上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

家庭教師は1教科だけの受講も可能?料金相場や科目を絞ることのメリットとは?

家庭教師は1教科だけの受講も可能?

疑問を抱いている画像

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

お子さんが勉強嫌いな場合や、予算を考える必要があるときは、「家庭教師で1教科だけ教えてほしい」と思うこともあるもの。ここでは「家庭教師での1教科指導」を解説します。

まず、結論からですが、家庭教師は複数教科を教えてもらうこともできますが、1教科だけでも指導してもらえます。

「ほかにも科目はたくさんあるのに、1教科だけでいいの?」と思うかもしれませんが、1教科のみの指導はメリットもあります。

ひとつの科目だけでもしっかり勉強すれば、学力の伸びを実感できるはず。費用も抑えやすいので、まずは英語、国語、数学(算数)を教えてもらうと良いです。

次章では、科目を絞ることにメリットを見ていきましょう!

家庭教師を探すなら「家庭教師比較くらべーる」が便利

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の画像
なお、家庭教師を探すなら、「家庭教師 比較くらべーる」という無料のサービスが便利。

学年とお住まいの都道府県を入力するだけで、子供にピッタリの地域で人気の家庭教師センターをまとめて探せます。資料請求の申込みもカンタンにでき、1社ずつ調べる手間が省けて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

家庭教師の資料請求におすすめの2社

無料で資料請求すれば、自分だけに合った家庭教師を探すことができます⇧

関連記事

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)について評価・レビューしますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、無料で家庭教師の資料請求ができるサービスの家庭教師くらべ~る(旧[…]

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?評判・使い方を解説
関連記事

ウェルカム家庭教師ナビについて徹底評価・レビューこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^通常、複数の家庭教師派遣会社から資料を貰う場合は、それぞれの会社のホームページから資料請求の申込をする[…]

ウェルカム家庭教師ナビとは?特徴・効率的な使い方・資料請求の手順を紹介

 

家庭教師で1教科だけ受講するメリット

メリットの画像

では、家庭教師で1教科だけ受講する、いわゆる科目を絞るメリットとは何があるのか。

家庭教師で1教科だけ受講するメリット
  1. 1教科を集中して教えてもらうため、効率が良い
  2. 1教科でも自信がつくと、ほかの教科も伸びやすい
  3. 費用を抑えやすい

メリット1:1教科を集中して教えてもらうため、学習効果が高い

「英語も数学も、ついでに理科と国語も教えてほしい」

こんなふうに複数の科目を教えてほしいこともあると思いますが、学力やテストの点数をしっかり伸ばすなら、教科は絞るべき。

英語だけ、数学だけ、のように教えてもらうと、お子さんが「とにかく英語だけは絶対に頑張ろう」という気持ちになりやすくなります。英語なら単語・文法・文章の読み方と、それぞれのポイントをしっかり押さえることで、大きな学習効果が期待できます。

中学生・高校生の場合、家庭教師で教えてもらう教科は、2教科までがおすすめです。3教科以上は内容が分散しやすいため、「どれも中途半端」ということになりかねません。

ちなみに、「最初から2教科(英・数)」か「最初は1教科(英or数) → 慣れてきたら2教科(英・数)」というご家庭がほとんどのようです。

 

メリット2:1教科でも自信がつくと、ほかの教科も伸びやすい

1教科を集中指導してもらって結果が出ると、ほかの教科も成績が伸びやすくなります。

英語や数学、国語・理科・社会は、学ぶ内容はまったく違います。ただ、「ただ覚えるだけでなく、なぜそうなるかを理解する」「答には、必ず根拠がある」「反復練習が大切」など、勉強の仕方は共通するものがあります。

ひとつの教科ができるようになったということは、「正しい勉強の仕方が身についた」ということ。これをほかの教科に応用することで、同じように結果を出すことができます。

また、お子さんが「自分でもできた!」という自信をもつことも大きいです。「自分も頑張ればできるんだ」という実感がわくことで、他教科にもプラスの影響があります。

 

メリット3:費用を抑えやすい

時間を短めにできることで、費用を抑えやすい。目安は月1.5〜3万円ほど!

1教科指導の場合、月4回で60分または90分指導が一般的。いきなりひとつの教科に120分(2時間)もかけるご家庭は少ないです。つまり1教科指導の場合、時間や回数を少なくできるため、費用も抑えやすいです。

料金は利用する会社によりますが、トライや学研などの大手は2.5〜3万円ほど、ノーバス・学参・あすなろなどの準大手は、月1.5〜2.5万円ほどが目安。

最近は準大手の会社でも、良い指導とサポートを受けられます。最初から大手だけに絞らず、2〜3社くらいを体験して決めるのがオススメです。

 

家庭教師の料金相場

お金の画像

参考までに、家庭教師の料金相場を紹介しておきます!

