いて意味は掴める英文でも、細部まで正確に記憶するのが難しく感じました。

3つ目のテストは、英語でのコミュニケーション力を測るスピーキングテストです。「英語で質問を投げかけていくので、できるだけ会話を広げることを意識しながら受け答えを行ってみてください」と言われました。

3つのテストを行った結果、「佐藤さん(筆者)の場合、スピーキング力は既に十分高いです。課題があるのはリスニングです。リスニングのスキルを伸ばすトレーニングを今後行っていくことで、リスニング力と共にスピーキング力も更に伸ばせます」とフィードバックをいただきました。テストの結果を踏まえ、今回の受講では、リスニングトレーニングに最も注力して取り組むことになりました。

今回テストを受けるまでは、自分ではリスニング力以上にスピーキング力に自信がありませんでした。英会話スキルを伸ばすためにはスピーキング練習に力を入れる必要があると感じていたので、意外な発見でした。

2.目標設定

続いて、テスト結果を受けて、残る4回のセッション(※)での目標を設定します。(※今回は2週間の受講でしたが、通常は全16回、24回、32回のコースが用意されています。期間はそれぞれ、2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月が目安です。)

リスニングに関しては、「『聞き取れない音』や、『意味をすぐに思い出せない単語』が少しでもあると、聞いた英文を記憶しておくことが難しくなります。より自動的に英語を聞ける状態を目指していきましょう」と指導を受けました。聞いた内容を記憶に残す「リテンション」のトレーニングを重ねることで、短期記憶できる英語の量を増やせるとのことです。

また、スピーキングに関しては「早口になってしまう傾向が見られました。もっと相手に伝わりやすくなるように、抑揚をつけながら話せるようにしていきましょう」とアドバイスをいただきました。

「発音が綺麗になると、ストレスなく英会話ができるようになりますよ」と、トレーナー。ライザップイングリッシュで行うリスニングトレーニングは、発音の練習にもなります。セッションの中で苦手な発音を特定・矯正していくことも、目標の1つに設定しました。

3.シュクダイの説明

最後に、シュクダイの進め方について説明していただきました。今回のシュクダイは、『究極の英会話』という教材を使って日本語を英語に変換していく「高速変換トレーニング」です。トレーナーからは、「1つのトレーニングをまずは完璧にできるようにすることが大切」とお話がありました。

シュクダイでは、付属のCDも活用します。CD音声は「日本語→ポーズ(数秒の間)→英語」の順で流れるので、シュクダイ範囲の全英文を「ポーズ」の間にスムーズに言えるようになるまで、徹底的に練習していきます。「何回も声に出すことで英文を口に馴染ませ、最終的には暗唱できるくらい繰り返してください」とのことでした。また、英文の意味や内容をイメージしながら取り組むと、さらに効果があります。

加えて、オンライン英会話の「Cambly」でレッスンを受講し、次回のトレーナーとのセッションまでに、「英語で自己紹介を完璧にできるようにすること」が課題として出されました。メモなどを見ずにスラスラと自己紹介ができる状態を最終目標に、まずは自己紹介文を書き出して、複数の先生を相手に自己紹介の練習を行うことになりました。

毎回のセッション終了後には、次のセッションまでに行う課題がまとめられた「週間スケジュール」が送られてきます。週間スケジュールに「何時に、どの学習を、何分間やる」といった具体的な学習予定を記入して、担当トレーナーに返信します。

また、受講期間中は、学習内容の報告を毎日メールでトレーナーに送ります。適切な方法で取り組めているか、困っている点がないかを確認するために、メールでは以下の内容を併せて送るように言われました↓

  • どれくらいの時間勉強したか
  • 何を勉強したか
  • 勉強していて難しかったポイント

次回のセッションは、3日後。シュクダイを完璧に仕上げることを目指して、移動時間などの隙間時間も活用しながらストイックに取り組みました。

オンラインでも受講可能!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの2回目セッション

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの2回目セッション

いよいよ2回目のセッションです。セッションの冒頭では、オンライン英会話レッスンのように、「How are you?」「What did you do over the weekend?」 などのやり取りを英語で行いました。

RIZAP ENGLISHの2回目セッション
  1. シュクダイチェック
  2. リスニングトレーニング「6STEPS」

1.シュクダイチェック

続いて、シュクダイの「高速変換トレーニング」をちゃんと実施できたかチェックしてもらいます。シュクダイチェックでは、トレーナーが言った日本語を、瞬時に英文に訳していきます。文の途中で詰まって言い直してしまうところが数ヶ所あり、「スムーズに一呼吸で読める状態にできると、より良いですね!」とアドバイスをいただきました。

続いて、シュクダイで暗唱した元の文を、否定・肯定・疑問文に変えたり、指定された語を他の語に入れ替えたりする「パターンプラクティス」というトレーニングを行いました。例えば、「They are my friends」という文を読んだ後に、トレーナーから「Friends change to coworkers」と言われたら、「They are my coworkers」と答えます。トレーナーの指示に沿ってできるだけスピーディーに答えることを意識して、どんどん発話していきます。

今回のセッションでは、このパターンプラクティスを約30分間行いました。想像以上にハードで、かなり集中力を必要とするので、まるで筋トレのように英語脳を鍛えている感覚でした。トレーナーによると、シュクダイチェックの後は「疲れた」とおっしゃる受講者の方も多いそうです。筆者も、自分一人では、疲れるまでトレーニングを行うことはなかなかないので、トレーナーさんの存在によって最大限頑張れることを体感しました。

2.リスニングトレーニング「6STEPS」

最後に、次回のシュクダイについて説明がありました。今回は、「高速変換トレーニング」とCamblyでの英会話レッスンに加え、「6STEPS(ステップス)」と呼ばれるリスニングトレーニングがシュクダイとして課されます。

ライザップイングリッシュのリスニングトレーニングでは、「ディクテーション」「スラッシュリーディング」「オーバーラッピング」「意味音読」「シャドーイング」「リピーティング」の6つをセットで行っていきます。「6STEPS」のトレーニングには、ライザップイングリッシュのオリジナルテキストを使います。正しい方法でシュクダイに取り組めるよう、セッションの中でトレーナーと一緒に各トレーニングを実際に練習し、1つ1つのやり方を確認しました。

実際にシュクダイで「6STEPS」をやってみると、特にシャドーイングが難しいと感じました。シャドーイングとは、聞こえた英語音声のすぐ後に続き、発音や抑揚をできる限り真似てリピートするトレーニングのことです。上手く発音できない箇所が少しでもあると、すぐに音に置いていかれてしまいます。

「練習している中で1回成功した」「集中すれば何とかできる」というレベルではなく、何か他のことをしながらでも、余裕を持ってシャドーイングできる状態を目指すように言われました。「スポーツでいう素振りのように、体に馴染むまで繰り返すことで、英語の表現や語彙を体が自然と覚えていく」とトレーナーに聞き、完璧にシャドーイングができるようになるまで、顔の筋肉が疲れるくらい、何度も繰り返し練習しました。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの3回目セッション

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの3回目セッション

3回目のセッションは、前回と同様にトレーナーと英語で簡単な会話をした後、実践スピーキングというシュクダイのチェックから始まりました。

今回のテーマは、英語での自己紹介です。「Please introduce yourself」と言われ、オンライン英会話「Cambly(キャンブリー)」で3日間練習を続けてきた自己紹介を披露します。練習の成果もあり、「流暢にできていて完璧ですね!」とコメントを頂けました。

3回目セッション
  1. スラッシュリーディング
  2. シャドーイング
  3. 高速変換
  4. パターンプラクティス

1.スラッシュリーディング

続いては、ライザップイングリッシュのオリジナルテキストを使った、意味の塊ごとに英語を読んでいく「スラッシュリーディング」の確認です。

シュクダイ範囲の英文を、英語の語順のまま、日本語に訳して読んでいきます。この際は、綺麗な日本語に訳す必要はなく、前から順に日本語を言えば大丈夫とのこと。

一方で、文章中の「that」が何を示しているかといった細かい部分まで質問され、内容を正確に理解できているかを徹底的にチェックされました。

2.シャドーイング

次に、シャドーイングのチェックです。練習してきたシャドーイングをトレーナーの前で行い、上手く言えていないところや発音の改善点などを指摘してもらいました。

初回セッションのアセスメントテストで指摘があった通り、英語を話す際に抑揚が少ないことが私の課題です。シュクダイ範囲の英文を例に、どの部分に、どのような抑揚をつければもっと自然に発音できるかなど、具体的にアドバイスをしてもらいました。助言に沿って抑揚を意識すると、単語と単語が繋がる音声変化なども、より滑らかに発音できることに気づきました。

また、今回のセッションでは、筆者が苦手な発音をいくつか具体的に指摘してもらいました。例えば、助動詞の「will(ウィル)」の発音です。「『ウィル』の『ィ』の音をあまり入れずに発音したほうが、よりネイティブらしい発音に近づきますよ」と教えてもらいました。

3.高速変換

続いて、もう1つのシュクダイである『究極の英会話』教材のチェックを行います。

トレーナーが言った日本語を、瞬時に英文に変換していきます。トレーナーからは、「自動化されていない発音や音声変化がまだ少しあるので、元の英語音声と同じように発音できる状態を目指しましょう」とアドバイスがありました。自動的に、つまり特別な意識をしなくても発音できる音は、リスニングでも難なく聞き取れます。助動詞や前置詞といった細かな部分まで発音を改善することで、もっと楽に英語が聞けるようになるそう。

また、プラスアルファで内容を正確に理解できているか確認するために、英語でいくつか質問されました。

4.パターンプラクティス

最後に、前回のセッションと同様に、シュクダイで暗唱してきた文の態や時制を、トレーナーの指示に沿って即座に変換する「パターンプラクティス」のチェックを約30分間行いました。

パターンプラクティスのトレーニングでは頭をフル回転させるので、今回も疲れはありましたが、前回よりも回答のスピードが上がった実感がありました。

次回のセッションまでには、オンライン英会話Camblyのレッスンで最低3名の講師にインタビューをし、トレーナーに講師を紹介できるようにすることが課題となりました。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの4回目セッション

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの4回目セッション

まずは、実践スピーキングのシュクダイだった各講師の紹介を、英語でトレーナーに行います。こちらから講師について一方的に話すのではなく、随時相槌を打ちながら話を聞いてくれたので、テストを受けているというよりも、自然に英会話をしているような感覚で話すことができました。

続いては、シャドーイングのチェックです。今回は、文章中にあった「relevant」や「really」の発音が苦手ということが分かったので、「r」と「l」の舌の動かし方のコツを教えてもらいながら、一緒に発音を練習しました。

意識しなくても発音できるようになるには、何度も繰り返し練習することが必要です。ちょっとした隙間時間にも発音の練習に取り組むよう、アドバイスを受けました。「既に、かなり上手にシャドーイングできるようになっているので、後はリズムを意識して、より高いレベルを目指しまょう」とトレーナー。

続いて今回も、スラッシュリーディング、高速変換のチェック、文章内容に関する英語での質疑応答、パターンプラクティスのトレーニングを行い、セッションは終了です。私の課題である、英語を話す際の抑揚については、文章で描かれているシーンをイメージしながら発話するよう指導されました。イメージして英語を読むことで、実際に似た場面に出会ったときにも、英語が口から出てきやすくなるとのことでした。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの5回目セッション

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの5回目セッション

いよいよ最後のセッションです。シャドーイング、スラッシュリーディング、高速変換、パターンプラクティスを行い、「最初のセッションの時より、だいぶ抑揚をつけられるようになってきましたね!」とコメントしてもらえました。

セッションの締めくくりには、「音の認識が自動的にできるようになれば、リスニングの力は必ず伸びます。そのためには、この2週間で取り組んできたトレーニングを続けて、これまでにお伝えしてきたような細かい音まで発音矯正をすることが近道です。このトレーニングはスピーキング力アップにもつながるので、必ず続けていってくださいね」と、今後の英語学習についてのアドバイスがありました。

改善の余地がある発音を毎回のセッションの中でトレーナーが見つけ、上手く言えるようになるまで一緒に練習してくれたので、練習の継続は必要ですが、今回の受講を通して発音に対する苦手意識はかなり薄れました。

オンラインでも受講可能!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースを受講した感想

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースを受講した感想

今回は、ライザップイングリッシュ英会話コースを2週間受講しました。短い期間でしたが、トレーナーの方の指導スキルが非常に高かったので、限られた時間の中でも得られたものが沢山ありました。

私が最も効果を感じたのは、英語を話す際の発音と流暢さの改善です。苦手な発音の特定や矯正を1人で行うのは難しいですが、プロの視点から指摘や指導をしてもらえたことが、とても有り難かったです。最初は上手く発音できなかった単語も、トレーナーとの練習を通してお手本の音声に近づけたことを実感できたので、発音に自信が持てるようになりました。他にも、抑揚をつけて読むのが苦手なことや、スピーキングよりもリスニングに課題があることなど、自分では気づいていなかった課題を見つけてもらえたことも、大きな収穫でした。

「英語は、楽器やスポーツの練習と同様に、基礎トレーニングが重要です。英語の音や表現が口に馴染むまでトレーニングを繰り返せば、必ず英語がスムーズに聞け、流暢に話せるようになります」とトレーナーは言います。今回、シャドーイングをはじめとしたリスニングトレーニングに徹底的に取り組んだことで、今までは聞き逃してしまうことが多かった前置詞や冠詞まで拾えるようになり、リスニングの理解度・精度が上がったと感じます。

また、最初にシュクダイの量が1日3時間と聞いた時は、正直ちゃんとできるか不安でしたが、毎回のセッションでシュクダイをチェックされるので、良い意味での負荷を感じながら、1日もサボることなく取り組めました。セッションが無い日も、分からない点があればトレーナーにいつでもメールで質問できるので、安心して学習を進められた点も良かったです。

ライザップイングリッシュは、自分の英語力に合った学習内容をトレーナーが提示し、1日3時間の学習時間を捻出する方法までを一緒に考えてサポートしてくれるので、「どうやって英会話を勉強したらいいか分からない」「忙しくてモチベーションを保てない」という方には特におすすめです。気になる方は、まずはライザップイングリッシュの無料カウンセリングを体験してみてはいかがでしょうか。

オンラインでも受講可能!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの料金・費用

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)英会話コースの料金・費用

ライザップイングリッシュ英会話コースの料金は下記の通りです↓

受講期間レッスン回数金額
2ヶ月16回437,800円
3ヶ月24回580,800円
4ヶ月32回723,800円
別途入会金55,000円(税込)が必要

オンラインでも受講可能!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の無料カウンセリング情報

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)の無料カウンセリング情報

筆者
ライザップでは、入会前にカリキュラム内容を理解してもらうために「無料体験コンサルティング」を提供しており、オンラインまたは校舎で受講が可能。
無料体験コンサルティングの流れ(約90分)
  1. 学習カウンセリング:英語学習の経験・目的・現在の学習状況などをヒアリング
  2. 簡単な英語力チェックテスト:英語の弱点発見を行う
  3. フィードバック:弱点を解決するための学習方法をレクチャーやコース案内

私自身もRIZAP ENGLISHで無料コンサルティングを受講しましたが、今までわからなかった「自分の弱点発見」や「英語学習のスケジュール」をプロのコンサルタントが作成してくれるのは大変ためになりました。

それを活用するだけでも今後の自己学習に役立てることもできるので体験に行くだけでも十分価値のあるものになります。

まずは最寄りの校舎、またはオンラインでの受講を決めて日程調整をしてみてください。

オンラインでも受講可能!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)のスクール住所・校舎所在地一覧

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)のスクール住所・校舎所在地一覧

筆者
ここでは、現在構えているライザップイングリッシュの校舎情報を紹介しておきます^_^↓

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ) 銀座店

RIZAP ENGLISH銀座店
開校時間7:00~23:00 (年中無休※年末年始を除く)
住所東京都中央区銀座3丁目-3番地1 ZOE銀座7F
アクセス東京メトロ銀座線 銀座駅 C8出口から徒歩2分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 5番出口から徒歩2分
JR山手線 有楽町駅 中央口から徒歩3分

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ) 渋谷店

RIZAP ENGLISH渋谷店
開校時間7:00~23:00 (年中無休※年末年始を除く)
住所東京都渋谷区渋谷3丁目-2-3 帝都青山ビル 1F
アクセス東急東横線 渋谷駅 15番出口 徒歩9分(田園都市線・
東京メトロ半蔵門線・副都心線も同様)
JR山手線 渋谷駅 中央改札口 徒歩9分
東京メトロ銀座線 渋谷駅 降車専用出口 徒歩9分
京王井の頭線 渋谷駅 中央口 徒歩9分
JR埼京線 渋谷駅 新南口 徒歩6分(湘南新宿ラインも同様)

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ) 池袋店

RIZAP ENGLISH池袋店
開校時間7:00~23:00 (年中無休※年末年始を除く)
住所東京都豊島区南池袋1丁目-25番9 エムワイティービル 5F
アクセスJR山手線 池袋駅 西武鉄道 東口(地上)出口 徒歩3分
東京メトロ丸の内線 池袋駅 42番出口 徒歩3分

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ) 新橋店

RIZAP ENGLISH新橋店
開校時間7:00~23:00 (年中無休※年末年始を除く)
住所東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル7F
アクセスJR山手線 新橋駅 銀座口 徒歩1分(その他JR各線も同様)
東京メトロ銀座線 新橋駅 2番出口 徒歩1分
都営三田線 内幸町駅 A1出口 徒歩7分
ゆりかもめ 汐留駅 出口1 徒歩4分

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ) 新宿店

RIZAP ENGLISH新宿店
開校時間7:00~23:00 (年中無休※年末年始を除く)
住所東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイタマビル9階
アクセスJR山手線 新宿駅 JR南口 徒歩10分
東京メトロ丸の内線 新宿三丁目駅 C6出口 徒歩1分
東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅 C6出口 徒歩1分

オンラインでも受講可能!

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG