外資系企業・貿易会社への転職対策におすすめのオンライン英会話11選

外資系企業・貿易会社への転職対策におすすめのオンライン英会話11選

外資系企業・貿易会社への転職対策におすすめのオンライン英会話11選

こんにちは!

サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています。今まで200社以上の英会話スクールを調査してきました。

今回は「英語力が無くても外資系への転職はできるのか?」をテーマに記事を書いています。

外資系企業への転職は、給与面や仕事環境の自由度などで様々なメリットもあることから、転職先の候補へ挙がるケースがありますが「英語力」が1つネックだと思っている方も多いのではないでしょうか?

英語でのやり取りが多いことが予想される外資系企業は「英語力に自信がない」と思う方にとっては少しハードルが高いかもしれません。

しかし、実際には外資系企業でもそこまで英語力を求めていないところもあり、社内でスキルアップできる環境が設けられていたりするケースもあるので、転職は可能です。

サクキミ英語の副編集長は、外資系への転職経験がありますが、求人情報の中に「英語力がそこまで必要のない求人」が多く見つけることができたのを覚えているとのこと。

そこでこの記事では「外資系企業へ転職するメリット」や「対策におすすめのオンライン英会話」などを紹介。

外資系への転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

外資系企業へ転職するためには英語力は必須か?

外資系企業へ転職するためには英語力は必須か?

外資系企業で働く際には、同僚や関係者が外国人で日常会話を当たり前に使い、ビジネス英語を上手に運用できる人が活躍するイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

多くの場合、企業で割り当てられる部署によって英語の必要条件は異なり、取引先が国内企業がメインであったり、関係者が日本人がほとんどという環境下では、日常業務は日本語を使うことになります。

私の周りにも外資系企業へ転職をする友達がいるのですが、中には上司が英語を使うアジア人でコミュニケーションは全て英語という環境で働く人もいますし、外資系企業だけど英語を使った業務はメールのみという人も中にはいます。

このように企業によって、そして部署によって転職の際に求められる英語力というのは変わってくるのです。

また、ビジネスの場面での多くは、英語をいかに流暢に話せるかというよりも、英語を使ってスムーズにコミュニケーションがとれるかという能力の方が重要です。

外資系企業へ転職するメリット3つ

外資系企業へ転職するメリット3つ

外資系企業への転職をするにあたり知っておいて欲しいことは「日本国内の企業と外資系企業の違い」です。私自身、外資系企業で働いていた経験がありますが、様々なメリットを感じました。

そこでまずは、外資系企業へ転職をするとどんなメリットがあるのかについて僕も経験も含めてお伝えしていくのでチェックしていきましょう。

外資系企業へ転職するメリット
  1. 高収入を得られる可能性が高い
  2. 多様性のある環境で刺激的に働ける
  3. キャリアアップにもチャレンジしやすい

1.高収入を得られる可能性が高い

外資系企業への転職で最も大きなメリットの1つは「高収入を得られる可能性が高い」ということです。

もちろん、採用されることで高収入に直結するほど簡単なものではなく、結果主義の中に身を置き会社に求められることで収入は上がります。

国内企業では役職がつくだけではあまり給与は変わらないというケースは一般的ですが、外資系企業では縦社会ではないため実力あればそれに応じて収入もどんどん上げてもらえます。

年功序列の環境ではない分、結果が求められますが外資系企業では「日本人は勤勉であること」が評価されてキャリアアップを成功するケースも多いようですね。

そのため、外資系企業であれば「高収入を狙える可能性」は十分にあるのです。

2.多様性のある環境で刺激的に働ける

外資系企業の社員は、皆が英語ネイティブと言う訳ではありません。多国籍であることが一般的ですので、様々な文化背景の下で共に仕事に励みます。

また、日本に進出している企業は諸外国に進出していることが多いため、同僚や上司の出身国の文化やビジネスについて知る機会が自然と多くなります。

日系企業で日本人の環境だけですと、どうしても馴れ合いになって相手を理解するという本質的なことを見逃しがちになりますが、外資系ですとその人を一から理解するところから始まります。

外資系に勤めるだけでもなかなか得られない経験ができるので、外資系企業への転職は今後のキャリアにとって大きなメリットになると言えるでしょう。

3.キャリアアップにもチャレンジしやすい

外資系企業へ転職し仕事を続けることができれば、様々な文化に対しての理解度や柔軟性を身につけることができます。

働いているうちに世界中で仕事をしている仲間も作ることができるでしょう。

そのような経験を得た上で、再度転職をする場面になった時に以前とは比べ物にならない経験値が身についているかと思います。

採用担当も様々な経験値のある人材の方が話を聞きたいと思うでしょうし、市場価値を高く評価してくれる可能性があります。

また、国内の外資系企業からの転職であれば海外勤務を希望したいと思えたり、経験を生かして独立するなどのチャレンジ欲も芽生えるかもしれません。

自分自身が新たなキャリアチェンジに向けてよりチャレンジしやすい環境を作れていることでしょう。

英語が苦手な方におすすめの外資系への転職方法

英語が苦手な方におすすめの外資系への転職方法

ここからは、本記事のテーマでもある「英語ができなくても外資系企業への転職はできるのか?」という点についてお伝えしていきます。

先ほどもお伝えしましたが、外資系への転職は英語力がなくても可能です。ただし、求人数は多くないのでその点は注意しましょう。

ここでは、英語力をそこまで問われない外資系企業の求人を狙うためにおすすめの選び方を紹介します。

おすすめの選び方
  1. 日本人が多く英語を使う機会が少ない外資系求人を狙う
  2. 英語に対する意欲を重視する外資系求人を狙う
  3. 英語力よりも仕事のスキルを重視する外資系求人を狙う

1. 日本人が多く英語を使う機会が少ない外資系求人を狙う

外資系企業の中でも「日本人従業員が英語を使う機会のほとんどない企業」は多く存在します。

特に、日本支社での勤務であれば日本人率も高く基本的なコミュニケーションは日本語で行うケースが見られます。

最低限のビジネスメールや会話力は求められる場合はありますが、高校・大学レベルの英語力があれば採用してもらえる場合もあるのです。

英語力がなくてもまずは上記のような日本支社で勤務をして、後々は海外転勤の希望を出すというやり方もおすすめです。

私の友人に、国内にある日系企業に転職をし数年後にアメリカにある支店への転勤者に選ばれている人がいますが英語力はすごく高い訳ではありません。

将来的に、英語をバリバリ使った仕事を考えている人は日本にある外資系企業からキャリアを始めるのも良いでしょう。

外資系の企業でどのくらい日本人が多く働いているかを知る方法は「会社四季報」や「帝国データバンク」を基に調べてみるのがおすすめです。

外資資本の比率が低ければ日系企業の色合いが強くなり自ずと日本人も多く働いていることがわかります。

2. 英語に対する学習意欲を重視する外資系求人を狙う

英語に対する学習意欲が高い若い世代の転職希望者であれば、外資系企業への転職が容易にできる可能性があります。

企業の中でも現在空いているポジションで「スキル重視のベテラン」を求めているのか、まだまだスキル面では不十分だが「将来的に伸びる若手」を採用するのかはそれぞれ。

タイミングもありますが、今現在の英語力だけでなく「今までの経歴や熱意」で外資系企業への採用が認めらえるケースもあるのです。

そこで採用が認められれば、将来的に英語力を伸ばせば良いので転職時に高い英語力を持っておく必要はないでしょう。

転職時に、ある程度の英語力を身につけていることに越したことはないですが、そのような人材を採用してくれる外資系企業であれば英語教育もしっかりサポートしてくれるので安心です。

3. 英語力よりも仕事のスキルを重視する外資系求人を狙う

英語がパーフェクトに話せる人材だとしても、同僚や上司とのコミュニケーションや実務経験が皆無だと転職することは難しいです。

外資系問わず、転職者に求められるのは「即戦力になれるスキル」や「コミュニケーション能力」です。

そのため、英語力よりも今までの経歴やコミュニケーション能力を基準に採用している外資系企業は多く存在します。

実務経験で何か特徴的なポイントがあれば英語学習に対する意欲と共にアピールするのも良いですね。

外資系企業へ転職する際に最低限身につけておいた方が良い英語スキル

外資系企業へ転職する際に最低限身につけておいた方が良い英語スキル

「外資系企業の中には英語力を身につけずに転職できる求人を用意している」とはお伝えしてきましたが、英語力はあるに越したことはありません。

仕事をする上でのスキルが同じぐらいの転職希望者がいた際に、外資系なら特に英語力で最終的に比較されることも大いに有り得る話です。

そのため、外資系企業への転職を希望するのであれば英語は事前に学んでおくべきだと思います。

ここでは「外資系転職で最低限持っておきたい英語力」を簡単にご紹介していくので必要だと思ったら学習を始めていきましょう。

持っておきたい英語力
  1. TOEIC600点以上のスコア取得
  2. ビジネスメールなどで使うライティングスキル
  3. 簡単なコミュニケーション力

転職前に少しでも英語力を上げておくために参考にしておきましょう。

1.TOEIC600点以上のスコア取得

TOEICは日本人であれば一度は聞いたことのある英語試験だと思いますが、多くの外資系企業で「TOEIC L&Rのスコア」を採用基準として設けています。

そして、以下の写真データからわかるように「海外部門」で求められるTOEICスコアは最低でも690点です。

外資系への転職を視野に入れたTOEICスコアは「おおよそ700点」は必要ですが、英語力をそこまで重視しない外資系企業の場合は「600点」あれば履歴書に書いておくことで一応アピールポイントになります。

求められるTOEICスコア

※参照:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

ここで注意しておきたいのが、逆に低すぎるTOEICスコアを履歴書に書くと「英語力が全然ない人材」だと思われてしまい不採用になってしまう可能性があるので、あくまでも履歴書に書く際は「TOEIC600点以上」を取得してからにしましょう。

転職の際にTOEICスコアが必須になるかどうかについてまとめた記事は以下に用意してあります。

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

TOEIC対策に効果のあるオンライン英会話おすすめ16選【選び方も解説】
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

TOEIC対策におすすめのスクール・塾16社を比較【初心者でもOK】

2.ビジネスメールなどで使うライティングスキル

英語が苦手だとしても外資系企業では海外とのやり取りは多く行われることが予想されますが、その中でも「英語を使ったビジネスメール」はどの企業でも必要になる可能性は高いです。

一般的な仕事でもメールチェックやチャットでメッセージのやりとりなどは毎日のように行われるので想像がつきやすいですが、外資系企業の場合でも同様に「ビジネスライティング」を使ったメールのやり取りは日常的に行われます。

ビジネスメールに関しては、私の経験からしてもそこまで英語力があまり必要なく、基本的な英文のテンプレートやよく使われる専門用語をしっかり把握しておくことでほとんど対応が可能。

そのため、まずはビジネスの現場でよく使われる「ライティングスキル」をきちんと身につけておき、簡単な英文は使えるように準備しておくことで1つ転職時のアピールとして使えます。

ビジネスメールなどをはじめとしたライティングスキルを身につけたい方は以下の記事で紹介しているオンライン英会話スクールで学ぶのがおすすめです。

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

ライティング・英文添削ができるオンライン英会話おすすめ7選

3.簡単なコミュニケーション力

外資系の企業では、様々な国籍の人々と一緒に仕事をする可能性が高く、英語が苦手な場合でもコミュニケーションをとるケースは大いにあります。

そのため、円滑に仕事を進めるためにも日常英会話力はきちんと鍛えておきましょう。

転職時に英語力がなかったとしても社内でのキャリアアップを考えているのであれば英語力を磨くのは必須です。

転職までに英語力を鍛えておきたいと考えている方は以下の英会話スクールで基本的なビジネス英語を学んでおきましょう。

特にキャリアアップをするためには「英語力」は今後必須になっていくかと思うので、日常会話からビジネス英語を学べるオンライン英会話などで事前学習しておくと良いでしょう。

例えば、ビジネス英語特化で学べるオンライン英会話の「Bizmates」であれば、初心者の方でも基礎から学習に取り組め、レベル別・業種別にスキルアップを目指すことができます。

サクキミ英語編集部でも受講したことがありますが、オンライン英会話の中でも特におすすめできるスクールのため、英語力向上のために利用してみると良いでしょう。

無料体験レッスンから参加ができるので、事前準備として体験に参加してみることをおすすめします。

\無料体験実施中!/

外資系企業への転職対策におすすめのオンライン英会話3選

外資系企業への転職対策におすすめのオンライン英会話3選

外資系への転職を考える際に「英語力をあらかじめ伸ばしておく」ことは非常に大切です。

転職活動をする際に「TOEIC700点以上」を取得できたり「英会話で卒なくコミュニケーションが取れる」ようになっていれば、理想的な転職ができる可能性がグッと高まります。

ここからは、サクキミ英語編集部がおすすめする「オンライン英会話スクール」を紹介するので気に入ったところがあれば無料体験を受けてみましょう!

おすすめのオンライン英会話
  1. Bizmates~職業別レッスンなどビジネス特化で講師の質が最高レベル←おすすめ!
  2. ベルリッツ~世界70ヶ国の講師!2022年オリコン顧客満足度NO.1
  3. DMM英会話~世界122ヵ国と話せる!10,000種類以上の豊富な教材←おすすめ!

1.Bizmates(ビズメイツ)【ビジネス特化で講師の質が最高レベル】

Bizmates(ビズメイツ)【ビジネス特化で講師の質が最高レベル】

おすすめ度: 5.0

おすすめポイント
  • 講師のレベルが高い(採用率1%以下・MBA取得者まで在籍)
  • ビジネス英語の課題を全解決できる4つのレッスンタイプ
  • 職種別に講師を探せるのでより特化したビジネス英語の学習が可能
  • 講師が変わっても内容を引き継いでくれるので予約ができない不安から解放される
  • 月額約2万円~という破格の価格で英語コーチングを受講できる

Bizmates(ビズメイツ)」の最大の特徴はビジネス英語に特化しており、講師のレベルの高さはオンライン英会話界の中でも群を抜いている点でしょう。

Bizmatesの講師はビジネス経験者のみが在籍しており、MBA・博士号を取得している人もいます。

そして、実力だけでなく、物事を教えるスキル・人間性・コミュニケーション能力の面でも厳しく採用しているのです。

正直な話をすると、格安のオンライン英会話では講師の質はどこも大して変わりません。

しかし、「Bizmates」と「レアジョブ英会話」「QQEnglish」の3社だけは講師の質が飛び抜けています。

なので、講師の質を重視し、ビジネス英語を学びたい方はBizmatesを選べば間違いないでしょう。

Bizmatesの講師

また、Bizmatesでは、レッスンタイプは下記の4つに分れており、あなたの目的に合ったビジネス英語を学ぶことが可能です↓

  1. Bizmates Program:ビジネス用の英会話レッスン(通常レッスン)
  2. Other Programs:メール・電話会議など特定の場面にフォーカスを当てたレッスン
  3. Assist Lesson:プレゼン・面接など直近の課題を解決するレッスン
  4. Bizmates Discovery:特定の題材でディスカッション

そして、上記のレッスンに加えて、職種別に講師を探せるのでより特化したビジネス英語の学習が可能なのもビジネス英語に特化しているBizmates(ビズメイツ)ならでは。

それに、講師が変わったとしてもレッスン内容をしっかり次の講師に引き継いでくれるので、スムーズにレッスンを進めてくれ、かなり便利です。

そんなBizmatesは、過去に名だたる一流の大企業から急成長中のベンチャーまで500社以上の導入実績があります。

もし、ビジネス英語を学びたいという方で初心者の方はBizmatesを選べば間違いないと思いますよ。

Bizmates(ビズメイツ)はこんな人におすすめ

  • 最高レベルの講師からビジネス英語を学びたい人
  • ビジネス英語特化の英会話スクールで学びたい人
  • 職種別に講師を探せたりなどより特化したビジネス英語の学習がしたい人
  • 実績が豊富でレッスン・講師・サポートの質が高い大手スクールで学びたい人
  • 格安で英語指導の最高峰「英語コーチング」を受講したい人

Bizmates(ビズメイツ)のスクール情報

Bizmatesのスクール情報
対象社会人
※学生も受講不可ではないが不向き
料金/コース毎日25分プラン:13,200円
毎日25分プラン+Video Lesson:14,190円
毎日50分プラン:19,800円
毎日50分プラン+Video Lesson:20,790円
コーチング:月額+19,800円
最小レッスン単価320円
授業時間25分or50分
講師フィリピン人(英語堪能・ビジネス経験のある方のみ)
講師の人数1,900人以上
教材オリジナル教材、体験レッスン用教材、ビジネス英会話用教材、フリートーク用教材
教材費用無料
予約可能時間5:00~25:00
基本毎日。一部祝日を除く。
予約/キャンセル5分/30分前まで
利用ツールMy Stage(独自アプリ) or Skype
適性◎初心者/◯日常英会話/✕カランメソッド/◎ビジネス/△中高生/✕キッズ/△TOEIC/△TOEFL/✕英検
無料体験1回

Bizmates(ビズメイツ)の口コミ・評判

日本人がビジネスを行ううえで欠けているコミュニケーション能力を高めるようにデザインされている
30代・男性

評価: 5.0英語学校というより、英語コミュニケーションの学校ですね。元ベルリッツで日本人ビジネスマンの英語指導に携わってきた方が教材を開発されており、日本人がビジネスを行ううえで欠けている・身に付けなければいけないコミュニケーション能力を高めるようにデザインされています。この点は、他のオンライン英会話にない大きな特徴だと思います。

先生の質は他のオンライン英会話と比較しても高い
30代・男性

評価: 5.0レッスンは他のオンライン英会話と同じようにSkypeで進みます。最初に5分ぐらい今日の出来事や自己紹介などをする時間があり、その後20分程度は教材に沿った内容にそって授業が進みます(だいたい25分過ぎで終わりです)。授業は実際のビジネスシーンでありそうな自己紹介、会社紹介、1日の流れの説明などをベースにした教材を使用しました。

例題を読んだ後、実際に自分自身についての説明を英語で会話します。授業後にはフィードバックがオンライン上で残りますので、振り返りにも最適です。

先生の質は他のオンライン英会話と比較しても高いと思いますが、そのなかでも良い悪いは少なからず有ります。最初のうちはいろいろな先生と話してみて、いい先生を見つけていくのがおすすめです

何社か契約しましたが、ビジネス英語を学ぶなら間違いなくここがずば抜けて良い印象でした
30代・女性

評価: 5.0何社か契約しましたが、ビジネス英語を学ぶなら間違いなくここがずば抜けて良い印象でした。理由は、最初からかなり難しい英語から入るからです。どちらかというと英会話教室には珍しい詰め込み式な印象でした。

例えば、教材で相手とのやりとりがあり、それを講師と掛け合いでやりとりした時も、あくまでビジネス英語を中心に少々難しい普段使わない英語を織り交ぜながら教えてくれたので、そういう意味でビジネス英語を学びたかった僕には最高のサポート体制だと思いましたし、教え方も非常に丁寧にわかりやすかったので良い講師に出会えたと思いました。

講師レベルもここは非常に高いので、多少レッスン費用が高くても得した気分になれます。ビジネス英語ならここがオススメです。

オンライン英会話にしては高額ですが、その分きっちり細部まで指導してくれる
30代・男性

評価: 5.0ネットでライティングの仕事をしているので、英語翻訳の仕事も請け負いたいと考え、ビズメイツに入会しました。知り合いがビズメイツを利用して、TOEICの点数が上がったというので、私も興味を持ちました。以前は他の英会話教室に通った経験があり、だいたいオンライン英会話のことは知っていたので、気軽な感じで始めてみたのです。ビズメイツを選んだ理由は他にもあって、ビジネス英語を中心に勉強できるところに大きな期待をもちました。

日常会話レベルは出来ていたので、ビジネスで使える会話を学びたいと思っていたのです。とりあえず毎日50分プランを選択して、ビズメイツの3つのプランの中から、英語でメールをライティングできる能力を伸ばせるコースを選びました。スカイプで発音を確認しながら順番にライティングしていきましたが、ちょっとした綴りの間違いなどもしっかり添削してくれたので助かりました。月額19,800円と、オンライン英会話にしては高額ですが、そのぶんきっちり細部まで指導してくれるので良かったです。

その頃、ちょうど仕事で日英の翻訳をしていたので、英式ではどのように変化するのかなど、専門的なことも教わったので仕事がはかどりました。在宅で仕事をしているので、時間ができれば小まめに受講して、英語スキルを高めるとともに、講師と日常会話を楽しむ余裕もできたので楽しかったです。

あっという間に契約が終わり、もう少し続けていたかったのですが、本格的に翻訳の仕事を請け負ったので、一旦休止することにしました。ビズメイツは予習と復習をする時間が確保できることと、全くの初心者ではなくビジネス用語に特化した英語を学びたい人に向いていると思います。

\ビジネス特化で職業別レッスンあり!/

関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

Bizmates(ビズメイツ)の評判は厳しい?良い・悪い口コミをもとに徹底評価

2.ベルリッツ(Berlitz)【通学との併用も可能】

ベルリッツ(Berlitz)【通学との併用も可能】

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント
  • 欧米を中心に多国籍の全英会話スクールでトップレベルの講師が在籍
  • 全世界共通の教材を使用しているので、世界基準の英語学習が可能
  • 少人数のグループレッスンなど複数のコースから自由に選べる
  • シーン別ロールプレイや業種・職種別のカスタマイズOK
  • Berlitz Blended【オンラインレッスンと通学の併用も可能】

2022年にオリコン顧客満足度でNO.1を獲得した「ベルリッツ(Berlitz)」がとうとうオンライン英会話を強化し「Berlitz Live Online【ベルリッツ】」というオンライン専用コースを立ち上げました。

講師は通学型のベルリッツ(Berlitz)と同じ、多国籍の講師が務め、ベルリッツ・メソッドを体得している全英会話スクールでトップクラスです。

ベルリッツ(Berlitz)の多国籍の講師

なので、レッスンを継続すればネイティブと対等に会話ができる語学力を身に付けられます。

しかも、ベルリッツの教材は全世界で共通のテキストを使用しており、ネイティブの生徒も同じテキストを使用しているので、海外旅行をした時に、外国人がまさか同じテキストを使用して勉強していたなんてことも。

そして、ベルリッツの特徴として「自己学習とライブレッスンを組み合わせたBerlitz Flex」や「外国人教師と2名~4名の生徒で行われる少人数制グループレッスン」などコースの種類が豊富で様々なニーズに対応することが可能です。

そして、ベルリッツ(Berlitz)はビジネス英語に強く、「Web会議」「プレゼン」「メール対応」「営業・商談」「海外赴任・出張」「面接」などシーン別のロールプレイで英語を学ぶことができ、業種・職種別のカスタマイズレッスンがあるのもポイント。

ビジネス英語を学ぶなら費用を気にしない方であればベルリッツが全オンライン英会話の中で最もおすすめです。

そして、ベルリッツは店舗型の英会話教室をメインで運営しているので、他のオンライン英会話にはない「オンラインレッスンと教室での受講を組み合わせられる「Berlitz Blended」というコースもあるのは最大の強み。

「今日は教室」「来週は自宅」と、サポートセンターにメールで連絡すればすぐに変更OKです。

ベルリッツは格安オンライン英会話と比較すると料金は高いですが、純粋なスクールの質や格で言うと間違いなくNO.1です。

通学型の英会話教室としてはサクキミ英語では200社中NO.1の評価をしているので、金銭的に余裕がある方はベルリッツが最もおすすめですね。

ベルリッツ(Berlitz)オンラインはこんな人におすすめ

  • 世界70ヶ国の多国籍の講師から英会話を習いたい人
  • ネイティブも使用する世界レベルのテキストで英語学習をしたい人
  • 少人数のグループコースで質の高いアウトプットもしたい人
  • シーン別ロールプレイや業種・職種別レッスンなど質の高いビジネス英語を学びたい人
  • オンラインレッスンと通学のレッスンを併用したい人

ベルリッツ(Berlitz)オンラインのスクール情報

ベルリッツ(Berlitz)オンラインのスクール情報
対象大学生~社会人
※小学生向け「ベルリッツ・キッズ」はこちら
※中高生向け「ベルリッツ・ティーンズ」はこちら
料金/コース【マンツーマン】
教室:6千円~/1回
オンライン:5千円~/1回
【グループ】
教室:4千円~/1回
オンライン:4千円~/1回
【自己学習+オンライン】
6ヶ月:10.8万円
1年:17.8万円
最小レッスン単価
授業時間40分
講師世界70ヶ国
講師の人数多数(正確な人数は不明)
教材オリジナル教材、、日常英会話用教材、ビジネス英会話用教材など
教材費用20,000円
予約可能時間5:00〜24:10
予約/キャンセル前日の15:00まで
利用ツールZOOMまたはWebブラウザ
適性◯初心者/◯日常英会話/✕カランメソッド/◎ビジネス/◯中高生/✕キッズ/◯TOEIC/◯TOEFL/✕英検
無料体験1回

ベルリッツ(Berlitz)オンラインの口コミ・評判

海外の第一線で仕事をする意欲がある方におすすめしたい
30代・女性

評価: 5.0入学する前、周りの人からは「先生のレベルが高い」「オリジナルの教材を使っている」と聞いていて、実際に体験レッスンを受けてみました。するとその評判どおり、他の英会話スクールとはあきらかに頭ひとつ抜けている感じを受けたんです。

帰国子女の自分が語学スクールに通うことはないと思っていましたが、いざビジネストレーニングコースに通ってみると、英会話は奥が深くて、学ぶことがいっぱいありました。

仕事で使える英語を身につけたい、くらいの軽い気持ちではなく、海外の第一線で仕事をする意欲がある方におすすめしたいですね。

ここで学んだ雑談ノウハウは、その後の商談などで何度も役に立った
30代・男性

評価: 5.0英会話を本気で学ぶと決めた以上、どのスクールに通うべきかはじめは悩みました。それで周囲の友人や知人に聞いてみると、決まってベルリッツをすすめてくれたんですね。みんな口をそろえて言うのは「先生のクオリティが高い」と。とりわけ印象に残っているのは、フリーディスカッションですね。ときどき先生が旬なトピックやプライベートな話題を振ってくるんです。

たとえば、いま何に興味があるの?とか、どんな女性がタイプなの?みたいな。ビジネスではこういう雑談も、相手と距離を縮める上で大切なので、活きた英語を学んでいる実感がありましたね。先生もこういう会話の重要性をわかっていて、ひとしきり楽しく会話した後は、「あそこはこう話した方がいい」「文法的にはこっちが正しいよ」と、一つひとつ話し方を指摘して直してくれました。

ここで学んだ雑談ノウハウは、その後の商談などで何度も役に立ちましたね。

オンラインだけでなく通学も併用できるのが唯一無二
30代・女性

評価: 5.0私はオンラインと通学を併用しました。教室の雰囲気はいい意味でも悪い意味でも日本人的硬さのある感じでした。ですがその分、出会いを求めているような感じの人も少なく、そこは受講生同士安心してコミュニケーションをとれる雰囲気がありました。

以前、英会話カフェや英会話系のイベントに出ているときに、「英語を通じて出会いがあれば…」という人も結構見かけたので驚くこともあったのですが、大手町校は本当に塾のような雰囲気でした。

対して講師の方は自由な雰囲気の方が多く、授業後にも雑談だったりカリキュラムとはぜんぜん違う流行のスラングなどを教えてくれるのもいいなと思いました。

3ヶ月後には中級→上級になりTOEICでも860点を達成
30代・男性

評価: 5.0私が通っていたのはマンツーマン授業のカスタマイズレッスンです。私は電話応答や会議での英語の即戦力が欲しいと思ったので、とっさに英語で対応できるように主に金融英語を中心に学習しました。

日本人のカウンセラーさんに具体的な自分の目標を伝えて、それを外国人の先生が私の英語力を毎回チェックしてくれます。私は海外のクライアントを想定したプレゼンを先生の前で披露したり、内容は毎回とても濃かったです。お陰様で中上級レベルだった英語力が3ヶ月後には上級になりTOEICでも860点を達成することができました。

仕事で使う資料のチェックも先生にお願いしたりしましたが、とても丁寧に対応していただきました。全てはベルリッツでのレッスンのおかげです。また機会があればベルリッツで学びたいです。

\通学との併用も可能!/

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々[…]

ベルリッツオンラインの評判は?リアルな口コミを評価【Berlitz Live Online】
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

ベルリッツ(Berlitz)の評判は?200個以上の口コミを調査し本音評価

3.DMM英会話【世界122ヵ国の講師と豊富な教材】

DMM英会話【世界122ヵ国の講師と豊富な教材】

おすすめ度: 4.5

おすすめポイント
  • ネイティブ・日本人含む122ヶ国の講師が在籍
  • ネイティブ特化プランや初心者向けの日本人講師レッスンあり
  • TOEICや英検などの教材は全部無料で10,000種類以上
  • 日本人のDMM英会話コンシェルジュ付(24時間対応)
  • 2020年オンライン英会話サービス評価・満足度調査で16部門全てでNO.1

DMM英会話」の一番の魅力は、ネイティブ講師も含めて122ヶ国、10,000人以上の多国籍な講師の授業を受けることができるという点です。

オンライン英会話サービスの多くは通常ほぼ100%がフィリピン人講師ですが、DMM英会話ではアメリカ、イギリス、カナダなどのネイティブはもちろん、アジア、ヨーロッパまで幅広い国籍の講師が在籍しています。

DMM英会話の講師

また、上記のようなネイティブ講師も選べる他、英語初心者にも優しい日本人講師も選択することが可能です。

しかも、DMM英会話は講師の質にもこだわっており、採用率は5%と厳しい選考を通過した講師のみが厳選されているのもポイント。

そして、テキストは学習目的に合わせて10,000以上あります。

DMM英会話の10,000種類の教材

教材内容は日常会話、ビジネス英語、旅行英会話、語彙、発音だけではなく、TOEIC、英検、TOEFL、IELTSなどの資格試験にも対応した教材が多種多用に用意されています。

初心者から上級者まで10段階のレベルに分けられているので、自分のレベルに合わせた教材で学習をすることが可能です。

また、DMM英会話は24時間365日レッスンを受講することが可能です。

しかも予約はレッスン開始15分前までにすればいいので、スキマ時間にレッスンを受けるなんてことも可能です。

講師の人数が他のオンライン英会話と比較しても群を抜いて多いので、予約できないなんて心配もありません。

加えて、DMM英会話では無料体験レッスン中の会員に向けて、日本人スタッフがビデオ通話で何でも相談に乗ってくれる無料のコンシェルジュサービスを提供しています。

スタッフは日本人なので英会話初心者の方でも安心して相談でき、有料会員になる前に不安や疑問を解消することができますよ。

DMM英会話は2020年オンライン英会話サービス評価・満足度調査で16部門全てでNO.1を獲得。

初めてオンライン英会話を始める方であればDMM英会話を選んでおけば間違いないでしょう。

DMM英会話はこんな人におすすめ

  • ネイティブ含む多国籍の講師からレッスンを受けたい人
  • 日本人講師から日本語も用いたレッスンを受けたい英語初心者
  • TOEICや英検などの豊富なカリキュラムからレッスンを選びたい人
  • 24時間365日、日本人に悩みや相談をしたりサポートが欲しい人
  • 実績も豊富でサービスの質が高い大手のスクールで学びたい人

DMM英会話のスクール情報

DMM英会話のスクール情報
対象キッズ~社会人
料金/コース■スタンダードプラン:112ヵ国の講師
・毎日1レッスン:月6,480円
・毎日2レッスン:月10,780円
・毎日3レッスン:月15,180円
■プラスネイティブプラン:ネイティブ、日本人を含む122ヵ国の講師
・毎日1レッスン:月16,590円
・毎日2レッスン:月32,760円
・毎日3レッスン:月47,360円
最小レッスン単価163円
授業時間25分
講師世界122ヵ国以上
講師の人数10,000人以上
教材オリジナル教材、日常英会話用教材、ビジネス英会話用教材、TOEIC用教材、IELTS用教材、フリートーク用教材
教材費用無料
予約可能時間24時間
予約/キャンセル15分/30分前まで
利用ツールEikaiwa Live(独自ツール)
適性◎初心者/◎日常英会話/✕カランメソッド/◯ビジネス/◯中高生/◯キッズ/◯TOEIC/✕TOEFL/◯英検
無料体験2回

DMM英会話の口コミ・評判

先生の人数が多いので、自分の受けたい時間に予約が取れる
30代・男性

評価: 5.0値段が安く、先生もフレンドリーな方が多いです。人気の先生は予約が取りにくいようですが、先生の人数が多いので、自分の受けたい時間に予約が取れないということはまずありません。フィリピン人の先生以外でも、日本に住んでいるとなかなか会うことのないような国籍の先生と話せるので楽しいです。

DMMさんは、他のオンライン英会話と比べて講師の人柄が大変良い
30代・男性

評価: 5.0留学前に英会話に慣れるために始めました。DMMさんは、他のオンライン英会話と比べて講師の人柄が大変良いと感じました。レッスン開始後はとても丁寧に聞き取りやすく話してくれました。特に、頻繁にほめてくれたことで緊張がほぐれ、頑張ってもっと話してみようと思えたことが、レッスンの雰囲気がいいなと感じた大きな要因だと思います。

予約は取りやすく、自分のスケジュールを優先させることができます。24時間いつでもレッスン可能というのも便利でした。安価な価格設定ですし、気軽に始められるので、初めての方にも敷居が低いと思います。

教材は初級から上級者向けのTOEICや、ビジネス英会話など多数
30代・男性

評価: 5.0教材は初級から上級者向けのTOEICや、ビジネス英会話など種類があり、自分にあったものを講師の方が丁寧にアドバイスして選んでくれました。初めは何も分からず緊張しましたが、先生がとても明るく、面白いフリートークで和ませてくれたので安心してレッスンを受けられました。

講師はネイティブの方が多くて、とてもリスニングの勉強にもなりますし、スカイプのチャットボックスで、うまく言えない単語や発音を書いて説明もしてくれますので、とても参考になります。自宅にいながらマンツーマンのレッスンが受けられるのはありがたいです。講師もとてもユニークで料金も安く、教材も充実しているのでオンライン英会話で上達できました。

講師のプロフに評価が記載されているので目安になる
20代・女性

評価: 5.0フレンドリーな先生が多く、初心者でも安心してレッスンを受けられます。各先生のプロフィール欄にはユーザーからの評価が掲載されているので、それをチェックした上で先生を選べる点も良いと思いました。また、フィリピン人の先生だけでなく、ネイティブや日本人の先生がいる点も魅力です。

教材も充実していますが…種類が多く、どの教材が良いかわからなかったので、最初のレッスンで「スピーキングテスト」を受けてレベルをチェックし、先生から自分に合った教材を教えてもらうのがおすすめです。

回線の関係でレッスン中にタイムラグを感じることがたまにあったのですが、レッスンの内容はしっかりしているので、オンライン英会話で英語の勉強をしたい人は、利用を検討すると良いと思います。

\世界122ヵ国の講師&1万以上の教材!/

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

DMM英会話の評判はしんどい?200人の口コミからメリット・デメリットを評価

外資系企業への転職を考えるならコーチング型のオンライン英会話がおすすめ

外資系企業への転職を考えるならコーチング型のオンライン英会話がおすすめ

英会話を学ぶ方法はオンライン英会話だけではありません。

あなたは、英語コーチングスクールを知っていますか?

英語学習の方法には下記の4つのタイプがあります↓

1.英語コーチング2.英会話教室3.オンライン英会話4.英会話カフェ
学習効果
サポート
料金の安さ
保証
月の学習時間80時間4時間12.5時間4時間

⇧4つのスクールタイプの違いをまとめるとざっくり上記の通り。

学習効果で見ると、

「1.英語コーチング」>「3.オンライン英会話」>「2.英会話教室」>「4.英会話カフェ」

ですが、料金など他の部分で見るとスクールタイプもメリット・デメリットがあります。

自分の目的・好みに合うスクールタイプを選ぶことが重要です。

つまり、英語コーチングスクールと一言でまとめると下記の通り↓

数ヶ月間という短い期間で自分が目標にする英語力に最短で近づけるために「最適な学習方法」や「英語学習の習慣化」を身につけるスクールのこと。

オンライン英会話でも、確かに効果はしっかり出ます。

しかし、上記の表の通り、コーチングの方が効果が出ることは間違いありません。

ただ、コーチングのデメリットはコミットメントが必要なことと、料金が高いこと。

ただ、正直、ある程度のレベルがない方がオンライン英会話でフリートークをしても、お金と時間を無駄にするだけです。

なので、サクキミ英語として、先にコーチング型のオンライン英会話で短期間にある程度英語力を上げてしまい、その後に一般的なオンライン英会話で英語力をブラッシュアップしていくというプランもありなのかなと思っています。

そこで今回は、短期集中で本気で英語学習をしたい人に向けて過去200社以上の英会話スクール調査の中から特におすすめ度の高い英語コーチングスクールを厳選して紹介します。

上記で紹介したオンライン英会話と併せて1社ずつでも、それぞれ無料体験を受けてみると違いがわかって良いと思いますよ。

※今回紹介している英語コーチングスクールは全てオンライン専用コースを設けているスクールを厳選しています。

チェックポイント
表のすぐ下に各社公式サイトに飛べるようにリンクも用意しておいたので、気になるオンライン英会話があれば、併せてチェックしてみてくださいね。
スクールENGLISH COMPANYのロゴSTRAILのロゴPROGRITのロゴTORAIZのロゴLiberty English AcademyのロゴMeRISE(ミライズ)英会話のロゴレアジョブスマートメソッド®のロゴフラミンゴオンライン英語コーチングのロゴ
評価 5.0 5.0 4.5 4.5 4.5 4.0 4.0 4.0
受講期間目安3・6ヶ月3ヶ月2ヶ月2・3・6~12ヶ月約3ヶ月(24回)1ヶ月4ヶ月4ヶ月
月額目安全レベル:18.7万円
レベル別:4.4万円~
9.9万円19万円10.6万円10.5万円7.7万円13.7万円6.8万円
講師日本人日本人日本人・ネイティブ日本人・ネイティブ日本人日本人日本人日本人
特徴第二言語習得研究に基づいた、科学的なトレーニングで専門性NO.1ENGLISH COMPANYと同じ講師によるコンサルティングに特化したサービスマッキンゼー出身の創業者が開発した、課題発見→学習方法をコンサルティング1000時間という圧倒的な学習量を確保する。サービス充実で学習本気度NO.1TOEIC・TOEFL・IELTS対策に強く、海外有名大学への留学も支援。コスパ最強のマンツーマン専門のスクールのコーチングプランスピーキングに特化。成果保証付。東京外国語大学が監修したプログラム8,000名の中からTOP1%の日本人コーチを厳選。初心者におすすめ

(クリックで公式サイトへ)

  1. ENGLISH COMPANY~第二言語習得研究&英語指導の専門性NO.1←おすすめ!
  2. STRAIL(ストレイル)~ENGLISH COMPANYの2分の1価格←おすすめ!
  3. PROGRIT(プログリット)~短期間でビジネス英語を学びたい人
  4. TORAIZ(トライズ)~学習本気度NO.1!唯一の長期コースもあり
  5. Liberty English Academy~TOEIC・TOEFL・IELTSなどの資格対策に強い
  6. ミライズ英会話~マンツーマン専門×オンライン英会話受け放題
  7. レアジョブスマートメソッド®~スピーキングに特化!成果保証付
  8. フラミンゴオンライン英語コーチング~TOP1%のコーチ陣!初心者におすすめ
  • 価格は税込価格、百円以下は原則切り捨てで表記。
  • コースによって料金は異なります。詳細は各スクールの公式サイトを確認要。
  • 特定の受講期間がない場合は1ヶ月と記載。
筆者
比較表の1番下にある「解説を読む」をクリックすると各スクールの詳細なサービス内容を説明を見ることができますよ^_^

以上、コーチング型のオンライン英会話です。

気になるスクールがあれば、ぜひ無料体験を受けてみてくださいね。

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です。私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

英語コーチングスクールおすすめ比較ランキング22選【口コミ・評判あり】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

海外就職・転職におすすめの英会話スクール12選【結果が出る教室を厳選】

まとめ:英語ができなくてもオンライン英会話で外資系企業への転職は可能

英語ができなくてもオンライン英会話で外資系企業への転職は可能

今回は「英語ができなくても外資系への転職は可能かどうか?」をテーマに、外資系企業の選び方を紹介していきました。

記事後半には「オンライン英会話スクール」も特徴別にお伝えしたので、これから外資系への転職を試みている方はぜひ活用してみてください。

(クリックで公式サイトへ)

外資系への転職に向けて「英語力」を向上させておくことは大事なポイントですが、現時点で英語力に自信がなくても「外資系企業への転職は可能」です。

そして、転職活動に並行して「転職エージェント」への登録を行い求人情報を調べておくのは効率的です。

私自身も3つほどの転職エージェントでアドバイザーと求人情報を精査しながらオンライン英会話スクールで英語力の維持・向上をしていました。

外資系企業への転職情報を集めながら英語力を伸ばしていけるように学習を進めていきましょう。

関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

海外就職・転職におすすめの英会話スクール12選【結果が出る教室を厳選】
関連記事

こんにちは。サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

海外赴任前におすすめの短期集中英会話スクール12選【英語ができない奥様も】
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

TOEIC対策に効果のあるオンライン英会話おすすめ16選【選び方も解説】
関連記事

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する[…]

TOEIC対策におすすめのスクール・塾16社を比較【初心者でもOK】
>英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールの完全ロードマップ

英会話スクールには4つの種類があるのをご存知ですか?「1.英語コーチングスクール」「2.英会話教室」「3.オンライン英会話」「4.英会話カフェ」の4つです!あなに最適なスクールはどれでしょうか?サクキミ英語では、あなたに最適な英会話スクールを見つけられるように「簡単5ステップ|英会話スクールの完全ロードマップ」を作りました!この記事を読めば「あなたに最適なスクール」がきっと見つかります^_^

CTR IMG