家庭教師の料金相場比較表(1時間の指導料)
家庭教師センター個人契約
小学生
(中学受験なし)
1,600~3,500円大学生:1,500~2,000円
プロ:2,000~5,000円
小学生
(中学受験あり)
3,000~5,500円大学生:2,000~3,000円
プロ:3,000~10,000円
中学生
(高校受験なし)
1,600~3,800円大学生:1,500~2,000円
プロ:2,000~6,000円
中学生
(高校受験あり)
3,000~5,500円大学生:2,000~3,000円
プロ:2,500~10,000円
高校生
(大学受験なし)
2,000~4,300円大学生:1,500~2,000円
プロ:3,000~7,000円
高校生
(大学受験あり)
4,000~5,500円大学生:2,000~3,000円
プロ:5,000~10,000円
東大生・医学部生5,000円~10,000円3,000円~5,000円

※プロ家庭教師は、経歴や実績などによって大きく料金が異なります。
※上記の表は目安としてお考え下さい。

『家庭教師の料金相場』についてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

関連記事

家庭教師の料金相場はいくらか解説します!こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 家庭教師を探しているけどどのくらいの料金が相場なんだろう 家庭教師って[…]

家庭教師の料金相場はいくら?平均月謝や入会金など学年別に費用を比較

 

家庭教師で最初に教えてもらう教科は英語・数学(算数)のどちらかにするべき

方針・方向性・的を狙っている画像

1教科指導の場合、「英語・数学のうち、どちらか苦手なほう」を教えてもらうと良いです。

英語と数学はどちらも大切な教科で、内容を理解するのに時間がかかります。苦手なら早めに対策するべきなので、お子さんと相談して決めましょう。

また、家庭教師はマンツーマンで教えてもらえるため効率的ですが、1ヶ月くらいでは結果が出ないこともあります。もちろん時間は大切ですが、3〜6ヶ月くらいはじっくり頑張り、様子を見てみましょう。

 

家庭教師では途中のプラン変更は可能!1教科目に慣れてきたら2教科目も考えよう!

階段をあがっている画像
1教科の指導に慣れてきたり点数が伸びてきたりしたら、2教科指導も考えると良いです。英語と数学を、指導時間で半分ずつ教えてもらうのが一般的です。

英語と数学はそれぞれ、文系・理系のメイン科目。軸となる科目を伸ばしておくことで、どちらに進んでも対応できます。

また、2教科指導を受けるなら、できれば月4回・120分(月8時間)くらいの指導時間があると良いです。家庭教師の先生を紹介してくれる「家庭教師センター」はもちろんプラン変更を受け付けてくれるため、タイミングを見て相談しましょう。

 

参考:家庭教師の一般的な利用頻度・平均時間は?

疑問を抱いている画像

最後に、参考値として世間一般的には家庭教師の利用頻度・平均時間はどの程度か紹介していきます!

世間一般的には家庭教師の利用頻度・平均時間はどの程度なのでしょうか?

小学生の利用頻度・平均時間

家庭教師の利用頻度は、お子さんの年齢や目標によって異なります。

たとえば、単に成績の向上を目的としている小学生の場合、家庭教師の利用頻度は週1回60分、もしくは週1回90分が一般的。一方で、中学受験を目指している高学年のお子さんは、週に2回以上のレッスンを受けることもあります。

指導教科については、基本的には「全教科」を依頼するご家庭が多く見受けられます。ただし、高学年になると苦手教科が明確になるため、小学5~6年生の時期には教科数を絞るケースも珍しくありません。

 

中学生の利用頻度・平均時間

中学生のお子さんの場合は、指導を受ける教科数によって家庭教師の利用頻度が異なります。

目安は「1教科につき週に2時間」であり、1回あたりの指導時間は60分、もしくは90分が一般的です。したがって、授業の頻度は1教科であれば週2回、2教科であれば週3~4回がひとつの基準になるでしょう。

指導教科については「英語と数学」「社会と理科」のように、1~2教科に絞るケースが多く見受けられます。

 

高校生の利用頻度・平均時間

高校生の家庭教師の利用頻度は、お子さんによって大きく異なります。

目安は中学生と同じく「1教科につき週に2時間」となりますが、基本的には本人の学力や志望校に合わせたカリキュラムを組みます。勉強の進み具合によっては、テスト前や受験前に指導を増やすようなご家庭も見受けられます。

1回あたりの指導時間については、90分もしくは120分が一般的です。高校生のレベルになると、60分の授業では満足に学習できない可能性があるため、やや長めの指導時間を確保するケースが増えてきます。

『家庭教師の利用頻度』に関しては、以下の記事で解説しています↓

関連記事

家庭教師の理想の受講頻度に関して徹底比較しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 家庭教師って週に何回が理想なんだろう? 家庭教師は1コマ何分にす[…]

家庭教師の理想の受講頻度は?週何回・何時間がベストか徹底比較

 

おまけ:自分に最適な家庭教師を1分・無料で知る方法

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の画像

最後におまけです!

何と、家庭教師には1分で自分に合う家庭教師を知る方法があるのです!

しかも無料で!

その方法とは今から紹介する2サイトに登録するだけ!

両方合わせたら2分くらいですね!

これ、けっこう重要なのですが、家庭教師を選ぶときはWebサイトだけでなく資料をもらうようにしましょう。

理由は3つ↓

  1. Webより情報量が多い
  2. 横並びで比較しやすい
  3. 資料請求した人だけのお得なキャンペーンがある

私も実際に家庭教師を探す際は、紙の資料も一通りもらって検討をしました。

家庭教師の資料請求におすすめの2社

無料で資料請求すれば、自分だけに合った家庭教師を探すことができます⇧

関連記事

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)について評価・レビューしますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^今回解説するのは、無料で家庭教師の資料請求ができるサービスの家庭教師くらべ~る(旧[…]

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?評判・使い方を解説
関連記事

ウェルカム家庭教師ナビについて徹底評価・レビューこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^通常、複数の家庭教師派遣会社から資料を貰う場合は、それぞれの会社のホームページから資料請求の申込をする[…]

ウェルカム家庭教師ナビとは?特徴・効率的な使い方・資料請求の手順を紹介

 

家庭教師は無料体験を実施!1教科だけでもトライしてみよう!

行動の画像
いかがでしたか?

今回は、家庭教師は1教科だけでも受講可能かを紹介しました!

結論、1教科からでも受講可能です!そして、1教科だけ受講するなら、まずは英語か数学(算数)から受講し、慣れてきたら、2教科目も増やしていきましょう!

家庭教師では、無料体験を行っています!

実際に授業を受けてみないとわからないことはたくさんあります!まずは、無料体験を受けてみて自分に合っていうかを確認してみてください^_^

 

筆者
最後に本記事と関連性の高い記事をいくつか紹介しておきます↓

 

おすすめの家庭教師を知りたい方はこちら
関連記事

大学受験におすすめの家庭教師人気ランキングを紹介こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 大学受験対策におすすめの家庭教師を知りたいな 訪問タイプの家庭[…]

【大学受験】家庭教師おすすめ人気ランキング12選|評判・料金相場・特徴で比較
関連記事

高校受験におすすめの家庭教師人気ランキングを紹介こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 高校受験対策におすすめの家庭教師を知りたいな 訪問タイプの家庭[…]

高校受験におすすめの家庭教師人気ランキング10選!評判・料金相場・特徴で比較
関連記事

中学受験におすすめの家庭教師人気ランキングを紹介こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 中学受験対策におすすめの家庭教師を知りたいな 訪問タイプの家庭[…]

【口コミ200個】中学受験におすすめの家庭教師ランキング10選!評判・料金相場・講師で比較
関連記事

英語の教え方が上手い家庭教師おすすめ人気ランキングを紹介こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 英語の教え方が上手いおすすめの家庭教師を知りたいな 訪[…]

【1位は英語だけの専門塾?】英語の教え方が上手い家庭教師おすすめ人気ランキング10選
関連記事

東大生が多いおすすめの家庭教師を紹介しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 東大生に勉強を教えて欲しい!!! 東大生の家庭教師をつけたいけど、料[…]

東大生が多い家庭教師おすすめ人気ランキング5選!評判・口コミ・料金相場で比較
関連記事

高学歴の学生講師が多いオンライン家庭教師を徹底比較こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 高学歴の学生講師に勉強を教えて欲しいな 高学歴の学生講師が多[…]

高学歴の学生講師が多いオンライン家庭教師人気ランキング5選!東大・早慶など多数在籍

 

その他のおすすめの塾・予備校を知りたい方はこちら
関連記事

大学受験対策に評判の良いおすすめ予備校・塾人気ランキングを紹介しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 大学受験が控えているけど予備校に通おうかな […]

大学受験におすすめ予備校・塾ランキング17選!評判・口コミはどこがいい?徹底比較!
関連記事

大学受験に強いおすすめの個別指導塾を紹介しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^あなたは、今、大学受験界では大きな変革期を迎えていることをご存じですか?大手予備校一強時代の終焉[…]

【2021年】大学受験に強い個別指導塾ランキング10選!おすすめの予備校はどこ?
関連記事

大学受験におすすめの人気オンライン塾を紹介しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^コロナの影響でテレワークが進み、大学のオンライン授業も増えています。今後は会社や学校・塾など決[…]

【2021年】大学受験におすすめのオンライン塾7選!高校生向けネット塾を徹底比較
関連記事

予備校・塾の種類を比較・解説しますこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^あなたは、予備校と塾って少し違うのをご存じでしょうか? 英語学習者違うんですか[…]

【大学受験】予備校の種類を徹底比較!タイプ別おすすめ塾や選び方のポイントを解説
関連記事

大学受験対策に英語塾や予備校は必要かこんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^こんな悩みはありませんか? 英語の勉強方法がわかりません 大学受験は英語で合否が決まると聞いた!良い対[…]

【大学受験】英語塾・予備校おすすめ人気ランキング10選|1位の英語専門塾とは?

 

いらない参考書や赤本がある方はこちら

いらない参考書や赤本などがあれば学参プラザ学参プラザというサービスが便利です!

ネットで簡単登録すれば高価買取をしていただけます!

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

ネイティブキャンプネイティブキャンプ
レアジョブ英会話レアジョブ英会話
家庭教師は1教科だけの受講も可能?料金相場や科目を絞ることのメリットとは?
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG