上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?評判・使い方を解説

目次

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)について評価・レビューします

評判・口コミの画像

こんにちは!サクキミ英語(@SakukimiEnglish)です^_^

今回解説するのは、無料で家庭教師の資料請求ができるサービスの家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)です!

家庭教師をお探しの人は「家庭教師比較くらべーる(かてきょナビ)」というサービスを聞いたことがあるはず。

家庭教師を頼むときは、学研などの家庭教師センターに問い合わせます。資料請求や電話などで問い合わせると体験授業の案内があり、実際に授業を受けてみてサービスの説明に納得したら申込み・入会(契約)をします。

ただ、家庭教師センターをどこにするかで迷うことは多いもの。また、センターごとで対応エリアも違うため、住んでいる場所がエリア外の場合もあります。

そこで便利なのが、「家庭教師 比較くらべーる」という無料サービス。

家庭教師 比較くらべーるは地域で人気の家庭教師センターをまとめて検索でき、1社ずつ資料請求や問い合わせをする手間が省けます。

「かてきょ診断」というカンタンな質問に答えるだけで、子供にピッタリな家庭教師センターがわかります。

というわけで、今回はそんな家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)について以下の内容で徹底解説していきたいと思います↓
この記事の内容
  1. 家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?
  2. 家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の特徴とメリットは?
  3. 家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)のデメリット
  4. 家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)がおすすめな人・おすすめでない人
  5. 家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の使い方
  6. 家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求の手順

 

私たちサクキミ英語は予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)でチームを構成しており、学習指導および学習のプロとしての視点から英語学習に関する様々な最新情報を発信しています!


また、『サクキミ英語』では、
『英語学習に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、いきましょう!

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の画像

まずは家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)はどんなサービスなのかを説明します!

「家庭教師比較くらべーる」はあなたに合う資料を一括で送ってくれるだけ

実は「家庭教師比較くらべーる」の評判の声はネット上にもあまりありません。

というのは、「家庭教師比較くらべーる」は家庭教師センターの資料請求をするだけのサイトだからです。

実際に家庭教師を派遣してくれたり、学習相談に乗ってくれるのは各家庭教師センター。資料請求が完了したら、気になる会社の相談や無料体験を受ける流れになります。

「家庭教師比較くらべーる」はただ条件に合う会社の資料を送ってくれるだけなので、評判の良い・悪いも無いんですよね。笑

 

目的や地域で絞り込めるのはとても便利

ただ、「家庭教師比較くらべーる」はとても便利なサービスだということは断言しておきます。

自分で家庭教師を探そうとすると、家庭教師センターの資料をそれぞれ取り寄せたり、ホームページをいちいちチェックして比較したり…かなりの時間と手間がかかります。

実は家庭教師って、派遣できる地域が決まっているんですよね。

A社では首都圏のみに派遣可能だったり、B社では山奥にも派遣できたり。また、家庭教師センターによって専門性もあります。中学受験を専門としている場所や、不登校の子の指導にも対応しているところなど…。

会社によってかなり多種多用なんです。これをいちいち個人で調べるのは大変ですよね…。

 

筆者
「家庭教師比較くらべーる」なら目的や地域で絞り込める【診断機能】がついているので、目的に応じて会社を絞り込むことができますよ。

 

2分で資料請求が完了できる

「家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)」ではパソコンやスマホの操作に慣れている人なら、2分で資料請求が完了できます。

【診断機能】をポチポチすれば条件に合う家庭教師会社がピックアップされますので、後は必要事項を記入していくだけ。じっくり選ぶのは資料が届いたらでOKです。

 

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の特徴とメリットは?

メリットの画像

特徴・メリット
  1. 家庭教師センターの掲載会社が厳選されている
  2. 大手・中小ともに掲載
  3. リアルな口コミが見られる
  4. 簡単な診断で子どもに合う家庭教師センターが分かる
  5. 約2分で資料を一括請求できる
  6. かてきょナビ経由で家庭教師を依頼すると2万円の支援金がもらえる

1.家庭教師センターの掲載会社が厳選されている

  • 「お願いした家庭教師の会社がいまいち信用できない」
  • 「実績があるのか不安」

というお声を持つ保護者の方は多いです。

家庭教師選びに失敗して、また最初からから探し直す…という失敗は避けたいですよね。

かてきょナビに掲載されている家庭教師の会社は、掲載基準をクリアしたところのみとなっています。

掲載基準
  • 教師の数は十分か?
  • 教師の採用に厳しい基準を設けているか?
  • 成績を上げてくれる先生を派遣してくれるのか?
  • 生徒のことを考えて経営しているか?

など、保護者が気になることをしっかりチェックしてから掲載。

かてきょナビから探すことで、信頼できる家庭教師の会社をスムーズに見つけられるメリットがあります。

 

2.大手・中小ともに掲載

我々が見ていても「この家庭教師センターであれば信頼できるだろうな」という会社ばかりが掲載されている印象です。

もちろん、その家庭教師の会社には、名の通った大手だけでなく、中小規模の家庭教師会社もあります。

  • 安心感のある大手がいい
  • 良心的な価格でお願いできる中小がいい

というニーズもあれば「どちらにしようか迷っている」という人もいるはずです。

かてきょナビは、大手・中小、両方の家庭教師会社を掲載しています。

お願いしたい規模の家庭教師会社が見つかりやすいです。大手か中小で迷っている人でも、幅広い選択肢の中から選ぶことが可能。

また、優良な中小規模の家庭教師センターは自分で見つけるのが難しいものですが、そうした会社も検討候補にできるメリットもあります。

 

3.リアルな口コミが見られる

「比較サイトの口コミって胡散臭いから信用できない」と思っている人も多いですよね。口コミの発信元によっては、良い口コミまたは悪い口コミだけに偏っていて参考にならないことも。

かてきょナビの口コミは、入会後のアンケートを元にしたもの家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の評判・口コミ1

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の評判・口コミ2

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の評判・口コミ3

つまり、実際にその会社を利用した人の率直な感想や意見がわかります。

家庭教師の会社のどんなところが良かったのか(悪かったのか)を知ることができ、選ぶ時の参考になるはずです。

 

4.簡単な診断で子どもに合う家庭教師センターが分かる

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の簡単診断
一括資料請求をしたら全ての会社の資料が届き、勧誘の電話も鳴り止まない…という状況は避けたいもの。

かてきょナビでは、簡単な質問に答えるだけでおすすめの会社をいくつかピックアップしてくれます。

資料請求の前に子どもに合う会社を絞り込むことが可能です↓

簡単診断の手順

「小学生」「中学生」「高校生」から選択の画像

  1. 子どもの学年を「小学生」「中学生」「高校生」を選択
  2. 家庭教師を利用する目的や現在の学校での成績状況を解答
  3. 自宅学習の時間や志望校の難易度レベルを入力
  4. 住んでいる地域の都道府県を入力

上記の手順を踏めば、子どもにぴったりの家庭教師センターを割り出してくれます。

住んでいる地域も鑑みて厳選してくれるので非常に使いやすいです。

また最近では、「オンライン」もオレンジ色で分かり易く見せてくれるので、コロナ禍での家庭教師選びにも使えます。

こうすることで、興味のない会社から資料や電話が来ることもなく、ピックアップされた家庭教師の会社をじっくり検討できるメリットがあります。

 

5.約2分で資料を一括請求できる

ピックアップされた会社に一つずつ資料請求するのは面倒ですよね。

かてきょナビなら、おすすめとしてピックアップされた家庭教師の会社にチェック印をいれるだけで、必要な会社の資料だけを一括請求。

約2分で完了します。

資料請求にかかる時間を大幅に短縮できるのもかてきょナビのメリットです。忙しい保護者の方でもすぐに資料請求ができます。

 

6.かてきょナビ経由で家庭教師を依頼すると2万円の支援金がもらえる

かてきょナビ経由で家庭教師を依頼すると2万円の支援金がもらえる
「かてきょナビ経由で家庭教師を依頼すると2万円の支援金がもらえる」ということです。

かてきょナビで資料を請求後、届いた資料に目を通して家庭教師センターを決定します。

その後、入会契約書をFAXして15名の先着順に入るまたは当選することで2万円分の支援金を受け取ることができます。(楽天メルマネで受け取る)

ただし、入会する家庭教師センターを初めて利用する、30日以内の入会の場合、アンケートの回答を匿名でできる、などいくつか条件がありますので注意が必要です。

 

筆者
資料を請求した後に届くかてきょナビのメールにも詳しく記載されていますので、メールはよく読んでおきましょう。

 

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)のデメリット

デメリットの画像

続いて、家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)のデメリットを解説します!

デメリット
  1. 家庭教師センター全ての会社が掲載されているわけではない
  2. 個人でやっている家庭教師の先生は見つけられない
  3. 電話(もしくはメール)の連絡はくると考える

1.家庭教師センター全ての会社が掲載されているわけではない

北海道から沖縄まで大手中小含め、全ての家庭教師会社を把握しているわけではありません。

なかには、優良な家庭教師会社でありながらも、かてきょナビと連絡が取り合えていないために掲載が漏れていることも。

そうした「とりこぼし」の可能性がゼロではないことがデメリットのひとつ。かてきょナビを使いつつ、よその保護者からも情報を聞いてみるとよいでしょう。

ただし、英語受験のプロである我々からすると、家庭教師センターを比較するには充分の会社が掲載されています。

 

筆者
まずは、いくつか資料請求をしてみて「それでもお子さまに合う家庭教師センターが見つからない場合は、他で探す」というやり方が効率が良いですね。

 

現在登録されている家庭教師は39社

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)では2021年6月現在、39社もの家庭教師センターが登録されています。

一部を紹介します。

  • 家庭教師のトライ
  • 家庭教師・学参
  • 学研の家庭教師
  • 家庭教師のアルファ
  • 家庭教師のノーバス
  • プロ家庭教師ディック学習
  • 家庭教師アカデミー
  • 家庭教師のファミリー
  • 家庭教師の合格王
  • 家庭教師のあすなろ
  • プロ家庭教師派遣アズネット
  • 家庭教師のAGENT
  • 家庭教師のコーチャー
  • 学生家庭教師会

 

筆者
講師の数や質を重視した基準をクリアしている家庭教師センターのみ登録されているので安心です。

 

2.個人でやっている家庭教師の先生は見つけられない

家庭教師の中には、どこの会社にも属さずに個人で営んでいる先生もいます。

個人で家庭教師を継続できるということは、人柄も教師としての実力も並以上の可能性が高いです。

そのため、個人の先生にお願いしたいという人もいるでしょう。残念ながら、かてきょナビには個人の先生は掲載されておらず、個人経営の家庭教師を探すことはできません。

しかし、法人が運営しているからこそできる充実したサポートのある家庭教師会社も多く掲載されています。

ぜひ、授業以外のサポート体制にも目を向けて検討してみてください。

 

3.電話(もしくはメール)の連絡はくると考える

かてきょナビで資料請求した場合、いくつかは電話がかかってくると考えたほうがいいでしょう。

よく、電話で連絡が来るのが面倒くさいという口コミもあります。

しかし、「逆に電話で話さずに家庭教師センターを決めてしまうのは危険」です。

家庭教師センターの雰囲気や対応レベルによってお子さんに合う合わないがあります。そのため、数件の電話を嫌がらずにしっかり話して、家庭教師センター選びをすることがおすすめです。

また最近は昔程しつこい営業電話もありません。電話が嫌な場合は、その旨をしっかり伝えましょう。

これらのデメリットや注意点が問題なければ、ぜひ近所の家庭教師があるか確認をしてみることがおすすめです!

 

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)がおすすめな人・おすすめでない人

メリット、デメリット

では、以上の内容を踏まえ、家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)がおすすめな人おすすめでない人をまとめておこうと思います!

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)がおすすめな人

おすすめな人
  • 塾に行っても成績が上がらなかった
  • 塾に行く時間がない
  • なかなかみんなの前で質問ができない
  • 家庭教師を頼みたいけどどこがいいのかわからない

まずかてきょナビを使うには、家庭教師がお子さんにとって良い選択肢になることが大事です。

塾が合っているのに家庭教師を頼んでも、もしかしたら成績が上がらないかもしれません。

生活スタイル、部活の有無、お子さんの性格を吟味した上で、家庭教師だと成績が上がりそうなお子さんの場合、かてきょナビを使うことをおすすめします。

特に「部活や習い事で塾に行く時間がない」「一対一で指導をしてくれる先生が良い」という場合、かてきょナビを使って家庭教師センターの資料請求をすることをおすすめします。

 

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)がおすすめでない人

おすすめでない人
  • 1対1の指導が苦手
  • 友達と一緒に勉強したい
  • 家で勉強するのが苦手
  • 家で集中できない

このような生徒にはオススメできません。

家庭教師は自宅で一対一で指導をしてもらうことが前提です。

そのため、家で勉強できなかったり、友達と一緒に勉強したい中学生にはむしろ「集団塾」や「個別指導塾」のほうが良いでしょう。

なので、上記に当てはまる中学生のお子さんでしたら、かてきょナビはやめておいたほうがいいですね。

関連記事

大学受験英語に塾や予備校は必要か皆さんは大学受験の英語の勉強は進んでいますか?大学受験で英語は大事だとわかっているのに、 どうしても勉強できない どうやって勉強すればいいのかわからない やる気がおきない[…]

大学受験英語におすすめの塾・予備校ランキング

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の使い方

やり方・方法の画像

では、最後に家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の使い方について簡単に解説して終わりにしたいと思います^_^

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)はおすすめのサービスなので、ぜひ上手に活用して自分に合った家庭教師を見つけましょう!

使い方
  1. 資料請求をする家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)
  2. 届いた資料を見比べる
  3. 体験授業を行う
  4. 家庭教師センターを選ぶ

1.資料請求をする

まずは資料請求をします。

大体2分あれば資料請求は完了します。

最大4つまで資料請求をすることができるので、気になった家庭教師はすべて資料請求をして比較してみましょう。

 

筆者
手順は後ほど詳しく解説しますね。

 

2.届いた資料を見比べる

次に届いた資料を見比べていきます。

大体1週間もあれば資料は届くので、1~4つの資料を見比べてみましょう。

特に注目すべき点としては、「料金」「指導方法」「講師の質」の3点を特に重視してください。

なぜなら、その3点が特に家庭教師センターによって様々だからです。

 

3.体験授業を行う

もし、資料を見比べて気になった家庭教師がひとつでもあれば、体験授業を行ってみましょう。

ほとんどの家庭教師センターは体験授業を無料で行っているので、必ず体験授業は受けてください。

なぜなら、体験授業を受けることで実際の授業の流れを把握できたり、講師の様子を把握することができるからです。

 

4.家庭教師センターを選ぶ

体験授業を行った後、気に入った家庭教師センターがあれば早速指導をお願いしましょう。

入会手続きを完了させて、指導開始です。

もし、入会手続きが完了したのが資料請求をして1ヶ月以内であれば、2万円の学習支援金がもらえるチャンスに応募できます!

 

 

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求の手順

スタートからゴールまでの手順

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)を利用するまでの手順は具体的には3ステップです!

利用する手順
  1. HPへアクセス
  2. 3つの重要事項を記載
  3. 2分で資料請求を完了させる

1.HPへアクセス

まずはHPへアクセスします↓

 

 

2.4つの重要事項を記載

次に、トップページ中盤にある「小学生」「中学生」「高校生」からあなたの子どもに合うものを選択します。

今回は「高校生」を選びました↓
家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の「小学生」「中学生」「高校生」選択画面

高校1~3年生を選び、勉強の目的を選びます↓

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求手順1

 

氏名を入力します↓

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求手順2

 

住所(送付先)を記入↓

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求手順3

 

電話番号、メールアドレス、お知らせメールをもらうかを選択↓

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求手順4

 

3.2分で資料請求を完了させる

すると、最後にあなたの子どもにあった家庭教師サービスを提案してくれます!

今回は4社提案されました!

「下記の会社の資料もまとめてもらう」にもチェックをいれ、送信するボタンを押しましょう↓

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)の資料請求手順5

 

筆者
ぜひ資料請求してみましょう!

 

 

まとめ:家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)で自分に合う家庭教師をみつけよう

握手している画像

いかがでしたか?

今回は、無料で家庭教師の資料請求ができるサービスの家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)について紹介しました!

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)のポイント
  • 有名所の家庭教師センターが39社も登録されている
  • 2分で簡単に一括資料請求ができる
  • かてきょナビ経由で家庭教師を依頼すると2万円の支援金がもらえる

 

かてきょナビを活用する手順
  1. 資料請求をする家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)
  2. 届いた資料を見比べる
  3. 体験授業を行う
  4. 家庭教師センターを選ぶ

無料ですし、何より2分で簡単に資料請求できるので、ぜひ1度試してみてください^_^↓

 

 

筆者
最後に本記事と関連性の高い記事をいくつか紹介しておきます↓

 

その他のおすすめの塾・予備校を知りたい方はこちら

おすすめの塾や予備校についても解説しているので興味があればどうぞ^_^↓

関連記事

大学受験英語に塾や予備校は必要か皆さんは大学受験の英語の勉強は進んでいますか?大学受験で英語は大事だとわかっているのに、 どうしても勉強できない どうやって勉強すればいいのかわからない やる気がおきない[…]

大学受験英語におすすめの塾・予備校ランキング

 

その他のおすすめの家庭教師を知りたい方はこちら

また、その他の家庭教師を知りたい方は、以下の記事を読んでみてください^_^↓

関連記事

大学受験英語の家庭教師について説明する前に本記事では、以下のような方に適した記事になっています↓この記事はこんな方におすすめ! 大学受験英語の家庭教師の相場や各社の特徴を知りたい 大学受験英語の家庭教師の選び方を[…]

大学受験の家庭教師の選び方

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

家庭教師くらべ~る(旧かてきょナビ)とは?評判・使い方を解説
最新情報をチェックしよう!
>このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

このサイトを作成してもらった私の師匠が現在サイト制作中です↓

アフィリエイト、プログラミング、SEO、WordPress運用を中心に、『THE TAKABLOG』としてIT系分野の情報発信をしているみたいです!ぜひ覗いてみてください^_^↓

CTR IMG